7938件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御前崎市議会 2020-12-05 12月05日-02号

現在の館長と違い、中には自分の仕事を持っている方もあり、他の役員との兼務の可能もあります。現状では、来年4月より、もとのもくあみになって、センター長仕事が集中してしまうのではないかと思います。しばらくの間、体制が固まり、スムーズに仕事が流れるまで、市とのパイプ役となり、支障なく運営できるように配慮をお願いしたいと思います。 

磐田市議会 2020-07-02 07月02日-05号

なお、歩道橋の工事は県との最終調整をしているため、一月ぐらい遅れる可能があるとのことでした。 別の委員より「工事の内訳は」との問いに、一番大きなものは調整池の築造になる。そのほか園路舗装造成工事植栽工事張り芝、給排水や側溝と園内の照明灯工事も含まれているとのことでした。 同じ委員より「調整池の容量は適正か」との問いに、現状都市下水路からあふれた水が入ってくる。遊水機能を持たせている。

島田市議会 2020-06-29 令和2年6月定例会−06月29日-04号

当局からの補足説明はありませんでしたが、委員から土地開発公社土地取得整備を行った理由と、駐車場の多目的な利用の可能について質疑がありました。  内陸フロンティア推進課長からは、近隣の地権者からの申出を勘案し、早急に整備を進める必要があったため、土地開発公社事業の中で駐車場整備を進め、その後、市による買戻しの議案を提出した。

島田市議会 2020-06-26 令和2年6月26日議会運営委員会-06月26日-01号

経済も同様に9月補正で減額するということはなく、テーマ等あれば所管事務調査に行くという可能もあるということで結論づけましたので、報告します。 ○委員長大石節雄) 今回は常任委員会も傍聴もなかったものですから、そういう状況がわからなかったわけですが、今、各書記からそれぞれの常任委員会現状を報告していただきました。

三島市議会 2020-06-18 06月18日-04号

そこで、初めに、国の第2次補正予算可決成立を受けて、地方創生臨時交付金を活用したさらなる経済支援対策実施可能、具体的には、今会期中に審議されることとなりました補正予算に含まれておりますプレミアム付商品券の発行や、他市町で行われているようなタクシー宅配事業など地域消費を喚起・下支えするとともに、停滞している社会経済活動を段階的に引き上げることを目的とした今後の施策実施可能について伺います。

三島市議会 2020-06-17 06月17日-03号

次の質問事項2、下水道広域化共同化に向けた可能調査報告書について伺ってまいります。 三島市の下水道は、三島市が維持管理する終末処理場であります長伏浄化センター老朽化が進み、汚水処理槽耐震性不足が懸念される状態にあります。これを受け、平成30年度と令和元年度をかけまして、市独自に国・県の推奨する広域化共同化可能について調査業務を外部委託いたしました。

島田市議会 2020-06-17 令和2年6月17日経済建設常任委員会-06月17日-01号

ただ、県も、当然、各市町要望が上がってきて、国からの内示を受けて、その中で実際に執行できないような事情が出てきた場合、では、島田市が急遽手を挙げたことによって採択をされる、要は、追加要望と言いますけれども、そうした形のものがとれないことは可能としてゼロではないけれども、原則としては、先ほど申し上げたとおり、前年度に要望を上げておくというのがセオリーになっているといったところでございます。

島田市議会 2020-06-17 令和2年6月17日厚生教育常任委員会−06月17日-01号

また、当初の段階でも話をしましたが、小学校高学年から中学生につきましてはプログラミング活動もするということで、それにつきましては、パソコン教室のWindowsの対応機種のほうが、プログラミング学習自体については適している可能が高いというのも、研究会での意見の中にはございました。  以上でございます。

磐田市議会 2020-06-16 06月16日-03号

児童生徒教職員感染した場合は、本人は感染可能がなくなるまで出席出勤を停止し、当該児童生徒教職員の通う学校だけではなく学府内の小中学校を、おおむね14日間臨時休業とします。また、児童生徒教職員及びその同居家族濃厚接触者とされた場合には、保健所から指示された期間出席出勤停止とし、児童生徒教職員濃厚接触者であれば学府内の小中学校を、おおむね3日間の臨時休業といたします。

磐田市議会 2020-06-15 06月15日-02号

磐田市には東海道線、東海道新幹線、東名高速道路、新東名高速道路国道1号線バイパス、国道150号線等東西主要交通網が通っており、かつ市の東西には太田川、天竜川が流れ、地震や水害等によって交通が遮断されてしまう可能があります。発災時にそれらの交通網を利用していた人たちが、市内で移動不可能になってしまい、磐田市内避難所に避難してくることが十分に考えられます。