1605件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

裾野市議会 2020-10-08 10月08日-委員長報告・討論・採決-09号

健康福祉部関係で、生活困窮者自立に向けての他課との連携、子ども医療費等不用理由等質疑答弁がなされました。  産業建設分科会では、建設部関係で、通学路点検と結果に対する対応狭隘道路拡張整備補助金活用状況等質疑答弁がなされました。  産業部では、屋上緑化推進事業、3世代同居支援事業推進状況等質疑答弁がなされました。  

島田市議会 2020-09-16 令和2年9月16日予算・決算特別委員会経済建設分科会−09月16日-01号

ただ、令和年度でいいますと1,500万円の予算をいただいていまして、できれば効果的に、予算額いっぱいに使えればいいのですが、どうしてもここが残額不用をつくってしまうというのが現実でございます。  と申しますのも、補助金申請段階で、例えば昨年ですと、3,400万円弱ぐらいの事業費申請が出てきています。

袋井市議会 2020-09-15 令和2年民生文教委員会 本文 開催日:2020-09-15

94 ◯高橋委員長 私からは、附属資料13ページ、歳出5款の保健事業費不用で2,000万円余が出ているわけですけれども、これ、特定健康審査等事業費と、今言った保険事業費の両方でそういう額なんですけれども、特定健康審査なんですけれども、袋井市は、以前には県下トップだったということで、非常にいいところもあったんですが、現在、たしか4位だったかな、それぐらいということで

島田市議会 2020-09-15 令和2年9月15日予算・決算特別委員会厚生教育分科会−09月15日-01号

委員河村晴夫) 決算書の180ページなのですけども、その中の給食費の中の11番の需用費なのですが、不用として4,000万円出ているのですけども、この不用というのはさっきの質問のときあったのですが、予算に対しての実績がこれだけ下がったということなのか、対応したのだけども要らなくなったというと、予算の組み立てが甘いということになってしまうのですけど、これは問題ないのですか、取りあえず。

島田市議会 2020-09-15 令和2年9月15日厚生教育常任委員会−09月15日-01号

健康づくり課長宮地正枝) 当初予算では3人の臨時職員看護師臨時職員について予算を計上しておりましたが、退職等により不用が生じたものとなっております。  以上です。 ○委員長伊藤孝) 河村委員。 ◆委員河村晴夫) 育休と退職ということなのですけれども、訪問看護をやるに当たって、この人がいなくなる部分についての代替はどういった形の対応をしたのでしょうか。

袋井市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第5号) 本文

次に、袋井一般会計決算に関し、歳出不用が12億5,000万円余、また、歳入歳出差引き残額が13億3,000万円余となっている。財政担当課長として、これをどう判断するのかとの質問がありました。  これに対し、予算は不足してはいけないということから、若干の余裕を持って計上しているため、ある程度の不用が生ずるのはやむを得ないと考えている。

富士宮市議会 2020-07-07 07月07日-04号

このような状況下であることから、全体の不用の把握はしておりませんが、来る9月定例会に提案する補正予算の編成時には、各事業執行状況不用などを精査し、その要因を明確に区分した上で、不要な予算については少額のもの、いわゆる決算上の不用ですが、これらを除き減額したいと考えております。 次に、要旨(2)の④、第2波に備えての財政確保についてお答えいたします。

島田市議会 2020-06-18 令和2年6月18日総務生活常任委員会-06月18日-01号

なお、今回増額しようとしている額については、令和年度決算では不用として扱われているもので、実質的な負担増になるものではないということを申し添えます。  補足説明は以上となります。 ○委員長杉野直樹) 補足説明が終わりました。  では、委員の皆さん、質疑等ありましたらお願いします。  桜井委員。 ◆委員桜井洋子) 歳出総務費市民相談費についてお伺いします。  

袋井市議会 2020-06-16 令和2年民生文教委員会 本文 開催日:2020-06-16

ただ、1件10万円を超えるものになりますと、備品ということになってきますので、もしそういったものが購入の必要が出てくれば、科目間での流用というのは必要になるかと思いますが、50万円を全て使い切らないといけないかという、若干、不用が残るというのは構わないかと思うんですが、使い切った場合は50万円上限と、頭打ちということになりますので、そのようなことになっております。

伊豆の国市議会 2020-03-13 03月13日-07号

10款1項の教育総務費、2目の事務局費につきましては、小・中学校の臨時休校に伴い学習生活支援員の3月分の配置がなくなったことから、賃金の不用を減額をするものでございます。 なお、臨時休校代替措置として放課後児童教室の開所時間を繰り上げて対応しておりますが、指導員の増員に当たっては、これら学習生活支援員の方々にご協力をいただいて人員の確保をしているところでございます。