運営者 Bitlet 姉妹サービス
235件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 一方で、同じ期間に人口が大きく増加した国籍は、ベトナムが38人から519人へ、1266%の増加、スリランカが17人から130人へ、665%の増加、タイが44人から171人へ、289%の増加などとなっております。   もっと読む
2018-12-04 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−02号 次に、多文化共生社会の推進のうち、多文化共生施策の現状と課題、充実についてですが、現状はフィリピンやベトナムからの転入者がふえていることで、多言語対応が課題となっております。そのため、外国人情報窓口で多言語通訳の充実を図ってるところでございます。  次の初期支援教室(NIJI)については、後ほど教育長から回答をいたします。   もっと読む
2018-11-02 焼津市議会 平成30年11月定例会(第2日) 本文 (イ)平成28年8月から開始された焼津新港環境第8地区ふぃしゅーな多目的広場の多目的砂広場はビーチバレーコート4面、ビーチサッカーコート1面分のさらさらな白い砂が敷き詰めてあり、ベトナムから運んだ砂ということで夏でも熱くならず、素足で歩けるとのことで9月にはビーチフェスも開催されたということです。イベントが開催されていないときは子どもたちもこの砂場で遊んで楽しんでいるというお話も聞きました。   もっと読む
2018-09-27 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 予算決算委員会総務分科会-09月27日−01号 そういう部分において、例えば形式的な文章だと、それについては少し意欲がないねというような形をとらせてもらって、できるだけ海外に行きたい、ベトナムへ行きたい。そういう意欲のある方を選んでいるというような状況です。  以上です。 ◆委員(芦川和美君) その作文をした後、その後の審査方法とかあるんですか。そのまま、もう決定という形になるのか教えてください。 もっと読む
2018-09-14 三島市議会 平成30年  9月 総務委員会-09月14日−01号 そういう中で、この29年度の事業を通して、何か今後の国際交流に関しての見直しとかそういうような、事業全般をやった上での考え方とか、これからの見直しはどうなのかというのが少し疑問に思うところがあるものですからお聞きしたいんですけれども、例えば、今、三島にいる外国人で一番多いのが中国人、次がフィリピン人、次が韓国人、ブラジル、ベトナムと続くわけですが、今、三島市に住んでいる方に対しての事業としては、ポルトガル もっと読む
2018-09-05 伊豆の国市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−05号 著しく増加したのがベトナム人、次いでブラジル人となっております。  また、当市における平成29年度末の外国人の在留資格を見ますと、永住者が209人、技能実習者が115人、日本人の配偶者等が75人、定住者が49人、特別永住者が34人となっております。   もっと読む
2018-06-26 富士市議会 平成30年 6月 定例会-06月26日-04号 初めに、近年の外国人市民増加の状況についてのうち、近年増加している外国人市民について、その国籍、就労の業種や職種、市内で居住している地区などの動向をどのように把握しているかについてでありますが、住民基本台帳における本年5月1日までのおよそ3年間の国籍別の外国人の登録者数の増加は、多い順に、ベトナム420人、フィリピン149人、タイ82人、インドネシア79人などとなっております。 もっと読む
2018-06-19 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月19日−03号 磐田市においても、リーマンショック、東日本大震災から減り続けた在留外国人は、その後増加に転じ、ブラジルだけでなく、フィリピン、ベトナム等東南アジアの国々と多国籍化し、県内では浜松市に次ぐ人数ではありますが、増加の率では浜松市を上回っています。  ここで、少し調べました数値等を加えさせていただきます。   もっと読む
2018-03-22 浜松市議会 平成30年  3月 地方創生調査特別委員会-03月22日−01号 ◆酒井豊実委員 例えば同じ政令市の静岡市との関係も比較する必要があると思いますが、静岡市も同じように人口がふえたのは、ベトナム関係が多かったと新聞報道されました。  6ページの総括の3番目ですが、生活機能の集積が出生率向上に有効というくだりがあって、さらに7ページにはコンパクトシティもとなっているわけで、同じ内容かと私は思っています。 もっと読む
2018-03-13 浜松市議会 平成30年  3月 厚生保健委員会-03月13日−01号 ◎介護保険課長 EPAにより、インドネシア、フィリピン、ベトナムの3カ国から介護福祉士候補生として受け入れている事業者は本市内で6法人、延べ37人が従事している状況です。 ◆平野岳子委員 給与などの福利厚生は、事業者ごとにどのように扱われているのか実態は把握していますか。 ◎介護保険課長 介護職員の処遇については国の報酬で決まってきますので、日本人と同じ扱いになっていると思います。 もっと読む
2018-03-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  2月 予算決算委員会総務分科会-03月06日−01号 ◎秘書政策課長(加藤一哉君) 30年度については、29年度と同様にベトナムを考えております。具体的な予定については、今後詰めたいと思いますが、参考までに平成29年度につきましては、8月16日から8月20日までとなっておりまして、ベトナムのハノイとホーチミンを訪れています。途中で、ヤマハ発動機のベトナム工場の見学やツーズー病院平和村訪問、クチの地下トンネルの見学などを行っております。 もっと読む
2018-03-05 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  2月 予算決算委員会建設産業分科会-03月05日−01号 ◎産業政策課長(寺田耕士君) 実際に全ての企業に対して、要望を聞いたわけではありませんので、今月13日に、これは国をベトナムと限定はしてるんですが、人材関連企業のセミナーを行いますので、そちらのほうでまたどんな会社が出てくるのかなというのは確認していきます。  以上です。 ○委員長(岡實君) ほかに。−−山田委員。 もっと読む
2018-02-28 伊東市議会 平成30年 3月 定例会-02月28日-03号 あと、14日かな、ベトナムの旅行会社の方が来られたというので、さっきタイ語版をつくると言ったんですが、同時に、いわゆる外国語というんですか、多言語でのプロモーション、いわゆる国内外にPRをしていくという観点からどのようにお考えになっているのか、お聞かせください。 ◎観光経済部長(近持剛史 君)これまでのプロモーションビデオにつきましては、現在まで5本つくっております。 もっと読む
2018-01-17 静岡市議会 平成30年 人口減少対策特別委員会 本文 2018-01-17 また島委員がおっしゃったように、外国人がふえてきているということで、最近、ベトナム人が結構ふえてきている。やっぱり外国人材も足りない状況で人手不足も非常に大きな問題になってきている。 もっと読む
2017-12-05 掛川市議会 平成29年第 5回定例会(11月)−12月05日-02号 ◎市長(松井三郎君) ベトナムダナン市との交流についてでありますが、現在、掛川市内でも株式会社藤田鐡工所を初め 3社がベトナムに海外工場を設置して生産活動を行っています。  しかし、ベトナムとの交流を実施している日本国内の自治体の状況を見ますと、ほとんどが姉妹都市という交流形態ではなく、産業や貿易分野での協定や覚書などによる国際協力や国際貢献での友好交流となっています。   もっと読む
2017-10-05 富士市議会 平成29年 9月 定例会-10月05日-06号 現在、市内に58カ国籍にわたる外国人市民の方々が在住しており、ベトナム国籍の方々が増加していることを踏まえ、「広報ふじ」などを通じてベトナム語の通訳支援員を募集したところ、先日1人の方に登録していただくことができました。今後は、国籍別の住民登録者数の変化などを踏まえ、他の言語についても通訳支援員の募集をしてまいりたいと考えております。   もっと読む
2017-10-04 浜松市議会 平成29年 10月 環境経済委員会-10月04日−01号 タイやベトナムの方が見えられたり、もちろん中国、台湾、いろいろなところの方をお招きしながら、回っていただく中で農業の生産箇所へ行くときには農林水産担当と連携しておりますし、工場等を回るときには産業振興課とも連携させていただいています。 もっと読む
2017-10-03 浜松市議会 平成29年 10月 環境経済委員会-10月03日−01号 言語は、日本語、英語、中国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語でつくっています。そして、出演していただく方は、浜松在住の方にということで、台湾出身の方が1人、インドの方が2人、タイの方が1人、インドネシアの方が3人、ベトナムの方が2人、ネパールの方が1人出演いただいて、その人の感性で本市のよさというものを語っていただくインタビュー形式でつづりながらPRする映像です。 もっと読む
2017-09-22 三島市議会 平成29年  9月 定例会-09月22日−05号 三島市内の介護施設においてもインドネシア、フィリピン、ベトナムからの留学生が実習生として研修し、介護福祉士として業務に従事することが予想されます。このように国において介護従事者不足に対する取り組みが進められているところです。  三島市においては、介護施設も増加している中、担い手不足により地域包括ケアシステムの構築にも支障を来すことも考えられます。 もっと読む
2017-09-01 浜松市議会 平成29年  9月 総務委員会-09月01日−01号 フィリピン、ベトナムなどアジア諸国出身者の増加による多国籍化も進行しています。従前からの傾向でもありましたが、長期滞在が可能な在留資格が8割以上となっています。以前は南米系の方が圧倒的に多かったのですが、現在は南米系とアジア系がほぼ同じ割合となっています。技能実習性や留学生などの増加も認められます。  A4資料にお戻りください。 もっと読む