207件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御前崎市議会 2020-11-25 11月25日-01号

△発議第1号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(杉浦謙二君) 日程第14、発議第1号『中央新幹線建設における大井川水系の水資源の保全に関する意見書について』を議題とします。 議案の朗読、議会事務局長。          〔事務局長朗読〕 ○議長(杉浦謙二君) 提案理由の説明を求めます。 16番、阿南澄男議員。          

島田市議会 2020-03-09 令和2年2月定例会−03月09日-05号

リニア中央新幹線工事(以下「リニア工事」)に伴う静岡工区は2017年にゼネコンとの間で契約が結ばれ、2026年11月の完成予定とされている。それによる大井川の水資源が大量に失われることが懸念され、静岡県はJR東海(以下「JR」)に待ったをかけ、それにより工事着工のめどは立たず、課題対応への見極めは正念場を迎えている。そこで、質問をいたします。  

磐田市議会 2020-03-02 03月02日-03号

次に、リニア工事に伴う磐田市への影響についてですが、水系が異なることから本市は県が設置した中央新幹線環境保全連絡会議には参加しておりませんが、県の担当部署から情報提供を受けるなど、今後も議論を注視していきたいと考えます。 次の、中1ギャップへの対応については後ほど教育長から回答いたします。 

藤枝市議会 2020-02-28 令和 2年 2月定例会−02月28日-02号

国全体の人口減少が進む中で、超高齢社会の進展や、日進月歩で変革するICT、デジタル社会、またリニア中央新幹線による巨大経済圏の誕生など、今後本市を取り巻く環境は大きく変化してまいります。  こうした時代にあっても、本市が夢と希望を持つことができるまちとして将来にわたって発展していくためには、明るい未来の根幹となります大きな成長戦略が必要であります。

島田市議会 2020-02-26 令和2年2月定例会−02月26日-02号

また、リニア中央新幹線トンネル工事大井川水系に与える影響が大きな課題となっています。リニア中央新幹線は、日本経済発展の起爆剤として立ち上がった国家プロジェクトです。その整備を願う声と、私たちの生活や経済活動の根源である大井川の水の恵みを後世につなぐ、この私たちの思いを両立させなければなりません。  市域の真ん中を大井川が貫く島田市は、大井川の地元中の地元であります。

島田市議会 2020-02-25 令和2年2月25日議会運営委員会-02月25日-01号

また、行政総務課を通しまして、リニア中央新幹線に関係しております戦略推進課のほうにもお声かけをさせていただきたいと思っておりますので、この点についても御了承願いたいと思います。  以上です。 ○委員長(藤本善男) 4月21日にリニア実験線の工事見学をするということで日程が決まったとの報告がございました。

藤枝市議会 2020-02-19 令和 2年 2月定例会−02月19日-01号

1つ目は、高齢者人口がピークを迎える2040年頃を見据えた超高齢社会への対応、2つ目は、私どもの暮らしに変革をもたらすICT、デジタル社会への対応、3つ目は、大規模災害に対する適切な備えと防災減災への対応、そして4つ目は、リニア中央新幹線の開通により誕生する巨大経済圏への対応と、今後の10年、20年を見据えた持続力ある都市づくりに向け、この4つの礎を確実に築いていかなければなりません。  

静岡市議会 2020-02-17 令和2年 総務委員会 本文 2020-02-17

陳情内容ですけれども、SDGsの和訳を「持続可能な開発目標」から「持続再生可能な開発目標」ということで、再生という言葉を加えていただきたいということ、もう1点は、リニア中央新幹線の問題で井川方面への道路をJRが整備するということについて契約をしたということで、まだ本体工事トンネル工事が決定していない時点で、こちらを契約されたということを、私は先走りというんですかね。

島田市議会 2020-02-14 令和2年2月14日議会運営委員会-02月14日-01号

さて、去る1月27日に、県内の商工会議所関係者の皆様がリニア中央新幹線に係る説明会を開催されました。その折に、JR東海株式会社より提出されました資料を、島田商工会議所様より入手いたしました。このリニア問題につきましては、昨年の9月定例会におきまして、全会一致にて当議会として国・県に意見書を提出しておりますので、今後も全議員共通認識のもと取り組んでいきたいと考え、資料配付をいたします。  

島田市議会 2019-12-20 令和元年11月定例会−12月20日-資料

議案第94号│島田市職員給与に関する条例の一部を改正する│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│ │     │条例について                │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ ├─────┼──────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤ │諮問第7号│中央新幹線建設

掛川市議会 2019-12-20 令和 元年第 5回定例会(11月)−12月20日-05号

静岡県の難波副知事からリニア中央新幹線建設に係る大井川水問題の現状と県の対応について基調講演をいただいた後、さまざまな水利用者の参加によるパネルディスカッションが行われました。パネリストからは、新東名建設において粟ヶ岳の地下水が枯渇した事実などの発言があり、改めて大井川の水は生活や産業の場において欠かすことのできない命の水であることが強調をされました。  

島田市議会 2019-12-02 令和元年11月定例会-12月02日-02号

1.リニア中央新幹線工事について  リニア中央新幹線工事に伴う自然環境に対する影響や大井川の減水問題に関して、水利用団体関係市町とともに同一歩調をとりながら、JR東海に対して強く抗議行動を行っていることに感謝を申し上げたいと思います。当市議会としても同じ考えのもとに取り組んでいきたいと考えます。  

掛川市議会 2019-11-20 令和 元年第 5回定例会(11月)−11月20日-01号

地理的に大きな河川がなく、昔から水に大変苦労してきた掛川市では、現在、生活用水の約 9割、農業工業用水もその多くを大井川の水に頼っており、リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少は、市民生活、産業などの根幹にかかわる問題となっております。  このことから、市民の皆様に改めて掛川の水の現状やリニア建設に係る大井川の水問題について考えてもらうシンポジウムを開催することといたしました。  

島田市議会 2019-11-15 令和元年11月15日議員連絡会−11月15日-01号

また、リニア中央新幹線建設工事については、建設工事に伴う大井川の流量減少の予測の対策に不安を感じていると回答した人の割合は増加しており、6割を超えたとの報告がありました。  次に、2件目として、平成30年度島田市めざそう値実施値から見る第2次島田市総合計画前期基本計画の進捗状況の評価について報告がありました。

静岡市議会 2019-10-07 令和元年 都市建設委員会 本文 2019-10-07

1322番の道路河川占用許可事務土木管理課ですが、2018年度にリニア中央新幹線工事において、静岡市が管理する河川工事との関係においていろんな形で協議もされているんじゃないかと思うんですけれども、その現状、それから今後、本体工事のときにも河川管理権というか皆さんの権限のところで判断していかなければいけないところがあると思うんですけれども、その辺はどんなふうに考えているのか、お伺いします。

静岡市議会 2019-10-07 令和元年 都市建設委員会 名簿 2019-10-07

   土木管理課長              石 亀 弘 光 君    河川課長                牧 野 統 夫 君    土木事務所長              鷺 坂 徳 寿 君    道路部長                海 野   強 君    道路整備調整担当部長          向 坂   浩 君    参与道路計画課長           塚 田 俊 明 君    中央新幹線関連道路担当課長

藤枝市議会 2019-10-03 令和 元年 9月定例会−10月03日-05号

令和元年10月3日                                 静岡県藤枝市議会 内閣総理大臣殿 国土交通大臣殿 経済産業大臣殿 総務大臣殿 国家公安委員長殿      中央新幹線建設における大井川水系の水資源の保全に関する意見書  リニア中央新幹線建設に伴う大井川の流量減少に関して、昨年10月にJR東海は、「原則としてトンネル湧水の全量を大井川に流す措置の実施」を表明し