144件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御殿場市議会 2021-03-10 令和 3年 3月定例会(第6号 3月10日)

コロナ収束後については、乗降客数が落ち込んでいる状況に対して、これまで以上に沿線地域一体となって利用促進に取り組むことが課題であり、JRと連携したイベント開催にも力を入れてまいります。  以上でございます。 ○議長髙橋靖銘君)  19番 辻川公子議員。 ○19番(辻川公子君)  御殿場線利用者増への今後の御殿場市独自の取組はいかがか、御見解をお伺いいたします。

三島市議会 2020-12-09 12月09日-06号

総合計画において、前計画、第4次の計画では道路沿い、すなわち沿道のみであったその複合交流拠点の色づけがこの地域一体に広がるというふうに変わっている今回のことにつきましては、三島市の前向きな姿勢の表れだと理解し、感謝を申し上げます。 一方、青地の除外を約束したものではないということでしたが、除外については前向きに取り組むものと認識していますが、それはそのような理解でよろしいでしょうか。

藤枝市議会 2020-12-04 令和2年藤枝市議会定例会11月定例月議会−12月04日-03号

このウイズコロナとかアフターコロナという時代の中では、この制度地域一体ぐるみの内容で見ると、また1つこの展開は、あるところで活発化してくるんじゃないかと、そんな思いでいます。ぜひ農地環境保全という立場からもこの事業、力強く推進していただきたいと思います。求めておきます。  あわせて、特にこの調整区域です。

浜松市議会 2020-12-02 12月02日-21号

昨年度と今年度の入学生が14人でしたので、規定からいえば来年度の募集はしないわけですが、学生寮を再開し、地域で運営していることなど、地域一体での佐久間分校魅力向上生徒確保取組により、特例で来年度は募集が可能となりました。こうした中で、花井教育長におかれては、6月に県の木苗教育長存続要望書を提出するなど、存続に向けて行動していただいているところだと承知をしています。 

磐田市議会 2020-10-13 10月13日-08号

引き続き新たに時代に向け地域の強みを生かした学府一体校地域一体となって進めるべく、説明会ワークショップ等地域の声を聞き、地域とともにたくましい子供たちを育む学校づくりを進めていただきたいと思います。 以上、令和年度磐田一般会計歳入歳決算が持続可能な財政基盤を維持し、これからの磐田市に向けての様々な事業が積極的に推進されてきたことを評価いたします。

浜松市議会 2020-09-30 09月30日-15号

そのため、9月24日に萩生田文部科学大臣を訪問いたしまして、行政、議会、経済界、浜松の医療体制を支える医療関係者等で構成する協議会を設置するなど、地域一体となって統合・再編を支援することを伝え、国に対して後押しをお願いしてまいりました。 協議会では、産学官のより一層の連携強化による地域貢献等、大学と地域の未来に向けた発展的な協議を行ってまいります。 ◆46番(柳川樹一郎) 議長、46番。

伊豆の国市議会 2020-03-03 03月03日-03号

あやめ祭過渡期と捉えておいででありますが、その見直しや新たな取組は、観光中心地において豊かな市の歴史資源を広く発信し、かつ地域一体となったお祭りの盛り上がりにつながるものと思われますので、ぜひ武者行列と、すなわち、再来年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の13人がまさにこの武者行列で今までパレードをしていたわけでございます。この武者行列等とコラボした象徴的な事業展開を期待いたします。 

三島市議会 2020-02-27 02月27日-02号

そのため、令和2年4月1日から新たにスマート市役所に関する業務を推進するデジタル戦略室を設置して、市役所内部組織的強化を図るほか、一方では、産官学民連携してデータ利活用等による新たなまちづくりスマートシティの実現に向けまして、三島商工会議所農協をはじめ、観光関係団体ITベンダーなど幅広い分野の皆様に御賛同いただき、行政だけではなく、地域一体となった積極的な取組とするため、本年3月23日に三島

浜松市議会 2019-10-01 10月01日-15号

また、消費者にも魅力あるもの、価値のあるものと認められ、購入していただけるよう、三ヶ日農協では農業食品産業技術総合研究機構果樹研究所連携し、温州ミカン栄養疫学調査三ヶ日地域住民を対象に実施し、平成27年度には、生鮮食品では全国で初めてとなる機能性表示食品に位置づけられるなど、生産者はもとより地域一体となってミカン価値を高める取り組みをしているところです。 

藤枝市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会-09月11日-02号

そういう中で、これから事業を早期に施工着手して、地域一体となってこの事業を後押ししていきたい。そういうような中から、ぜひともこの開始式をやりたいんだということで、地域皆さん一体となってこれをやりたいと。ただ、国のほうの日程的な事情もあるものですから、今調整をしていますが、今年度中にはそれができるように、今設定をしているところでございます。 ○議長薮崎幸裕議員) 大石議員

函南町議会 2019-08-22 09月03日-01号

地域一体となって気運醸成行事を進め、1年後に向け、活動していくことを確認いたしました。 6月29日、かんなみ知恵和館来館者が100万人を達成し、記念式典を開催しました。平成25年4月に開館して以来、町内外問わず、幅広い年齢層皆様にご利用いただいております。今後も、世代間交流の場として、生涯教育の場として、皆様にご活用いただけるよう施設運営を図ってまいります。 

焼津市議会 2019-02-02 平成31年2月定例会(第2日) 本文

そのために、条例化するとか、地域一体で考えていくという方法がとれないんでしょうか。もう一度お伺いしますね。そこにお金がかかるなら、資金支援制度もつくっていく、これもいかがでしょうか。そのためには現状の把握が必要、つまり、農業生産者自家消費農家の全件調査実施する、これもいかがでしょうか。その方法としては、農協自治会行政共同調査と位置づけて、協議の上行っていく、いかがですかね。  

磐田市議会 2018-12-04 12月04日-02号

幼稚園、保育園、小中学校では、教育方針として挨拶運動が以前から行われており、地域一体での挨拶運動につながることが安全で住みよいまちづくりになると感じています。市政運営において、リーマンショック東日本大震災後、事業見直し財政立て直し取り組みながら、市の将来を見据えた主要事業を着実に実行してきたと認識しています。 

袋井市議会 2018-10-24 平成30年民生文教委員会 本文 開催日:2018-10-24

その中で、学校地域住民と目標やビジョンを共有して地域一体となり、子供たちを育てるということが明記されているところでございます。  それはどういうことかというと、これからは高齢者社会が進んでくるわけなんですが、高齢者、それから幼稚園等の異年齢、こういういろいろなさまざまな世代を超えた皆さんとの交流の機会を設けることで、互いに学び合い、それから育ち合う地域体制づくりというものが求められていくと。

掛川市議会 2018-09-03 平成30年第 3回定例会( 9月)−09月03日-01号

今後の活動として、県の研究機関地元猟友会連携して拡大する鳥獣被害現状を説明し、地域一体となった対策重要性を啓発することにより、地域ぐるみ対策を進めてまいります。  次に、リニア中央新幹線建設工事に伴う大井川の流量減少問題について申し上げます。  リニア中央新幹線南アルプストンネル工事により、大井川の流量が毎秒 2トン減少すると予測されています。  

御殿場市議会 2018-03-15 平成30年予算決算委員会経済環境分科会( 3月15日)

また、今後につきましては、県のほうでオリンピック自転車競技開催に向けた地域一体取り組みとして、県東部伊豆地域バイシクルピットの整備を進めていく計画がありまして、その動きを考慮しながら、また対応をしていきたいと考えております。  以上です。 ○分科会長菅沼芳德君)  勝亦委員。 ○委員勝亦 功君)  私が勘違いして、バイシクルピットというのですか。ありがとうございました。

三島市議会 2018-03-14 03月14日-06号

さらに、県が1月31日に立ち上げました東京オリンピックパラリンピック自転車競技伊豆半島東部地域首長協議会におきましては、県の構想を共有するとともに、各市町より提出された地域一体となった取り組みについての意見が集約され、短期的なもの、中長期的なものに区分した上で、連携し、その実施に向けて取り組んでいくこととなったところでございます。 

富士宮市議会 2018-03-01 03月01日-08号

以上の要件に合うためには、地域一体となって集積を進めていくことと、その農地を耕作する担い手を探すことが重要です。現在当市においては、要件を満たすような農地はございません。今後集積を進めていくには、中間管理重点実施地区として設定している開拓地区杉田地区柚野地区、猪之頭地区の4地区から推進していきたいと考えております。 私からは以上です。 ○議長横山紘一郎議員) 危機管理監

三島市議会 2018-02-27 02月27日-02号

という防災プログラムに園児や中学生も参加したりし、地域一体となった防災への取り組みも行っております。 このように、幼児期から中学校までの教育連続性を持たせることで、豊かな感性と確かな学力を持つ、心身ともに健康な子どもの育成を目指しております。今後も、幼・保・小・中の連携を一層深め、縦のつながりの見通しを持って系統的な教育を推進するよう努めてまいります。