運営者 Bitlet 姉妹サービス
1382件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-28 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月28日-03号 ネグレクトは、登校や愛着障害などを子供に生じさせることが極めて多く、加えて次の世代で同じ生活を繰り返す、負の世代間連鎖が生まれるということで社会問題となっております。   もっと読む
2019-02-27 藤枝市議会 平成31年 2月定例会-02月27日-02号 ネグレクトは、登校や愛着障害などの問題を子供に生じさせることが極めて多く、加えて次の世代でも同じ生活を繰り返す、いわゆる負の世代間連鎖を生む社会問題でもありますことから、未来ある大切な子供たちを守るために、絶対に看過できないものと強く考えております。   もっと読む
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 登校児童生徒の救済のためのフリースクールに公的支援をという要望に対しても、制度の壁が大きく立ちはだかっています。地方分権が叫ばれて20年、住民の不便を知りながらも、制度変更自体に尻込みする地方自治体も多いというのが地方分権改革の現実の姿です。  今回、初めて、富士市もこの制度を利用し、地方分権への第一歩を踏み出しました。 もっと読む
2018-12-10 藤枝市議会 平成30年11月定例会-12月10日-04号 いわゆるネグレクトなどの虐待では、登校などの問題と同時に子供が親からの虐待が続く生活を当然のものとして、自分自身が親になったときに再び子供を虐待してしまうという、いわゆる世代間連鎖の深刻な問題がございまして、これを断ち切るには、子供に普通の生活を経験させることが極めて重要となります。   もっと読む
2018-12-07 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月07日-02号 将来的には、先ほども言いましたけれども、災害の通報ですとか、大雨のときの溢水の通報ですとか、こういうものにも使えるようになるし、例えば6月議会で萩野議員が言っていましたけれども、いじめ相談とか、登校の相談とか、こういうものにも使える仕組みになるんだそうです。 もっと読む
2018-12-07 藤枝市議会 平成30年11月定例会-12月07日-03号 標題1、いじめ・登校問題については、2年前にも同じ切り口で質問させていただきましたが、2年間の間にいろんなことが起こっております。全国でも、そして藤枝市でも。そんなことで、ただいまから標題1、いじめ・登校問題の質問をさせていただきます。   もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 いろいろな今世の中いじめの問題とか登校問題からございます。そういった中にはやはり自己肯定感をしっかり持たせていかなければいけないということがございますので、そういったことはしっかり教育委員会でも捉えていきたいと思いますし、今御意見としていただくことをまた参考に検討したいと思います。  以上です。 ○副議長(榛葉正樹君)  7番、勝川志保子さん。 もっと読む
2018-12-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月06日−04号 国が教員の授業負担をふやしたことや、1990年前後から登校の増加やいじめ問題、子育てへの負担が深まり、保護者とのかかわりも複雑さを増すなど、学校の抱える課題がふえています。さらに、全国学力テストや、教員免許更新制など、多くの施策に基づく業務が、大きな負担となっていると思います。  2点目の質問です。 もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 中項目の(2)いじめ、登校対策について伺います。文部科学省が平成30年10月、平成29年度の小中高校、特別支援学校のいじめや暴力行為、登校児童生徒数を公表しました。小学校でのいじめの認知件数は初めて30万件を超えました。中高、特別支援学校も合わせると41万件以上になります。 もっと読む
2018-11-30 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−03号 ◎教育部長(山本昭彦君) 議員がおっしゃるとおり、中学のほうで勉強がおくれ、それによって登校になりやすくなるという方程式のほうは容易に判断できるところであります。このおっしゃるとおりの授業の補足する、言い方は悪いですけれども、補習授業と言ったらいいんでしょうか、わかりやすいんでしょうか。このような形で、そう進めるのには、やはり、現在の教員が実施するというのは大きな負担となっております。   もっと読む
2018-11-29 伊豆の国市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月29日−02号 今、教育長から答弁ありました県教委の(1)の調査に対してですけれども、小学校の153室と、あと市立幼稚園の9室をということで回答を出したということなんですけれども、実は、中学校は今、普通教室は設置されているんですが、聞いたところによりますと、登校ですとか教室に入れない子、そういう子が入る部屋、相談室というんですか、そういう部屋については設置されていないということがあるというふうに聞いていますが、その もっと読む
2018-11-27 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月27日−02号 小学校、中学校においても、言語が多少わかっても授業に全くついていけないのでは、登校やその後の高校進学においても、その子どもたちのこれからの長い人生の中のつまずきの原因になってしまうことも十分考えられます。   もっと読む
2018-11-26 藤枝市議会 平成30年11月定例会−11月26日-目次 〇出席した事務局職員 ……………………………………………………………………107                 会     議 〇開議 ………………………………………………………………………………………108 〇日程第1 一般質問 ……………………………………………………………………108   1. 22番(池 田   博 議員) …………………………………………108    (1) いじめ・登校問題 もっと読む
2018-10-11 富士市議会 平成30年 9月 定例会-10月11日-06号 昨年度、スクールソーシャルワーカーは、学校から延べ1122回の相談を受けており、中でも家庭環境の問題が303回と最も多く、次いで登校の問題148回、発達障害に関する問題112回、被虐待の問題110回、貧困の問題91回等となっております。このようにスクールソーシャルワーカーが受ける相談は非常に多く、多岐にわたっております。 もっと読む
2018-10-10 富士市議会 平成30年 9月 定例会-10月10日-05号 次に、登校の児童生徒が通う民間のフリースクールへの支援についてですが、富士市内にも登校の支援をしている民間のフリースクールや居場所があります。幾つかの居場所について教育長が認識され、内容についてもある程度把握されていることはうれしく思います。 もっと読む
2018-09-28 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−06号 次に、教育推進部では、通級指導教室の支援員の配置状況に関する質疑、学校家庭地域連絡協力推進事業のみしま寺子屋事業の内容と状況に関する質疑、理科教育、ICT教育の重要性を踏まえた取り組みや今後の考えに関する質疑などのほか、登校対策事業について、登校の人数や推移、ふれあい教室に通われている人数、また、ふれあい教室の会場を増やす可能性やスクールソーシャルワーカーの相談状況はどうかとの質疑に対し、平成29 もっと読む
2018-09-26 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 予算決算委員会民生教育分科会-09月26日−01号 いじめや登校に対する教育相談体制推進事業についてお伺いします。  具体的な相談内容と、どのような対応をとったのか。少し具体的にお伺いできればと思います。 ◎学校教育課長(小澤一則君) 今の御質問の中で、相談件数というふうなことで、いじめに限ったということではなくてよろしいでしょうか。 もっと読む
2018-09-25 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月25日−04号 夏休み明けに子どもの自殺や登校が増えるという、昔はなかった話を耳にします。難しい問題であると思います。私の娘が夏休みの最終日に宿題に終われ、やっと終わって登校した次の日から期末テストが始まりました。大変苦労している姿を半分笑いながら見ていました。 もっと読む
2018-09-21 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月21日−03号 併せて、この時期から登校になるとも言われておりますので、現状及び対策等についてお伺いをいたします。 ◎教育長(西島玉枝君) 議員御指摘のとおり、18歳以下の自殺者は8月下旬から9月上旬等の学校の長期休業明けにかけて急増する傾向があると、自殺対策白書の資料でも指摘されております。 もっと読む
2018-09-19 掛川市議会 平成30年第 3回定例会( 9月)−09月19日-03号 また、小学生が登校になる要因は、文部科学省の調査を参考にしますと、本人に起因するものを除くと、親子関係、特に父親との関係が登校になる要因という結果が出ております。  さらに家族愛の醸成は、出生率の向上にも寄与するかと思います。  このように家族愛をどのように深めるか。世の中が豊かになる一方、スマートフォンが普及し、家族、御近所さんとの関係が希薄になってきております。 もっと読む