7253件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御前崎市議会 2021-09-05 09月05日-02号

後半部分に、市町村の一部の所有に属する財産より生じる収入は、一部の費用に充て、残余あるもこれを住民に分配するは穏当ならずという実例、そして2段目の後半部分には、財産区の財産財産区の財産維持管理、その他財産区の運営に要する経費に使う場合には、財産区議会の議決で使うことができるが、それ以外に例えば公共事業などにこれを使う場合は、希望を付して町に繰り入れ、町の予算を通して使うのが正しいと解するという昭和

富士宮市議会 2020-07-09 07月09日-06号

要旨の(2)、岳南地域地下水利用対策協議会、いわゆる岳水協といいますが、この組織は昭和30年から40年代、主に富士市の工業発展を支えた地下水利用増大による富士市の地盤沈下地下水塩水化を防止するため、昭和42年に設置されたものです。富士宮市にとっては、富士宮市の重要な水源、地下水の源流は富士山南麓だけではなくて、富士山西麓にもたくさんあります。

磐田市議会 2020-07-02 07月02日-05号

後藤さんは、昭和30年10月16日生まれの64歳です。住所につきましては磐田市富士見台で、現在は民間企業で勤務をされております。 人格識見が高く、広く社会の実情にも精通されておられ、人権擁護委員として適任でございますので委員をお願いいたしたいと存じます。 なお、任期につきましては法務大臣の委嘱の日から3年です。 以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(寺田幹根君) これより質疑に入ります。 

富士宮市議会 2020-06-23 06月23日-01号

本工事は、昭和43年12月の完成から51年を経過した白糸会館を建て替えようとするものであります。去る5月29日、6者による制限付一般競争入札を執行しましたところ、無双建設株式会社が2億660万円で落札しましたので、消費税及び地方消費税の額を含み2億2,726万円で仮契約を締結いたしました。 次に、議第54号財産の取得について説明申し上げます。 

三島市議会 2020-06-17 06月17日-03号

一方で、本市公共施設は、バリアフリーが提唱される以前の昭和40年代から昭和50年代に建設された建築物が半数以上を占めており、バリアフリーユニバーサルデザインに対応していない施設が多くございます。現在、それらの施設において、多目的トイレ整備や階段への手すりの設置床面等の段差の解消、ピクトグラムの設置など、できる限りバリアフリーユニバーサルデザインに対応するよう施設改修に努めております。 

磐田市議会 2020-06-15 06月15日-02号

日本の食料自給率を見ると、昭和40年、55年前になりますけれども77%ありました。食料自給率はガット・ウルグアイ・ラウンドや牛肉、オレンジ自由化、TPP、EPAによる諸外国との各種政策、協定の影響を受け、年々減少をたどり37%まで落ち込んでいるのは皆さん御存じのとおりだと思います。 このような状況の中、今回コロナウイルス感染拡大が発生しました。

藤枝市議会 2020-05-29 令和 2年 5月臨時議会−05月29日-01号

この煮炊き釜昭和54年に購入し、老朽化の著しい西部給食センターにある現在の煮炊き釜を更新するものであります。  1台で約2,000人前の汁物を調理する能力があり、小学校用中学校用それぞれ1台ずつを設置いたします。  設置は夏休みの期間中に行い、2学期の給食から稼働していく予定です。以上でございます。

伊東市議会 2020-03-23 令和 2年 3月 定例会-03月23日-09号

老人医療費については、かつて国が昭和48年に70歳以上の医療費完全無料にしていました。しかし、医療費が急増したことや国保の運営が厳しくなったことで、昭和58年に老人保健法が制定され、窓口での医療費一部負担を求めるようになりました。そこからさまざまな議論を繰り返す中で、平成20年4月に現行の後期高齢者医療制度が施行されました。  

裾野市議会 2020-03-18 03月18日-一般質問-07号

この質問が始まりまして、私これ4年間くらい継続的にライフワークで行っているのですけれども、何でこれが始まったかというと、昭和49年から委託をしているA社平成元年から委託をしてるB社が、令和のこの時代に至ってまで随意契約でこのままやってきているということに非常な疑義といいますか、不信という言葉はよくないな、問題、いや違うな、不信感、またそれも違う、何かもやもやとしたものを感じておりましてこの質問に至

島田市議会 2020-03-13 令和2年3月13日予算・決算特別委員会経済建設分科会−03月13日-01号

農林課長堀井直樹) 昭和34年に、豪雨があって大代川が氾濫したことから、県の事業農地防災ダムということで、農地を守るという目的で設置されました。管理は島田市に委託されまして、管理経費につきましては県と市が半額ずつ負担しております。  テレメーターのようなもので湛水状況を見て、ダム管理の資格を取った職員が大雨警報等が出たときに詰めて、様子を見てゲート操作を行います。

三島市議会 2020-03-13 03月13日-06号

都市計画道路のうち、下土狩文教線については、皆様に資料を配付いたしましたとおり、三島駅北口の長泉町との行政境から、東本町幸原線との交差部までの総延長574メートルですけれども、昭和36年度都市計画決定から59年が経過しております。総事業費35億1,000万円で事業許可を取得した平成16年から令和年度までの事業認可期間となります。

伊豆の国市議会 2020-03-13 03月13日-07号

本市下水道事業は、隣接する伊豆市と函南町との2市1町により狩野川流域下水道関連公共下水道事業として昭和60年10月に供用開始以来、約34年が経過し、令和年度時点下水道普及率は約69%となっております。しかしながら、下水道事業課題としましては、下水道普及地域解消施設設備老朽化対策、大規模地震対策人口減少節水による汚水排出量減少経営改善などが考えられます。 

伊豆の国市議会 2020-03-13 03月13日-07号

本市下水道事業は、隣接する伊豆市と函南町との2市1町により狩野川流域下水道関連公共下水道事業として昭和60年10月に供用開始以来、約34年が経過し、令和年度時点下水道普及率は約69%となっております。しかしながら、下水道事業課題としましては、下水道普及地域解消施設設備老朽化対策、大規模地震対策人口減少節水による汚水排出量減少経営改善などが考えられます。 

三島市議会 2020-03-12 03月12日-05号

御承知のとおり、新幹線駅である三島駅は、昭和44年に静岡県と三島、沼津、田方、駿東郡の当時17市町村とが費用負担する形で新幹線駅の誘致を実現させることができた駅です。当時誘致に尽力いただいた周辺市町の議員の皆さんが、これからの三島駅の将来についてどう捉えていらっしゃるのか、伊豆は1つ、玄関口三島との思いを持って伺わせていただきました。