7285件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2020-04-21 令和2年4月21日議会運営委員会-04月21日-01号

4 他団体が開催する講演会や研修会及び他自治体への調査・研究等は自粛すること。  5 感染症対策にかかわり臨時招集の可能性があるため、常に連絡が取れるようにし、参集依頼があった際は、対応できるようにすること。  6 議員から、本会議及び委員会傍聴希望は募らない。その際、本会議インターネット中継の視聴を促すこと」。  以上であります。 ○委員長(藤本善男) 説明は終わりました。

島田市議会 2020-03-26 令和2年2月定例会−03月26日-07号

また、有資格者の確保、相談員や支援員のスキルアップのほか、地域住民、関係団体保護者等に対して知識の普及啓発を実施し、地域子供を育てる意識を醸成していくことを望みます。  なお、今回の調査に当たり、当局から児童虐待の件数など現状の説明を受けましたが、今後は年次ごと報告をいただきたいと思います。  以上が、所管事務調査の報告の概要であります。  

御殿場市議会 2020-03-25 令和 2年 3月定例会(第9号 3月25日)

幼児教育保育の無償化制度が始まりましたが、不交付団体の当市は、次年度以降、自前の財源も活用して、無償化事業を続けることになりました。国が始めた制度ですから、無償化の財源は国が責任を持つのが当然ですが、そうした責任は果たされておりません。こうした財政事情を踏まえれば、待機児童の解消、施設の改修、職員の処遇の改善と合わせた人員の確保等、もっと優先して財源を必要としている事業があるはずであります。  

清水町議会 2020-03-24 令和2年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2020-03-24

次に、委員から、「体協を含めた各種団体に対して、所管課が変わることの説明をいつ頃行うのか。」とただしたところ、「議会で可決をいただいたとしたなら、施行日までは相応の日数がありますので、その間十分に各種団体と協議し、詰めていきたいと考えています。」との答弁がありました。  ほかに質疑なく、討論なく、採決の結果、本案は全員賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。  

袋井市議会 2020-03-23 令和2年全員協議会 本文 開催日:2020-03-23

2点あったと思いますが、まず1点目は、改正健康増進法及び県条例の、まずは確実な推進に全力で取り組むべきではないかということですが、こちらにつきましては、国の改正健康増進法では、国や地方公共団体は望まない受動喫煙が生じないよう受動喫煙を防止するための措置を総合的かつ効果的に推進するよう努めるということになっております。市の取り組みにつきましても基本は受動喫煙というところにあると思います。

藤枝市議会 2020-03-19 令和 2年 2月定例会−03月19日-05号

という質疑があり、これに対して、「介護予防体操については、全国にいろいろあるが、藤枝市として地域課題に合わせた独自の体操をスポーツ振興課など庁内の関係各課と連携し、市民団体など市民の意見を聞きながらつくることで、自分たちの体操と感じてもらう。来年度は、DVDやCDを作成し、市民への普及啓発を行う。」という答弁がありました。  

島田市議会 2020-03-18 令和2年3月18日予算・決算特別委員会(全体会)−03月18日-01号

続いて就労準備支援事業について、対象は生活保護費の受給の有無は関係なく、直ちに就労が困難である人のことで、各団体の他の自治体と連携を深め、引きこもりなども含めた対象者の把握に努めるとのことでした。委員から、この事業に事業者の協力が必要なので、その確保に努めるとともに、事故があったときの補償については大変重要であるので、契約時の協議を慎重に行われたいとの意見がありました。

島田市議会 2020-03-16 令和2年3月16日総務生活常任委員会−03月16日-01号

地方公共団体においても、国の基本方針に沿って地方人口ビジョンの改訂と第2期総合戦略の策定を推進することが位置づけられ、当市においても改訂作業を進め、本日の報告に至っております。  それではまず国の長期ビジョンの改訂版についてですが、A3判概要版の左側の囲みをごらんください。オレンジで囲まれているところでございます。

島田市議会 2020-03-16 令和2年3月16日予算・決算特別委員会総務生活分科会−03月16日-01号

令和元年度あたりからのものを見ると、継続的なもので、例えば、何かの補助金、外郭団体補助金であったりとか、ある事業の一部をなすようなもの、例えば、放課後児童クラブの運営事業、令和2年度も412万円ほど用意されていますけれども、上乗せになってやるということであればいいのですが、既存の事業費の内部を構成するような予算ですと、少しそういったアピール度には不足するのかと思います。

島田市議会 2020-03-13 令和2年3月13日予算・決算特別委員会経済建設分科会−03月13日-01号

来年度から協会直接雇用職員という形になりますので、下の国際交流団体補助金のほうに人件費を補助金という形で協会のほうに支出するという形に変更しております。  以上です。 ○分科会長(清水唯史) 福田委員。 ◆委員(福田正男) 国際交流は、従来どおり今後も続けていくのですか。いろいろな年がありますが。 ○分科会長(清水唯史) 太田文化資源活用課長

島田市議会 2020-03-12 令和2年3月12日予算・決算特別委員会厚生教育分科会−03月12日-01号

福祉課長(岡部隆祥) 今のところ、こういうところがいいというのは、まだイメージ的には捉えておりませんけれども、実は今年度、POPOLOという、フードバンク等をやっている団体でございますが、そこの団体コンビニエンスストア協力を得て、生活困窮者の方を、お試しにコンビニのところに連れていきまして、しばらく就労体験をやったというような実績もございます。  

袋井市議会 2020-03-11 令和2年建設経済委員会 本文 開催日:2020-03-11

市民座談会に出てきていただいた、トークのセッションの中にも出ていただいた方の中にもそういう方がいらっしゃって、そういう熱量の高い、まちに対して社会貢献したいという方々がいらっしゃるので、これまでのNPOとか団体とかというのと、プラスそういう思いを持ってみずから活動をされている方と行政がいかにつながって、それが市民の役に立つ取り組みに発展していくか、そこがまた一つ、少し模索をしながらプラットホームつくりというのを

御殿場市議会 2020-03-11 令和 2年 3月定例会(第8号 3月11日)

基本構想を策定するに当たり、今年度は図書館議会図書館ボランティア学校関係者など、15団体から選出された委員による基本構想策定懇話会を8月に立ち上げ、現状分析と新しい図書館等の内容について検討すると同時に、広く市民の意見を反映させるため、図書館やふじざくらなど、市内の8つの公共施設において利用者アンケートを実施してまいりました。  

島田市議会 2020-03-11 令和2年2月定例会-03月11日-06号

この交付金は、国から市を経由して、地方公共団体情報システム機構、いわゆるJ-LISというものでございますが、こちらに交付されるものでございます。国の予算人口で案分した金額がその上限額となっております。令和2年度におきましては、国が措置する金額が大幅に増額する見込みであることから、個人番号カード交付事業に係る当初予算額全体が増加したものでございます。  

島田市議会 2020-03-11 令和2年3月11日若者のまちづくり参画等に関する特別委員会−03月11日-01号

◆委員(清水唯史) 今、各種団体、先日、商工会議所と意見交換会をやっていますけれども、例えば、高校生との意見交換会を議会報告会の一つとして議長が判断した場合には、それを議会運営委員会におろして、それで、議会運営委員会がそれを運営するという形になると思いますので、議長の判断ではないかと思います。