1452件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2019-06-18 令和元年6月18日経済建設常任委員会-06月18日-01号

◆委員(森伸一) 音楽広場があるということを知ってもらう方法として、いろいろな宣伝もしていると思うのですが、例えばここを使っている人と似たような団体が当然使う可能性があるのだけれども、使ってくれた人に、仲間とか、似たような団体に宣伝してくれると、何かそういう積極的なお願いというか、何かしたりして知ってもらう努力をしているのですか。 ○委員長(清水唯史) 中村商工課長

藤枝市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会-06月14日-02号

私も自分の仲間防犯スポーツ教室という、体験型や座学で防犯教室九州地方から関東地方にて実施してきました。先日、文部科学大臣 柴山大臣が来てくださいました。本当にこれからこういった体験型を進めていきたいというお言葉もいただいたんですが、本当に私たちが初めてこの防犯教室というのをやったのは10年ほど前です。

島田市議会 2019-06-13 令和元年6月定例会-06月13日-04号

その被災直後の道路の悪い状況の中では、バイクは当然効果的ですし、静岡市はオフロードバイクを大編成したり、それから、バイク仲間の住民グループが自治体協力するというようなところをやっているところもあります。島田市でも、病院のスタッフでバイクチームを編成して、小規模であれば動くというようなこともやっておるようなので、もしかしたらそういった協力が得られるかもしれません。  

長泉町議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-06-10

具体的には、課題に対して子ども自らが、問いである内面的な解決欲求を持ち、仲間との対話を通して自他の意見を比較・深化して、課題解決を目指します。  このような学び方の過程を重視することから、小・中学校においては、アクティブラーニングという言葉から主体的・対話的で深い学びという言葉で表現されることが一般的になっています。  

掛川市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月22日-09号

さらに、一般介護予防事業では、みずから健康づくり介護予防に取り組み、仲間と一緒に楽しみながら継続できるよう、各種教室の開催や住民主体介護予防活動の育成・支援を行うとともに、若い世代を対象とした小学校での認知症サポーター養成講座や認知症カフェの定期開催などにより、認知症政策の充実が図れています。  

藤枝市議会 2019-03-20 平成31年 2月定例会−03月20日-05号

ドジョウは8%、熱帯魚は10%、同じ仲間でも違う複数税率、同じ生きている魚を買っても、ペットショップでキャッシュレスで買うポイント5%がついて、消費税負担は5%だが、現金だと10%。魚屋で買うと、キャッシュレスでは複数税率とポイント還元で消費税負担は3%、これが現金だと、複数税率だけで8%負担。

島田市議会 2019-03-12 平成31年3月12日厚生教育常任委員会−03月12日-01号

それに伴いまして、仲間の宿と札場のふすまと畳の張りかえ費が102万3,000円、また食事の提供に伴います座卓テーブルを購入する費用として32万2,000円を計上してございます。  以上でございます。 ○委員長(村田千鶴子) 福田委員。 ◆委員(福田正男) 私は蓮台越しの保存会に入っているのですけれども、蓮台越しの実演をしたのは平成17年だったか、それ以来やっていないのです。

袋井市議会 2019-03-11 平成31年建設経済委員会 本文 開催日:2019-03-11

61 ◯大庭委員 地方創生の頭出しでこの商品券が出されて、多くの皆さんがこれにかかわったんですが、今回の場合は1)がかなり主体で、恐らく2)の皆さんはSNSだとか同じ仲間内での話し合いで結構購入に至るケースがあると思うんですが、1)のケースというのは、本当に生活が大変で携帯電話も持っていないだとか、情報が不足する人たちが多いやに類推するんですよね。

掛川市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月08日-07号

ですので、今後実習生等ですと研修だったりとかさまざま勉強する機会があるとは思うのですが、ぜひ、掛川式と言ってはなんですけれども、掛川式の外国人人材の受け入れの姿勢として、この報徳を多言語でお伝えをするという意味で、掛川市民として一緒に頑張っていく仲間として、こういう勉強をしていただくということを思っているのですが、市長の見解を伺います。 ○副議長(榛葉正樹君) 答弁願います。市長、松井三郎君。

島田市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会-03月07日-05号

ですから、アンケートの内容を全部公表するということではなくて、でも、勉強のこと、同級生の仲間のこと、スポーツ活動のこと、家庭でのことを含めて、そのようなアンケートの中で、例えばスポーツ活動をしていますかというようなことの中で、何か気にかかることがありますかというような文章を入れながら、学校経由でその情報を得ることもできると思うのですが、そのようなことはできないでしょうか。

掛川市議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会( 2月)−03月07日-06号

現在、掛川市では、お互いの活動を知ることで協働が促進されますように、こちらのようなまちづくりの仲間を見つけるガイドブックというようなものを作成しております。これに掲載されております市民活動団体が、NPO法人については市民や活動団体紹介をしておりますので、これについてはまた御活用をいただければというふうに思っております。  

島田市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会-03月05日-03号

◎市長(染谷絹代) 静岡県ふじのくに防災士養成講座、私も受講しておりますので、同じ仲間だと大変うれしく思っております。  今、議員から御指摘いただきました男女がともに支える地域防災づくりのこの観点は非常に重要な観点でありまして、例えば、男女共同参画をどう進めるかということにおいても、地域防災というのは一番地域にわかっていただきやすい切り口でございます。  

伊東市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会-03月05日-04号

子どもの居場所づくり事業につきましては、子供貧困対策という視点ではなく、小学生以上の子供が1人で参加でき、食事の提供を含め、友達と遊んだり、勉強などの学習支援を行う中で、家で1人で過ごすのではなく、多くの仲間や大人とかかわり、楽しさを共有できる場となることを目指し、運営団体の立ち上げ費用や食材の購入費用を支援するため助成を行っております。

伊東市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-03号

本市といたしましては、子供貧困対策という視点ではなく、小学生以上の子供が1人で参加でき、食事の提供を含め、食事の前後の時間帯では友達と遊んだり、勉強などの学習支援を行う中で、家で1人で過ごすのではなく、多くの仲間や大人とかかわり、楽しさを共有できる場となることを期待しているところであります。

藤枝市議会 2019-02-28 平成31年 2月定例会-02月28日-03号

東北震災があったときに、イの一番に仲間と一緒に4トントラック3台で、北茨城市に行きました。北茨城市役所に行ったんですけど、地割れとかしていて入ることがちょっと困難で、そのまま石巻市役所に行きました。石巻のまちというか村を走っているときにいろんなお宅に伺わせていただいて、そのときに本当にお水がないお宅、食料がないお宅がいっぱいありました。

藤枝市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会-02月27日-02号

しかしながら、国の動向やグローバル化を踏まえまして、総合的な多文化共生の施策を推進する必要がありますことから、庁内関係課で実施をしております施策を多文化共生の視点で体系化した上で、これまでの外国人市民に対する施策と並行して、受け入れ側である地域の人々の理解を深めまして、仲間意識を醸成する施策の充実を図るために、本市の多文化共生推進計画を策定することといたしました。