運営者 Bitlet 姉妹サービス
13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月21日−06号 歳出、2款総務費では、改元に伴うシステム改修の詳細と補正予算額の妥当性について、改修内容は、新しい元号を正しく表示させることと、西暦を新しい元号に変更することなどである。金額の妥当性は、見積もりの内容等を細かく精査し、他自治体の改修事例等を比較するなど、情報システム評価委員会で確認した上で予算計上をした。 もっと読む
2018-12-17 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 予算決算委員会-12月17日−03号 2款総務費について、委員より「改元に伴うシステム改修の詳細と補正額の妥当性は」との問いに、改修内容は新しい元号を正しく表示させることと元号で管理しているが、日付自体は西暦で管理しているため、西暦を新しい元号に変更することなどである。 もっと読む
2018-12-11 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 予算決算委員会総務分科会-12月11日−01号 ◆委員(小池和広君) 2款1項4目で本会議質疑にも出ましたけれども、改元による業者のシステム改修というお話でしたけれども、改修の細かいところがどういった内容なのかという点と、金額がある程度かかりますけれども、その辺の磐田市としての妥当性を教えていただければと思います。 もっと読む
2018-12-07 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月07日−05号 改元に伴うシステム改修ですが、数項目にわたって出ています。この改修によって、新しい元号が発表されたときに全て対応できるのか、それとも、新しい元号が発表される前までの準備に要するものなのか伺います。 ◎総務部長(鈴木博雄君) それでは、江塚議員の質疑に回答させていただきます。 もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 ◆13番(小沼秀朗君) けさの新聞に、 4月11日以降に新元号が公表されると大きく出ておりまして、30日に天皇陛下が退位されて、 5月 1日に新天皇に即位・改元となります。11月23日には新嘗祭、毎年行われておりますけれども、即位後の初めての一世一度の大嘗祭として大規模に行うそうです。  今、機運が高まり、市としても検討したいということでしたが、平成のときは議長が会長でということでございました。 もっと読む
2018-12-04 富士市議会 平成30年12月 文教民生委員会-12月04日-01号 以上の4件につきましては、平成31年5月1日の改元に伴い、新年度中だけでの対応が困難なシステムについて、前倒しして改修を行うものであります。  次に、非常用発電設備エンジン等改修工事の限度額は8100万円、期間は平成31年度で財源は全額企業債を予定しております。   もっと読む
2018-11-28 富士市議会 平成30年11月 定例会-11月28日-01号 債務負担行為の補正につきましては、改元に伴う各種システムの改修を行うため、共同電算事業システム改修等業務ほか3件を追加するものであります。  議第107号平成30年度富士市公共下水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、職員構成の変動等による職員給与費の調整を行うものであります。   もっと読む
2018-11-27 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-11月27日−01号 主な内容につきましては、人事院勧告に準じた給与改定及び人事異動等に伴う人件費の補正、児童通所サービスに係る定員増加等に伴う利用者の増加による給付費の増額、民間認可保育園の施設整備に対する補助金の追加、改元に伴う各種システム改修に要する経費の追加で、これらの財源につきましては、国・県支出金や諸収入、市債などを充てるものでございます。   もっと読む
2018-10-09 富士市議会 平成30年 9月 定例会-10月09日-04号 天皇1代につき1つの元号を定める一世一元の制度を始めた明治以降、退位による改元は初めてであり、元号の改元を見据えた国の動きは注目されてきていました。政府は当初、改元の準備期間を長くとるため、ことしの夏ごろの公表を検討していましたが、新元号の発表によって天皇陛下と新たに即位する皇太子殿下という二重権威が生じるとの懸念が強まり、公表時期をできるだけ即位日に近づける方向となりました。   もっと読む
2018-03-08 掛川市議会 平成30年第 1回定例会( 2月)-03月08日-07号 ラグビーワールドカップや即位、改元を祝し、2019年にはお祝いイベントが市内各所にて開催されることが予測される。こうした地域に対し、県補助金など、何らかの支援策が考えられるか伺う。   (5)市内のお祭りは、同日開催が多く、相互にその内容を再認識することが少ない。また、少子化からお祭りの継承に問題を抱える地区も多い。 もっと読む
2018-02-02 焼津市議会 平成30年2月定例会(第2日) 本文 1つ、新しい焼津市が誕生して10年目を迎えること、2つ、明治から150年が過ぎ、151年目を迎えること、3つ、来年には平成から新年号に改元されること、そして4つ、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けての準備が加速する年であること。  さらには、平成30年度は焼津市第6次総合計画のスタートする年でもあります。 もっと読む
2018-02-01 焼津市議会 平成30年2月定例会(第1日) 本文 まず、新しい焼津市が誕生して10年の記念の年を迎えること、そして、明治から150年が過ぎ、151年目を迎えること、次に、来年には平成から新元号に改元されること、また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて準備が加速する年であることなど、まさに新しい時代の幕あけを感じさせるものであり、本市がさらなる飛躍を遂げる起点にしていかなければならない年であると決意を新たにしているところであります もっと読む
2017-06-12 長泉町議会 平成29年第2回定例会(第5日目) 本文 開催日:2017.06.12 天皇陛下の退位を実現する特例法が6月9日の国会で成立し、天皇陛下の退位は法の公布の日から3年以内とされ、政府は、2018年12月下旬もしくは2019年3月末を想定するとともに、新たな元号に改める改元は、国民生活への影響が大きいことから、区切りの良い日で行うとし、新しい元号は新天皇即位の半年前にあらかじめ発表する方向で検討しているとのことであります。   もっと読む
  • 1