4789件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御前崎市議会 2021-09-05 09月05日-02号

市内児童生徒家庭環境につきましては、具体的な調査は行っておりませんが、全国学力学習状況調査の中で行われている質問紙の結果と学力の関連については、常に分析を行っております。朝食を毎日食べている子供や毎日同じくらいの時刻に寝ている子供ほど学力の定着が図られており、規則正しい生活習慣の確立が重要だと考えられます。

御前崎市議会 2020-12-05 12月05日-02号

認知症の方への接し方などについて、児童生徒の皆さんに学んでいただいております。その講座の後、受けていただいた児童生徒さんにアンケートをいただいておりまして、その中の感想を読ませていただきますと、非常に講座内容をよく理解していただいておりまして、大変有意義であると考えております。 以上でございます。 ○議長杉浦謙二君) 3番、櫻井勝議員

富士宮市議会 2020-10-09 10月09日-08号

年度末のコロナ禍の中で支援事業の停滞がありましたが、こういうときだからこそ事業の取組の拡充が求められておりますし、支援の対象となる児童生徒が漏れることなく取り組んでいただきたいと思います。 介護、高齢者支援や障がい者の方々への支援は、国の様々な制度設計事業の下行われておりますが、支える側の人材確保担い手支援は慢性的な問題を抱えております。

富士宮市議会 2020-10-08 10月08日-07号

更新する際には、児童生徒数を反映し、学校施設の規模が適正であることや、防災面から建築位置確認地域の実情を踏まえ、建築する施設の機能の在り方など、芝川中学校同様、地域学校要望などを考慮しながら計画を進めていきたいと考えております。 私からは以上です。 ◆17番(稲葉晃司議員) いただいた答弁の中からお伺いします。 

富士宮市議会 2020-10-06 10月06日-05号

先ほど、子ども未来課家庭児童相談室相談を受けているというような話の中で、児童生徒たち、これからの希望ですから、児童生徒を守るために、新型コロナウイルス感染症についてどのような教育をしているのか、お伺いしたいと思います。 ○議長佐野寿夫議員) 教育長。 ◎教育長池谷眞德君) それでは、お答えします。 

富士宮市議会 2020-10-05 10月05日-04号

また、集団下校の際に、児童生徒と一緒に歩きながらの点検もしています。さらに、通学区会区長さんと語る会、交通安全リーダーと語る会等児童生徒が主体的に危険箇所を調べて報告し合う場を設け、地域の方と情報交換しながら、対策を含めて確認をしています。 学校は、保護者地域の方からの情報提供を基に再度点検を行い、教育委員会該当地区区長などと連携しながら改善要望関係機関に提出しています。

袋井市議会 2020-09-16 令和2年民生文教委員会 本文 開催日:2020-09-16

331 ◯高橋委員長 16ページの基本方針1の2の学力向上授業改善検証するシステムの充実ということで、全国学力調査の平均を上回るか上回らないかを一つの指標にしているわけですけれども、それと併せて授業内容がよく分かると答える児童生徒の割合ということを二つ合わせて、これ、評価をいただいた安藤先生アウトカムとアウトプットという形で、両方で見比べていくというのが

袋井市議会 2020-09-14 令和2年民生文教委員会 本文 開催日:2020-09-14

GIGAスクール構想は御案内のとおり、6月の補正予算におきまして、タブレット、今1,280台が既に備えてありますけれども、全小中学校児童生徒に1人1台タブレットを今年11月までにタブレット整備ということで、もうこれも入札を終えまして、日立キャピタル株式会社というところが落札をして、既に契約の運びとなっているところでございます。  

富士宮市議会 2020-09-14 09月14日-02号

国の指針の中で、まず児童生徒数によって分けられてございます。児童数が1人から300人までは100万円、301人から500人までは150万円、501人以上は200万円ということで、それぞれ児童生徒数に応じて分配をさせていただいております。こちらが上限の金額になっておりますので、当市におきましては、この全ての金額学校に配分をするような形で対応させていただいております。 以上です。

裾野市議会 2020-09-11 09月11日-代表質問-04号

また、その他の当市の問題としては、児童生徒数の減少に伴い、全校児童数が100人未満の小学校がある一方で、転入者増や学区内の2小学校から1中学校に進学する等により児童生徒数が大幅に増加している地区があり、教育環境の均衡が保たれておりません。また、当市の多くの学校施設は昭和40年代から50年代にかけて建築されており、耐用年数を鑑みると早い時期に対策を講じる必要があります。

裾野市議会 2020-09-10 09月10日-代表質問-03号

これにより令和5年度の達成を目指していた児童生徒1人1台の整備は今年度の実施となり、当市においても導入に向け急ピッチで準備が進んでいるところであります。ICT環境整備により期待される効果はあるものの、ハード、ソフト、支援体制の構築・運用には課題も多くあると感じています。そこで、以下お伺いいたします。  

袋井市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第4号) 本文

昨年は、市立の幼稚園、小学校中学校普通教室へのエアコン設置、本年12月には児童生徒に1人1台のタブレットの配置など、ICT教育環境が整います。  このように、市長教育環境整備に力を進めてまいりましたが、今後の袋井市の教育に期待するものについて、お伺いをいたします。  次に、原田市長が精力的に取り組んだ防災対策についてであります。  

袋井市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第1号) 本文

次に、研修についてでありますが、当ICT活用特別委員会では、これまで机上での審議をしてまいりましたが、実際触れて理解することが重要との認識の下、1点目、ICT教育に関する教材の使い方ということで、児童生徒が既に使っておりますロイロノートについて、アプリを使っての実習をいたしました。