運営者 Bitlet 姉妹サービス
12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-19 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月19日−04号 明治29年とは、日清戦争が終わり、日本が欧米列強に追いつくべく努力していた時代であり、ドラマならばの時代でありました。第二次世界大戦後、親族・相続編が改正されましたが、それ以外の民法改正は一部にとどまり、さすがに現代社会とは整合性をとるのが難しい部分ができ、民法の抜本的な改正が望まれ、制定以来120年を経過しての大改正となりました。   もっと読む
2013-12-04 富士市議会 平成25年11月 定例会-12月04日-04号 その本のキャッチコピーが――やっぱりこういうアピールの仕方をするとすごいなと、訴えるなと思ったので、それをちょっと紹介しますと、「」――これは大河ドラマで有名になったわけですけれども――の秋山真之や正岡子規が高橋是清から英語を学んだ共立学校は、遣米使節・遣欧使節に加わった加賀藩士・佐野鼎が創設した、こういう表現をして、「」の秋山真之や正岡子規なんていう、本当に興味のある方にとっては もっと読む
2013-06-24 掛川市議会 平成25年第 3回定例会( 6月)−06月24日-02号 1つはですね。明治時代の青年が国のあり方を求めて、を求めて、希望を求めて行動した。それから、村上龍の小説の中に、これは20年ほどぐらい前の小説ですけれども、日本にはいろんなもの全て手に入る。手に入る。しかし、今手に入らないのは希望だ。若者がこの希望を求めて、夢を求めて行動する。 もっと読む
2012-03-01 伊東市議会 平成24年 3月 定例会-03月01日-03号 」でおなじみの道後温泉のある松山市は、手前に道後という名前もつけたそうですけれども、雲の形をしたナンバープレートをつくっているんですね。赤塚不二夫が関係している青梅市は、「シェー」とやっている漫画キャラクターを使って、こんなナンバープレートをつくっている。これは自転車とかオートバイをやっている業界の方々も関心を持っているんですね。 もっと読む
2012-02-28 三島市議会 平成24年  2月 定例会-02月28日−02号 明治以来、を目指し懸命に上り詰め、奇跡の経済大国になった日本ももちろん、世界はすでに下山の時代に入ったと思うと述べています。そうした時代をどう生きるのか、大変興味深い本でありました。氏は、私たちは再び世界の経済大国という頂上を目指すのではなく、実り多い成熟した下山こそ思い描くべきではないかとも述べています。  さて、今が上りなのか、下りなのか、極めて重要な判断をしなければなりません。 もっと読む
2011-06-07 清水町議会 平成23年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2011.06.07 例えば、デザインつきのナンバープレートの第1号というのは松山市でありまして、地元生まれの秋山兄弟が主人公のにちなみ、プレート全体が雲の形をしたユニークなナンバープレートでもあります。   もっと読む
2010-06-25 伊豆の国市議会 平成22年  6月 定例会(第2回)-06月25日−06号 明治初期のものまで含めると、昨年末から、TBSの「JIN」、NHKの「」、「龍馬伝」と目白押しである。また、一昨年のNHK大河ドラマ「篤姫」は平均視聴率24.5%という大変な人気を博したようだ。いずれのドラマも脚本が良く、「幕末通」というより単なる「幕末好き」を自称する私も例外でなく、大変面白く拝見した。   もっと読む
2010-03-11 掛川市議会 平成22年第 1回定例会( 3月)−03月11日-05号 さて、市長は今定例会の冒頭の施政方針で、司馬遼太郎の小説「」に例えて、これからの進むべきあり方を語られました。成熟社会にまで行き着いた我が国の状況を憂い、これからは新しいを見つけて、将来に向かって、夢、目標を持って、課題山積する市政に対処しなければならないとの言葉で表明されました。考え方としては立派で、私も頼もしく聞かせていただきました。  しかし、問題はこれからです。 もっと読む
2010-03-01 掛川市議会 平成22年第 1回定例会( 3月)−03月01日-01号 終わりになりますけれども、私たちは小説「」に代表される近代という時代を、「しあわせの雲」を目指し、だれもが疑わず行動することで今日の繁栄を築きました。だれもが一様に希望がみえるまちが存在していたのです。いわば青年期の日本の姿であります。   もっと読む
2009-11-30 浜松市議会 平成21年 11月 定例会(第5回)-11月30日−22号 まずアとして、これまで取り組んでいる心の耕しの現況について、次にイとして、私自身、歴史物が好きで、特に、昨晩から始まった「」は、鎖国から初めて世界へ飛び出していく様子に、その時代の日本人に大きな志を感じさせるなど、元気をもらえる司馬作品として、特別な思いで楽しみにしておりました。また、先ほど紹介した米津町の伝承のように、我が郷土についても関心を持っています。 もっと読む
2009-09-14 浜松市議会 平成21年  9月 定例会(第4回)-09月14日−18号 この宣言文の要諦は、時代の変化にとらわれない、まさに人づくりの根幹たる道をとうとうと読み上げる一文であり、浜松教育の方向性を指し示す「」として長く掲げる響きを持って、子供たちが大人になっても生き方としてそらんじる浜松育ちの原点とお願いするところでございます。 もっと読む
2006-03-14 浜松市議会 平成18年  2月 定例会(第2回)-03月14日−08号 このような制度を利用した例として、本年2月に行かせていただいた松山市では、司馬遼太郎氏の長編小説「」の主人公正岡子規と秋山兄弟にちなみ、フィールドミュージアム構想を立ち上げ地域再生計画の認定を受け、歴史的・文化的遺産を結び、松山城周辺をフィールドミュージアムセンターゾーン、道後温泉・松山総合公園ほか2カ所をサブセンターゾーンとして、交流人口を年間500万人から600万人へ増加させることを目標 もっと読む
  • 1