9099件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-07号

次に、歳出7款商工費1項1目商工総務費から1項3目企業誘致費までを審査しました。  当局から、遊休不動産リノベーション応援事業、中小企業・小規模企業振興推進会議運営事業、プレミアム付商品券事業について説明がありました。詳細な内容は省略いたします。  

清水町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2019-03-22

とただしたところ、「起業は町内企業が2件あり、相談中が1件です。」との答弁がありました。  次に、委員から「来年度の起業に関する予算が増えているが、目標は。」とただしたところ、「特定の件数は設定していません。予算の増額は、従来、観光振興で持っていた事業を発展させるため組み替えたことによるものです。」との答弁がありました。  

長泉町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-22

との質疑に対し、今後、状況の変化により適宜、見直しを行うが、主に、企業誘致や企業留置、ファシリティマネジメントに伴う義務教育施設建替えへの対応、子育てサポートの強化、高齢化社会に向けての対応、観光面を主とした交流人口の拡大、情報発信の充実等の行政課題に対応することが今回の職員増員の主な要因である。との答弁がありました。  

藤枝市議会 2019-03-20 平成31年 2月定例会−03月20日-05号

初めに、「第6条、企業債のうち、手術室増築事業費について、事業概要及び今後のスケジュールと、手術室増築によって得られる効果を伺う。」という質疑があり、これに対して、「平成31年度は実施設計、平成32年度、建設工事完了、完成後、手術支援ロボットの導入を予定している。オペ件数増加への対応や最先端機器導入により、臨床医が集まりやすい環境となるなど、効果が見込まれる。」という答弁がありました。  

島田市議会 2019-03-15 平成31年3月15日厚生教育常任委員会-03月15日-01号

◆委員(福田正男) だからその辺をもう少し、全協でもお話ししましたけれども、調査研究というか、ある程度、性急にこれを導入するのではなくて、もう少し調査研究して納得のいく内容にしていただいて、それでそのような受ける業者もシミュレーションしていただいて、プロポーザルで参加できる企業はこれぐらいの企業が出てきて、こういう打ち合わせをしてありますと。

島田市議会 2019-03-14 平成31年3月14日総務生活常任委員会−03月14日-01号

1つ丸が下がりまして、本年の1月でございますが、21日月曜日に、プラザおおるりで地元企業向けの説明会を開催をさせていただきまして、28の企業、団体の方から御参加をいただきまして、会場でお願いしましたアンケートの結果を拝見しますと、この事業に関心があるといったようなお答えをいただいた事業者も現にいらっしゃったというところでございます。  

島田市議会 2019-03-13 平成31年3月13日経済建設常任委員会−03月13日-01号

2の中小企業・小規模企業振興推進会議運営事業の主な内容は、中小企業・小規模企業の実態調査です。目的は、条例に規定したとおり、中小企業者の抱えている課題や実態を把握して、施策に反映させることです。2,000事業所を対象にアンケート調査を行い、回答があった事業所のうち100事業所を対象に、さらに詳しい聞き取り調査を行う予定です。  

島田市議会 2019-03-12 平成31年3月12日全員協議会−03月12日-01号

地元企業の活用が、包括業務委託については図られていないのではないかと御指摘いただきました。確かに答弁では、今我々が把握をしている情報では、市内の業者あるいは県内の業者という中には、残念ながら包括的に業務を受ける企業というのは、我々はまだ把握をしておりません。  ただし、これは答弁でも申し上げましたように、プロポーザルの公募を行います。その公募は全国に発信をします。

清水町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日: 2019-03-07

町内にある企業のほとんどが中小企業や個人店なのは誰もが知っていることでもあります。だからこそ早期の対策を講じていくことが必要だと考えて質問させていただきます。  増税対策として検討されているポイント還元ですが、クレジット決済などと同時にQRコード決済なども組み込まれております。

島田市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会-03月07日-05号

企業誘致の計画はあるか。  ④事業費約943億円の中で、市内業者に還元できる金額はどれくらいか。  ⑤観光客が市内で消費することも地域経済に大きな役割があると考えますが、実績を踏まえてどのように考えているか。  (2)事業費の削減について  ①計画を実施することで相乗的に費用の削減や事務の効率化を図ることができる事業はあるか。  

長泉町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-07

この法律施行後に予想される多文化共生社会に向け、対応すべきことについて伺っていきますが、町内企業の外国人労働者の需要や対応について、一般質問の通告前に、2月上旬、商工会に問い合わせをした時点では、職員が研修に出席したり情報収集に努めているとの状況でした。その後、動きが出ているかもしれません。  

清水町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-03-06

また、法人町民税に関しましては、法人へのアンケート、あるいは企業訪問を行いまして、企業の動向、そういうものを調査させていただきました。町内には法人町民税の約4割近くを占める大きな会社が1社ございますけれども、その会社の動向にちょっと左右されるんですが、その1社は自動車部品の製造会社ということでございます。

長泉町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-03-06

昨年12月に水道法が改正され、民間企業がコンセッション方式で参入できるようになり、報道等で注目を集めました。私が目にしたテレビ番組だけでも4つあるんですが、全国で水道料金の格差がある中で、水道料金が安いランキングに本町が1位とか3位とかで紹介されていました。県外の知人からも、長泉すごいね、全国1位だねというような電話もありました。

長泉町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-03-01

子育て支援につきましては、本年10月より実施される予定の幼児教育無償化による保育需要の増大に対応するべく、企業主導型保育事業所、認定こども園、小規模保育事業施設等の新たな施設整備に対する支援制度を設けるとともに、町立幼稚園の認定こども園への移行に向けた調査を実施し、民間事業者と連携しながら園児受け入れの拡大に努めてまいります。  

藤枝市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会-03月01日-04号

水道事業は公営企業ではありますが、営利を目的とするものではございません。公共施設だからこそ、巨額な投資を施して防災対策もしっかりやっていただくわけで、営利目的で利潤を追求する民間事業者がどこまでやるのか、甚だ疑問ですので、こうした側面からもコンセッション方式は全く念頭にないという判断は非常にまことに的確だと私は考えております。  1点、確認をいたします。

清水町議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 開催日: 2019-02-28

本案は、本町の下水道事業が平成31年4月から公営企業会計に移行し現在の清水町公共下水道事業特別会計が廃止されることから、同会計に設置されている清水町公共下水道事業特別会計財政調整基金を廃止するため本条例を廃止するものであります。  以上、本案の内容につきまして概要を説明いたしました。よろしく御審議をお願い申し上げます。