395件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

掛川市議会 2019-06-27 令和 元年第 3回定例会( 6月)−06月27日-03号

生涯学習教育改革であり、楽しむ・たしなむであり、勉強を求められるであり、健康長寿であり、まちづくりであり、このように 5つの切り口から進めていくものでありました。さらに、翌年の昭和55年には、この 5つの切り口をさらに具体的に18の項目に落とし込んだ生涯学習10カ年計画パート 1がスタートしております。  

清水町議会 2018-03-09 平成30年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2018-03-09

政府は、2020年より変化の激しいこれからの社会で活躍できる人材育成を目指した戦後最大規模の教育改革を行う予定です。さらに教育の現場にも少子高齢化人口減少、核家族化、都市地方格差など、社会情勢の波が押し寄せていると思います。  このように教育を取り巻く環境が大きく変化していく中で、清水町が目指す教育環境と小中学校の個別施設計画策定との両立をどのように考えているのかお伺いいたします。  

長泉町議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-03-07

国会でも、働き方、教育改革について議論されてきています。裁量労働制法案は━━━━━とかいう問題で撤回されましたが、教員も、学校での長時間過密労働解消や残業代ゼロという点では、この見直し等のことでは働き方改革と共通した課題になっています。  中央教育審議会の中間まとめが平成17年12月に出されました。勤務時間の管理徹底、必要性の乏しい授業の思い切った廃止等、活用すべき内容はありました。

静岡市議会 2018-02-05 平成30年2月定例会(第5日目) 本文

そして、2020年からの教育改革では、学校教育内容カリキュラムを定めた学習指導要領が10年ぶりに改訂される見通しであります。  このような中、本市が求める教師像、教員採用が極めて重要であると考えます。学校が抱える課題が複雑化・困難化する中で、本市は優秀な教師を確保するためにどのような取り組みを行っているのか、お伺いします。  3点目に、退職職員の活用です。  

掛川市議会 2017-12-07 平成29年第 5回定例会(11月)−12月07日-04号

生涯学習目的には、勉強を迫られる生涯学習のほかに、教育改革としての生涯学習もありました。学歴決算をやめて、魅力ある有徳の人物を育成することとすれば、小中一貫教育の導入は、「自然と地域と両親を学び尊敬する教育」「道徳教育の充実」を実現するチャンスとしなければならない。こうした理念を土台にした小中一貫であれば全力で取り組んでいくべきである、私はそう考えるわけです。

長泉町議会 2017-10-30 平成29年第3回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2017-10-30

また、在職中には、地方分権による教育改革が推進される中、静東教育事務所所長を歴任される等、教育行政に関する経験も豊富であります。  石井氏は、教育現場では常にリーダーシップを発揮し、教職員保護者からの信望も厚く、また、教育行政にも精通しており、人格、識見ともに優れ、教育長として適任であります。  

浜松市議会 2017-09-29 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月29日−14号

次に、質問の3番目は、本年3月に公示された新学習指導要領の対応として、全国で新たな教育改革が始まっています。そんな中、7月、県内吉田町からビッグニュースが飛び込んできました。夏休みを16日程度とするという大胆な新プランです。  全国で新学習指導要領への対応として、夏休みと冬休みを含めた長期休業を大幅に短縮し、授業日数をふやす案が検討されています。

三島市議会 2017-09-21 平成29年  9月 定例会-09月21日−04号

国は、2020年までに小学校中学校、高校、大学英語教育改革を実施する予定で、コミュニケーション能力を中心とした総合的な英語力の向上を目指しております。本市でも移行期間が来年度より始まると聞いておりますが、小学校では3年生から年間15コマの外国語活動、5年生からは50コマの英語授業が導入され、中学校では原則日本語使用禁止となりますので、教員の高い英語力が必要とされます。

掛川市議会 2017-06-27 平成29年第 3回定例会( 6月)−06月27日-02号

それを、一昨年の教育改革の一環として総合教育会議というものが設置され、市長がそこに加わると、こういうことになりましたので、行政側の考え方を教育の中にも、ある意味では入れていくと、こういうことでありますが、具体的なカリキュラム教育の内容等々については、これは基本的にはもう教育委員会がみずから進めていくと、こういうことだろうというふうに思います。  

藤枝市議会 2017-03-02 平成29年 2月定例会−03月02日-03号

こういうようなことに、今、いろいろICTだとか教育改革だとか環境改革とか、そういうことに必死になっているわけですね。ですから、まず自分で市税として入ってくるもの、これがどういうことかということを上げていく。そのためには、今、部長が言ったとおりのことでございます。  こういうようなことを、先ほど議員がおっしゃっていた財政調整基金は、あり余っているわけじゃないんですよ。

伊東市議会 2017-03-01 平成29年 3月 定例会−03月01日-03号

国ではグローバル化に対応した新たな英語教育改革を計画しており、2020年東京五輪を見据えた英語教育はますます推進されています。外国人英語指導者配置事業も、より重要になってくると思いますが、その配置状況と今後の方針を伺います。  また、ICT活用教育推進事業についてですが、平成27年度、28年度と東小学校と旭小学校で実施されてきましたが、その評価と今後の方針について伺います。  

藤枝市議会 2017-03-01 平成29年 2月定例会−03月01日-02号

まず、いろいろな教育改革があるわけですが、本当に先ほどのペッパー、ロボットを使ったプログラミン教育ということで、現場の先生もやることが明確にわかっているもんですから、その点は非常にありがたいんじゃないかなと思います。ほかの市では、何やっていいかわからないというようなところがいまだにあるようですが。  

静岡市議会 2016-11-03 平成28年11月定例会(第3日目) 本文

グローバル化に対応した英語教育改革実施計画は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでを目標に、新たな英語教育が本格展開できるよう、本計画に基づき、体制の整備等を含め2014年度から逐次改革を推進するというもので、全国の中でも意識の高い都市では、公表された翌年の平成26年度から計画に準じた取り組みが進められています。  

長泉町議会 2016-09-09 平成28年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2016-09-09

その報告を見ますと、我が国においても様々な教育改革が進められている中で、教育バウチャー制度の導入がどのような意義・問題点を持つのか、更に諸外国の事例調査、こういったものを整理しつつ、我が国の社会の実態や関連の教育改革の方向性を踏まえた研究・検討を行うとの内容が記載されております。  

清水町議会 2016-06-09 平成28年第2回定例会(第4日) 本文 開催日: 2016-06-09

平成25年12月に文部科学省で取りまとめた、グローバル化に対応した英語教育改革実施計画では、1回10分から15分程度の短時間を利用したモジュール英語活動の実施が注目されています。モジュール授業は、児童が登校後、1時間目の始まる前の時間や、昼休みの5時間目が始まる前の時間を利用して行われることが多く、英語活動以外では計算ドリルや漢字ドリル、読書の時間として活用している学校が多くあります。

三島市議会 2016-03-14 平成28年  2月 定例会-03月14日−05号

昨年は戦後70年を迎え、敗戦直後の昭和23年に教育改革の柱となった教育委員会制度が大きく改正された年でした。教育委員会制度は戦前の国家主義教育の反省に立ち、政治的中立性の確保、方針の継続性、安定性の確保、地域の人たちの参加地域の住民の意向を反映するという大原則が掲げられ、教育政治から影響を受けないようにするために設けられました。

三島市議会 2016-03-11 平成28年  2月 定例会-03月11日−04号

昭和61年4月、臨時教育審議会教育改革に関する第2次答申の外国語教育の見直しにおいて、まず、中学校高等学校等における英語教育が、文法知識の修得と、読解力の養成に重点が置かれ過ぎていることや、大学においては、実践的な能力を付与することに欠けていることを改善すべきと指摘し、今後、学習者の多様な能力・進路に適応するよう教育内容等を見直すとともに、英語教育の開始時期についても検討を進める。

浜松市議会 2016-03-08 平成28年  2月 定例会(第1回)-03月08日−03号

そこで2点目の質問は、教育改革の嵐とも言える状況の中、浜松市教育に対してどのような取り組みを行っていくのか、花井教育長の決意のほどをお伺いいたします。  次に、3点目の質問です。現在の県費負担教職員制度において、指定都市については、任命権は浜松市が有しているのに対して、給与等の負担、教職員の定数、教職員の配置等に係る権限静岡県が有しているという制度上のねじれがあります。