運営者 Bitlet 姉妹サービス
4166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-05 富士市議会 平成31年 2月 ごみ処理施設建設特別委員会-02月05日-01号 この協力企業に指定管理者の優先交渉権を与えております。  下の図面の中に黄色い表がございますけれども、こちらは指定管理者業務のイメージでございます。まず、維持管理業務では、清掃、警備、点検・保守などそれぞれです。運営管理業務につきましては、計画書、報告書の作成、部屋の貸し出し管理、受付、電話対応、見学対応などがございます。  右に行きまして、3の運営管理の基準(案)でございます。 もっと読む
2018-12-21 三島市議会 平成30年 12月 議会基本条例等検討特別委員会(第14回)-12月21日−01号 2段落目の3行目になりますけれども、地方自治体か公共団体かというところで、国のほうで示されているところの公共団体にすべきだというようなことを行政課から前回言われたわけですけれども、久保田係長が交渉をして地方自治体ということでかち取ってきましたので、そのように改めてございます。  3段落目のところでも同様でございます。   もっと読む
2018-12-21 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月21日-06号 また、職員組合との交渉結果について質疑があり、当局より、国家公務員の一般職給与法が11月28日に参議院で可決成立しており、この条文に準拠している。また、組合とは 2回の団体交渉を行い、給与改定の内容についていずれも妥結しているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-12-14 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 それと、相手側はこれに不服とかそういうことなくスムーズに交渉は進んだんでしょうか、最後にこれを聞きます。 ○議長(天野佐代里君) 答弁者、経済環境部長。 ◎経済環境部長(岡本勉君) 廃棄物対策課のほうからでは、そういうもめごとがあった云々という話は聞いておりませんので、スムーズにお話のほうは進んでいたというふうに考えております。 ○議長(天野佐代里君) ほかにありませんか。       もっと読む
2018-12-13 富士市議会 平成30年11月 定例会−12月13日-06号 しかしながら、必要とされる学校用地の確保につきましては、土地の所在や面積を特定してから地権者の方々と交渉を行い、用地取得を実施してきており、現時点では、県道鷹岡柚木線、市道五味島岩本線の整備事業に伴う残地を取得することにより必要面積は確保できるため、学習環境の改善は十分に可能であると考えております。   もっと読む
2018-12-13 伊東市議会 平成30年12月 定例会−12月13日-04号 本来、公務員も労働者であり、憲法では労働基本権、団結権、団体交渉権、争議権が認められていますが、日本ではGHQの占領政策の中で急激な民主化がされ、労働運動が盛んになった際、逆にこれに危機感を感じたマッカーサー最高司令官が国家公務員法の改正を指示し、団体交渉権と争議権が奪われました。その後も改善されず、現在、その代償として唯一残されたのが人事院勧告です。 もっと読む
2018-12-12 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第3号12月12日) 課題といたしましては、各行政区からの要望路線につきましては、限られた予算の中で年間70路線程度の市道改良工事や舗装工事を着々と進めてはいるものの、1路線を事業化する場合、用地交渉から工事完成まで、規模にもよりますが、5年以上はかかる場合もございます。   もっと読む
2018-12-12 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月12日-05号 12月22日に日露和親条約の締結交渉に入りました。翌12月23日に安政地震が発生し、津波の被害を受けたディアナ号は修理のため戸田港へ向かいますが、1855年1月14日、戸田港へ入港できず漂流、宮島村沖にいかりをおろしたが、荒れる海上で破損したディアナ号から宮島村の人々が乗組員を救助するという史実が富士市に刻まれています。   もっと読む
2018-12-07 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月07日−05号 それから、身分の取り扱いにつきましては、公営企業職員につきましては、例えば給与とか労働関係ですね、労働関係と申しますと、労働組合の結成だとか、団体交渉等の権利を有してまいります。それから、給与につきましては、一般同様に、近隣の国や他の地方自治体及び周辺民間企業の給与水準等を考慮して決められるものでございますが、当該下水道企業自体の経営も視野に入れる必要があると定められております。 もっと読む
2018-12-07 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月07日-02号 先ほどの冒頭でのお答えにもありましたように、保健所の設置形態、単独設置か共同設置か、そういった問題であるとか、今まで県が負担していたものが市の負担となるのか、あるいは従前どおり県の負担でいくかといった情報というよりかは県の判断にかかわるもの、県との交渉ごとにかかわるものが重立ったものになってくるかと思います。   もっと読む
2018-12-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月06日−04号 現認というのは何かといいますと、直接管理職があなたの時間は何時間ですよと見ないといけないということなんですけれども、それを法の中ではタイムカード、いろいろな管理で代替することができるわけなんですけれども、その辺のところを労働安全衛生法にかかわった交渉については、全ての教頭がもう講習を受けておりまして、どういうふうに実際に職員の、タイムカードでもちろんやるんですけれども、形式的なタイムカードとそれと実質 もっと読む
2018-12-06 静岡市議会 平成30年 都市建設委員会 本文 2018-12-06 一般的に中部電力に払う移転補償金というものは一定の決まりがありますが、こちらの現場においては少し特殊であったということから中部電力と交渉を続けておりました。それで、交渉の結果、減耗分という取り扱いが認めてもらえまして、その分1,000万円安くできたということです。 もっと読む
2018-12-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月05日−03号 次に、中遠広域事務組合の一般廃棄物最終処分場の建設のうち、厳しい状況についてでございますが、本年9月定例会で根津議員に回答いたしましたとおり、地元交渉に全力を注いでございますが、受け入れ同意が得られていないことを厳しい状況と表現いたしました。   もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 ◎市長(松井三郎君) 提言の内容を受けて、いろいろもう周辺も含めて交渉もしてきた結果、先ほど来申し上げているように、今が大変いい時期だと、こういうことでありますので、全く提言の内容、中心市街地活性化基本計画を無視して、あるいはその間にも議会の御質問は何回かあったわけでありますので、そういう意見を行政として十分踏まえ、検討した結果、今回の結論に至ったと、こういうことであります。   もっと読む
2018-12-04 富士市議会 平成30年12月 建設水道委員会-12月04日-01号 そういう形の中で、できるところから下流の大きい改修を進めてまいっているんですけれども、やはり川の河積を広げていくためには、用地交渉、あるいは地域の皆様の了解が得られなければならない中で、毎年必要な予算額を国、県から補助をいただいて、順番、順番にやっている形の中で、その辺の達成度のパーセントというのは、今、数字として全体として何%という数字はお示しできないんですけれども、徐々にこつこつと川のほうの受け もっと読む
2018-12-04 伊東市議会 平成30年12月 定例会-12月04日-03号 当該住宅及び車両の修繕見積額をもとに被害者との示談交渉の結果、損害賠償額が50万3,253円となり、100万円以内であることから、地方自治法第180条第1項の規定により、平成30年11月7日、損害賠償額の決定を専決処分いたしました。  以上で報告を終わります。よろしくお願いいたします。 ○議長(井戸清司 君)この際、申し上げます。 もっと読む
2018-11-30 伊東市議会 平成30年12月 定例会-11月30日-01号 我々議員の感覚からすると、予算額については、その後の売買交渉等によって、決算段階で減額されることは珍しいことではなく、当局担当部署が不動産鑑定評価額をもとに補正予算額を2億1,000万円と積算したことを不自然とは思いませんが、森被告は、この予算額と合意額の差額が賄賂であると直感的かつ即座に理解し、いつもこんなずるいことをやっているのかとの感想を持つわけですから、これは一般人の常識とは少々異なる感覚だと もっと読む
2018-11-29 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月29日−02号 ただ、現在まだ人が住んでいるところが残っているという形になるものですから、今、移転について地道に交渉をしているという状態でありまして、平成32年度の解体を目指して、今、事業を行っているというところであります。  以上です。 ○議長(天野佐代里君) 質問者、小澤さん。 ◆11番(小澤五月江君) 大変失礼いたしました。 もっと読む
2018-11-28 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月28日−03号 また、三ツ谷工業団地は比較的市街地に近いことから、雇用の確保が容易であることや、東駿河湾環状道路を軸とした交通アクセスのよさ、さらには新幹線三島駅を抱えているなど、ほかの工業団地にはない優位性があり、これらの利点を生かした中での誘致交渉を行い、4社の立地が決定していることから、分譲単価に対する影響は少ないものと考えております。 ◆3番(大房正治君) 私の1つの疑問が解けました。 もっと読む
2018-11-27 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-11月27日−01号 賠償額が高額なため、本来は議決後に和解すべき案件ではありますが、社屋の損傷により操業に支障ができたことから、交渉の中で早急に和解することが望ましいと判断し、専決処分をさせていただいたものでございます。  なお、損害賠償金につきましては全国市長会市民総合賠償補償保険から全額補償されます。  以上、よろしくお願いいたします。     もっと読む