3740件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-07号

激変緩和策をとるということですが、この引き上げによって国保加入世帯約1万3,000世帯中、8,500世帯、約6割が国保税引き上げの対象になります。  国保税が高過ぎて払えないと市民から悲鳴が上がっています。滞納世帯は約2,000世帯、15%にも上っています。国保加入者の多くは、現役を退いた年金生活者や自営業、非正規労働者などです。

長泉町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-22

年金生活者や失業者、非正規労働者が加入する国保は、適切な国庫負担なしには成り立たない医療保険となっています。  国保は、住民の医療保障という本来の役割を大きく後退させ、逆に重い負担や過酷な滞納回収で、住民の生活と健康、命まで脅かすという本末転倒が広がっているのです。こうした国保の危機的事態を打開する、抜本的な制度改革が今こそ必要であります。  

藤枝市議会 2019-03-20 平成31年 2月定例会−03月20日-05号

初めに、「社会保険に加入すべき外国人の中で国保に加入している人が多いと聞いているが、市ではどのように把握し指導しているか伺う。」という質疑があり、これに対して、「転入時の手続の際に、窓口で聞き取りにより状況を把握している。社会保険に加入すべき人が国保に加入しても違法とは言えないため、指導はしていない。」という答弁がありました。  

島田市議会 2019-03-12 平成31年3月12日厚生教育常任委員会−03月12日-01号

激変緩和とはいえ、この引き上げによって、一般質問でも質問しましたが、国保加入世帯の約1万3,000世帯中、8,500世帯、約6割が引き上げの対象となるという答弁をいただきましたが、本当に見直しのたびごとに引き上がる国保税に、もう限界という声もたくさん聞かれております。加入世帯の滞納者は15%にも上っていますし、均等割の高さが子供を持つ世帯を、国保税の負担が圧迫しております。  

長泉町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-07

内容については、町内会、企業、有志等で構成された5名以上の団体を町が認定し、町が管理する道路、公園、河川において清掃や草取り、花植え等の清掃美化活動を年4回以上実施していただき、町は必要な清掃用具の支給、ボランティア保険への加入、ごみの処理について支援するものです。  

清水町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-03-06

次年度以降、29年度、30年度と昨年度、本年度でございますけれども、運営業務といたしまして町が公共施設等で発行するポイントの原資でありますとか、利用ポイントの利用状況の分析、または加盟店の加入促進ですとか、ポイントの生産業務、こういったものを運営会社にやっていただいている中で300万円前後の支出となっております。  

島田市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会-03月06日-04号

①平成30年度の加入世帯数と所得段階別の構成比率はどうでしょうか。  ②1人当たりの医療費の伸びはどうでしょうか。  ③国保税の1世帯当たり、1人当たりの平均調定額はどうでしょうか。  ④国保税の収納率はどうでしょうか。  ⑤国保税の滞納状況はどうでしょうか。  ⑥滞納者に対する短期被保険者証や医療費全額負担の資格証明書の発行状況はどうでしょうか。  

長泉町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-03-06

現在、グラウンドゴルフを利用している方々がパークゴルフをすることが想定されており、グラウンドゴルフ協会の加入者の状況としては、シニアクラブの会員を中心とした各区を単位としたグループのほかに、身体障がい者の団体や年金受給者の団体もあり、地域別の全員の加入状況としては、北部地域126名、中部地域42名、南部地域23名のほかに、地域を問わない団体加入者43名となっており、年齢構成で見ますと、60歳代6%、

島田市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会-03月05日-03号

例えば自治会の加入率、自主防の構成率、民生委員の100世帯当たりの数とか、市民1万人当たりの消防団員の数だとか、もう群を抜いています、全国平均。それから、近隣と比較しても、いい数値になっています。  これは私、今まで100回ぐらい地域に出向いて、出前講座だとか、市民の方とおつき合いをしていますけれども、行くたびにそれは感じます。それは、そのコミュニティの強さ。

長泉町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-03-01

資本的収入、1款 資本的収入、2項 工事負担金では、宅地分譲や共同住宅建設に伴う加入者負担金収入が少なかったことにより、1,600万円を減額するものであります。  資本的支出、1款 資本的支出、1項 建設改良費では、取水設備改良工事費及び業務委託費の入札差金等により、1,600万円を減額するものであります。  以上で、水道事業会計補正予算の説明を終わります。  

藤枝市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会-03月01日-04号

◎健康福祉部長(小澤一成) 御意見として頂戴しましたのは、運転ボランティアが運転をする車両の提供、あるいは保険の加入についての御要望はいただきました。さらに燃料費、あるいは配車を調整するコーディネーターの人件費の補助等の要望も出されましたけれども、そのうち市のほうで予算化いたしましたのは、車両の提供、あるいは保険の加入の費用ということでございます。  

藤枝市議会 2019-02-28 平成31年 2月定例会-02月28日-03号

3項目、この法律の第9条に、「国及び地方公共団体は、消防団への積極的な加入が促進されるよう、自らの地域は自ら守るという意識の啓発を図るため必要な措置を講ずるものとする。」とあります。当市として、今後の団員加入の促進をどうお考えか、伺います。  4項目、昨年の水防訓練で、事業者からの協力と活動を拝見させていただきました。

藤枝市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会-02月27日-02号

具体的には、入学から卒業後まで400万円以上もかかるような大学の授業料、これはOECD加入国でも断トツに高過ぎるこうした学費の解決を図るということですとか、働いても結婚し生活できる収入を得られない若者を中心とする非正規雇用問題の改善。働くのは、雇用は正規が当たり前の社会をつくっていくこと。

藤枝市議会 2019-02-18 平成31年 2月定例会-02月18日-01号

次に、第2号議案 平成31年度藤枝市国民健康保険事業特別会計予算についてでございますが、自営業者などが加入する医療保険制度を運営するもので、予算の総額を歳入歳出それぞれ143億円とするものでございます。  次に、第3号議案 平成31年度藤枝市簡易水道事業特別会計予算についてでございますが、市内6地区を給水地区とする事業経費で、予算の総額を歳入歳出それぞれ6,200万円とするものであります。  

島田市議会 2019-02-07 平成31年2月7日全員協議会-02月07日-01号

結論なのですけれども、市民の皆さんから見たら、国保税、加入している皆さんから見たら、平成31年度は資産割をなくすので下がるということでよろしいですか。  そして、平成32年度からは上がっていく人もいるし、下がる、そこら辺の統計というか、そういうものを試算をしているでしょうか。平成31年度は、試算割がなくなるので、資産を持っている人もそれにかからなくなるので下がる。

浜松市議会 2019-02-04 平成31年  2月 環境経済委員会-02月04日−01号

◎平和清掃事業所長 市が加入している賠償責任保険は、自然災害の場合は適用外になるというのが一般的なのですが、そういった中でも、市のほうに何らかの瑕疵があった場合には保険適用になるということで、今回については、日常的にシートの剥がれなどについては確認していたのですが、今まで、台風でシートがめくれ上がってピンが飛ぶという事例がなかったため、そういったところが不十分であったということで報告をしたところ、最終的

浜松市議会 2019-02-04 平成31年  2月 総務委員会-02月04日−01号

その判断は非常に困難なので、市が加入している市民総合賠償補償保険の担当保険会社に事故内容を報告し、免責されるかどうか確認しています。今回は劣化建物ということもあり、免責されない可能性があるという判断で、保険会社からは全額保険の支払い対象になるという回答をいただいたので、賠償金を支払って和解することといたしました。

島田市議会 2019-01-17 平成31年1月17日総務生活常任委員会−01月17日-01号

ファイバーケーブルが敷設されるということで、加入の申し込みなどの説明もさせていただきます。地区住民の皆さんの生活利便向上ということで、事業者のサービス内容につきましてもあわせて説明を行っていきたいと思っております。  以上でございます。 ○委員長(曽根嘉明) ほかにございますか。ないようでしたら、今の件につきましてもし質疑等がありましたら、お願いします。  河村委員。

島田市議会 2019-01-15 平成31年1月15日議案の審査方法等に関する特別委員会−01月15日-01号

◆委員(河村晴夫) とりあえず私も一議員として島田市の予算並びに決算については両方ともかかわりたいと思っていますので、どちらか一方というのは1年間苦しいというか、何も言えなくなってしまうので、私としては両方加入していきたいというか、そういう意見です。ですので、Aのほうです。 ○委員長(佐野義晴) はい。  今、河村委員からはA案を尊重したいというようなことだと思いますけれども。  伊藤委員。