493件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

磐田市議会 2020-07-02 07月02日-05号

いずれにいたしましても、現在まで磐田市からの陽性患者は出ておりませんが、これが継続する努力とそれから新しい生活様式を頑張って努力することと、なお、今年は夏が暑いと気象庁のほうからも言われておりますので、マスクのエチケットは守りながらも、熱中症で過度に意識することで熱中症で救急搬送されることもあっては本末転倒ですから、うまくお付き合いをしていただきますよう、各それぞれの議員皆様方には、地域に戻られたときに

島田市議会 2020-03-13 令和2年3月13日予算・決算特別委員会経済建設分科会−03月13日-01号

水害対策については、基本的には地震は突発的に来ますが、水害については、気象庁予報でいつ上陸します、いつが最大です、ピークはここです、その前に逃げてくださいというのがわかるので、逆行して安全なうちに避難できます。  といったことで、そういった訓練は令和2年度にちょっと調整しようとしています。

掛川市議会 2020-03-09 令和 2年第 1回定例会( 2月)−03月09日-06号

気象庁は、南海トラフ巨大地震が発生する可能性がふだんと比べて高まったと評価された場合に、南海トラフ地震臨時情報発表します。これまでの予知前提としてきた対策は改めるべきと、東海地震に対する拘束性の高い警戒宣言の発令を凍結し、南海トラフ地震に関連する情報に改めました。これまで予知前提としてきた地震防災は、大きな転換期を迎えたと言っても過言ではないと思います。

磐田市議会 2020-03-03 03月03日-04号

気象庁は先日2月19日、各地に甚大な被害をもたらした昨年10月の台風19号を令和元年東日本台風と命名しました。浸水家屋数1万棟以上や、損壊家屋数1,000棟以上の基準を上回り、後世に経験や教訓を伝えるための命名です。非常に大型勢力も強いとの事前報道を受け、磐田市は大丈夫か、河川は、土砂災害警戒区域は、避難所は、どうなってしまうのかと台風通過後まで気に病んだものでした。

富士宮市議会 2020-02-17 02月17日-03号

危機管理監佐野俊寿君) 気象庁のほうから、様々な情報が富士宮市のほうに寄せられます。それを市長に必ず私どものほうは報告しまして、どういう取扱いにしたらいいかということで確認させていただく中で、あのときは市長が当然非常に大きな危険が迫っているということで、みずから判断されて放送していただいたという、そういうような経緯になります。 以上でございます。

伊豆の国市議会 2020-02-03 02月20日-01号

10月には、狩野川台風再来と言われた台風19号について、気象庁から大雨特別警報が発令されるなど、伊豆の国市誕生以来最大自然災害でありましたが、避難者対応から復旧支援まで幅広く、職員はもとより、消防団建設業界、その他市民皆様一丸となって難局に立ち向かいました。市の災害に対する考え根本から考えさせる出来事でありますが、今後、この経験を必ずや生かしてまいりたいと考えております。 

伊豆の国市議会 2020-02-03 02月20日-01号

10月には、狩野川台風再来と言われた台風19号について、気象庁から大雨特別警報が発令されるなど、伊豆の国市誕生以来最大自然災害でありましたが、避難者対応から復旧支援まで幅広く、職員はもとより、消防団建設業界、その他市民皆様一丸となって難局に立ち向かいました。市の災害に対する考え根本から考えさせる出来事でありますが、今後、この経験を必ずや生かしてまいりたいと考えております。 

御殿場市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会(第2号12月11日)

この地震により、富士山では火山活動が活発化され、気象庁富士山噴火警戒レベル避難準備発表した。」というものでありました。  当市は、96年前の関東大震災により、犠牲者19人、全壊459戸、半壊1,340戸の大きな被害を受けた記録があります。また、312年前、大地震に続く富士山宝永噴火により、当市は火山灰が積もり、大きな被害を受けました。  

三島市議会 2019-12-09 12月09日-06号

また、土砂災害に関しましては、県と気象台が共同で発表する土砂災害警戒情報や、時間的、空間的によりきめ細かく土砂災害発生危険度を把握できるよう、気象庁から提供される土砂災害警戒判定メッシュ情報、県から提供される土砂災害危険度情報危険度レベルに基づきまして避難情報を発令することとしております。以上です。

掛川市議会 2019-12-05 令和 元年第 5回定例会(11月)−12月05日-03号

要するに、これから、この激甚災害までは掛川では今まで指定されておりませんけれども、そういった大雨はもう日常茶飯になってくるんではないかと、その辺の心配をしているんですが、何でもゲリラ豪雨という言葉がこのごろありますけれども、それは気象庁がつけた言葉ではないというようなお話でした。

磐田市議会 2019-12-04 12月04日-04号

職員もその覚悟でやってると思いますが、より具体的になっての指示を仰がれたときに、これは仰がれたほうも困ることもあるかもしれませんので、ぜひ、今回の場合は、19号の場合はもう3日前ぐらいから気象庁も含めて大きいぞ大きいぞ、大変だぞっていうようなことを警報されてますので、その辺はぜひ議員からもお知り合いの方でしたら啓発のほうよろしくお願いしたいと思います。 以上です。

裾野市議会 2019-12-04 12月04日-一般質問-04号

台風情報につきましては、気象庁発表防災気象情報により情報収集をしております。 ○議長土屋秀明) 13番、賀茂博美議員。 ◆13番(賀茂博美議員) 気象庁発表情報ということで了解いたしました。では、イです。裾野市に関する気象情報についてはいかがでしたでしょうか。 ○議長土屋秀明) 環境市民部長

函南町議会 2019-12-04 12月04日-03号

段階警戒レベルのうち、最初の2段階気象情報の注意報などにより心構えを整える警戒レベル1、避難行動の確認をしていただく警戒レベル2で、ともに気象庁発表いたします。3段階目避難に時間を要する方が避難行動を開始する警戒レベル3で、ここでは「避難準備高齢者等準備開始」を、4段階目は全員が避難していただく警戒レベル4で「避難勧告」や「避難指示(緊急)」をあわせて町が発令いたします。

伊豆の国市議会 2019-12-04 12月04日-04号

台風19号は、上陸前に昭和33年の狩野川台風に匹敵するとの気象庁からの発表があり、これまでの避難者数をはるかに超える人数避難すると想定はしましたが、実際の避難者数想定は困難でありました。開設した自主避難所3カ所と小学校体育館6カ所で、およそ2,000人前後を受け入れ可能と判断しておりました。すなわち9カ所2,000人、1カ所250人ぐらいかなという想定であったわけでございます。 

伊豆の国市議会 2019-12-04 12月04日-04号

台風19号は、上陸前に昭和33年の狩野川台風に匹敵するとの気象庁からの発表があり、これまでの避難者数をはるかに超える人数避難すると想定はしましたが、実際の避難者数想定は困難でありました。開設した自主避難所3カ所と小学校体育館6カ所で、およそ2,000人前後を受け入れ可能と判断しておりました。すなわち9カ所2,000人、1カ所250人ぐらいかなという想定であったわけでございます。 

伊東市議会 2019-12-03 令和 元年12月 定例会-12月03日-03号

台風19号は台風15号と比較して、大型勢力が強く、本市を直撃する可能性があるとの予報気象庁から出されており、台風15号のとき以上の大雨暴風想定されたことから、人的被害を発生させないことを重視し、不要不急の外出を控える呼びかけや、台風の直接の影響が出ると思われる半日以上前から避難に関する情報を発令し、早期避難の広報を行ったところであります。  

函南町議会 2019-12-03 12月03日-02号

気象庁は、この台風19号を狩野川台風に匹敵する勢力台風だと繰り返し報道し、注意を呼びかけました。当町では、幸いなことに人的被害はございませんでしたが、10月24日現在の調査では、床上浸水が358棟、床下浸水が137棟と多くの被害に見舞われました。 特に来光川は、観音橋観測水位氾濫危険水位を超え、越水が数カ所発生したり、護岸崩壊により道路損壊などの被害も発生するなど大きな被害を受けました。

伊豆の国市議会 2019-12-03 12月03日-03号

気象庁では、この台風狩野川台風に匹敵する記録的な大雨になる、近年まれに見る大型で強い勢力暴風になる可能性があるなど、命を守る最大級警戒を呼びかけました。このような情報から各自治体ではあらゆる台風対策を講じたと思います。実際に台風上陸すると24時間雨量伊豆湯ヶ島で717.5ミリとなり、県内の観測史上最多雨量を記録しました。