3185件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御前崎市議会 2020-12-05 12月05日-02号

ここ数年、以前に増して地球温暖化による異常気象により、台風大型化台風進路予測の難しさとともに、強風、豪雨と尋常な状態ではありません。幸い、御前崎市につきましては、大きな被害人身災害も最小にとどまり、安堵しております。しかし、ことしの台風15号の千葉県、19号の長野県の千曲川の堤防決壊による水害、以前にも熊本、広島と毎年のように大きな水害日本国中で起こっております。

藤枝市議会 2020-07-09 令和 2年 6月定例月議会−07月09日-03号

最後に第6点、台風熱中症など今後注意すべき状況の中で、アレルギーや特定疾患のある方々を含め、複合災害下新型コロナ対策をどのように進めていかれるのか伺います。  これまで多くの議員が質問されたことと重なる点があると思われますが、視点を変えて質問させていただきます。よろしくお願いします。 ○議長(大石保幸議員) 当局から答弁を求めます。市長。           

藤枝市議会 2020-07-08 令和 2年 6月定例月議会-07月08日-02号

本市は、これまで全国各地発生した地震台風、集中豪雨による甚大な被害教訓にいたしまして、本市でも起こり得る大規模災害への備えを着実に進めてまいりました。こうした中、今般の新型コロナウイルス感染症は、大規模災害感染症との複合災害対策を早急に講ずべきという課題をあらわにいたしました。  

富士宮市議会 2020-07-08 07月08日-05号

地震台風等で発生したごみや瓦礫等災害廃棄物につきましては、富士宮市災害廃棄物処理計画を定めて対応することとしており、今回の新型コロナウイルス感染症に係る廃棄物等対応についても、新型コロナウイルス感染症に係る廃棄物の円滑な処理について、環境省から通知があったように、災害時には通常と異なる対応が求められるため、一般廃棄物処理基本計画に盛り込むのではなく、個別の計画通知に基づいて対応していく考えであります

富士宮市議会 2020-07-06 07月06日-03号

①、台風シーズンを迎えるに当たり、避難所での密を避ける感染防止対策 ②、密を避ける新しい生活スタイルは、都会からの移住促進の追い風と考えるが、新たな取組はあるか。 ③、感染防止の観点から、キャッシュレス決済促進助成金の新設を提案するが、いかがか。 前の議員の質問と重複するところがあると思いますけれども、またよろしくお願いいたします。 以上です。よろしくお願いします。

藤枝市議会 2020-06-29 令和 2年 6月定例月議会-06月29日-01号

次に、8款土木費、2項道路橋梁費の4項目め仮宿高田線、5項目めの天王町仮宿線、2つ下がりまして7項目め社会資本整備総合交付金関連事業につきましては、用地補償交渉において施設の移転方法日程等調整不測日数を要したため、次に、5項都市計画費の2項目め蓮華寺池公園につきましては、昨年10月の台風19号において被災した隣接するのり面崩土災害復旧工事不測日数を要し、本事業年度内完了が困難なため

三島市議会 2020-06-24 06月24日-05号

ただし、このたびの補正予算では、全ての避難所の定員を収容できるだけのパーティションを購入することができませんので、令和元年東日本台風避難状況などを参考に、避難者数避難対象人数の多い避難所13校への配備を、まず計画をしております。 なお、残りの11校につきましても、まずは発熱等の症状のある避難者用に、各校5張りずつ配備していきたいというふうに考えております。 

三島市議会 2020-06-18 06月18日-04号

まず、避難所におけるスペースの分散化でございますが、令和元年東日本台風教訓から、避難者が多数に上り、体育館に収容し切れない、または、洪水発生したなどの際の校舎への避難について、教育委員会の了解を得ており、事前に校舎の鍵も預かっておりますことから、体育館がいわゆる密の状態になる場合には、校舎を開放して対応してまいります。 

磐田市議会 2020-06-15 06月15日-02号

新型コロナウイルス感染症が収束しない中、これから本格的な梅雨台風シーズンを迎えます。これまでの避難所運営を大幅に見直し、感染を広げない3密対策をしっかりと進めていく必要があります。大きな災害発生した際に、避難所での感染を恐れて避難をためらうことなく、危険な場所にいる人は避難することが原則となっています。

島田市議会 2020-06-10 令和2年6月定例会-06月10日-02号

一方で、地震台風などの大規模自然災害発生備え財源確保が必要であり、本市では中期財政計画において、財政調整基金減債基金を合わせて1年間に必要な一般財源の1か月分に相当する金額以上を確保することを目標とし、その金額は20億円以上としております。財政調整基金だけで言えば、大規模自然災害対応として10億円程度の基金残高確保が必要となります。

藤枝市議会 2020-05-29 令和 2年 5月臨時議会−05月29日-01号

発生が懸念される南海トラフ巨大地震や、あるいは昨今頻発し激甚化する台風ゲリラ豪雨に加えまして、感染症など新たな危機事案などからも市民皆様の貴重な命と財産を徹底して守るために、引き続きICTなど先端技術を活用いたしました防災対策とともに、マイタイムラインの作成支援全戸防災情報伝達機能の充実、感染予防検査体制の構築、そして新しい生活様式への対応など、リスク回避安全対策をより強化してまいります

島田市議会 2020-03-26 令和2年2月定例会−03月26日-07号

富士市のトイレ車両については台風19号で被災した長野市のボランティアセンター支援として設置されており、有効に活用されていたことから、ほかの自治体への支援にも活用できる。これは見方を変えれば助け合いという意味で、当市も他市からの支援を受けるきっかけとなる可能性もあるが、このことについての説明不足は否めない。