750件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御殿場市議会 2021-02-25 令和 3年 3月定例会(第2号 2月25日)

2の①は、国際交流協会への補助金です。  3は、外国籍児童生徒のための補習教室である「ふじ山教室」の運営委託料光熱水費等経費です。  少し飛んでいただきまして、140ページ、141ページをお願いいたします。  2款3項1目戸籍住民基本台帳費は、前年度比2.1%の減です。  減額の主な要因といたしましては、個人番号カード関連事務交付金支払い方法変更に伴う減額によるものです。  

三島市議会 2020-12-03 12月03日-02号

これら支援の必要な児童生徒は、三島国際交流協会に所属しております三島日本語サークルボランティア皆様に学校を訪問していただき、放課後等に1時間程度のレッスンを行いながら、日本語習得支援をしていただいております。 また、県教育委員会外国人児童生徒トータルサポート事業による相談員スーパーバイザー派遣活用しております。

島田市議会 2020-11-10 令和2年11月10日議会運営委員会-11月10日-01号

また、こちらの内訳欄の2行目に書いてありますが、国際交流協会から要請がございます、姉妹都市提携60周年記念事業としてアメリカのリッチモンドへの友好訪問といたしまして、約35万円を計上しているところでございます。  続きまして、交際費、それから、役務費使用料及び賃借料負担金補助及び交付金につきましては、前年と同様というところでございます。

長泉町議会 2020-09-18 令和2年第3回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2020-09-18

委員より、国際交流協会語学研修支援事業におけるワンガヌイ市の受入れ校状況は。との質疑に対し、令和年度は、受入れ校を1校増やし3校となる予定であったが、受入れ側の都合により、結果的に平成30年度と同様2校での受入れとなった。との答弁がありました。  次に、企画財政課です。  委員より、ふるさと応援基金を設置したが、その状況は。

島田市議会 2020-09-16 令和2年9月16日予算・決算特別委員会経済建設分科会−09月16日-01号

文化資源活用課長(松本知保美) 国際交流協会の韓国の委員の方々の御判断にもよると思いますけれども、マラソンについてはこれまでどおりになるかと思います。ただ、国政のことになりますので、そちらは少し分かりかねる部分があります。  以上です。 ◆委員福田正男) はい。では、結構です。 ○分科会長齊藤和人) ほかにございますか。よろしいですか。  それでは、次に進みます。  

御殿場市議会 2020-09-09 令和 2年 9月定例会(第2号 9月 9日)

2の①は、御殿場市国際交流協会への補助金です。  3は、外国籍児童生徒補習教室である富士山教室光熱水費が主な経費です。  少し飛びまして、116、117ページをお願いいたします。  3項1目戸籍住民基本台帳費執行率は、94.9%でした。不用額1,000万円余につきましては、個人番号カード交付枚数が国の見込みを下回ったことなどが主な要因です。  

袋井市議会 2020-07-28 令和2年総務委員会 本文 開催日:2020-07-28

特に最近は、外国人市民の方の相談が圧倒的に多いということで伺っているところでありまして、国際課通訳職員の方であるとか、場合によっては国際交流協会にも御協力を頂きながら、ポルトガル語通訳のできる方も社会福祉協議会派遣しながら、その対応をしているということでございます。  

袋井市議会 2020-06-01 令和2年6月定例会(第2号) 本文

本市における外国人市民相談体制につきましては、市民課しあわせ推進課などにポルトガル語を中心とした8名の通訳員を配置するとともに、暮らし全般に関する総合相談窓口袋井国際交流協会に委託し、英語中国語など5言語ポルトガル語ベトナム語スペイン語英語中国語、この5言語相談員4名を配置しております。

袋井市議会 2020-04-27 令和2年建設経済委員会 本文 開催日:2020-04-27

具体的には、北分庁舎が2026年度解体と、824万円となっていますけれども、今年、実は、国際交流協会日本語サロンだとか相談ということで、今年度令和年度予算に650万円計上されて、これから改修に入るんですよね。  それで、650万円投資して、あと7年になるのか、2026年というと、解体というと少しもったいないと。

島田市議会 2020-03-13 令和2年3月13日予算・決算特別委員会経済建設分科会−03月13日-01号

文化資源活用課長太田直樹) 予算減額の理由ですけれども、本年度まで、国際交流協会事務局職員ということで、市職員として臨時職員を2名雇用しておりました。来年度から協会直接雇用職員という形になりますので、下の国際交流団体補助金のほうに人件費補助金という形で協会のほうに支出するという形に変更しております。  以上です。 ○分科会長清水唯史) 福田委員