275件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会−12月20日-06号

3 地域医療の中核を担う自治体病院の経営を安定化させるため、小児医療救急医療精神科医療、医療等に対し、財政措置の強化を図ること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成30年12月20日  静岡県島田市議会  衆議院議長参議院議長内閣総理大臣厚生労働大臣殿  以上、発議案第4号について説明いたしました。 ○議長(大石節雄議員) 説明は終わりました。  

島田市議会 2018-12-19 平成30年12月19日議会運営委員会−12月19日-01号

3 地域医療の中核を担う自治体病院の経営を安定化させるため、小児医療救急医療精神科医療、医療等に対し、財政措置の強化を図ること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  日付は、もしよろしければ平成30年12月20日となる予定であります。平成30年12月20日、静岡県島田市議会衆議院議長参議院議長内閣総理大臣厚生労働大臣殿。  以上であります。

島田市議会 2018-12-10 平成30年12月10日厚生教育常任委員会−12月10日-01号

3 地域医療の中核を担う自治体病院の経営を安定化させるため、小児医療救急医療精神科医療、医療等に対し、財政措置の強化を図ること。 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。」  提出先につきましては、衆議院議長参議院議長内閣総理大臣厚生労働大臣に提出する予定でございます。  

袋井市議会 2018-11-01 平成30年11月定例会(第4号) 本文

産前・産後は、体とか、あるいはホルモンバランスが大きく変化するため、女性のライフサイクルの中でどの時期よりも不調を来すことが多い上、核家族化や、あるいは家庭地域社会とのつながりの希薄化など、の女性が孤立しやすい環境がふえておりますことから、妊産婦のメンタル面での支援がとても重要となります。

島田市議会 2018-10-25 平成30年10月25日厚生教育常任委員会−10月25日-01号

それから3つ目は、地域医療の中核を担っているのが自治体病院なので、それを安定させるためには、今、当市でも困っています小児科とか、この中で何とかやれているところもありますけれども、一般的には救急医療精神科医療、医療等が苦労されているようですので、そういったところへの財政措置等の強化を図ってほしいと。  こういったところを要望として取りまとめさせていただきました。  

三島市議会 2018-09-12 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月12日−01号

そしてもう一点、市政報告書の89ページの医療事業なんですけれども、決算としての金額は少ないんですが、報告としては三島総合病院の2次救急体制整備に向けて、関係機関と協議を進めたということですけれども、これ、どのような協議を進められて、今どのような状況にあるのか御説明いただきたいと思います。

富士市議会 2018-06-25 平成30年 6月 定例会-06月25日-03号

自治体病院としての中央病院のあり方につきましては、圏域の中核病院として、がん診療を初めとした高度・専門医療や救急医療、小児・医療など、地域に必要な医療を提供するとともに、多様化する医療ニーズに対しても十分対応できるよう、各機能の強化、充実を図るべきであると考えております。  

焼津市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会〔資料〕

病院の特徴の一つとして、市外からの患者が多いのが医療であり、近隣か │    │  らの信頼が高いことが伺える。市では今年度からAIを活用した子育ての悩みに応える24時間 │    │  相談窓口を設けるなど、新たな取り組みにもチャレンジするなど、支援メニューの充実を図 │    │  っており、すでに看板を掲げなくても焼津版ネウボラを実践している。

三島市議会 2018-05-18 平成30年  5月 福祉教育委員会-05月18日−01号

次に、(7)センター事業ですが、医師確保について厳しい状況が続いておりますが、三島総合病院三島市医師会及び県等との連絡を密にとり、産科救急を含めて運営が開始できるよう支援してまいります。  次に、(8)感染症予防関係ですが、感染症予防法、予防接種法に基づき定期予防接種及び任意予防接種を実施してまいります。  

三島市議会 2018-03-16 平成30年  2月 定例会-03月16日−07号

また、安心して子どもが産める医療体制を整備するため、三島総合病院センターが本格稼働できるように、早期実現を要望しておきます。  障がい者の生活保障自立支援に向け、三島市発達支援センターが開設され、切れ目のない生涯にわたる発達支援、療育支援体制が構築されます。共生社会実現に向けた取り組みができることは、高く評価いたします。  

三島市議会 2018-03-05 平成30年  3月 福祉教育委員会-03月05日−01号

◎三田健康推進部長 医療、総合病院の今後の見込みということですけれども、代表質問でも御答弁させていただいたとおりでございます。そのときにも見込みということで、現在、医師の見込みは立っておりませんけれども、ただ、JCHO本部、それからあと総合病院、県、市と協議を今後もして、確保のために有効な施策を見つけていきたいです。  

富士市議会 2018-02-15 平成30年 2月 定例会-02月15日-01号

会議では、伊豆市提出の伊豆半島における道路整備促進について、三島市提出の産科・小児科医師不足への対応と医療体制の整備についての2議案を可決し、2月1日開催の静岡県議会議長会定期総会へ提出していくことといたしました。協議事項では、平成30年度静岡県議会議長会等役員案と次期東部地区市議会議長会開催市について協議され、役員は原案どおり可決し、次期開催市は伊豆の国市に決定しました。  

富士市議会 2017-09-20 平成29年 9月 企業会計決算委員会-09月20日-01号

子どもの場合に、今、小児のNICUもできて、医療が充実してきたんですが、やはり専門的なこども病院でのケアが必要な患者に関しては、小児科からこども病院への転送は年に数件あると思います。今、そのような状況です。基本的には3次医療をちゃんとやれるような病院になっていければと思います。 ◆海野 委員 2点お願いします。  

島田市議会 2017-06-29 平成29年6月29日厚生教育常任委員会−06月29日-01号

○副委員長(村田千鶴子) 先ほど来から子育て支援というか、そういった人口歯どめの中で、これから若い方々にやはりこの島田市を選んでいただきたいという中で、これから医療というのは非常に大事になってくるのではないかと思っておりますので、その中で、志太の4病院の中で広域的にやっていくのだといった答弁もありましたけれども、そういった連携というのはうまく図れていくというか、今、そういったお話はしていらっしゃるのでしょうか