14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

島田市議会 2018-06-01 平成30年第2回定例会−06月01日-01号

8款土木費では、全国治水砂防協会に対する負担金の増額並びに社会資本整備総合交付金の内示に伴う東町御請線改良事業ほか22事業の事業費の減額及び財源の組み替えを行うものでございます。  次に、議案第42号 平成30年度島田市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明をいたします。  

島田市議会 2018-05-25 平成30年5月25日議会運営委員会−05月25日-01号

8款土木費では、全国治水砂防協会に対する負担金の増額並びに社会資本整備総合交付金の内示に伴う東町御請線改良事業ほか22事業の事業費の減額及び財源の組み替えを行うものでございます。  次に、議案第42号 平成30年度島田市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明をいたします。

御殿場市議会 2008-09-11 平成20年 9月定例会(第2号 9月11日)

5の負担金は、全国治水砂防協会県支部負担金などであり、⑪の上水道事業会計負担金は、部長の人件費負担であります。  2項道路橋梁費の執行率は91.7%であります。本年度事業によりまして3,281路線、供用開始延長782kmのうち、舗装率は55.97%となり、前年度より0.7%アップいたしました。  

御殿場市議会 2007-09-12 平成19年 9月定例会(第2号 9月12日)

6の負担金は、全国治水砂防協会県支部負担金などであり、⑪の上水道事業会計負担金は、部長の人件費負担であります。なお、不用額の主たるものは、登記諸経費でありますが、登記未処理についての委託業務が関係者の理解を得ることが思うように進まなかったことから、先送りしたことが主な理由であります。今後、未処理の在庫処理により一層努力してまいりたいと思います。  2項道路橋梁費の執行率は91.7%であります。

島田市議会 2007-05-29 (旧川根町)平成19年第2回定例会−05月29日-01号

16日、全国治水砂防協会通常総会。17日、第4回合併議会。18日、川根町商工会通常総会に出席。  21日、牧之原総合開発(株)取締役会、町体育協会総会。22日、県構造改善協会理事会。23日、道路整備促進期成同盟会他の総会、温泉役員会。24日、島田市における防犯協会総会。25日、大鉄取締役会。27日、安倍川連合水防訓練演習。28日、川根町経営者協会総会に出席させていただきました。  

御殿場市議会 2006-09-19 平成18年 9月定例会(第2号 9月19日)

6の負担金は、全国治水砂防協会県支部負担金などであり、⑪の上水道事業負担金は、部長の人件費負担であります。なお、不用額の主たるものは、登記諸経費の減で、業務委託を減らしたためであります。  2項道路橋梁費の執行率は87.7%であります。本年度事業により全3,273路線供用開始延長約780kmのうち、舗装率は54.6%となり、前年度より1%前進することとなりました。  

島田市議会 2005-06-10 (旧川根町)平成17年第2回定例会−06月10日-01号

18日、東京全国治水砂防協会通常総会。20日、静岡市内で静岡県道路協会総会。21日土曜日、家山区連合会総会。25日、町内教育会総会に出席し、講話をいたしました。26日、全国森林環境・水源税創設促進連盟定期総会が東京で開催。27日、静岡県農業構造改善協会通常総会と静岡県山村振興協議会通常総会。30日、全国治水砂防協会静岡県支部通常総会。

伊東市議会 2005-02-24 平成17年 3月 定例会-02月24日-01号

第2目砂防費は95万1,000円の減額で、事業1一般経費は全国治水砂防協会主催の視察参加旅費等の追加でございます。事業2急傾斜地崩壊対策事業の19節は、宇佐美海峰苑急傾斜地崩壊対策事業が公共関連事業となり、負担割合が10%から5%に変更されたため減額するものでございます。  89ページに参ります。

長泉町議会 1997-09-29 平成9年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日: 1997-09-29

14ページ、8款、土木費、1項、土木管理費のうち、1目、土木総務費は、全国治水砂防協会県支部負担金が増額等のため、負担金、補助および交付金に 4,000円を増額するものであります。  次に、2項、道路橋梁費のうち、1目、道路橋梁維持費は、私道の舗装工事等の補助金の要望が地元からあり、負担金、補助金および交付金に196万円を増額するものであります。

裾野市議会 1981-10-01 10月01日-委員長報告・討論・採決-06号

◇次に、河川総務費の負担金に関して、全国治水砂防協会静岡支部への負担金7万5,000円の増額理由と事業内容についての質疑に対し、負担金として均等割と事業費割があり20年度は事業費が対前年2,500万円増えたことによる事業費割の増加によるものと、内容については県事業として、現在当市では砂防事業2カ所が実施されているとの答弁がありました。

  • 1