運営者 Bitlet 姉妹サービス
5320件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-05 富士市議会 平成31年 2月 ごみ処理施設建設特別委員会-02月05日-01号 ◆影山 委員 進捗といいますか、今後の計画の中でも、工程の入れかえ等を考えながら工期はしっかりと守って完成できるのかなと思われるわけですけれども、ただ、心配なのは、今それこそ人材不足、建設業ばかりではないんですけれども、目立って建設業のほうでよく人材不足ということを言われています。 もっと読む
2018-12-21 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月21日−06号 喫緊の課題として充実、整備をしなくてはならない地域包括支援センターや福祉を担う人材育成などが山積している。また、国に保険適用を求める請願事項については、国民健康保険は2016年度、1,460億円の赤字が発表されるなど、財政運営が厳しい中、さらに保険適用した場合に、今後の医療保険運営について懸念がある。以上のことから反対する。  別の委員より、賛成の立場で討論する。 もっと読む
2018-12-21 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月21日-06号 委員より、人材派遣会社の紹介制度のようなものは活用できないのかとの質疑があり、当局より、市の持っている情報を各園に紹介している。また、人材派遣会社に登録し、そこから派遣してもらうシステムがあり、市内の園でも利用しているところがあるとの説明がありました。   もっと読む
2018-12-14 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 これは別に研修会を特別に開くということではなくて、いろんな面、仕事を進めていく中の仕事の仕方、また考え方、そういったものも続いて人材育成につながっていくものだと思っております。  ですので、当然職員の今後の研修も含めて副市長2名体制で、私も含めてなんですけれども、研修をしていくという体制で考えております。 もっと読む
2018-12-13 富士市議会 平成30年11月 定例会−12月13日-06号 4つ、人材確保、養成、連携等に対応できる専門性。5つとして、コーディネーターの配置等をされたサービス拠点を核とした地域の支援体制づくり。  さらに国は、平成29年度末までに各市町村または各圏域に少なくとも1つを整備することを基本とするとして、モデル事業を初めとして全国で整備が進んでいます。 もっと読む
2018-12-13 伊東市議会 平成30年12月 定例会−12月13日-04号 人材確保という点でも問題です。近隣では熱海市、下田市、沼津市、三島市がほぼ18万5,800円で、伊東市との差は約6,000円。今回の改定を見送れば、さらにその差は約7,500円となります。ちなみに熱海市では県下でラスパイレス指数が最も高く、102.9。隣接する神奈川県の給与が高いためと推測しますが、現に熱海出身の私の妹2人はともに神奈川県の教員となってしまい、小田原市に所帯を構えています。 もっと読む
2018-12-12 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月12日-05号 5つ目、富士市議会9月定例会で市長は、最終的に断念したとして、例えば人材をそこに確保したことによってお金がかかったとしても、それは将来に向かって無駄にはならないんじゃないかと私は思いますよと述べています。人材確保とはどのようなことを想定してのことでしょうか。発言の真意を伺います。  以上、1回目の質問といたします。 ○議長(望月昇 議員) 市長。                もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) 具体的に掲載された医療体制の整備、充実、救急医療体制の強化、医療関連人材の育成・確保等の施策が一つでも欠ける、もしくは停滞したならば、笑顔あふれる健やかな福祉のまちにはならないと考えるところですが、平成30年度健康福祉事務要覧に掲載された実施状況から、当局の御努力は評価させていただいています。  このたび前期基本計画実施計画、2019年度から2021年度の実施計画が策定されました。 もっと読む
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 さらには、シルバー人材センターの機能強化は、地域社会の活性化のみならず、医療費や介護給付費の削減にも寄与するとの認識をもとに、前回の一般質問及び本年6月定例会でシルバー人材センターを取り上げた遠藤盛正議員の一般質問への当局答弁を踏まえ、以下、改めて、シルバー人材センター開設者である行政の責務と支援について4点を質問、回答をお願いします。   もっと読む
2018-12-10 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 民生教育委員会-12月10日−01号 また、磐田市においては、この磐田市補聴器購入費用助成制度は、現段階では私なりに考えますと優先度が余り高くはなく、喫緊の課題として充実整備をしなくてはならない、例えば、地域包括支援センターの充実、福祉を担う人材の育成、認知症の人に優しいまちづくり等々がたくさん山積みしています。これらの政策を最優先として行きたいというふうに考えておりますので、反対討論をさせていただきます。  もう一点であります。 もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 そして、経済の活性化や国内外の多種多様な人材、機関とのネットワークの構築ができ、富士市の発展につながっていくとも考えます。そこで、以下3点について伺います。  (1)海外の大学等の夏期講習の受け入れをしてはどうでしょうか。姉妹都市オーシャンサイド市の大学等を積極的に誘致してはいかがでしょうか。   もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 やはり、お話を聞いていると、将棋連盟の皆様を含めてですけれど、地域に将棋を教えられる人材って非常に多くいらっしゃるということでございますので、協働のまちづくりなのか地域ボランティアを募っていくということはとても大事だというふうに思っております。ぜひ、もし、今市長のお考えの中で、どういうふうな方たちを巻き込んでいくのがいいかという、もしアイデアがあれば、お聞きをしたいと思うんですが。 もっと読む
2018-12-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月06日−04号 次に、外国人技能実習制度に基づく外国人労働者の実態把握についてですが、がんばる企業応援団による聞き取り調査の結果、海外人材を活用している企業は約3割ございまして、国籍は南米やアジアの地域の方が多いとの状況を伺っておりますが、現在のところ外国人技能実習生に限った把握はしてございません。  次の放課後児童クラブにつきましては、後ほど教育長から回答いたします。   もっと読む
2018-12-06 静岡市議会 平成30年 都市建設委員会 本文 2018-12-06 建設業における人材不足は本市のみならず国レベルの喫緊の課題であり、今後、さらに状況は深刻化が予想され、早期に担い手確保の対策が求められております。  働き方改革による週休2日に向けた休日確保の試行など、就業者の処遇改善やICT技術の導入による生産性の向上と発注時期の平準化による人材・建設機械などの有効活用で企業の健全化を図り、担い手確保に取り組んでおります。   もっと読む
2018-12-05 静岡市議会 平成30年 市民環境教育委員会 本文 2018-12-05 えなければいけないたくさんのことに気づかされたわけですけれども、必要な職員全てを正規ということになったときに、これは本会議で公明党の山梨議員も質問されているんですけれども、先ほどの文科省の国のラインのところで定数が決められていて、それが不足しているんだよという言い方のところと、それから4月までは教育委員会も何とか対応できているんだけれども、4月以降、そういう突発的な病気や産休にしても、何か起きたときに、それに対応する人材 もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 このすぐれた人材群を、何とか市政発展につなげられたらと強く思います。そこで、定年制廃止協議の現状と今後の人材確保、人材活用策をお伺いします。  次に、成人年齢18歳の対応についてお伺いします。2022年4月1日から、成人年齢が18歳となります。まだ3年以上あると考えていては、大きな変化に後手になってしまします。 もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 今後、職場に合った仕組みの改善や人材育成など、環境の整備が急務となっております。  本市におきましては、第 3次掛川市男女共同参画行動計画に基づきまして、男女がみずからの意思で社会活動に参画し、さまざまな分野において意思決定過程へ女性の参画機会の拡大に向けて啓発活動などが行われております。 もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 小項目④の質問として、教師の多忙化に対応するため、教師が行っている作業の一部を任せるなど、地域人材や教師OBを活用する考えはないか、伺います。  中項目(2)新学習指導要領への移行対応について。生産年齢人口の減少、グローバル化の進展、人工知能の進化などにより、子供たちの将来は予測困難な時代になると言われています。 もっと読む
2018-12-04 伊東市議会 平成30年12月 定例会-12月04日-03号 そういった中で、その団体のほう側としては、そういうものを運営していく上での人材育成ということだって図っていかなきゃいけないわけですよね。そうだとすると、指定管理期間が5年間ということでみんな統一されちゃっているというのはちょっとまずいんじゃないのかなという気がするわけですよ。   もっと読む
2018-12-04 三島市議会 平成30年 11月 定例会-12月04日−06号 一方、人口減少や少子高齢化といった日本全体の抱えます構造的課題ともいえる制約要因の中、持続的な成長路線の実現に向けて潜在成長率を引き上げるため、一人一人の人材の質を高める人づくり革命改革や成長戦略の核となる生産性革命に最優先で取り組むとともに、働き方改革を推進していくこととされておりますが、依然地方経済にとりましては予断を許さない状況が続いております。   もっと読む