ツイート シェア
  1. 長泉町議会 2019-11-27
    令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-11-27


    取得元: 長泉町議会公式サイト
    最終取得日: 2020-05-31
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                 午前10時00分 開議 ◯議長(柏木 豊) 皆さん、おはようございます。ただいまから本日の会議を開きます。  本日の議事日程はお手元に配付してありますので、御了承願います。   ──────────────────────────────────────── 2 ◯議長(柏木 豊) 日程第1.議第129号 長泉町職員等の旅費に関する条例及び長泉町消防団条例の一部を改正する条例を議題といたします。  これより議第129号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 3 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  これより討論に入ります。討論はありませんか。                  (「なし」の声あり) 4 ◯議長(柏木 豊) 討論なしと認めます。  これより議第129号に対する採決を行います。  本案は、原案のとおり決することに賛成議員の挙手を求めます。                   (賛成者挙手) 5 ◯議長(柏木 豊) 挙手全員であります。  よって、議第129号は原案のとおり可決されました。   ──────────────────────────────────────── 6 ◯議長(柏木 豊) 日程第2.議第130号 長泉町体育施設等の設置及び管理に関する条例及び長泉町桃沢野外活動センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。  これより議第130号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり)
    7 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第130号は、総務民生常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 8 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第130号は総務民生常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 9 ◯議長(柏木 豊) 日程第3.議第131号 長泉町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。  これより議第131号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 10 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第131号は、総務民生常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 11 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第131号は総務民生常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 12 ◯議長(柏木 豊) 日程第4.議第132号 長泉町特別職の職員で常勤のものの給料等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。  これより議第132号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 13 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第132号は、総務民生常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 14 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第132号は総務民生常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 15 ◯議長(柏木 豊) 日程第5.議第133号 長泉町災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。  これより議第133号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 16 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第133号は、総務民生常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 17 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第133号は総務民生常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 18 ◯議長(柏木 豊) 日程第6.議第134号 長泉町福祉会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。  これより議第134号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 19 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第134号は、総務民生常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 20 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第134号は総務民生常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 21 ◯議長(柏木 豊) 日程第7.議第135号 長泉町農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数を定める条例の一部を改正する条例を議題といたします。  これより議第135号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 22 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第135号は、建設文教常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 23 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第135号は建設文教常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 24 ◯議長(柏木 豊) 日程第8.議第136号 橋梁長寿命化修繕事業東野I橋大峰II橋補修工事請負契約の締結を議題といたします。  これより議第136号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。植松英樹議員。 25 ◯9番(植松英樹) 議第136号について、質疑を行います。  まず2点。1点目が、高速道路に架かる橋梁工事業者選定には、この工事の特質上、業者の確定をするにあたって様々な苦労があるという声を聞いたことがございます。今回、入札参加資格審査委員会において、制限付き一般競争入札を採用したとの説明がございました。制限付きとした理由をお伺いします。また、落札後、業者に有資格があるかどうかを審査し、判断したとのことでございますが、入札後の審査とした理由をお伺いします。これが1点目でございます。  2点目が、制限付きとした要件とリンクするのかもしれませんが、入札後の審査は、どういう点が有資格として判断されたのか、その制限内容と、併せて、有資格者自体はどのぐらいの数なのか、お伺いをします。 26 ◯議長(柏木 豊) 企画財政課長。 27 ◯企画財政課長川口正晴) お答えいたします。  まず1点目でございます。当町では、原則といたしまして、予定価格1億円を超える建設工事制限付き一般競争入札の対象としているところですが、まず、制限付きとした理由といたしましては、本工事については、その工事内容等から、会社規模受注実績、有する建設工事資格内容等を考慮し、より適切に工事を履行できるものを選定するため、制限付きとしたものでございます。  次に、入札後の審査とした理由につきましては、長泉町制限付き一般競争入札実施要領の改正に伴い、従来の事前審査型に加え、事後審査型による制限付き一般競争入札を執行できるものとしておりますが、これは事前審査型では、入札参加希望者全てから入札参加資格確認審査資料を提出していただき、それを審査するのに対し、事後審査型では、落札候補者のみから入札参加資格確認審査資料を提出していただき、それを審査することから、業者と発注者側双方の事務の効率化が図られるものであるため、今後も原則的には事後審査型を採用していきたいと考えております。  2点目でございますけれども、町に建設工事競争入札参加資格の認定を受けているもののうち、建設業法の規定に基づき、土木工一式工事について特定建設業の許可を受けているもの、主たる営業所静岡県内に有するもの、経営事項審査結果の総合評点、いわゆる経審でございますけれども、これが900点以上あるもの、過去10年間に竣工した公共団体発注土木工事一式で1件1億円以上の施工実績があるものを要件としており、対象事業者数は114者となってございます。 28 ◯議長(柏木 豊) 植松英樹議員。 29 ◯9番(植松英樹) やはり橋梁に架かる工事は、これからの長泉町にとっても必要な工事だと思います。これをしっかり、安全に工事を進めてほしいという思いの中で質疑をしております。  あと2つ、質疑をさせていただきます。今回の入札結果を見ますと、3者が応札して、うち2者が辞退となっています。このことについて町はどう認識しているのか。また、今後、同様の工事を発注するにあたって、工事を確実に実施していくための取り組み考え等はあるのか、お伺いをします。これが1点です。  もう1点、これが最後です。この工事は町道と東名高速道路それぞれに影響があると思いますけれども、各道路に係る工事期間中の交通規制等はあるのかどうか、また、ある場合はその周知はどうされるのか、お伺いをいたします。 30 ◯議長(柏木 豊) 企画財政課長。 31 ◯企画財政課長川口正晴) お答えいたします。  まず1つ目の方でございますけれども、結果的に1者のみの札入れとなったことは、今般の入札が入札に参加する意欲のあるものの入札参加機会を確保し、競争性が保たれているものの、制限内容であったり発注時期等も考慮する必要があるものと考えております。  今後も橋梁補修等の工事が予定されておりますが、工事内容近隣市町同種工事の発注・受注状況からも今回と同様の状況が予想されるため、制限内容の精査や近隣市町同種工事の発注時期等を調査し、業者側が受注しやすい環境において発注をしていくことも必要ではないかと考えております。 32 ◯議長(柏木 豊) 都市環境部長。 33 ◯都市環境部長高山俊幸) お答えします。  まず、町道に関しては、工事用仮設足場を設置してから、補修工剥落対策工防護柵・落下物防止柵取替工、舗装工事等を施工し、足場を撤去するまで約6カ月を予定し、この間の交通規制が発生いたします。  東野I橋片側交互通行大峰II橋全面通行止めにて施工する予定で、関係する区長や近隣、特に影響の大きい3つの工業団地には個別に説明するほか、区内の回覧、町ホームページへの掲載、迂回路指示看板予告看板等による周知を実施したいと考えております。  次に、東名高速道路本線交通規制は、足場の設置・撤去の際に必要となり、通常、下り線の路肩と走行車線追い越し車線上り線追い越し車線、続いて路肩と走行車線というように1車線ずつ順次規制し、足場の設置に2週間、撤去に1週間ほど掛けて実施いたします。  交通規制は前後区間も合わせ数キロメートルにも及ぶことから、周知に関しましては、事前に中日本高速道路株式会社施工業者規制方法を決定、スケジュール調整をした後、高速道路国道等に設置されている電光掲示板をはじめ、財団法人日本道路交通情報センターのテレビ、ラジオ、ホームページ等を通じて行ってまいります。 34 ◯議長(柏木 豊) 他に質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 35 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  これより討論に入ります。討論はありませんか。                  (「なし」の声あり) 36 ◯議長(柏木 豊) 討論なしと認めます。  これより議第136号に対する採決を行います。  本案は、原案のとおり決することに賛成議員の挙手を求めます。                   (賛成者挙手) 37 ◯議長(柏木 豊) 挙手全員であります。  よって、議第136号は原案のとおり可決されました。   ──────────────────────────────────────── 38 ◯議長(柏木 豊) 日程第9.議第137号 令和元年度長泉一般会計補正予算(第3回)を議題といたします。  これより議第137号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 39 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第137号は、総務民生常任委員会及び建設文教常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 40 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第137号は総務民生常任委員会及び建設文教常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 41 ◯議長(柏木 豊) 日程第10.議第138号 令和元年度長泉国民健康保険事業特別会計補正予算(第3回)を議題といたします。  これより議第138号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 42 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。
     お諮りいたします。ただいま議題となっています議第138号は、総務民生常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 43 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第138号は総務民生常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 44 ◯議長(柏木 豊) 日程第11.議第139号 令和元年度長泉後期高齢者医療特別会計補正予算(第2回)を議題といたします。  これより議第139号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 45 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第139号は、総務民生常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 46 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第139号は総務民生常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 47 ◯議長(柏木 豊) 日程第12.議第140号 令和元年度長泉介護保険事業特別会計補正予算(第3回)を議題といたします。  これより議第140号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 48 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第140号は、総務民生常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 49 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第140号は総務民生常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 50 ◯議長(柏木 豊) 日程第13.議第141号 令和元年度長泉水道事業会計補正予算(第1回)を議題といたします。  これより議第141号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 51 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第141号は、建設文教常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 52 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第141号は建設文教常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 53 ◯議長(柏木 豊) 日程第14.議第142号 令和元年度長泉下水道事業会計補正予算(第1回)を議題といたします。  これより議第142号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 54 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第142号は、建設文教常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 55 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第142号は建設文教常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 56 ◯議長(柏木 豊) 日程第15.議第143号 公の施設の指定管理者の指定(長泉町福祉会館・長泉町在宅福祉総合センター)を議題といたします。  これより議第143号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。長野晋治議員。 57 ◯2番(長野晋治) ただいまの議第143号 公の施設の指定管理者の指定に対して、幾つか質疑をさせていただきます。  まず3点、伺います。指定管理者の決定にあたっては選定審査会を行った結果だと思いますが、選定審査会メンバー、回数、評価基準、そして採点結果についてお伺いします。  2点目、評価から現れる問題等はあったか、それらの課題への対応はどのように提案されたのか。  3点目、コスト削減のためには、どのようなことにしたか。  以上3点、まずお伺いいたします。 58 ◯議長(柏木 豊) 企画財政課長。 59 ◯企画財政課長川口正晴) お答えいたします。  まず1点目の選定審査会に関してでございます。今般の福祉会館等指定管理者選定審査会は、長泉町公の施設に係る指定管理者指定手続等に関する条例第5条の規定に基づき設置しており、メンバーは、副町長を委員長に、総務部長住民福祉部長企画財政課長福祉保険課長の計5人で構成しております。選定審査会は2回開催し、実績に基づくモニタリング評価内容の確認、指定管理者からのヒアリング等に基づき、再指定の適否について審査を行いました。  なお、評価・審査の基準は、条例に規定されているとおり、利用者の平等な利用の確保及びサービスの向上が図られるものであること、施設の効用を最大限に発揮するものであること、施設の適切な維持及び管理並びに管理に係る経費の縮減が図られるものであること、施設の管理を安定して行う人員、資産その他の経営の規模及び能力を有しており、または確保できる見込みがあること等といった基準に基づき、項目ごとに点数で評価しております。  採点は、5人の審査員がそれぞれの項目ごとに点数を付け、百点満点での採点結果を集計しております。  また、採点の基準ですが、各評価項目の点数が普通評価点以上であること、かつ各委員の合計点の平均が60点以上であることとしております。  なお、採点結果につきましては、福祉会館在宅福祉総合センターともに、各評価項目普通評価点以上であり、かつ合計点の平均も60点を上回る評価となってございます。 60 ◯議長(柏木 豊) 福祉保険課長。 61 ◯福祉保険課長露木伸彦) お答えします。  まず、評価から現れる課題等はあったか、それらの課題への対応はどのように提案されたかについてですが、課題として、福祉会館は、建設から30年を経過している中、建物や施設機器老朽化を課題といたしました。また、在宅福祉総合センターは、夜間の貸館について挙げられました。  対応としては、施設については、ファシリティマネジメントに基づく改修による延命化を図るとともに、細かい修繕での対応を行っていく。また、在宅福祉総合センター夜間貸し出しについては、利用者アンケート等で意見を集約して検討したいという提案がありました。  次に、コスト削減のためにどのようなことをしたかについて、お答えします。コスト削減取り組みとして、地球温暖化ガス防止実行計画推進委員会を設置し、光熱水費燃料費の抑制に努めたとの報告がありました。 62 ◯議長(柏木 豊) 長野晋治議員。 63 ◯2番(長野晋治) 最後の質問ですが、施設の運営ということであれば、民間やNPO法人指定管理者の対象になると思います。今回、社会福祉協議会の選定の理由に、その特性を活かすことで事業効果がより期待できる、また、地域との信頼関係が確立されているとの説明がありました。これは具体的にどのようなことでしょうか。また、最終的な決め手の判断について、お伺いします。 64 ◯議長(柏木 豊) 福祉保険課長。 65 ◯福祉保険課長露木伸彦) お答えします。  管理・運営方針において施設に求められている役割を正しく捉えており、各種団体と協力しながら、利用者の目線に立ち、町民の福祉の向上を優先課題としていること、また、社会福祉法人としてボランティアの育成を掲げるとともに、町の福祉事業の推進に寄与してきたこと、福祉団体取りまとめ役として多くの実績があることに加え、福祉健康まつりの運営や、老人福祉センター事業所として地域福祉活動を実践し、地域との信頼関係を築いてきたこと等、本協議会の実績や実践力を活かすことで、より高い事業効果が得られると判断し、社会福祉協議会を選定いたしました。 66 ◯議長(柏木 豊) 他に質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 67 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  これより討論に入ります。討論はありませんか。                  (「なし」の声あり) 68 ◯議長(柏木 豊) 討論なしと認めます。  これより議第143号に対する採決を行います。  本案は、原案のとおり決することに賛成議員の挙手を求めます。                   (賛成者挙手) 69 ◯議長(柏木 豊) 挙手全員であります。  よって、議第143号は原案のとおり可決されました。   ──────────────────────────────────────── 70 ◯議長(柏木 豊) 日程第16.議第144号 公の施設の指定管理者の指定(長泉町ワークプラザ)を議題といたします。  これより議第144号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。加藤祐喜議員。 71 ◯3番(加藤祐喜) 議第144号 公の施設の指定管理者の指定(長泉町ワークプラザ)について質疑を行います。  5点ありますが、まとめて伺います。  1点目は、長泉町ワークプラザ利用状況についてです。  2点目は、長泉町シルバー人材センター会員数についてですが、会員数はどのくらいか、会員数拡大のために実施していることはあるか、伺います。  3点目は、長泉町ワークプラザ指定管理者を長泉町シルバー人材センターに選定するにあたり、指定管理者選定審査会ではどのようなことが審査されたか。  4点目は、指定管理者選定方法について、なぜ公募ではなく長泉町シルバー人材センター候補者としたのか。  5点目は、長泉町シルバー人材センターの特性を活かすことで、より事業効果が期待できるとの提案説明がございましたが、どのような効果を期待するのかです。  以上を伺います。 72 ◯議長(柏木 豊) 産業振興課長。 73 ◯産業振興課長芹澤文寿) お答えいたします。  御質問の3点目、指定管理者選定審査会以外について、まず答弁の方をさせていただきます。  1点目の長泉町ワークプラザ利用状況でありますが、平成30年度の利用件数は1,347件、利用人数につきましては5,390人であります。  次に、2点目の長泉町シルバー人材センター会員数は、本年4月1日時点で358人であり、会員数拡大のための取り組みにつきましては、平成30年度には、女性会員拡大のためにシニア世代フードセミナーメイクセミナー、また、会員情報の受信や仕事申し込みのためのスマートフォンセミナーを開催しております。  次に、4点目の指定管理者選定理由でございますが、長泉町ワークプラザの管理・運営において、これまで約15年の実績があり、高年齢者就業促進等を総合的に行ってきた実績から、地域の高年齢者との信頼関係も確立されていること、公益社団法人としての役員体制も十分確保されていること等から、候補者として選定したものでございます。  次に、5点目の長泉町シルバー人材センターの特性を活かすことによる事業効果でございますが、長泉町ワークプラザにつきましては、高年齢者コミュニケーションスペースとして、地域の文化活動サークル活動等として御利用していただくだけではなく、高年齢者就業促進、高年齢者の能力を活かした活力ある地域社会づくりに寄与するものであると考えております。 74 ◯議長(柏木 豊) 企画財政課長。 75 ◯企画財政課長川口正晴) お答えいたします。  私の方から選定審査会に関することを答弁させていただきます。  今般の選定審査会では、長泉町ワークプラザ指定管理者として公益社団法人長泉シルバー人材センター候補者として再指定することの適否を総合的に判断するために、長泉町公の施設に係る指定管理者指定手続等に関する条例に規定する審査基準に基づき審査を行いました。  具体的には、担当課が実施した、これまでの実績に基づくモニタリング評価内容の確認や、指定管理者から町との協定や仕様書に基づく実施状況、今後の取り組みに対する考え方等についてヒアリングを行い、審査基準に基づく各審査項目が記載された採点表を使い、審査員それぞれが点数を付けることで審査を行いました。 76 ◯議長(柏木 豊) 他に質疑はありませんか。木下章夫議員
    77 ◯11番(木下章夫) ただいまの当局の説明について、選定評価委員について、外部評価委員、こういったものを加えた中での評価ということを検討されたものであるかどうか、お伺いします。 78 ◯議長(柏木 豊) 企画財政課長。 79 ◯企画財政課長川口正晴) お答えいたします。  今般につきましては、公募によらない選定でございました。一般公募に際しての審査会におきましては、そういった方を入れてございますけれども、今般の再指定についての審査においては、そういう方が配置されていない状況でございます。 80 ◯議長(柏木 豊) 他に質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 81 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  これより討論に入ります。討論はありませんか。                  (「なし」の声あり) 82 ◯議長(柏木 豊) 討論なしと認めます。  これより議第144号に対する採決を行います。  本案は、原案のとおり決することに賛成議員の挙手を求めます。                   (賛成者挙手) 83 ◯議長(柏木 豊) 挙手全員であります。  よって、議第144号は原案のとおり可決されました。   ──────────────────────────────────────── 84 ◯議長(柏木 豊) 日程第17.議第145号 公の施設の区域外設置及び利用に関する裾野市との協議を議題といたします。  これより議第145号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。                  (「なし」の声あり) 85 ◯議長(柏木 豊) 質疑がなければ、質疑を終結します。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議第145号は、建設文教常任委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 86 ◯議長(柏木 豊) 御異議なしと認めます。  よって、議第145号は建設文教常任委員会に審査を付託することに決しました。   ──────────────────────────────────────── 87 ◯議長(柏木 豊) 以上で、本日の日程は全部終了いたしましたので、本日の会議を閉じ、散会いたします。  なお、次回の会議日程は、11月28日午前10時から会議を開き、議事は通告による一般質問を行う予定ですので、お知らせします。  どなた様も御苦労さまでした。                 午前10時34分 散会   ──────────────────────────────────────── 会議の経過を記載し、その相違がないことを証するため、ここに署名する。           長泉町議会議長    柏 木   豊           署名議員(7番)   小永井 康 一           署名議員(8番)   宮 口 嘉 隆 Copyright © Nagaizumi Town, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...