運営者 Bitlet 姉妹サービス
378件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-28 三島市議会 平成30年 11月 定例会-11月28日−03号 このことから、市では、ビジネスパーソンのスポーツ実施率を向上させるために、今年度から事業所のクラブ活動費の補助ですとか、三島成人式記念駅伝大会の企業の部の新設など、職場におけるスポーツ活動を支援する職域スポーツ応援事業を行っているところでございます。   もっと読む
2018-10-05 函南町議会 平成30年  9月 定例会-10月05日−06号 老人福祉事業では、老人クラブ活動や各地区で開催される敬老会への助成、敬老祝い金の支給などが行われた。敬老会については、平成29年度より運営する協力者に対しても1人につき1,000円の助成がなされた。未実施区には、他地区との合同開催についての案内を行うなど、より多くの方が参加できる敬老会となることを望む。 もっと読む
2018-09-26 磐田市議会 磐田市議会 会議録 平成30年  9月 予算決算委員会民生教育分科会-09月26日−01号 日ごろのクラブ活動の成果の発表やウォーキングなどを行っています。地元の方だけではなくて、市内外から多くの方が来場しまして、旧見付学校や見付地区の活動を知っていただくいい機会になっているというような活動を行っております。  また、民俗芸能、お祭り等なんですけれども、こちらの担い手不足というのは非常に各地域で大きな課題となっております。 もっと読む
2018-09-25 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月25日−04号 三島市における具体的な取り組みですが、高齢者の社会参加を促進する事業といたしまして、生きがい教室事業、老人クラブ活動、寿大学事業などを実施しておりまして、高齢者の方々の交流や学びの場となっております。   もっと読む
2018-09-20 三島市議会 平成30年  9月 定例会-09月20日−02号 また、高齢者の中には、地域活動やシニアクラブ活動、ボランティア活動等に積極的に取り組んでいる方も多くいらっしゃいます。働くということは、これらの活動と同様に健康寿命を延ばし、生きがいを持って生活していく一助となることから、今後も引き続きシルバー人材センターと連携し、就労支援の強化を図ってまいります。 もっと読む
2018-09-18 御殿場市議会 平成30年 9月定例会(第4号 9月18日) 高齢者福祉施策につきましては、住みなれた地域で、いつまでも自分らしい暮らしを続けていくために、在宅医療・介護の連携推進、生きがいづくりのための老人クラブ活動の促進、食事の宅配をはじめとする各種福祉サービスの提供、認知症の人の支援など、地域包括ケアシステムの構築実現に向けた取り組みを進めております。   もっと読む
2018-09-12 三島市議会 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月12日−01号 あと、成人の実施率なんですが、平成30年度から職域スポーツということで企業さんにお願いしまして、企業のクラブ活動に対して2万円の補助をする制度をつくりました。今、9クラブが申請していただいているという状況で、成人のスポーツ、特に忙しい世代の方については、企業の協力も得ながらスポーツをしてもらう。 もっと読む
2018-07-20 御殿場市議会 平成30年 7月臨時会(第1号 7月20日) 続いて、3点目の工事期間中の代替利用施設につきましては、中学校での授業及びクラブ活動等は、中学校校舎内の多目的ホールや武道場、そして隣接いたします高根小学校の体育館を利用調整し、対応しております。  また、夜間開放利用等につきましても、高根小学校体育館の利用調整を行いまして、地域住民の皆様に不便をかけないよう対応してまいります。  以上、答弁とさせていただきます。  (「終わります。」 もっと読む
2018-06-28 富士市議会 平成30年 6月 定例会-06月28日-06号 そして今春からは、クラブ活動費、それから生徒会費、PTA会費の支給もスタートしたということが載っていました。隣町の東川町は、2014年度からは、小学校の算数セットが個々の購入ではなくて学校に備えつけてあると、そして2016年度からは中学生のジャージが全員にプレゼントされるということがスタートしたということが載っていました。 もっと読む
2018-06-25 掛川市議会 平成30年第 2回定例会( 6月)−06月25日-02号 1クラスとか 2クラスというところにあれば、当然再編統合というようなことも話題にあがり、余りにも少人数で、勉強、あるいはクラブ活動をやるについては十分でないというような状況があれば、そういう考え方もあるのかなとは思いますけれども、 4クラスで 1つの立派な学校で、 4クラスというと 600人ぐらいの学校規模でありますので、この学校を人数が少ないから統合してしまおうというのは、いかがなものかなという思 もっと読む
2018-03-06 富士市議会 平成30年 2月 定例会-03月06日-04号 スポーツクラブが参加できるよう、全国中学校体育大会などの資格を見直すというようなことで、教育長もごらんになっているかと思いますが、私は、中学校の教育としては、勉強面でも、1つ上の高校を目指したり大学を目指したりしている生徒は中学校の授業では足りないので塾へ行くというような形と同じように、例えば野球でいえば、甲子園を狙える高校へ入りたい、また、プロ野球を目指している子どもたちはシニアリーグなど、外部のクラブ もっと読む
2018-03-05 三島市議会 平成30年  3月 福祉教育委員会-03月05日−01号 さらに新しく、この事業によって、ではクラブ活動を始めてみようかとか、そういうのを通じて運動を始めてみようかというようなところが5つ程度出てくればいいかなというようなことで予想はしているんですけれども、必ずしも明確な目標として5つのということはしておりませんが、そんなことを想定しております。   もっと読む
2018-02-21 御殿場市議会 平成30年 3月定例会(第2号 2月21日) 3は、シルバー人材センター運営のため、4は、老人クラブ活動に対して、それぞれ助成を行うものです。  5は、米寿及び100歳以上の方に対する記念品、地区敬老会事業に対する補助金です。高齢者等タクシー及びバス利用料金助成事業等の充実を図るため、敬老祝い金事業の全般の見直しを行うため、前年度比3,495万円余の減額となりました。  6は、養護老人ホームへの入所措置に要する経費です。 もっと読む
2018-02-04 焼津市議会 平成30年2月定例会(第4日) 本文 ウ)小・中学生の教育扶助、高校生の高等学校等就学費に加算される学習支援費の使途をクラブ活動に限定し、定額支給から実費支給に変えることによる対象者数と影響額。  以上3点、伺います。  (6)5款労働費1項1目働き方改革推進事業費、テレワーク推進事業費308万1,000円について、(ア)事業内容と財源。  (イ)川根本町とともにテレワークの普及を図る理由。   もっと読む
2018-02-01 焼津市議会 平成30年2月定例会〔資料〕 かけて生活保護基準額の引き下げを行うとしているが    │    │     ア)子どもの多い保護世帯への影響額                       │    │     イ)ひとり親世帯に支給される「母子加算」の減額による対象世帯数と影響額     │    │     ウ)小・中学生の「教育扶助」、高校生の高等学校等就学費に加算される「学習支援  │    │       費」の使途をクラブ もっと読む
2017-12-05 富士市議会 平成29年11月 定例会-12月05日-04号 ◆8番(藤田哲哉 議員) 全くのそのとおりで、10月から3月までの午後6時まで、今現在そうなんですけれども、そうすると先ほどの部活動にしましても、また小中学校の放課後という形でクラブ活動をされている方にしましても、ちょっと中途半端な時間帯で利用できないというのが正直なところです。 もっと読む
2017-12-04 伊東市議会 平成29年12月 定例会-12月04日-02号 金額を見ても、小学校は部活動というのは余りなくてクラブ活動ということで、学校でそろえるものが多いから、このくらいの金額なのかなと思いましたけれども、中学校でこれだけの援助があると、やっぱり結構助かる家庭というのは多いと思うんです。 もっと読む
2017-10-03 浜松市議会 平成29年 10月 総務委員会-10月03日−01号 小学校ではBFC−−少年消防クラブ活動や防災教育などいろいろあると思いますが、中学生はそうした活動がないということなので、ジュニア防災検定を実施していただければと思います。  次に、災害情報伝達についてです。新たな災害情報伝達手段の整備に向けて、28年度は各地域に説明して理解を求め、33年度の工事完了に向けて努力されていると思います。進捗状況を含め地域での声はどうでしたか。 もっと読む
2017-06-23 富士市議会 平成29年 6月 定例会-06月23日-02号 さらに、地域の高齢者にクラブ活動の講師、戦争体験の語り部、昔の遊びの師範等、ゲストティーチャーとして積極的に児童生徒にかかわっていただくほか、地域の高齢者を運動会等の学校行事に招待するなどして児童生徒との交流を深める学校も多くあります。   もっと読む
2017-06-20 伊東市議会 平成29年 6月 定例会−06月20日-02号 ◎教育委員会事務局教育部長(荻島友一 君)世代間交流について、今、子供たちもクラブ活動とか、いろいろ忙しい中で地域とのつながりもすごい希薄化している状況にありますので、子供たちとお年寄りが、例えば一緒になって地域づくりをしていくということも必要であるでしょうし、今のところ生涯学習課のほうでやっておりますふるさと教室ですね。 もっと読む