運営者 Bitlet 姉妹サービス
4261件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月21日−06号 名称は保護や地域にとって大変重要と考える。市も一定の努力をして決定しようとしているが、保護や地域住民の声をどのように把握し、検討したのか。地域や自治会への説明が十分に行われたのか、疑問がある。市民を大切にする磐田市政をつくるためには、こうした部分にも配慮する必要があると考える。以上のことから反対する。  別の委員より、反対の立場で討論する。 もっと読む
2018-12-13 伊東市議会 平成30年12月 定例会−12月13日-04号 この会話でもわかるように、多くの保護は子供たちの安心、安全を願うことが感じ取れるのではないでしょうか。  このエアコン設置の補正予算は、国が緊急のブロック塀対策とエアコン設置のための補正予算が出され、伊東市が申請したとの答弁がされました。 もっと読む
2018-12-12 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月12日−05号 システムを導入することにより、保育園に関する計画や記録に関する機能、園児の登降園の管理をする機能、保育士のシフト、保護との連絡に関する機能などで、関連する項目が自動入力されたり、集計等が自動計算されたりするものである。 もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) 国は、幼児教育無償化における認可外保育施設への関与の強化を検討しておりまして、市町村の対応として、保護の経済的負担軽減措置の実施を位置づけております。今後の方向性として、市町村が無償化給付の実施主体として、対象施設の把握、保護への償還払いの手続、給付に必要な範囲での施設への関与等について、事務負担に十分配慮しつつ検討していく方向を示しております。   もっと読む
2018-12-10 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 民生教育委員会-12月10日−01号 また、幼稚園から幼稚園型の認定こども園に移行するときにも、保護の方に園名を募集してということをしておりましたので、若干ケースは違いますが、同じような形で公募ということで進めてまいりました。  以上です。 もっと読む
2018-12-07 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月07日−05号 ◎こども部長(山内秋人君) 今後、やはりそういった保護に対しまして、研修会等を開催していくというような方向で現在考えております。以上です。 ○議長(増田暢之君) 次に、9番、永田隆幸議員。 ◆9番(永田隆幸君) 説明書12ページ、歳入、14款2項3目衛生費国庫補助金の内示に伴う循環型社会形成推進交付金の減額の経緯について伺います。 もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 次に、新たな学園づくりの地域検討委員会についてですけれども、地域住民の代表者、保護、学校関係者等で組織し、昨年12月から新たな学園づくりのあり方について検討を行っております。また、園・小学校の保護説明会、それから地域住民を対象とした意見交換会、それを開催し、意見聴取にも努めまして、その多くの声を地域検討会の中に協議に反映をさせております。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月06日−04号 国が教員の授業負担をふやしたことや、1990年前後から不登校の増加やいじめ問題、子育てへの負担が深まり、保護とのかかわりも複雑さを増すなど、学校の抱える課題がふえています。さらに、全国学力テストや、教員免許更新制など、多くの施策に基づく業務が、大きな負担となっていると思います。  2点目の質問です。 もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 ともあれ、保護の皆様は、幼稚園、保育園の費用は自己負担がなくなる、あるいは、ほとんどなくなると思われ、近い将来、幼児教育の無償化が定着し、保護の負担が軽減されたとき、義務教育の無償化、中でも給食費の保護負担ゼロへの要望が強まると思われます。  そこで、幼児教育の無償化に伴う給食費の動向と義務教育、小・中給食の無償化に対する考えをお伺いします。  次に、体育授業の今後についてお伺いします。 もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 ただし、入所保留となっている 4人については障がいが理由ではなく、保護の就労状況などによる優先順位が低いことによるものでございます。  なお、平成29年度においては、医療的ケアが必要な児童について、園の体制が整わず受け入れができなかったケースが 1件ございました。  私からは以上でございます。 ○議長(鈴木正治君) 答弁願います。深谷健康福祉部長。               もっと読む
2018-12-04 清水町議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2018.12.04 私は柿田区に住んでおりますので、柿田区の子供会の例を申し上げますと、役員さんたちが保護の皆さんにアンケート用紙を配って、さまざまの保護からいろいろな意見を聞いています。意向を聞いているわけですね。その意向を聞いた中で、今後の子供会のあり方等について役員さんたちは御苦労なさっているわけです。  子供会の会員は、言うまでもなく学校へ通っている子供たちです。 もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 向陽学府(向陽中学校・大藤小学校・向笠小学校・岩田小学校)における学府一体校についての保護、地域住民対象の説明会が行われています。  1点目です。この間3カ所で説明会が開催をされています。説明会での意見や課題についてお伺いをします。  2点目です。説明会では保護も含む検討会を開催し、協議しながら検討していくと答弁がされています。検討会のあり方や結論の出し方についてお伺いをします。   もっと読む
2018-12-03 伊東市議会 平成30年12月 定例会-12月03日-02号 保護への伝達方法としましては、先ほど説明いたしました情報に基づき、園・学校での判断や対応につきまして、緊急メール連絡や電話を通じて全保護に周知するとともに、学校のホームページへの掲載などにより情報伝達に努めております。  次に、風水害や地震等による学習環境や保育環境の悪化に伴う対応についてでございます。 もっと読む
2018-12-03 清水町議会 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2018.12.03 さんですけれども、限られた人数の調理員がその学校全員のために給食を時間までに間に合うようにつくっていることだけじゃなくておいしく食べられるように工夫を凝らしてつくっているということ、それをまた毎日行っていることに対して、子供たちが感謝をして感謝のメッセージを調理員さんに渡したという形も「学校だより」にも載っておりましたので、そういった中で、民間委託をしたからといって議員がおっしゃるようなことの心配は保護 もっと読む
2018-12-03 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−04号 内容的なものについては、実習の報告であったり、福祉サービスの手続の説明、参加してくださる方が生徒さん、保護、行政、ハローワーク、就業生活支援センターひまわり、学校などであります。3月にも卒業後の支援体制の確認を行うなど、職場への定着を努め、今後も引き続き支援を行っていきたいと考えております。  以上です。 ○議長(天野佐代里君) 質問者、井川さん。 もっと読む
2018-11-30 伊東市議会 平成30年12月 定例会−11月30日-目次 (1) 保護を初めとした市民の反応をどのように聞いて、どのように受け止めているか伺う。    (2) 保育料は応能負担であることを勘案すると、所得の多い家庭であればあるほど保育料無償化の恩恵を受けていると考えることができるが、その実態を伺う。    (3) 私立幼稚園の無償化の実態について伺う。    (4) 保育料無償化に対する国の動向及び来年度以降の財源について伺う。   もっと読む
2018-11-30 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−03号 未来をつくり出す子供たちの成長には、保護を含めた地域住民が総がかりでの教育が必要であることから、家庭教育学習や、生涯学習を進めております。   もっと読む
2018-11-30 伊東市議会 平成30年12月 定例会-11月30日-01号 今後も文部科学省から教職員向けに出された「児童生徒に対するきめ細かな対応等の実施について」の冊子を基本とし、個々の児童生徒及び保護の悩みや不安に対し丁寧に対応できる相談体制を組織的に構築するとともに、担任や養護教諭の資質向上を図る中で問題の早期発見、早期対応に努めてまいります。  次に、小・中学校における性教育についてでございます。 もっと読む
2018-11-30 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月30日−05号 例えば不当要求断固拒否と大書きされたポスターを相談者、受給者が座るカウンターに掲示することで、生活保護行政は保護、保護受給者にとって支援、援助が必要であるはずなのに、指導、支配になってはいないでしょうか。相談者、申請者、受給者が憲法第25条に規定された権利ばかりを主張するものであり、就労せず、家族、親族などからの援助を得られない、社会的問題を抱えた人間だとの認識に陥っていないでしょうか。 もっと読む
2018-11-29 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月29日−04号 自己防衛的にせざるを得ないというお答えなのかなという点ですが、実際子どもや保護の負担、やっぱりこういう点も軽減していただきたいと願うところです。   もっと読む