84件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御殿場市議会 2021-03-24 令和 3年 3月定例会(第9号 3月24日)

16款2項1目総務費国庫補助金の1節新型コロナウイルス感染対応地方臨時交付は、第3次分を増額補正するものであります。  次のページをお願いいたします。  19款1項1目総務費寄附金の1節総務管理費寄附金は、新型コロナウイルス感染症対策に関わる企業からの寄附金です。  次のページをお願いいたします。  

三島市議会 2021-02-25 02月25日-02号

この危機からいち早く抜け出すために、本市では令和年度の当初予算計上を予定していた新型コロナウイルス感染対応地方臨時交付につきましても、令和年度最終補正予算計上させていただいて議会の御理解をいただき、28事業およそ9億5,000万円を繰越明許とすることで速やかに対応を図っているところでございます。 

浜松市議会 2021-02-19 02月19日-01号

補正予算は、国の新型コロナウイルス感染対応地方臨時交付及び県の新型コロナウイルス感染症対策地域振興臨時交付金を活用し、本市の消費を喚起し、経済活性化に資する経費を追加するものでございます。 補正予算額は、一般会計で15億2500万円を追加するものでございます。 さきに御説明をいたしました一般会計(第8号)補正と合わせますと、57億2900万円の追加となります。 

長泉町議会 2020-12-15 令和2年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2020-12-15

委員より、新型コロナウイルス感染対応地方臨時交付はどのような事業に充当されているか。との質疑に対し、今回補正する1億3,317万1,000円に、7月臨時会で承認いただいた4,762万2,000円を加えた計1億8,079万3,000円が交付決定されているが、緊急経済対策プレミアム付商品券事業インフルエンザ予防接種無償化事業など18の事業に充当している。との答弁がありました。  

富士宮市議会 2020-12-07 12月07日-04号

②、新型コロナウイルス感染対応地方臨時交付は活用できるのか。 ③、ふるさと納税(ふじのみや寄附金)は活用できるのか。 ④、黒字基調の決算から捻出できないか。 (4)、経済対策としての学校給食費無償化について、①、コロナ禍による経済活動の停滞と臨時休業に伴う負担が子育て世帯を直撃している中、可処分所得を増やすために、部分的、時限的であっても学校給食費無償化実施すべきと考えるが、いかがか。

磐田市議会 2020-12-04 12月04日-06号

歳入の15款2項1目総務費国庫補助金は、新型コロナウイルス感染対応地方臨時交付増額、3目衛生費国庫補助金は、疾病予防対策事業費等補助金増額であり、いずれも今回実施する65歳以上の高齢者及び基礎疾患を有する方に対するPCR検査実施に係るものでございます。 次に、10ページの歳出をお願いいたします。 

函南町議会 2020-12-01 12月01日-02号

管財課長露木元徳君) 今年度分の415万8,000円の事業費財源につきましては、国庫補助金である新型コロナウイルス感染対応地方臨時交付を活用し、10分の10の補助を受ける予定です。 また、次年度以降については、特別交付税措置により導入の3年間、上限で6,000万円まで対象経費の2分の1の補助を受けられるものとなっております。 以上でございます。 ○議長(中野博君) 1番、岩城議員

浜松市議会 2020-12-01 12月01日-20号

新型コロナウイルス感染対応地方臨時交付は、事業終了後に実施状況及びその効果の公表、報告を求めていますが、今、事業は続いているものもありますが、昨今、第3波が来ているとの見方もあります。そこで、今後の対策を含め、特に以下3事業についての現況を伺います。 1つ目、3密対策事業者支援事業申請実施状況について伺います。また、その状況をどのように捉えているか伺います。 

三島市議会 2020-11-25 11月25日-01号

今回事業者側からの要望に基づきまして、新型コロナウイルス対応した新しい生活様式によります環境整備バス利用者利便性向上を図るため、新型コロナウイルス感染対応地方臨時交付を活用しまして、市内を運行する路線バス事業者対象として、バスロケーションシステムIC決済システムの両システム導入補助をすることといたしました。 

磐田市議会 2020-11-24 11月24日-01号

これは新型コロナウイルス感染症影響により融資を受けた中小企業者等に対し、新型コロナウイルス感染対応地方臨時交付を活用して交付する磐田市経済変動対策貸付資金利子補給事業に要する経費に充てるとともに、複数年度にわたる事業への充当を可能にするため新たに基金を設置する必要が生じたことから、本条例を制定するものです。それでは、条文に従って説明します。