1246件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

函南町議会 2020-03-11 03月11日-06号

②視点2、鉄道駅・市街地山間地域を結ぶ公共交通確保 ③視点3、雇用創出定住移住促進のための土地利用誘導推進 ④視点4、函南ブランドの認定及び周知、PRと、ふるさと納税と連携した情報発信 ⑤視点5、インバウンド観光への対応による観光誘客推進。 (3)第2期函南まち・ひと・しごと創生総合戦略を踏まえ、令和2年度事業予算にはどのように反映されたのかを伺います。 

掛川市議会 2020-03-10 令和 2年第 1回定例会( 2月)−03月10日-07号

また、空き家と共に農地を取得する場合の特例運用については、浜松市の中山間地域において、小規模な農地でも取得できるよう下限面積を個別に 1アールまで引き下げられる事例があります。現在、近隣市町での事例はありませんが、掛川市では移住定住の観点から、中山間地域への移住希望者の動向に応じて運用を進めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(大石勇君) 再質問ありますか。

伊豆の国市議会 2020-03-03 03月03日-03号

小野市長の2期目のマニフェスト7つ命題で見ますと、命題1、伊豆国市にしごとをつくるでは、農業機械導入への補助韮山中央農道改修など、命題2、子育て人生も楽しい伊豆国市では、子どもインフルエンザ予防接種への助成市民交流センター子育て支援スペース開設など、命題3、安全で安心な伊豆国市まちづくりでは、合併特例債を活用した斎場公園整備山間地域水道移管整備など、命題4、伊豆国市

伊豆の国市議会 2020-03-03 03月03日-03号

小野市長の2期目のマニフェスト7つ命題で見ますと、命題1、伊豆国市にしごとをつくるでは、農業機械導入への補助韮山中央農道改修など、命題2、子育て人生も楽しい伊豆国市では、子どもインフルエンザ予防接種への助成市民交流センター子育て支援スペース開設など、命題3、安全で安心な伊豆国市まちづくりでは、合併特例債を活用した斎場公園整備山間地域水道移管整備など、命題4、伊豆国市

藤枝市議会 2020-03-02 令和 2年 2月定例会−03月02日-03号

そして、今後、山間地域における竹林の問題に対しても環境健康被害のない農薬等があれば伐採の人件費であったり、倒壊被害も削減できるのかなというふうに感じています。悪いところもたくさんあるかもしれませんが、有効に使えればとても便利なものだと思っております。今後も、様々な情報収集と研究を続けていただくことを含めてお願いさせていただきまして、次の質問に移らせていただきます。  

函南町議会 2020-02-28 02月28日-04号

今のところの考えといたしましては、まず最初に役場を起点として道の駅、川の駅とか、西部コミュニティーとか仁田駅とか、その辺を循環して、市街中心地を回っていけるようなバスをとりあえず運行させて、その計画実証をもとに函南町でもまだほかに必要であろうというところがあれば、中山間地域とか、その辺についても、今後数年によって協議というのが必要になるのではないかというふうに考えております。 以上でございます。

函南町議会 2020-02-17 02月25日-01号

次に、「コンパクトで効率的な都市づくり」に向けた主な取組として、地域公共交通網の形成では、町民の生活のための交通確保し、中山間地域市街地との連携に努めるとともに、公共交通利用促進に向けた啓発活動等取組を行います。また、生活排水の処理では、将来にわたり利用できるような効果的・効率的な都市基盤整備維持を図ります。 

掛川市議会 2019-12-20 令和 元年第 5回定例会(11月)−12月20日-05号

一般質問につきましては、 9人の議員皆様から、防災体制の強化、防災意識の向上、風力発電計画対応環境政策、中山間地域の諸課題、魅力ある学校づくりスポーツ振興策など、市政運営における重要な政策につきまして、御質問や御提案をいただきました。  議員の皆さんと交わした政策議論の成果につきましては、今後の市政運営に反映させて、掛川市の発展につなげてまいります。  

掛川市議会 2019-12-04 令和 元年第 5回定例会(11月)−12月04日-02号

項目 1、中山間地域における課題についての質問をいたします。  掛川市は南北約30キロ、山間地から海岸部までと面積が大変広く、山間部は市の 4割となります。中山間地域少子高齢化過疎化が進み、さまざまな課題が出ております。田舎に住む住人は、昔から協働まちづくりの精神で住みよい地域づくりに懸命に努力をしてきておりますが、行政の支援が欠かせないことも数多くございます。

函南町議会 2019-12-03 12月03日-02号

しかしながら、近年の中山間地域開発等下流域河川等へ与える影響は大きく、今後より一層の治水対策は必要であると考えられます。低水護岸整備は重要な治水対策であるため、町としても継続して県へ要望をしていきたいと考えております。 続きまして、ご質問の(4)静岡県と東部地域市町で構成する東部地域規模氾濫減災協議会における取り組み内容と状況はについてお答えいたします。 

富士宮市議会 2019-12-02 12月02日-04号

住民の方から、また関係者の方が目頭を押さえるような様子も見られまして、私も辻村議員と同様、新聞社も来ていただきましたが、それに加え、またテレビ報道なども含めて全国へ発信することで、また地域に対しての中山間地域への力ということを見せてあげたいなと思っておりますので、今後はその点も踏まえながら、また情報発信を上手にやっていきたいと思っております。 ◆4番(辻村岳瑠議員) よろしくお願いいたします。

静岡市議会 2019-11-14 令和元年 中山間地活性化調査特別委員会 本文 2019-11-14

この事業は、もともと中山間地域の人口が非常に減少していて、集落維持、存続も危うくなっていくという中において、集落をどうやって残していくかということで、集落に残すべき機能を抽出いたしまして、機能を何とかその集落に残していくため、その整備をしていこう、仕組みを残していこうということで取り組んだ事業であります。  まず、資料1は、推進体制でございます。  

静岡市議会 2019-11-04 令和元年11月定例会(第4日目) 本文

どちらも静岡市の中でも広大な面積を抱える中山間地域にとって、これまでも、そして、これからも取り組まねばならない大きな課題に関与しているため、皆様、しばしオクシズの風景を想像し、思いをはせて、一緒に考えていただきたいと思います。  最初に、本市における農作物の野生鳥獣による被害への対応について伺っていきます。