625件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富士宮市議会 2020-12-03 12月03日-05号

この本を見てみますと、日本国憲法前文がありますが、第1章、天皇、第1条、「天皇は、日本国象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」というところから始まり、第103条まであります。そうした中で、日本国憲法は同法第98条において「国の最高法規」と規定されており、国家の法の諸形式の中で最も効力を持つものであります。

富士宮市議会 2020-09-13 09月13日-01号

私が「富士宮市憲章」と申しますので、前文より一緒に元気よく御唱和をお願いいたします。                  〔市民憲章唱和〕 ○議長(諸星孝子議員) 御着席願います。 ただいまから令和元年富士宮市議会9月定例会を開会します。 皆様御承知のとおり、地球温暖化対策及び節電への取り組みが求められております。

島田市議会 2020-03-13 令和2年3月13日経済建設常任委員会−03月13日-01号

前文からずっと行きまして、5のところの「調査研究を終えて」、これが調査研究で、本日の議論にもなりました内容につきましても加味して、一応作成をさせていただきました。下から2行目の一番頭、本市の市という字が間違っていますので、これは訂正させていただきます。本市。島田市の市というのが雑誌の誌というか、紙になっていますので、はい。ごんべんに志すになってしまっているので。  

島田市議会 2020-03-05 令和2年2月定例会-03月05日-03号

いずれにしましても、昨年8月に策定をしました当市の島田市立小中学校再編計画の前文等にありますように、学校家庭地域行政が一体となって、この跡地利活用について考えていかなければならないということもあります。さらに、用途につきましては、社会教育防災地域交流の場等、さまざまな機能をあわせ持ち、地域コミュニティーの核としての性格を有する拠点となるようというふうに記載をしております。  

清水町議会 2020-03-05 令和2年第1回定例会(第4日) 本文 開催日: 2020-03-05

これを受けて文部科学省は、2020年度から実施される学習指導要領前文で、これからの教育目的は持続可能な社会のつくり手を育てることであると明記をしております。すなわち、SDGsを含め、教育内容が2020年代の重点項目になったと言っても過言ではありません。SDGs学習は全ての教科のみならず、総合的な学習の時間学校行事などでも取り組まれることになっております。  

富士宮市議会 2020-02-12 02月12日-01号

私が「富士宮市憲章」と申しますので、前文より一緒に御唱和ください。                  〔市民憲章唱和〕 ○議長佐野寿夫議員) 御着席願います。 ただいまから令和2年富士宮市議会2月定例会を開会します。 令和2年富士宮市議会2月定例会を開会するに当たり、一言御挨拶を申し上げます。本定例会は、令和2年度予算をはじめ、市民生活に直結した重要な議案が提出されております。

清水町議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-12-03

この答申に基づき策定された新たな学習指導要領では、その前文において、一人ひとりの生徒(幼児、児童)が、自分のよさや可能性を認識するとともに、あらゆる他者を価値ある存在とし尊重し、多様な人々と協働しながらさまざまな社会的変化を乗り越え、豊かな人生を切り拓き、持続可能な社会のつくり手となることができるようにすることを求めています。

静岡市議会 2019-11-02 令和元年11月定例会(第2日目) 本文

次に、静岡市中小企業・小規模企業振興条例についてですが、本条例前文地域社会が一体となって中小企業・小規模企業の重要性を共有し、その振興に取り組むために条例を制定したとあります。また、本年2月の議会でも、オール静岡市で取り組むことを当局は強調しています。小規模企業の減少が続く中、まさに本市の本気度が問われています。  そこで、2点伺います。  

島田市議会 2019-09-27 令和元年9月27日議会運営委員会-09月27日-01号

前文については省略させていただきます。「記」以降の1と2を朗読させていただきます。  1、将来にわたって流域住民の安全・安心な生活が確保され、企業活動に弊害が生じることのないよう、水資源及び自然環境の保全に万全を期す対策が示されるべく、国が関わることに当たって、JR東海との調整に引き続きリーダーシップをとっていただくとともに、流域自治体、利水関係者の声を汲み取っていただきたいこと。  

袋井市議会 2019-08-26 令和元年議会運営委員会 本文 開催日:2019-08-26

と規定されており、平成29年度にも検証を実施し、前文及び条文の一部を改正した経緯がございます。  実は、本年度も、2年ごとの検証に当たる年でございますが、本年度におきましては、議会内それぞれの組織において、議会基本条例に規定されている内容について、すでに見直しが実施されております。  

島田市議会 2019-08-23 令和元年8月23日全員協議会-08月23日-01号

まず、資料3-1ですけれども、表紙をめくっていただきまして、1ページでは、前文ということで、現在の社会の状況、あとは文部科学省の取り組みなどを記載した後、平成27年度、平成28年度に開催した島田市立小学校及び中学校のあり方検討委員会からいただいた提言内容、また、その提言を受けて平成27年度に設置した島田市立教育環境適正化検討委員会での経過等を記載してございます。  

島田市議会 2019-06-28 令和元年6月28日議会運営委員会-06月28日-01号

それでは、前文及び第1条については、特に意見はありませんでしたので、次に、第2条の議会の活動原則、この点から読み上げをお願いします。  浅岡次長、お願いします。 ◎次長兼議事調査担当係長(浅岡秀哉) 第2条、議会の活動原則についてです。該当する部分につきましては第3号で、左側になりますが、議会における意思決定その他の活動の過程において市民が参画することができる機会を確保すること。