運営者 Bitlet 姉妹サービス
6022件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 富士市議会 平成30年11月 定例会−12月13日-06号 また、精神障害者を対象とした相談支援事業所はもう1カ所あり、運営主体を同じくする精神科病院と連携しながら、在宅で生活する精神障害者への手厚い支援や、退院促進事業に携わっていただいており、昨年度の相談件数は3725件でありました。   もっと読む
2018-12-13 伊東市議会 平成30年12月 定例会−12月13日-04号 地域子育て支援拠点整備事業費補助金の減額理由を問う質疑があり、当局から、伊東ショッピングプラザデュオ内の子育て支援センター開設に当たり、当初は運営事業者が施設改修を行い、市が改修経費を補助する計画であったが、国の通達により、社会福祉法人が運営事業者となる場合には、当該法人が施設を所有している、または地方公共団体から貸与されている、もしくは使用許可を受けていることと定められていることから、市が主体となって もっと読む
2018-12-12 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第3号12月12日) 1つは、「がんについて正しく理解することができるようにする」、もう1つは、「健康と命の大切さについて、主体的に考えることができるようにする」です。  がん教育の実施に当たっては、がん教育が健康教育の一環として行われることから、保健体育科を中心に、学校の実情に応じて教育活動の全体を通じて行われることとなります。 もっと読む
2018-12-12 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月12日-05号 次に、特定健診と肺がん検診の同時受診は可能かについてでありますが、特定健診は医療保険者が実施主体として40歳以上の被保険者を対象に実施しておりますが、肺がん検診は市が実施主体として35歳以上の市民を対象に実施しております。このため、実施を委託する医療機関との契約や会場での受診者の誘導など、同時実施の課題があります。 もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) 今後の方向性として、市町村が無償化給付の実施主体として、対象施設の把握、保護者への償還払いの手続、給付に必要な範囲での施設への関与等について、事務負担に十分配慮しつつ検討していく方向を示しております。  市といたしましては、国の動向を踏まえながら、県とも情報連携し、認可外保育施設への無償化の対応を検討してまいります。  以上でございます。 ○議長(勝間田幹也君)  10番 高木理文議員。 もっと読む
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 次に、今後、開催希望のある地区は地区まちづくり協議会が主体となり、子ども食堂をまちづくりセンターで開催したらいかがかについてでありますが、子ども食堂の開催について、地区まちづくり協議会が主体となり、実施するかどうかにつきましては地区まちづくり協議会の判断によることとなります。 もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 したがいまして、条例の理念を根づかせるため、モチベーションや効果の面から、各主体の自発的な活動が大切であるという認識を持ち、施策の推進及び今後に向けての制度づくりに取り組んでいるところであります。 もっと読む
2018-12-07 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月07日-02号 委員から、富士山フロント工業団地第2期整備事業は、静岡県企業局を施工主体として事業を進めるとのことだが、事業スケジュールはどのようになっているのか。また、特別会計にすることで歳入歳出を明確にするとのことだが、財源はどのようになっているのかとの質疑に対し、当局より、事業スケジュールは、平成31年度に静岡県企業局が実施設計及び用地買収を行い、市は立地企業を募集します。 もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 ◎危機管理監(中村克巳君) 自家発電設備と水の確保についてですが、地域の避難所では、自主防災会の防災資機材として補助制度を活用し、投光器の使用を主体とした発電機の整備率は97%です。飲料水についても、浄水器は37%が整備し、飲料水は39%が備蓄を進めています。また、自主防災会の中には、独自にトイレ用の水として、地域の井戸を調査している地区もあります。 もっと読む
2018-12-06 静岡市議会 平成30年 都市建設委員会 本文 2018-12-06 城濠の水面、文化財である石垣、また、緑が醸し出す城の歴史が感じられるこの場所に、地域の皆さんが主体となってにぎわいの空間をつくっていこうというものです。  したがいまして、景観への配慮につきましては、駿府城公園周辺地区景観計画重点地区になっております。また、現在検討が進められております御幸通りの景観形成にも配慮しております。 もっと読む
2018-12-05 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月05日-02号 SDGsは、経済・社会・環境の 3つの側面において、今後の人類や地球にとって極めて重要な目標が示されており、あらゆる主体がともに取り組んでいく必要があると認識をしております。  また、掛川市の第二次総合計画は、経済・社会・環境面における持続可能なまちづくりを目指して策定していることから、多くの施策がこのSDGsと方向性を共有できているものと考えております。 もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 その課題解決には、国や県の考え方によらないで、そのまちの主体的な取り組みが重要になってきました。自治体は市民自治に立った社会の変化に多様に対応できることがますます重要になっていくと考えられます。自治基本条例を地域住民と行政との協働で整備していく検討について、お伺いしたいというふうに思います。   もっと読む
2018-12-04 伊東市議会 平成30年12月 定例会-12月04日-03号 そうすると、この条例のそもそもの今回の提案というのは、佃前市長の土地取引をめぐる贈収賄事件を契機としていることは明らかなわけですから、本市で起きたことを深く反省し、今後に生かしていこうという趣旨であるのであれば、こういったら何ですけれども、どこの自治体でもあるような一般的な倫理条例みたいなものとして、不正を起こさないという市長等の主体性、自立性に委ねてしまうのでは十分とはちょっと思えないというところで もっと読む
2018-12-03 伊東市議会 平成30年12月 定例会-12月03日-02号 今後につきましては、災害が起きても在宅生活が継続できるよう日常からの備えを促すとともに、県及び市の避難所運営マニュアルを活用し、地域や避難所利用者が主体となり、安全・安心な避難所運営が行えますよう自主防災会等への周知を図ってまいります。   もっと読む
2018-12-03 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−04号 DMOは、観光地域づくりのために観光事業者、商工事業者を初めとして、さまざまな主体の方がかかわりあってマーケティングやマネジメントを行っていくことであります。伊豆の国市版DMOは、ふるさと博覧会などを通じてさまざまな体験をする機会を市民及び観光客に提供することにより地域資源をもっとよく知っていただき、観光地域づくりに結びつける取り組みのことであると考えております。   もっと読む
2018-11-30 伊東市議会 平成30年12月 定例会-11月30日-01号 高齢化率は自治体によって地域差があるので、地域包括ケアシステムは地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じてつくり上げていくことが必要だということですが、伊東市の地域包括ケアシステムがしっかり構築され、継続していけることを願い、以下3点の現状と今後の見通しをお伺いいたします。   もっと読む
2018-11-30 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月30日−05号 そのように、税金をどう使うか、また、そのもとになる生活困窮者、生活保護受給者の生活実態をつぶさに正確につかんで、何が今必要か、どういう援助が必要かということを課自身が主体的に考えて、そして対応する、そうした姿勢を求めたいと思いますが、見解を伺います。 もっと読む
2018-11-29 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月29日−02号 また、江川文庫の収蔵施設、この建設事業につきましては、事業主体が広域財団法人江川文庫になりますが、国の重要文化財(美術工芸品・民俗文化財)保存活用整備事業、これの対象となるというふうなことで、補助率は70%というふうなことでございます。  全て国の補助金が活用できるということではございませんが、できる限りの国の補助をいただいて進めていきたいと、こういうふうに考えております。  以上でございます。 もっと読む
2018-11-29 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月29日−04号 教育委員会では三島税務署が主体となり、各団体の租税教育の協力をいただいていると思います。取り組みについてお伺いをいたします。 ◎教育長(西島玉枝君) 三島市の租税教育の各校の取り組み状況についてお答えをいたします。  市内小・中学校におきましては、租税教育の取り組みの一つとして租税教室を行っております。今年度は19校で開催する予定でございます。 もっと読む
2018-11-28 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月28日−01号 今回は、商工会の主催する伊豆の国バルと同時開催として、市内のにぎわいをつくり出すとともに、事業者やグループなど、市民が主体となって市の魅力を生かしたプログラムを提供しました。10月1日には、小坂みかん共同農園のみかん狩り園がオープンを迎え、10月14日は温泉まんじゅう祭が開催され、約800人の来場者でにぎわいました。 もっと読む