65件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2019-12-04 令和元年11月定例会−12月04日-04号

あと、第2段階が警戒管制レーダーによる探知・識別・追尾。そして第3段階が自動警戒管制システム通称JADGEと呼ばれているのですが、これによる連携。そして、迎撃段階の4段階で、イージス艦からの上層での迎撃と、PAC3による下層部落達直前での迎撃、この5段階のシステムがあります。  以上です。 ○議長(村田千鶴子議員) 杉野議員

三島市議会 2018-09-21 09月21日-03号

さらに、発掘調査の前にレーダー探査で後円部や埋葬施設の調査を実施してはどうかなどの御指摘をいただきましたので、今年度、草木の少ない冬の時期にレーダー探査を実施する予定でございます。 以上でございます。 ◆18番(杉澤正人君) 地道な努力が必要な現場であると思いますが、今回の山中城の整備と同様、必ずその成果が高く評価される日が来ると思いますので、ぜひ着実に進めていっていただきたいと思います。 

富士宮市議会 2018-09-14 09月14日-03号

私もそっちへ行こうかと言うと、いや、電話で間に合いますからいいですとかということでもってなかなか行かなくてもいいというふうなことで市役所のほうへは行きませんけれども、情報の中で気象庁レーダーによる雨雲の様子が映されるのです。あと気象庁もその雲の状態によって予測することであって、この間も富士宮市でもって時間当たり120ミリとかなんとかという話出ましたね。そんなとても雨なんて降っていない。

長泉町議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-09-06

サイポスレーダーや雨雲レーダー等で複数で確認するような状況です。町のフェイスブックを見ても、台風情報はありませんでした。  ニュースでは静岡県東部に竜巻注意情報が発表されたことや、関西方面での車や看板が飛ばされる映像が繰り返し放送されていました。今回、南部地区センターへ雨量計の設置を求めるものですが、町の気象観測システム全体の見直しが必要ではと考えます。(仮称)防災センターも完成間近です。

御殿場市議会 2018-06-14 平成30年 6月定例会(第2号 6月14日)

また、当局は21項目の質疑事項について質疑を行ったようですが、その中で新たにCV22オスプレイに追加されます機能、地形追随装置や、夜間飛行能力の強化、電子妨害機能、そしてレーダー探知機能、こうしたものについても具体的な説明を求めております。明らかにされたのかお伺いします。  

御殿場市議会 2018-03-06 平成30年 3月定例会(第4号 3月 6日)

JAXAは本市から用地を無償で借り受け、現在の地球観測技術衛星だいち2号の運用及び次期の先進レーダー衛星であるALOS-4の運用・開発のための校正検証を行います。だいち2号に搭載している地球観測のためのレーダーは、Lバンド合成開口レーダーということで、電波を送受信して、高解像度の画像を得ることができます。

御前崎市議会 2017-12-08 12月08日-03号

ですけれども、私自身は、多くの方もそれを感じていると思いますけれども、自衛隊だって御前崎のレーダー基地があるわけですから、ああいうところを利用してそういう展示をしたり体験をさせれば、それで十分であるだろうし、消防車だってこの近くにもあるのだから、そういう体験をそういうところでもやればいいと思います。

富士市議会 2017-06-26 平成29年 6月 定例会-06月26日-03号

この中で、「豪雨から社会を守る――自治体の責務」という講義の中で、中央大学工学部都市環境学科山田正教授のお話で――この方はXバンドレーダーとかCバンドレーダーを利用して線状降水帯の存在を指摘されて、10分後、20分後、また1時間後、2時間後にどの地域集中豪雨があるか、今いろんなインターネットで見られるようにできるシステムがありますが、それを開発された方です。

静岡市議会 2017-02-03 平成29年2月定例会(第3日目) 本文

このため、本市では、道路の陥没による突発的な事故や被害を未然に防ぐため、道路パトロールによる路面のくぼみなどの目視確認に加え、道路の地中に空洞があるのかをレーダー探査車により確認する路面下空洞調査を実施しております。  調査対象としましては、災害時の救援活動、物資輸送に重要な緊急輸送路や、それを補完する幹線道路及び交通利用の多い路線などを優先的に実施しております。  

富士市議会 2016-12-07 平成28年11月 定例会-12月07日-03号

この調査では、平成24年度に掘削を伴わない地中レーダー探査、電磁探査及び高密度電気探査の物理探査調査を行い、一般廃棄物の分布する可能性の高い箇所が存在することを確認しております。埋設量につきましては記録がないため不明であり、内容物につきましては一般家庭のごみや燃え殻を埋め立てたものであります。埋設時期につきましては、昭和47年10月ごろから昭和48年9月ごろにかけて行われたものであります。

磐田市議会 2016-03-04 03月04日-03号

次に、気象予報士等気象防災アナリストのバックアップ体制構築の考えについてですが、雨量予測や雨雲レーダーなどにより以前に比べると気象状況を把握しやすい環境にはございます。しかし、議員御指摘のとおり、気象情報の読み取りや避難勧告等の発令判断は難しい面がございますので、高度な知識や経験を有する気象防災アナリストなどの活用につきましても、今後、検討してまいります。 

富士市議会 2015-12-07 平成27年11月 定例会-12月07日-03号

道路の陥没は事前に予測することが難しいため、発生場所や規模によっては重大な事故につながる場合がありますので、これまで行っている路上からの目視点検だけでなく、地下の状況をレーダーなどによる調査手法で空洞を早期に発見し、事前に対処することが重要であると考えております。  

磐田市議会 2015-12-07 12月07日-03号

ただし、レーダーで見ますと、同じ地域の中でも物すごく雲の濃淡がありますので、この辺が難しいとこだなとも一方で思っております。 それから、8点目のコンビニ受診については、若い人たち、これは私いつも思うんですけども、この質問いただいたときにすぐ思い出したのが、選挙の投票が6時から8時になったときを思い出しました。サービスをどんどん向上するのはいいことだと思います。

御前崎市議会 2015-06-15 06月15日-02号

これは静岡新聞の3月版、ことしのものでございますが、「県、洋上風力発電を断念」、これは御前崎の港の沖に洋上風力発電を計画していたのですが、それを断念いたしましたという記事になりますが、航空自衛隊レーダーの支障にということです。「県は3日までに御前崎港沖で計画していた洋上風力発電の導入を事実上、断念することを決めた。

島田市議会 2014-12-18 平成26年第4回定例会−12月18日-05号

島田実験所はマイクロ波レーダー技術を応用して飛来するB−29を撃墜する研究の実験を試みる目的で設置され、実際に研究や実験を行っていた施設である。この実験所には後にノーベル賞を受賞された湯川秀樹博士が訪れたり、朝永振一郎博士を初めとした日本科学史に多大な影響を与えた一流の科学者たちも研究をしたりしていた。  

島田市議会 2014-12-09 平成26年12月9日厚生教育常任委員会−12月09日-02号

まず、島田実験所は、マイクロ波レーダー技術を応用して飛来するB29を撃墜する研究の実験を試みる目的で設置され、実際に研究や実験を行っていた施設です。また、この実験所には、後にノーベル賞を受賞された湯川秀樹博士が訪れたり、朝永振一郎博士を初めとした日本科学史に多大な影響を与えた一流の科学者たちが研究をしたりしていました。