177件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

袋井市議会 2020-09-14 令和2年建設経済委員会 本文 開催日:2020-09-14

あわせて、一般質問岡本議員のほうからもありました公共交通の関係で、地域公共交通形成計画策定をしていく中で、都市建設部門の関わりということのお話がありましたけれども、どのぐらいまでタッチしていくのかというか、都市建設部門がある程度コンパクトシティ、プラス、ネットワークという一つの立地適正化計画を打ち出している中で、主導権を握るという言い方はおかしいですけれども、都市計画部門がある程度主導していく

袋井市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第2号) 本文

また、提言させていただきました地域公共交通形成計画策定地域公共交通会議への議会からの参加、専門家の診断などといった提案が今回採用されていることを見るとき、誠にありがたく、うれしく思っているところであります。  今回、私は、今進められている地域公共交通の進展を、主に都市計画マスタープラン立地適正化計画に示されていることを背景に質問をさせていただきます。  

袋井市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第3号) 本文

2点目は、地域公共交通形成計画策定についてです。  私ども袋井市議会総務委員会平成30年9月に提出した政策提言書では、目標的な提言として、地域公共交通形成計画策定に早急に着手すべきことを掲げています。その時点で掛川市は既に平成29年8月に全域での計画策定し、磐田市は平成29年6月に現在のJR御厨周辺地域を対象とした計画策定済みでした。

三島市議会 2020-06-18 06月18日-04号

立地適正化計画の目的は、人口減少高齢社会の到来に対し、地域拠点となる5か所を都市機能誘導地域として設定し、公共施設、医療や福祉商業施設等を集約し、高齢化が進む郊外の団地・集落から町なかへの居住を促す計画で、地域公共交通網でつなぐ拠点ネットワーク型コンパクトシティ形成を目指し、三島地域公共交通形成計画も同時に策定しています。 

磐田市議会 2020-06-16 06月16日-03号

磐田地域公共交通形成計画磐田新駅周辺編)では、(仮称磐田新駅を新たな交通拠点とした既存の地域公共交通見直しや、(仮称磐田新駅における快適な乗り継ぎ環境形成することで、移動特性等に応じた各段階の生活交通サービス連続性確保ネットワーク化を図り、地域公共交通利用環境改善し、住みよい新しいまち形成しますと基本方針が述べられています。

三島市議会 2020-03-12 03月12日-05号

次に、交通結節点であります三島駅南口を発着場所として、地域公共交通網の在り方を考える地域公共交通形成協議会でありますが、なぜ駅の中心企業でありますJR東海が入っていないのでしょうか。広域交通結節点として考える上でも、南北自由通路を検討する意味でも、JR東海協議会のメンバーに含めたほうがいいと思いますが、いかがでしょうか。

三島市議会 2020-03-11 03月11日-04号

環境市民部長佐野隆三君) 西部地区自治会連合会等から御要望をいただき、乗降調査アンケート調査によりまして、乗降客地元住民の意向を伺い、2月の地域公共交通形成協議会に諮り、実証運行実施にこぎ着けました。令和2年4月から1年間の実証運行中、平均乗降者数状況などを見ながら本運行への移行を探ります。 

函南町議会 2020-03-11 03月11日-06号

光回線につながるタブレットに関してですが、今後策定される地域公共交通整備で、幹線バス情報を得ることができますでしょうか。また、幹線バス停から支線として山間地で考える必要がある福祉タクシー乗合タクシーボランティアタクシー、あるいは公共交通空白地有償運送等ボランティアタクシー、ミニバス、さらにその先には自動運転等、いろいろな情報がありますが、ここら辺の情報を得られるでしょうか。

伊東市議会 2020-03-10 令和 2年 3月 定例会-03月10日-07号

今回の質問新型コロナウイルス感染症に伴う本市対応、対策に関すること、次に人口減少による少子高齢化社会への対応として、地域公共交通形成計画に準じた公共交通確保維持等を図るための取り組み状況について、また、伊東市営住宅長寿命化計画に基づく市営住宅の管理、運営など、大きく3項目の質問であります。  では、通告に従い一般質問を行います。  

伊東市議会 2020-03-09 令和 2年 3月 定例会-03月09日-06号

2つ目質問は、運転免許を持たない高齢者等交通弱者を初めとする地域住民生活の足となる公共交通重要性に鑑み、平成30年度に策定された伊東地域公共交通形成計画について、以下4点伺うものです。  まず、1点目は、本市公共交通における課題について、どのように把握されているか伺います。  2点目、本計画に基づいて実施している取り組み及び今後新たに実施計画している取り組みについて伺います。  

函南町議会 2020-02-28 02月28日-04号

今年3月、来月までに地域公共交通形成計画というのを策定をすべく、今、準備をしております。その中で、函南町としてどの辺の地域を走らせるか、循環にするかとかいう中で、来年度この予算につきましては、それの運行計画方針であるとかルート設定あとダイヤ設定とか、あと、どこの業者にやっていただけるかとか、そういう細かなことを国土交通省等協議をしなければいけないというのが、このまず金額でございます。

三島市議会 2020-02-27 02月27日-02号

さらに、外出支援取組におきましては、地域公共交通形成計画に沿いまして、公共交通空白地域の解消や乗り継ぎ改善など、同協議会等におきまして検討、協議をしていただいていることと存じますが、市内各地域におきまして公共交通空白地域が点在をしており、改善が求められます。 そこで伺いますが、地域包括ケアシステムの構築及び外出支援の評価につきまして、どのようにお考えでしょうか。 

伊東市議会 2020-02-25 令和 2年 3月 定例会-02月25日-02号

第9目交通企画費事業1は、市民生活の足となる、デマンド型乗合タクシー生活路線バス運行経費鉄道輸送の安全を確保するための補助金が主なもので、事業2は、地域公共交通形成計画を推進するための経費の計上で、総合時刻表作成公共交通利用促進に向けての取り組みを行う地域公共交通活性化事業委託料のほか、東伊豆・中伊豆地域公共交通活性化協議会に対する負担金、ユニバーサルデザインタクシーの導入促進事業費補助金

伊東市議会 2020-02-21 令和 2年 3月 定例会-02月21日-目次

2 運転免許を持たない高齢者等交通弱者を初めとする地域住民生活の足となる公共交通重要性に鑑み、平成30年度に策定された「伊東地域公共交通形成計画」について、以下4点伺う。    (1) 本市公共交通における課題について伺う。    (2) 本計画に基づいて実施している取り組み及び今後新たに実施計画している取り組みについて伺う。    

掛川市議会 2020-02-19 令和 2年第 1回定例会( 2月)−02月19日-01号

公共交通の充実につきましては、地域公共交通形成計画に基づき、様々な主体の協働により地域公共交通を守り育てる取り組みを推進し、各地域間の交通ネットワーク強化を図ってまいります。  次に、幹線道路整備についてであります。  南北幹線道路大東ルート市道掛川高瀬線改良事業につきましては、今年度全ての用地買収が完了しましたので、早期の完成を目指し事業推進を図ってまいります。

函南町議会 2020-02-17 02月25日-01号

次に、「コンパクトで効率的な都市づくり」に向けた主な取組として、地域公共交通形成では、町民の生活のための交通確保し、中山間地域と市街地との連携に努めるとともに、公共交通利用促進に向けた啓発活動等取組を行います。また、生活排水の処理では、将来にわたり利用できるような効果的・効率的な都市基盤整備維持を図ります。