47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜松市議会 2021-03-24 03月24日-07号

デジタル・スマートシティ推進では、浜松版MaaS構想に基づき、モビリティーとサービスの連携や、中山間地域において自家用車を活用した新たな共助型地域交通推進するモデル事業には期待を寄せておりますが、これら事業が中山間地域のみならず、交通空白地が広がりを見せる本市全域展開されるべきであり、高齢者交通手段確保には重要な事業となっていくことと思っております。 

伊東市議会 2020-09-11 令和 2年 9月 定例会-09月11日-05号

次に、ナラ枯れ被害本市全域の森林に拡大傾向にあることから迅速な防止策を講じる必要性についてです。ナラ枯れの原因は本市ホームページにも記載されているとおり、主にカシノナガキクイムシがナラ、カシ、シイ類樹木に侵入し、ナラ菌、カビの一種が幹の導管内に入り込み通水機能が失われ、樹木が枯死する現象です。  

藤枝市議会 2019-12-05 令和 元年11月定例会−12月05日-03号

今回の台風19号でございますけれども、相当量の降雨の発生が予測されたということもございまして、本市全域災害が発生する可能性が高まったという判断、それから報道等によりまして、市民皆様警戒度というものも非常に高まっているということも考慮いたしまして、指定避難場所避難情報とあわせて同時に開設をしたということでございます。以上でございます。 ○議長(薮崎幸裕議員) 深津議員

伊東市議会 2019-12-03 令和 元年12月 定例会-12月03日-03号

本市全域が甚大な被害を受けたことから、被害状況を踏まえ、「激甚災害」及び大規模災害復興法に基づく「非常災害」の指定に該当しないのか、また、指定基準を伺います。  3点目は、9月8日に本市を直撃した台風15号では、停電や断水など、一部の地域では、日常生活に大変な打撃を受けました。中でも電力会社の復旧に伴う工事の妨げになったのが、風倒木や急傾斜地崩壊が要因と聞いております。

藤枝市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会-09月11日-02号

特に、児童・生徒の登下校の見守りにつきましては、昨年6月の今でも鮮明に覚えております高洲南小児童襲撃事件以降、本市全域でこの地域皆様、あるいは保護者による登下校時の見守りと警察によるパトロール、あるいは青色回転灯を設置いたしました公用車による見守りを充実させまして、見守り体制のさらなる強化を図ってまいりました。  

浜松市議会 2018-06-11 06月11日-08号

今年度は、本市全域対象とした歴史まちづくり基本方針の策定を行います。その中で、二俣城跡と鳥羽山城跡が国の指定文化財となった二俣地区だけでなく、大河ドラマを契機に歴史資源の掘り起こしがなされた地区などへ、歴史的建造物保護活用、無電柱化や道路の美装化伝統産業無形民俗文化財人材育成などの国からの重点的な支援が可能な整備計画を策定してまいります。 

浜松市議会 2018-03-12 03月12日-05号

しかしながら、この事業によって専門家に相談することができる箇所数には限りがあり、本市全域からのニーズに対応できるものではありません。 議員から、区ごと専門家による組織を設置する提案がございましたが、人材確保等において実現には課題があると考えております。そこで、本市が実施している保育所等巡回支援事業活用により現状からの改善を図り、巡回支援の充実に努めてまいりたいと考えております。

藤枝市議会 2018-03-01 平成30年 2月定例会−03月01日-02号

事業は、瀬戸谷地区朝比奈地区の中山間地域及び稲葉・宮原地区、岡部・桂島地区におきまして、新たに光ファイバー網を整備し、これにより本市全域での超高速通信を可能とするものでございます。  事業者の選定につきましては、複数の事業者から事業提案を募るプロポーザル方式で決定する予定でございます。

浜松市議会 2017-10-02 10月02日-15号

コワーキングスペースなどをツールとして、本市が現在展開しているベンチャー企業誘致の先に、さらには、例えば市内の若手起業家に高い技術や創造性を伝えてくれるメンターとなってくれるような人材を誘致し、若いクリエーターが新たな仕事の展開への足がかりとなるようなネットワークづくりへの支援の拡充、ネットワーク本市全域への展開につながる事業などもあわせて御検討いただきたいと思います。 外国人誘客についてです。

浜松市議会 2017-03-08 03月08日-03号

そこで、本市全域エネルギーの公園と見立てた次世代エネルギーパークPR強化に努めるとともに、観光と連携したツアーコースの造成などについて検討してまいります。 ◎環境部長田中文雄) 2番目の1点目、浜松地球温暖化対策実行計画についてお答えいたします。 J-クレジット制度は、みずからの温室効果ガス排出量削減に努める中で、削減量クレジットとして国が認証することで、売買が可能となる仕組みです。

富士市議会 2016-06-22 平成28年 6月 定例会-06月22日-02号

次に、総合雨水整備計画計画期間が過ぎており、本地域土地利用状況なども変化してきているため、新たな視点からハード、ソフト両面治水対策を検討し、総合的に推進していくことが必要であると考えるがいかがかについてでありますが、総合雨水整備計画は、本市全域における総合的な雨水排除を目的とし、雨水排水路における確率規模などを、将来の土地利用を見据えた中で計画したものであります。

浜松市議会 2016-03-09 03月09日-04号

本市全域で共有すべき魅力的な人材や素材を整理、蓄積する、はままつ人づくりネットワークセンター教育委員会内に設置する計画であると聞いています。本市全ての学校の教育活動を応援する、はままつ人づくりネットワークセンターは、市民協働による人づくりの象徴になると考えますが、その活用イメージ推進体制について伺います。 

藤枝市議会 2016-02-29 平成28年 2月定例会-02月29日-02号

つまり、本市全域にくまなくかかわっているのです。そのため、職員は現場に出向き、見て、聞いて、話して、理解し合うことが求められるものばかりであります。  計画の遂行に当たってはPDCAサイクルに従って進められますが、一つ一つの事柄に丁寧に対処していかなければなりません。短期、中期、長期と系統づけたところで、業務量が減るわけではありません。  

浜松市議会 2015-12-02 12月02日-22号

しかし本市全域で、準用河川65本を含め市が管理すべき河川排水路は1万3300本以上あります。全ての河川排水路への対応は時間がかかると思いますが、市民の生命・財産を守るためにも、早急に状況をきめ細かく調査し、過去のデータ分析も加えて対策を検討・実施する必要があると考えます。このようなことから、以下2点について朝倉土木部長にお伺いいたします。 

浜松市議会 2015-12-01 12月01日-21号

さらに市民活動を行う団体、個人や一般企業とのマッチングを図りやすくすることは中心市街地活性化、中山間地域活性化ものづくり推進など、本市全域での市民協働推進に寄与する非常に有効な手段であると考えます。 そこで、以下2点について、川嶋市民部長にお伺いします。 第3番目のアとして、現在、本市及び周辺地域で行われている大学との連携事業状況と実績、またその所見をお伺いします。