15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

浜松市議会 2020-09-30 09月30日-15号

特に8月だけを見ますと、2017年の102人から264人、257人、427人と年々増えていて、日本一暑い浜松が搬送人数にも表れていると思われます。併せて今年の8月一月のWBGT、いわゆる暑さ指数による危険レベル4が発表された日数は19日間、厳重警戒レベル3が発表された日数が残りの12日間と、8月の毎日が全ての生活活動で起こる危険性があると環境省が示しています。 

磐田市議会 2020-09-23 09月23日-05号

当市における搬送人数は6月6人、7月が2人、8月は49人でした。うち8月の重症は2人、中等症は11人、軽症は36人です。搬送者年代別では20歳から69歳が21人、70歳以上の高齢者が24人となっています。幸いにも死亡者はおりませんでした。普段は調べていないそうですが、エアコンが設置してあるか、エアコンを使っているかも調べていただきました。

伊豆の国市議会 2019-09-10 09月10日-05号

ですから、これだけの搬送人数がおられて、また独居でも孤独死をされている方もこれだけおられるということは、やっぱりこのシステムがもう少し高度なというか、そういうものであれば、また使う人がふえていけば、こういう方が少しでも減らせるんではないか。

富士市議会 2018-10-10 平成30年 9月 定例会-10月10日-05号

次に、富士市立中央病院救命救急センターをのうち、市内2次救急医療機関対応できず、隣接する保健医療圏救命救急センターへ年間何人搬送したかについてでありますが、本市における平成29年の救急搬送人数は9185人で、そのうち隣接する保健医療圏の3次救急医療機関への搬送が48人あり、救急搬送人数の0.5%を占めております。

磐田市議会 2018-09-18 09月18日-03号

次に、搬送傾向についてでございますが、最も多いのは、例年と変わらず高齢者救急搬送で、熱中症が疑われる人の搬送人数は過去3年間の平均が42人であるのに対し、ことしは8月末日で83人と例年の約2倍になっております。 次に、不搬送の詳細についてでございますが、平成29年は、救急要請の6,162件中509件が不搬送で、全体の8.3%でございました。

三島市議会 2018-09-06 09月06日-01号

三島市内では7月23日に最高気温36.6度が観測され、消防署における熱中症等での搬送人数は6月、7月、8月で2,049人、前年同月1,941人に対して108人の増加、全国の1.9倍に比べ微増でありました。地球の温暖化高温多雨傾向は今後も続くことが予想され、災害の発生への対応策と市民の皆様の健康・体調管理等、一層の配慮が求められてまいります。

袋井市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第2号) 本文

県の公式資料によりますと、昨年5月から9月の県内の熱中症による救急搬送人数は1,244人で、そのうち7月が580人、8月が481人で全体の85%を占めます。また、昨年11月2日に静岡新聞で報道されましたが、昨年5月、県西部の高校でサッカー部男子生徒部活動のランニング中に熱中症で倒れて入院し、10月31日に多臓器不全のため死亡いたしました。

裾野市議会 2014-09-18 09月18日-委員長報告・討論・採決-08号

急病救急車出動件数が1,053件、搬送人数969人、搬送しなかった84人は、そのほとんどが現場で病院への搬送の必要はないと判断されたものである。 ・救急救命士は年度中に13名に、現時点では14名になっている。目標としては、3署所救急車3台あるので、18名を養成することで救急救命士活動率の上昇につなげたい。  次に、《水道部》です。  

富士宮市議会 2013-02-22 02月22日-04号

また、採算性を見込むためには5合目の風向きとか風力などの気象観測調査を十分に実施しなければ、営業日数搬送人数などの予測も立たないことから、また土地や電力、資金など非常に多くの課題があります。確かに実現されれば、マイカー規制に大きな効果が見込まれ、さらには自然豊かなスイスの登山鉄道やロープウェーのように登山者観光客利便向上にはつながって、新たな観光資源になるものだとは考えます。

磐田市議会 2007-09-19 09月19日-07号

救急医療の充実が改めて現在注目されているわけですけれども、救急車出動件数として5,845件、この中で搬送人数の中で、今回の奈良県で妊婦が救急車内で流産したケースのように搬送先との連携の取り方が難しかったりとか、病気や交通事故などで心臓や呼吸がとまって倒れた患者応急手当にAEDを使うとか、そのような救急効果等いろいろあるわけですけれども、その辺の特記する内容等ありましたら、お聞かせ願いたい。

三島市議会 2004-06-17 06月17日-05号

また、平成15年中の三島消防署救急搬送状況について申し上げますと、出動件数3,541件、救急搬送人数3,397人で、市内医療機関への搬送は2,044人であり、三島社会保険病院1,053人、関病院432人が主な搬送先でございます。市外の医療機関への搬送は1,353人となっております。以上でございます。 ◆9番(宮沢正美君) それでは、順を追って再質問させていただきます。 

浜松市議会 1999-03-02 03月02日-02号

次に、救急高度化推進整備事業費の減額に関連して、委員から、高規格救急車の台数及び使用状況についてただしたところ、当局から、10年12月末現在、救命士対応型車両4台、高規格対応車両3台を含め、10台の救急車が稼働しており、救命士が乗車した救急車での搬送人数は、全体の約31.8%で、このうち救命士が行う特定行為を実施したのは約80人であるとの答弁がありました。 

  • 1