186件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2020-03-06 令和2年2月定例会−03月06日-04号

市長戦略部長鈴木将未) ローカル5Gというものが、どのようなものかというのを、まず簡単に説明させていただきますと、自治体等みずから、その敷地内に通信網施設を設置しまして、商用の及んでいない基地がないところでも、その恩恵を預かるというか、5Gの通信環境でいろいろなことができるというものです。  

御殿場市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会(第6号 3月 6日)

5G技術については、新たな基地を設置しなくてはいけませんが、使用する高い周波数帯電波は放射状に広がらず、障害物に弱いという特性があり、今までよりも多く、高密度で基地を設置しなくてはならないこともあり、実際に支障なく利用できるようになるまでには、相当の時間がかかるのではないかと予想しております。  

袋井市議会 2019-12-12 令和元年ICT活用特別委員会 本文 開催日:2019-12-12

現在、まだ試算の一部を含んでおりまして、正確な数字は実際にシミュレーションをしないと、なかなか通信ですので出せないということがありますが、例えば南部のほうの水田で活用しているIoT、あちらはLoRaWANという通信LPWAを採用しておりますが、大体1カ所当たりの基地で100万円の整備費用がかかります。  

掛川市議会 2019-12-04 令和 元年第 5回定例会(11月)−12月04日-02号

まず、 (1)の携帯電話不感地域整備についてでありますが、地理的条件事業採算上の問題により民間事業者による基地整備が進まず、携帯電話通信環境市内全域を網羅されていないのが現状です。  しかし、緊急時の通信確保という観点から、携帯電話市民生活に不可欠な通信媒体と考えますので、携帯電話事業者及び地元関係者通信手段確保策を検討していきたいというふうに考えております。  

袋井市議会 2019-10-23 令和元年ICT活用特別委員会 本文 開催日:2019-10-23

173 ◯岡本委員 19ページのICTデータ利活用に関する課題のところで、産学官連携というところを見ますと、ここに企業等ICT事業機会創出とか、民間5G基地早期整備促進であるとか、その下の人材育成のところでIT企業との連携協定推進という項目がありまして、今後の市のICTの施策を考えていくときに、市の業務そのものについての導入については事業が自己完結するわけですけれども

清水町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第5日) 本文 開催日: 2019-09-26

委員から、「防災無線をデジタル化することによって、停電発生時に、光回線基地が使えないというようなことに陥らないか。」とただしたところ、「防災無線は、電波で飛ばすため、光回線といった形での作業のものではありません。また、停電発生時でも、親局の役場は自家発電により72時間は電波を飛ばせるので、復旧するまでの間については問題ないものと認識しています。」との答弁がありました。  

磐田市議会 2019-09-20 09月20日-03号

回線数現状では5回線を確保しているという状況であったり、災害状況によっては千葉なんかの例でもありますように基地自体が使えなくなると活用できない。災害が大きくなればなるほど活用できないというような課題もございます。また、一方では現状職員の私物ではありますが、それぞれがスマホ等も持っておりますので、そういったものの活用も考えられるのかなというふうに思います。

藤枝市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会-09月11日-02号

標題1つ目は、高洲南小学校に隣接して建設されますKDDI携帯基地の問題についてです。  ことし5月、南小北側に住む市民の方から情報が寄せられました。  KDDIからau無線局建設計画のお知らせが届いた。建設時期は明記していないけれども、南小学校フェンス1つ越えた民地に基地建設するということで、健康に心配はないのかという声でございました。  

藤枝市議会 2019-09-02 令和 元年 9月定例会−09月02日-目次

事務局職員 …………………………………………………………………… 31                 会     議 〇開議 ……………………………………………………………………………………… 32 〇日程第1 一般質問 …………………………………………………………………… 32   1. 11番(石 井 通 春 議員) ………………………………………… 32    (1) 高洲南小学校隣接携帯基地

袋井市議会 2019-08-01 令和元年ICT活用特別委員会 本文 開催日:2019-08-01

大もととなる基地からクラウドサーバーに情報を伝達する部分については、LTEと呼ばれる携帯電波、こちらを使っているという状況です。  この基地については、民間IIJという企業整備をし実証に取り組んでいるものでございまして、IIJからの、要は、経営農家側からシステムを継続して利用したいということであれば、基地を存続させるというような意向は既に伺っています。

裾野市議会 2019-06-21 06月21日-一般質問-04号

また、今後についてはAI人工知能による自動刈り取り、そして自動の田植え、自動で耕す、そういったものは携帯電話の5Gの規格が一般的になってくることによりまして、基地による正確な位置計測等もできるようになりますし、また新しい衛星なんかのデータを使うということも可能性がありますので、もっともっと将来的には小型のもの、大きいものでない小型のものの連携という形での運用というものが期待されるのではないかと思

函南町議会 2018-09-06 09月06日-02号

無線機種類につきましては、基地に使用する固定局庁用車ポンプ車に搭載している車載局、そして持ち運びが可能な携帯局という3種類がございます。 配置している場所でございますが、災害対策本部等に4台、各自主防に36台、消防団車載として9台、携帯として18台、広域避難所公共施設に14台、庁用車に9台、災害対策本部から持ち出して使えるもの等を17台配備をしているところが現状でございます。 

掛川市議会 2018-06-26 平成30年第 2回定例会( 6月)−06月26日-03号

また、無線機を所有する高校生が、地域情報を提供する仕組みや災害対策本部に開設されるアマチュア無線基地の運営を支援していただける体制を構築していきたいというふうに思っています。今アマチュア無線関係者が、対策本部が立ち上がったときにすぐ本部に来ていただくということになっておりますので、そういう人たちとの勉強も含めて検討していきたいと思います。  

御殿場市議会 2017-09-07 平成29年 9月定例会(第2号 9月 7日)

そのほか不具合が生じた地域防災無線基地機器修繕にも充用しております。  次の6目国民保護推進費執行率は、94.4%です。  備考欄2は、弾道ミサイルなどの有事情報緊急地震速報などの気象情報等、国から発信される緊急情報市民に伝達する、全国瞬時警報システムJアラート受信設備保守点検に要した経費です。  予備費については、無停電電源装置バッテリー交換に係る経費に充用しました。  

藤枝市議会 2017-03-02 平成29年 2月定例会−03月02日-03号

そこで、来年度は光ファイバー回線の未整備地域におきまして、ADSL回線について、通信基地からの距離が離れることによります通信速度のロス、あるいは移動系通信について、地形による影響調査など、実際の通信速度調査を行いまして、ビジネス、あるいは学習といった目的に応じた通信速度が確保できる通信手段を明らかにいたしまして、今後の事業展開につなげてまいります。  

御前崎市議会 2017-03-02 03月02日-02号

◆5番(植田浩之君) IoTですが、これは調べたところ、低価格で省電力、電波距離範囲相当広いようで基地も、今Wi―Fiとかいろいろさまざま使われていますけれども、その中では経済的な伝送装置だそうです。またぜひその辺ご検討いただいて、おくれをとらないように、御前崎市としても未来に向けて研究していただきたいと思います。 次の質問に移ります。