769件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤枝市議会 2020-12-18 令和2年藤枝市議会定例会11月定例月議会−12月18日-05号

53%、個人情報の漏えいが心配と答えた人が27%にも上り、また100億円を投入したマイナポータルの利用者がたったの0.02%など、2015年秋の導入から5年たって、あの住基ネットという1兆円の血税を無駄にした制度の二の舞という時点から、制度を本当に国民に便利で利用したくなるような制度にしていくのではなく、言い換えれば国民の信頼を取り戻すことを第一に考えて制度設計にし直すのではなく、健康保険証運転免許

袋井市議会 2020-12-17 令和2年全員協議会-2 本文 開催日:2020-12-17

そうしますと、ほかの地域、青以外の地域人たちから必ず不満が、自分たち地域地域協働運行バスがあったり、あるいは中遠線、幹線のバスも通っているところがあるけれども、これからますます高齢化してくる、そして、いわゆる運転免許返納せざるを得ないと。そうなると、他の地域人たちは、絶対にこれは不満が出ると。

袋井市議会 2020-12-08 令和2年総務委員会 本文 開催日:2020-12-08

こちらが、現行、今、袋井市のほうで運行している自主運行バスであるとかデマンドタクシー、また、今後計画の中で想定をしております、仮称地域タクシーであるとか、仮称デマンド型の乗合交通とかというところが色づけされていると思いますが、それが、それぞれ道路交通法上でどこの部分に該当をし、右のほうに、参入の手続で何条許可であるとかという、ナンバーは何色とかという形で、免許も何種という形で記載をさせていただいております

袋井市議会 2020-12-07 令和2年総務委員会 本文 開催日:2020-12-07

それから、2番目は、高校生とか高齢者移動手段として選んでもらえる公共交通運転免許自主返納者数340人を360人にやる。路線バス定期購入を394人から400人にやる。ここまでは何なのか分からないわけですよね。あまり、何も努力せんでもやれるような数字だと。それぞれ減っているところですから大変、努力しないでもやれるという意味じゃないけど、政策的なもので増えるということはないんですよね。

富士宮市議会 2020-12-04 12月04日-03号

このほか、高齢者運転免許自主返納支援事業申請に来られた方に対する宮タクへの会員登録の勧めや、地方紙の御協力により、宮バス時刻表宮タク利用方法などを掲載しており、地方紙を見ていただいた方から宮タク会員登録をしていただいた実績もございます。 今後におきましても、引き続き利便性の向上、利用啓発に努め、宮バス宮タク利用促進を図ってまいります。

長泉町議会 2020-12-04 令和2年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2020-12-04

次に、在宅福祉サービスでは、運転免許自主返納等支援事業として、利用者利便性を考慮し、令和元年度より、タクシー乗車ごとに料金の1割分を助成する制度から、タクシーバス利用助成券1万円分を交付する制度へと変更するとともに、令和2年度からは、運転免許更新を受けずに免許の効力を失った方も対象とし、外出支援を拡充することで高齢者の自立した生活の支援を行ってまいりました。  

三島市議会 2020-12-03 12月03日-02号

今後は、国では令和3年3月から開始される健康保険証としてのマイナンバーカード利用や、将来的には運転免許との一体化を目指す検討も始めるなど、令和4年度中に国民のほぼ全員がマイナンバーカードを保有することを想定しております。このため、カード取得者に対し、スマートフォンなどでオンライン申請できるQRコードつき交付申請書令和2年12月末から順次発送いたします。 

浜松市議会 2020-12-02 12月02日-21号

スマートフォン普及により、社会の様々なサービス情報の提供がスマートフォン利用を前提としたシステムになりつつある中、マイナンバーカード機能スマートフォン搭載が2022年実現に向けて検討されており、また運転免許スマートフォン搭載も、2026年に向けて検討がなされております。スマートフォン社会基盤となりつつあります。 

函南町議会 2020-12-01 12月01日-02号

◆1番(岩城仁君) マイナンバーカード普及によりこれから、まだ先の話かもしれませんけれども、運転免許保険証活用にも見込まれると思います。コンビニエンスストアで取れるということは、確かにお金もかかるわけですけれども、住民サービスとしてなるべく早目普及をお願いしたいと思います。 これで質問1を終わります。 ○議長中野博君) 質問2の(1)及び(2)について、建設経済部長。     

伊豆の国市議会 2020-12-01 12月01日-02号

(3)高齢化による免許返納などで外出がますます困難になっている方が増えています。移動が不便な地域へのデマンドタクシー等交通網整備も積極的に取り組みつつ、高齢者に定着しているタクシー券を増額すべきではないでしょうか。どのように考えていますか。 以上です。 ○議長古屋鋭治君) これより答弁を求めます。 答弁者、市長。     

浜松市議会 2020-11-30 11月30日-19号

2点目は、高齢者免許返納と足の確保について。 重点施策の中で、どこに行くにも公共交通を使いましょうとして、免許返納された方の割引企画のイメージ図がその計画に出ているんですが、高齢者免許返納を促進させる観点から、他都市でもやっておりますように、何らかの制度をつくって、公共交通利用につなげていくということが必要だと思いますけれども、どのようにお考えになるか伺います。

富士宮市議会 2020-11-20 11月20日-01号

4 運転免許返納者に、宮タク会員登録への推奨を行い、さらなる新規利用者の獲得を図ること。5 今後の状況に合わせて、利用方法など随時改善を重ねていくこと。また、利用方法など改善・変 更した場合は、新聞広告地元説明会などを行い、利用者への周知を図ること。 以上を提言いたしまして、総務文教委員会政策課題における委員長報告を終わります。 ○議長佐野寿夫議員) 委員長報告は終わりました。 

袋井市議会 2020-11-01 令和2年11月定例会(第2号) 本文

また、現在、国では、銀行預金口座とのひもづけとか、あるいは運転免許との一体化などが検討されておりまして、今後、カード利用場面が増えていくものと考えております。  こうした中、本市におきましては、マイナンバーカード交付者数が本年の10月末現在で2万14人と、交付率が22.6%と、国や県の平均を上回っておりまして、県内では12番目となっております。

袋井市議会 2020-11-01 令和2年11月定例会(第4号) 本文

高齢者になって運転免許返納したいんだけれども、バス停までが遠いため、運転免許返納をちゅうちょしているというようなお話もいただきました。バス停の数を増やしてほしいということですね。  そのような様々なお話がありまして、そこで、このような地域の方々のニーズにどの程度応えることができるのか。

袋井市議会 2020-10-27 令和2年民生文教委員会 本文 開催日:2020-10-27

また、総合的に見ますと、今、協働まちづくり課電動アシスト付自転車の推進を行っておりますが、こうしたものが運転免許返納をされた方が電動アシスト付自転車を買うということでそちらの助成を受けたり、貸出しの電動アシスト付自転車にまず乗ってみるという動きも多く出てきている状況でございますので、近距離といいますか中距離ぐらいまでは自転車移動するということも、まちとしてはフラットな地形でございますので、それを

静岡市議会 2020-10-09 令和2年 中山間地活性化調査特別委員会 本文 2020-10-09

高齢化が非常に進んでおりまして、自家用車の運転免許も80歳を超えると、いずれは返納という話も出てくるかと思います。免許返納したら動きが取れないじゃないかといった声もある中で、社会実験としてシニアカー地域の中でどれくらい有効的に使われるかという実験を今年度行う予定でおります。