運営者 Bitlet 姉妹サービス
7746件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 三島市議会 平成30年 12月 臨時会-12月26日−01号 次に、職員室等へのデマンド制御装置、これは見える化ですけれども、画面によって見える装置が集中制御システムですね、職員室で全ての教室のエアコンを管理するシステム等の設置は考えているか伺います。 ◎教育推進部長(鈴木昌幸君) お答えいたします。  議員御提案の職員室や事務所、事務室などから集中して管理ができるような機能ということでございます。これが大変な重要なものであるとは認識しております。 もっと読む
2018-12-21 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月21日−06号 歳出、2款総務費では、改元に伴うシステム改修の詳細と補正予算額の妥当性について、改修内容は、新しい元号を正しく表示させることと、西暦を新しい元号に変更することなどである。金額の妥当性は、見積もりの内容等を細かく精査し、他自治体の改修事例等を比較するなど、情報システム評価委員会で確認した上で予算計上をした。 もっと読む
2018-12-21 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月21日-06号 当局説明の後、質疑を求めたところ、委員より、水道事業所の移転後、現在の事業所はどうするのかとの質疑があり、当局より、管理棟には遠方監視システムのサーバーがあり、民間委託で監視業務を行っている。移転後もその業務は継続する予定である。また、事務所については、水道関係の事業者に貸し出したり災害時の給水拠点とする等、有効的な使い方をしていきたいと考えているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-12-18 富士市議会 平成30年12月 ごみ処理施設建設特別委員会-12月18日-01号 それから、(5)浴室における感染症対策ですけれども、静岡県条例に基づいた全自動レジオネラ対策システムを導入いたします。レジオネラの根絶、肌への刺激減を可能とし、維持管理費の最小化もあわせて図る計画です。  最後ですが、6スケジュールについて説明させていただきます。表のとおり、建設工事につきましては現在設計段階でございます。工事につきましては、2月以降に予定をしています。 もっと読む
2018-12-17 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 予算決算委員会-12月17日−03号 2款総務費について、委員より「改元に伴うシステム改修の詳細と補正額の妥当性は」との問いに、改修内容は新しい元号を正しく表示させることと元号で管理しているが、日付自体は西暦で管理しているため、西暦を新しい元号に変更することなどである。 もっと読む
2018-12-13 富士市議会 平成30年11月 定例会−12月13日-06号 国の障害福祉サービス等及び障害児通所支援等の円滑な実施を確保するための基本的な指針においても、保健、医療、福祉に加え、就労による社会参加や地域の助け合いなどが包括的に確保された精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築が必要であるとされております。 もっと読む
2018-12-13 伊東市議会 平成30年12月 定例会−12月13日-04号 しかし、今回の土地取得に絡む収賄事件でも、国政の森友事件でも、多くは内部告発によって問題の発覚と進展が図られた現状から、同時に公益通報制度のようなシステムをつくっていくことが必要と思います。幾つかの自治体は、職員や公共事業にかかわる業者、その社員から市長や職員の疑わしい行為に対して、弁護士を窓口とした通報の仕組みがつくられています。 もっと読む
2018-12-12 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第3号12月12日) また、社会全体で認知症の人を支えるための地域づくりにつきましても、新オレンジプランの推進によって地域包括ケアシステムの体制が少しずつ形づくられてきてはおりますが、ケアシステムの定着、継続に向けては、まだまだ課題も残されており、簡単に進むものではないと認識をしております。   もっと読む
2018-12-12 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月12日-05号 今回の定例議会におきましても、多くの議員の皆さんから、高齢者福祉、それから介護保険、地域包括ケアシステムの構築、そして健康長寿社会、または生涯現役社会をどうやってつくっていくのか。また、保育、幼児教育の質の話もありましたね。それらは少なくともかなりの範囲で、中核市になることによって権限を持って取りかかることができるんじゃないですか。 もっと読む
2018-12-11 御殿場市議会 平成30年12月定例会(第2号12月11日) 健康づくりの機会や地域医療については、全ての世代が健康に暮らし、いつでも、どこでも必要な医療を受けられるよう、母子から成人までの保健事業の充実を図るとともに、地域包括ケアシステムと連携し、在宅も含めた医療体制の強化を図ってまいります。  このうち成人保健では、がん検診に胃の内視鏡検査を取り入れるなど、市民の要望に応える施策を実施するよう努めております。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-11 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月11日-04号 次に、薬の処方の適正化に対する考えはあるのかについてでありますが、病棟薬剤師は、入院患者の持参薬及びお薬手帳の情報を薬剤科システムに入力し、チェック機能を活用しながら、同一の効能である薬の重複や飲み合わせの悪い薬の有無などを管理しております。 もっと読む
2018-12-11 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 予算決算委員会総務分科会-12月11日−01号 ◆委員(加藤文重君) 2款1項10目のところの電子計算機運営事業で基幹業務システムにおける旧姓併記対応に係るシステム改修に要する経費の減額とありますが、926万円、かなり大きいですけれども、減額の詳細をお願いします。 もっと読む
2018-12-10 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 民生教育委員会-12月10日−01号 今回これを追加させていただいた病院サイドの最大の目的といたしましては、医療者に加えた事務職の派遣がこれからふえてくるだろうということで、例えば、電子カルテ等の情報システムの関係の職員要請、それから、物品・薬品等の調達や管理についての事務職の派遣要請、それから、電気技士、建築技士等、建物の管理にかかわる事務職の派遣要請、医療通訳等の要請、給与支払い業務とかかなり煩雑になってきておりますので、そうした事務員 もっと読む
2018-12-10 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 建設産業委員会-12月10日−01号 地方公営企業法適用の作業は、大きく分けて1、固定資産の整理及び評価、2、企業会計システムの構築、3、移行事務及び条例改正等の3つの柱からなっております。  ①の固定資産整理及び評価につきましては、管渠やポンプ場、処理場等の下水道課が所管する全ての資産の資料を収集し、財源の内訳を整理して、取得価格や減価償却費の算定を行います。   もっと読む
2018-12-10 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月10日-03号 ここでお伺いしたいことが1つございますけれども、現在、公共下水道、それから合併処理浄化槽設置の促進、こういうことで下水処理のシステムが稼働しておりますけれども、今、富士市の水質の汚濁というものは実際見られるんでしょうか。 ○議長(望月昇 議員) 上下水道部長。 もっと読む
2018-12-07 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月07日−05号 改元に伴うシステム改修ですが、数項目にわたって出ています。この改修によって、新しい元号が発表されたときに全て対応できるのか、それとも、新しい元号が発表される前までの準備に要するものなのか伺います。 ◎総務部長(鈴木博雄君) それでは、江塚議員の質疑に回答させていただきます。 もっと読む
2018-12-07 富士市議会 平成30年11月 定例会-12月07日-02号 これが地域包括ケアシステムです。この地域包括ケア実現に向けた中核的な機関として設置されたのが地域包括支援センターです。 もっと読む
2018-12-06 掛川市議会 平成30年第 4回定例会(11月)−12月06日-03号 これは、70を過ぎて 1人工の仕事を任せるというのはなかなか大変かもしれませんが、そのときにシェアリング、 2人で 1人工の仕事をするというようなシステム、ルールをつくっていくということが大切だというふうに思っています。   もっと読む
2018-12-06 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月06日−04号 健康管理については、労働安全衛生法に基づき、月80時間以上の超過勤務時間があり、かつ疲労の蓄積が見られる者については医師による面接指導を行うことができるシステムを整えております。  次に、代替教員の配置の実態についてですが、年度初めの配置に関しては、不足なく教員を配置できていますが、年度途中や病気等による急な対応が必要になったときには、代替教員を見つけることが難しい状況です。   もっと読む
2018-12-05 静岡市議会 平成30年 市民環境教育委員会 本文 2018-12-05 教育委員会は、校務支援システムによって勤務時間を短縮できると言いますが、はっきり言って焼け石に水です。そんなことでは、月100時間以上の超過勤務は解消されません。そして、もう1つは臨時教員の多さです。市内で働いている臨時教員は、200人近く。その中には、定数外の臨時教員もいます。いわゆる定数法で定められた教員数の中にありながら、臨時的任用で賄われている教員です。   もっと読む