661件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三島市議会 2020-06-16 06月16日-02号

オンライン診療についてはまだまだ課題があるようですが、国も推奨しておりますし、兵庫養父市では国家戦略特区としてオンライン診療に積極的に取り組んでいますので、そうした事例参考三島市でも進めていただけたらと思います。 次に、第2波に備えた場合、県が医療体制を強化することになりますが、その際、三島市ではどの程度の金額を財政負担するよう想定しているのでしょうか。

藤枝市議会 2020-03-19 令和 2年 2月定例会−03月19日-05号

土地の提供を巡って、今治市や成田市、兵庫養父市等自治体が疑惑の渦中になっております国家戦略トップ構想を束ねるもので、癒着の温床となっております。技術の活用を進めるだけにとどまらない問題をはらんでおりまして、今後本市がどう進めていくのか注視していく必要があると感じております。  

富士宮市議会 2020-02-17 02月17日-03号

子どもと親の交流ノート」は、兵庫明石市が離婚後も父母間で子どもの情報を共有し、養育を助けるために配布しているもので、子どもの成長を同居親、非同居親の双方が記録することを想定して作られています。面会交流コーディネート事業につきましても、明石市が平成28年度から始めた事業で、面会交流ができない親の間に入って、子どもの受渡しや付添いを市の施設提供して無料で行っているものです。 

島田市議会 2020-02-07 令和2年2月7日全員協議会−02月07日-01号

兵庫神戸市、東京都八王子市に事例があるという記載がございます。それから、徳島県美馬市に事例がございます。この3つの自治体はいずれも健康増進施策に取り組んでおられまして、将来的な医療費、あるいは介護給付費抑制を図っていきたい。それから、休業や離職による逸失所得抑制介護離職の減少といったところにつなげていきたいということで、施策に取り組んでいる状況がございます。  

清水町議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-12-03

ほかに先ほど触れましたが、双子や三つ子ではおむつ代がかなり負担となりますので、来年4月からゼロ歳児におむつ無償提供を始める自治体がありますので、ちょっと紹介しますけれども、11月に政務活動の視察で兵庫明石市を訪問しました。「明石市のこども総合支援の取組について」ということで、「こどもを核としたまちづくり」と題して、研修を受けてきました。  

伊東市議会 2019-12-03 令和 元年12月 定例会-12月03日-03号

まず、1番目に図書館建設について、図書館建設において、人口約5万人の佐賀県武雄市で蔦屋書店と連携した図書館リニューアルにより、県外外国人観光客なども来館するようになり、2018年には年間100万人が来館したという事例や、兵庫明石市のように、「本のまち」、「子どもまち」を代表する拠点施設として駅前に建設し、オープン以後、約4割人通りがふえ、地域の人気が高まった事例など、図書館まちづくり地域活性化

長泉町議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-12-02

次が、兵庫のような教員のいじめですね、こうした事例はないかということで問うていきます。  子ども人権を守り育てるはずの学校で、許されない人権侵害状況でありました。この神戸市の事例なんですけれども、ここに現れたのは、学校教育委員会との関係に問題があったというところです。

富士宮市議会 2019-12-02 12月02日-04号

しかし、兵庫豊岡市長は、人は逃げないものであるという、そんな認識を持って防災に当たれと言っているわけです。そして、この瀬戸島は1軒逃げましたが、実はこの私、尾崎地区では実はすぐ近くの緊急避難所、公民館が鍵をあけたのですが、誰ひとりとして避難する人はいなかったわけなのです。いや、本当に慣れって恐ろしいなと思います。 

伊東市議会 2019-12-02 令和 元年12月 定例会-12月02日-02号

現在、国家公務員兵庫宝塚市で、いわゆる就職氷河期といいますか、西暦2000年前後に大学を卒業した方々の採用を積極的に行っていると伺っております。本市につきましても、特に技術職とか、やはり専門性を持った方に伊東市の力になってもらう、そういうことも検討してまいりたいと考えております。以上でございます。 ◆13番(杉本憲也 君)ありがとうございます。ぜひ前向きに、かつ迅速にお願いしたいと思います。

磐田市議会 2019-09-20 09月20日-03号

そして、兵庫神戸市、愛知県大府市や栃木県小山市など、全国で10を超す自治体救済制度導入が始まっています。この救済制度により、認知症のある人やその家族の不安を少しでも軽減させて、いつまでも住みなれた地域で自分らしく暮らせる社会のための支援となるのではないでしょうか。 そこで、小項目②として、認知症高齢者等事前登録の方が外出時に事故を起こした際の保険等救済制度導入の考えを伺います。 

御殿場市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会(第5号 9月12日)

兵庫明石市では子どもにとって親の離婚一大事件と捉え、離婚するときにアドバイスのパンフレットや、こども支援条例を制定し、子どもを核としたまちづくりを進め、子どもへの支援体制を永続的に持続させております。このように少しでも親の離婚による子どもへの影響を少なくする施策をとり行っております。  そこで、子どもの権利を守るため、当市ではどのような対応をしているのか伺います。