126件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤枝市議会 2020-03-02 令和 2年 2月定例会−03月02日-03号

環境水道部長森田耕造) 包括連携協定を締結しておりますセブンイレブンジャパンと昨年からコンビニのお弁当サイズ、普通のレジ袋ですと、お弁当を入れると縦になってしまう可能性が高い、それが横に入れられるような、それのサイズに合わせたマイバッグを今共同製作できないかというところで協議しております。

三島市議会 2019-12-05 12月05日-04号

このようなことから、今年度は、環境美化推進大会での環境講演会「美しい海をこどもたち~プラスチックによる海洋汚染について~」というものを開催いたしましたほか、10月の3R推進月間には、市と地方創生に関する包括連携協定を締結している株式会社セブンイレブンジャパン市内店舗レジ袋削減に向けたマイバッグ持参店頭啓発を、三島消費者連絡協議会三島環境ボランティア三島ごみ減量アドバイザー協働

伊豆の国市議会 2019-10-01 10月01日-08号

内容につきましては、平成30年8月1日の午前10時13分ごろ、伊豆の国市田京39番地の3、セブンイレブン大仁田京店駐車場におきまして、大仁清掃センター所有公用車駐車場を出るために後退したところ、同様に後退してきた相手車両と接触し、相手車両損害を与えたものであります。 示談により、相手車両修繕費の60%を負担することで、令和元年8月26日に専決処分させていただいたものであります。 

伊豆の国市議会 2019-10-01 10月01日-08号

内容につきましては、平成30年8月1日の午前10時13分ごろ、伊豆の国市田京39番地の3、セブンイレブン大仁田京店駐車場におきまして、大仁清掃センター所有公用車駐車場を出るために後退したところ、同様に後退してきた相手車両と接触し、相手車両損害を与えたものであります。 示談により、相手車両修繕費の60%を負担することで、令和元年8月26日に専決処分させていただいたものであります。 

磐田市議会 2019-09-26 09月26日-06号

企画部長酒井宏高君) それでは、次に歳出2款1項2目の広報いわたのコンビニ配架の効果と拡大についてでございますが、広報いわたのコンビニ配架平成30年6月に締結をいたしました市と株式会社セブンイレブンジャパンとの連携協力に関する包括協定に基づく事業の実施によるもので、紙面離れをしております若者や単身世帯など、自治会加入世帯への市政情報発信強化のため、平成30年12月より市内全28店舗、各10

富士宮市議会 2019-09-19 09月19日-03号

これはセブンイレブン移動販売です。これは芝川のセブンイレブンのお店で1台あって、月曜日から金曜日に運行されています。セブンイレブンがそのままもうこの軽トラになったというような感じです。実際こういう感じで非常にコンパクト、効率よくされています。これは民家のガレージを借りて、そこで販売している様子です。

掛川市議会 2019-09-17 令和 元年第 4回定例会( 9月)−09月17日-02号

協働環境部長栗田一吉君) 御指摘の例えばバス停に屋根つきの小屋があるところとか、その辺を確認してみたところ、市内的にはそんなに数はなくて、例えば城北小学校東側水垂地区あるいは北中学校の西側のセブンイレブンのちょっと北側のところに北中学校の生徒が帰るときに使うものとか、何カ所かあるにはあるのですが、いずれも現地を確認しましたところ、公共用地ではなくて民地側に入れてくださってありまして、実際かなり

袋井市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第6号) 本文

セブンイレブンの元会長の鈴木敏文氏は、今のタイミングで消費税を上げたら、間違いなく消費は冷え込むと、また、安倍政権内閣官房参与の藤井 聡京都大学大学院教授は、消費税を増税すれば消費は低迷し、国民貧困化がさらに加速するのは間違いないと語っております。このように、立場の違いを超えて、消費税を今、引き上げるべきではないとの声が広がっております。  市民、国民の声を代弁するのが議会の役割であります。

藤枝市議会 2018-12-07 平成30年11月定例会-12月07日-03号

基盤整備局長平井一彰) 議員おっしゃるとおりでして、18事業所のうちの団体を申し上げますと、郵便局、中部電力、セブンイレブン、ヤクルト東海ガス、あとは信用金庫協会という6団体でございます。以上です。 ○議長(西原明美議員) 神戸好伸議員。 ◆6番(神戸好伸議員) ありがとうございます。  

静岡市議会 2018-10-03 平成30年 観光文化経済委員会 本文 2018-10-03

大川地区の皆さんが福岡市の寂れた港との交流の中で知ったのは、村おこしで海水浴やバーベキューに来て、自分たちで畑をつくり、大根をつくって、おいしいブリ大根の材料としてセブンイレブンに納入するというようなことを成功させた事例があって、大川地区の人が、私たちは海がないからできないという話をしたら、山は山でもって魅力があるんだから、こういうのをやりなさいとお互いが交流する中で大川企業組合というのが立ち上がって

富士宮市議会 2018-09-18 09月18日-04号

何のことかなと思ったら、その富丘小学校の前のセブンイレブン横断歩道に、交通安全協会の旗が20本、8月20日に、8月30日かな、用意してくださった20本の旗が、そのうちの一本が風祭川に放り投げられていたのです。それを見ながら2人で、何だかなと思いながら、残念だねなんていう話を区長として、朝一早々、一つがっかりです、私は。