20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

伊東市議会 2015-06-19 平成27年 6月 定例会−06月19日-02号

去る5月17日、政令都市大阪市を廃止し、5つの特別区に分割しようという大阪構想賛否を問う住民投票大阪市で行われました。投開票の結果は、大接戦の末、反対の70万5,585票が、賛成の69万4,844票をわずか1万741票上回り、政令指定都市として初めて存続が問われた大阪市の存続が決定いたしました。

静岡市議会 2015-06-01 平成27年6月定例会[資料]

 剛司  │1 市長政治姿勢                    │ │     │  維新会   │(1)市長選挙を受けて                  │ │     │  一括質問   │(2)東静岡について                   │ │     │         │(3)新幹線について                   │ │     │         │2 大阪構想

裾野市議会 2015-03-23 03月23日-一般質問-05号

大阪府では橋下さんが大阪構想ということで、5月17日に投開票だということで、やるというふうに言っています。それから、滋賀県の高島市では、市の庁舎の位置についての市民の意見を聞くということで、4月12日に投開票するそうです。それから、記憶に新しい与那国島の自衛隊の配備に関する賛否ということで、これは2月22日やりました。これは賛成になっています。

浜松市議会 2013-10-16 10月16日-19号

未来への種まきと副題のついた施政方針では、地方自治をめぐっては、大阪構想など、地域が主体的に国の形を変えていこうとする提言がなされ、国民の関心を集めており、これらの動きは、地域主権国づくりに向け、大きな力になるものと歓迎しているとして、しずおか型特別自治市実現に向け、静岡県と協議をしていくとしておりました。しかし、特別自治市実現市民ニーズに基づく的確な施策を展開できるのか疑問であります。

静岡市議会 2013-02-04 平成25年2月定例会(第4日目) 本文

あえて言うならば、大阪市が求める大阪構想は、原点は、東京対大阪の国の中心を二分する発想から生まれた地方分権議論でありますが、私はあくまで、静岡市の地域が持つ資源を生かして強く育て、ここが静岡市であると誇れるまちをつくりたいとの思いであります。  今回の市長施政方針の中でも、一部その認識を共有できるところがありました。

静岡市議会 2012-09-04 平成24年9月定例会(第4日目) 本文

8月29日、国においては、橋下大阪市長大阪構想を後押しする新法大都市地域特別区設置法が、民主、自民などの賛成多数で可決いたしました。  新法は、政令市周辺市町村の総人口が200万人以上の区域を対象に複数の特別区に再編する手続を定め、どう再編するか地方自治体が主体的に決められることが特徴で、道府県の名称を変える規定はなく、大阪府を大阪都に改めることはできないとのことであります。  

島田市議会 2012-08-24 平成24年8月24日議会運営委員会−08月24日-01号

内容につきましては、自治体議会災害対応というような内容、それから新しい都市圏自治制度ということで、道州制、それから都制大都市制度ということで、大阪構想なんかも少しかかわり合いを持っている方だというふうに聞いておりますので、そうした内容について平成25年1月30日、開催日時につきましては午後ということで予定をさせていただきますので、御承知をしていただければと存じます。  

藤枝市議会 2012-06-26 平成24年 6月定例会−06月26日-01号

大阪市の橋下徹市長による例の大阪構想が一時メディアを席巻したことは記憶に新しいところでございますが、そのほかにも静岡浜松両市特別自治市を提案するなど、本市を取り巻く広域的な環境にも大変大きな動きが見られます。  このような中で、本市が今後も引き続き発展をなし遂げていくためには、本市を含めたこの地域を一体として考え、広域的な地域全体の底上げを進めるべきであると考えます。  

静岡市議会 2012-03-13 平成24年 総務委員会 本文 2012-03-13

ただ、その中で御存じのように、大阪では大阪構想が出ていたり、あとは名古屋のほうでは中京都構想とかをいうような形が出ているところではございます。  今、地方制度調査会大都市についての制度検討が始まったところで、大阪構想とか、特別自治市内容につきまして、その中で発表していくというようなところで、地方制度調査会の中での検討がされているということになっております。  

静岡市議会 2012-02-07 平成24年2月定例会(第7日目) 本文

この時点では政令市の足並みはそろっていたわけですが、その後、昨日もお話がありましたが、大阪府と大阪市を再編しようとする大阪構想を初め、愛知県と名古屋市を再編する中京都構想新潟県と新潟市を合併する新潟構想など、大都市制度をめぐり各地で活発な議論がなされております。特に昨年11月に行われた大阪府知事大阪市長ダブル選挙では、大都市制度あり方大阪構想是非が争点となり、注目を集めました。

静岡市議会 2012-02-06 平成24年2月定例会(第6日目) 本文

1点目に、大阪構想など大都市制度をめぐる動きに対する市長考えは何か。  2点目に、第30次地方制度調査会指定都市市長会において特別自治市議論はどうなっているのか。  3点目に、大都市制度議論が盛り上がる中、指定都市市長会の中で市長はどのように主張していくのか、伺います。  次に、総合特区制度の活用についてであります。  

藤枝市議会 2011-12-02 平成23年11月定例会−12月02日-02号

◆14番(遠藤孝議員) 次に、先ほどの答弁の中で、全国に向けてモデル的な連携自治体としてアピールしていきたいと、非常に難しい答弁でございましたが、大阪維新の会が先般圧勝し、二重行政や無駄をなくすための大阪構想が現実味を帯びてきました。さらには大阪維新の会が、国政へ打って出る可能性も非常に高いと思います。  

静岡市議会 2011-11-05 平成23年11月定例会(第5日目) 本文

無論、大阪構想名古屋市の中京都構想も、今後の特別自治市を目指す我が市にとっても大きな課題です。私は3.11以前から申し上げておりましたように、我が市は歴史的、地勢的に形成されたコンパクトで持続可能な核を分散させないまちを目指すべきだと今でも思っておりますし、それを支える地域資源もコミュニティーもまた我がまちには存在していると思っております。  

浜松市議会 1959-11-30 11月30日-19号

質問の趣旨は、大阪構想をめぐっての大阪市における住民投票の結果から見た考えについてでありました。答弁は、本市において住民投票を実施する場合も、議会検討をいただいた上、条例で定めることになる。結果に対して法的拘束力はないが、区の再編は市民生活にとって直接影響をもたらす重要な事柄であることから、全市的な民意を酌み取るためには有効な手法の一つであると考えている。

  • 1