運営者 Bitlet 姉妹サービス
7504件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 三島市議会 平成30年 12月 臨時会-12月26日−01号 ここで先ほど来の議論の中で改めて確認をしたいのは、小学校が244室を工事行うという中で、中学校においてはその半分以下という数の中で、実施設計が小学校では、平成30年10月から平成31年3月までの6カ月間、中学校におきましては、平成31年2月から8月ということで同じように6カ月間、ここで確認したいのは教室の数が中学校のほうが数が少ないんですが、同じ実施設計期間をとっているということです。 もっと読む
2018-12-21 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月21日−06号 その後に地元に対して工事関係の説明をするとともに、園名の募集を6月1日付の回覧文書で、6月4日から7月20日の期間に実施する旨を、5月30日に中泉地区の正副地区長に説明をした。 もっと読む
2018-12-21 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月21日-06号 以上で質疑を終結し、委員間討議を求めたところ、委員より、指定管理の趣旨からすると特殊ではあるが、重要な局面であるために期間設定や選定方法もこの内容でよいと思うとの意見があり、他の委員からもこの方法でよいと思うとの意見がありました。   もっと読む
2018-12-14 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 質問というか、ちょっと確認的な要素でお願いしたいんですけれども、先ほどの期間等も踏まえた中で、副市長のお答えの中で、2年たったら考えますよというようなお話があったんですけれども、そもそも今回出されているのは定数条例ですよね。   もっと読む
2018-12-13 伊東市議会 平成30年12月 定例会−12月13日-04号 まず、委員から、建築基準法改正の施行日から本条例改正まで期間があいた理由を問う旨の質疑があり、当局から、省令の発出日が9月12日ということもあり、9月定例会への議案提出に間に合わせることができなかったことから、緊急を要する場合は専決処分を考えていたが、過去の実績から該当件数も少なく、緊急性が生じる可能性は少ないと判断し、議会の議決を得て改正することになったとの答弁がありました。   もっと読む
2018-12-12 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第3号12月12日) 施策は7つの柱に沿って進め、対象期間は団塊の世代が75歳となる2025年ですけれども、当面の数値目標の設定年度は介護保険に合わせて2017年度末としており、全国の市町村と連携をもとに推進するということであります。  ここで、以下4件の実施状況について質問をいたします。   もっと読む
2018-12-12 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月12日−05号 また、基金については一度に借り入れる予定で、返済期間は据え置きなしで10年、利子は1年間で約20万円との回答。   もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) そこで可能なこととして、事業の枠組みを見直すことで事業規模を縮小することや、事業期間内での事業量を平準化することで、単年度事業規模を縮小することなど、コンパクトな事業展開に移行するよう努めたところです。  今後も新たな事業については十分な精査をした上で決定することや、既存事業も確実に検証していくことを徹底するなどの取り組みを続けて、費用対効果の最大化につながる計画を策定してまいります。   もっと読む
2018-12-10 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 民生教育委員会-12月10日−01号 日中は若い人たちが留守になるので、困っていたし、私が勧めていたこともあって、やっと最近、耳鼻科に一緒に行って診断を受けて、耳垢を取ってもらって補聴器を勧められて、今お試し期間中だということです。  補聴器を使って、よく聞き取れるようになった途端に笑顔が出てくる。 もっと読む
2018-12-10 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 建設産業委員会-12月10日−01号 ロードマップでは、平成27年度から平成31年度までの5年間を集中取組期間と定め、都道府県及び人口3万人以上の市区町村等は公共下水道事業及び流域下水道事業について、期間内に公営企業会計へ移行し、農業集落排水事業等もできる限り移行対象に含めるよう示されました。   もっと読む
2018-12-07 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月07日−05号 議案番号78、4条、使用期間は永年とありますが、施設の改修や焼骨の収蔵がいっぱいになるまでの期間とその場合の対応をお伺いします。  同じく7条、使用料の支払い方法をお伺いします。  78条全体で、申請から納骨までの流れと合葬墓にかかわる職員体制を伺います。  同じく全体で、生前予約を採用しなかった理由についてお伺いします。よろしくお願いします。 もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 健康マイレージも本年度から始めていただきまして、まだ期間中ということでございます。これから福祉政策を語っていく中で、やはりいつもポイントになってくるのが、要は頑張った方に対してどういうような、つまりインセンティブということなんですが、やっぱりある程度頑張った人には、それなりの頑張った人が報われるというところがポイントだったと思います。 もっと読む
2018-12-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月06日−04号 大規模災害の発生により、インフラが被災して復旧に要する期間が長期化すると、一番深刻な問題は生活用水の確保の問題です。磐田市の水の復旧想定日数は約1カ月程度と長期化が予想されています。そのためにも、水インフラの被災を最小限に抑えるための耐震化等の推進はもちろんのこと、地震、地下水等の一時的利用に向けた防災対策等も必要になってきます。 もっと読む
2018-12-05 清水町議会 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2018.12.05 工事期間も授業時間のところを避けると限られた時間で行わなければならず、そういった点を考慮いたしますと、今回採用された方式が最良とは必ずしも言えませんがやむを得ない選択だったのかなというふうに考えます。昨日の教育長の答弁では、「学校の改築の際には改めて検討する」とのことでしたので、その際にはぜひ十分な検討をお願いしたいと思います。   もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 一斉に設置するということは、工事作業者の確保やエアコン機器の確保、工事期間などが危惧されます。しかし、猛暑での小中学校の環境改善は、待ったなしです。そこで、①として、国の補正予算の活用計画と設置工事期間の前倒し等の課題をお伺いします。また、②として、エアコン設置後の受益者負担の有無と経費負担増対策をお伺いします。以上です。よろしくお願いをいたします。 ○議長(増田暢之君) 市長。       もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 まち・ひと・しごとのフレーズで始まる地域創生総合戦略の計画期間は、平成27年度から平成31年度までの 5年間となっておりますが、早いもので間もなく 4年がたとうとしております。教育・文化分野、健康・子育て分野、そして環境分野の 3つの戦略目標を立てて、日本一を目指しているところでございます。  その目標達成のために 4つの戦略の柱を立て、重点施策の推進を図っているところです。   もっと読む
2018-12-04 清水町議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2018.12.04 ◯教育総務課長(大野明彦君) 空調設備の整備につきましては、教室の規模、構造、間取りや児童生徒数などにより、空調設備の出力の決定や配管等の設計を行うものでありますが、熱源が確定している前提でも、本町の規模で3カ月程度の期間を要するとのことから、来年夏までの整備という目標を踏まえ、早期に熱源を決定したところでございます。   もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 整備期間は20年間とのことですが、市民は防潮堤整備事業の短縮を求めています。解決すべき諸課題、今後の対応策、完成時期、防潮堤整備事業の期間短縮についての見解を伺います。  中項目の(7)です。ことしの夏は記録的な猛暑・酷暑が続き、子供たちの命と健康を守るために、小中学校の普通教室へのエアコン設置を求める声が大きくなっています。国もエアコン設置のための予算をふやしています。 もっと読む
2018-12-04 伊東市議会 平成30年12月 定例会-12月04日-03号 期間は平成31年度から平成33年度までで、限度額はそれぞれ記載のとおりであります。  平成30年度事務機器等借上料は、地図情報・課税ファイリングシステムにおいて機器の再リースを行うため、債務負担行為の設定をいたします。期間は平成31年度、限度額は20万4,000円であります。   もっと読む
2018-12-03 富士宮市議会 平成30年  議会運営委員会 ですから、できるだけ最初に施政方針が出てから総括質疑まで、しっかりと内容を吟味する期間が必要なものですから、初日から考えると4日、議会の開会日で土、日をもちろん含まないで4日以上は置いて、4日で締め切りかな、4日で締め切りですから、その後総括質疑まであと3日ぐらい置くような形ですね。答弁の用意も当局がありますので。そうすると、1週間ぐらい間はあくのかなというような感じで考えております。  もっと読む