御前崎市議会 > 2020-09-26 >
09月26日-03号

ツイート シェア
  1. 御前崎市議会 2020-09-26
    09月26日-03号


    取得元: 御前崎市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-26
    令和 元年  9月 定例会          令和元年9月御前崎市議会定例会議事日程(第3号)                         令和元年9月26日(木)午前 9時00分開   議                                        日程第 1 議案第 9号 御前崎市CATV施設設置及び管理条例の一部を改正する条例の制定に             ついて                                   議案第10号 御前崎市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例の制定につ             いて                                    議案第11号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条             例の整備に関する条例の制定について                     議案第12号 御前崎市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について             議案第13号 御前崎市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定             について                                  議案第14号 御前崎市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改             正する条例の制定について                          議案第15号 御前崎市消防手数料条例の一部を改正する条例の制定について          議案第16号 令和元年度御前崎一般会計予算の補正(第2号)について           議案第17号 令和元年度御前崎国民健康保険特別会計予算の補正(第1号)につい             て                                     議案第18号 令和元年度御前崎介護保険特別会計予算の補正(第1号)について       議案第19号 子ども・子育て支援法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の             整備に関する条例の制定について                       認定第 1号 平成30年度御前崎一般会計歳入歳出決算の認定について           認定第 2号 平成30年度御前崎国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定につい             て                                      認定第 3号 平成30年度御前崎後期高齢者医療保険特別会計歳入歳出決算の認定             について                                  認定第 4号 平成30年度御前崎介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について       認定第 5号 平成30年度御前崎農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定に             ついて                                    認定第 6号 平成30年度御前崎下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について      認定第 7号 平成30年度御前崎工業団地建設事業特別会計歳入歳出決算の認定に             ついて                                   認定第 8号 平成30年度御前崎水道事業会計決算の認定について              認定第 9号 平成30年度御前崎病院事業会計決算の認定について             認定第10号 平成30年度御前崎池新田財産特別会計歳入歳出決算の認定につい             て                                     認定第11号 平成30年度御前崎池新田西財産特別会計歳入歳出決算の認定につ             いて                                    認定第12号 平成30年度御前崎佐倉財産特別会計歳入歳出決算の認定について      認定第13号 平成30年度御前崎比木財産特別会計歳入歳出決算の認定について      認定第14号 平成30年度御前崎新野財産特別会計歳入歳出決算の認定について日程第 2 議案第20号 令和元年度御前崎一般会計予算の補正(第3号)について     日程第 3 議員派遣の件                                 〇出席議員(14名)   1番  河原﨑 惠 士 君        2番  渥 美 昌 裕 君   3番  櫻 井   勝 君        5番  植 田 浩 之 君   7番  齋 藤   洋 君        8番  松 下 久 己 君   9番  水 野 克 尚 君       10番  大 澤 博 克 君  11番  若 杉 泰 彦 君       12番  大 澤   満 君  13番  増 田 雅 伸 君       14番  清 水 澄 夫 君  15番  杉 浦 謙 二 君       16番  阿 南 澄 男 君〇欠席議員(なし)                                           〇説明のため出席した者     市      長     栁  澤  重  夫  君     副   市   長     鴨  川     朗  君     教   育   長     河 原 﨑     全  君     総  務 部  長     増  田  正  行  君     危 機 管 理 部長     早  田  和  弘  君     兼 危 機 管 理監     経 営 戦 略 監兼     石  垣  伸  博  君     企 画 政 策 課長     建 設 経 済 部長     山  本  正  典  君     市 民 生 活 部長     水  野  直  寿  君     健 康 福 祉 部長     大  倉  勝  美  君     教  育 部  長     長  尾  智  生  君     消   防   長     松  下  貴  幸  君     病 院 事 務 部長     村  松  光  浩  君     総  務 課  長     大  澤  和  也  君     会 計 管 理 者兼     松  下  美  明  君     会  計 課  長     監  査 委  員     加  藤  英  男  君                                           〇職務のため議場に出席した事務局職員     議 会 事 務 局長     村  松     学  君     書      記     池  田     覚  君 △開議の宣告 ○議長(杉浦謙二君) 改めまして、皆さんおはようございます。 本日は、9月議会定例会の最終日です。あと少しで10月になりますが、大分秋らしい季節になりました。議員各位には、それぞれご多用の中をご参集いただき、まことにありがとうございます。 ただいまの出席議員は14名です。 それでは、これより令和元年9月御前崎市議会定例会第32日の会議を開きます。          〔午前 9時00分 開議〕 △議事日程の報告 ○議長(杉浦謙二君) なお、本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。 △議案第9号~議案第19号、認定第1号~認定第14号の委員長報告、質疑、      討論、採決 ○議長(杉浦謙二君) 日程第1、議案第9号『御前崎市CATV施設設置及び管理条例の一部を改正する条例の制定について』から議案第15号『御前崎市消防手数料条例の一部を改正する条例の制定について』まで及び議案第16号『令和元年度御前崎一般会計予算の補正(第2号)について』から議案第18号『令和元年度御前崎介護保険特別会計予算の補正(第1号)について』まで及び議案第19号『子ども・子育て支援法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について並びに認定第1号『平成30年度御前崎一般会計歳入歳出決算の認定について』から認定第14号『平成30年度御前崎新野財産特別会計歳入歳出決算の認定について』までの25議案を一括して議題とします。 ただいま議題としました25議案につきましては、去る9月5日の本会議におきまして、それぞれ所管の常任委員会及び特別委員会に付託されました。 それでは、それぞれの委員会の審査結果について、これより委員長報告に入ります。 初めに、総務経済委員長の報告を求めます。 総務経済委員長大澤博克議員。          〔10番 大澤博克君登壇〕 ◆10番(大澤博克君) 皆さん、おはようございます。それでは、総務経済委員会審査報告をいたします。 9月5日開催の議会定例会において、本委員会に付託された議案につき、委員会条例第35条の規定により報告します。 審査議案は、議案第9号『御前崎市CATV施設設置及び管理条例の一部を改正する条例の制定について』、議案第10号『御前崎市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例の制定について』、議案第11号『地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について』、議案第14号『御前崎市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正する条例の制定について』、議案第15号『御前崎市消防手数料条例の一部改正する条例の制定について』の5議案であります。 次に、審査の経過並びに意見についてでありますが、9月9日午前9時から委員会を開催し、付託された5案件について、関係部課長から細部にわたり内容の説明を求め、慎重に審査の結果、本委員会としては5議案とも原案のとおり可決すべきものとして決定しました。 それでは、委員会での主な質疑についてご報告します。 議案第14号において、懲戒免職というのは公務員が対象で、消防団員は民間の人が多数であり、懲戒免職の対象になるのですか、解雇ではないのですかとの質問に、消防団員非常勤公務員ですので、懲戒免職の対象になりますとの答弁でした。 その後の委員間討議では、意見はありませんでした。 以上、総務経済委員会審査報告といたします。 ○議長(杉浦謙二君) 委員長報告が終わりました。 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。 質疑はありませんか。          〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉浦謙二君) 質疑なしと認めます。 続いて、文教厚生委員長の報告を求めます。 文教厚生委員長櫻井勝議員。          〔3番 櫻井 勝君登壇〕 ◆3番(櫻井勝君) それでは、文教厚生委員会審査報告をいたします。 9月5日開催の議会定例会において、本委員会に付託された3議案につき、審査の結果、下記のとおり決定したので、委員会条例第35条の規定により報告をいたします。 審査議案は、議案第12号『御前崎市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について』、議案第13号『御前崎市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定について』、議案第19号『子ども・子育て支援法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について』の3議案であります。 次に、審査の経過並びに意見についてでありますが、9月9日午後1時30分から委員会を開催し、付託された3議案について、関係部課長から細部にわたり内容の説明を求め、慎重に審査の結果、本委員会としては、3議案とも原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。 それでは、委員会での主な質疑についてご報告をいたします。 議案第19号において、保護者にとってどのようなメリットがあるのか説明してほしいとの質問に、保育料は3歳以上は無料になりますので、負担は軽減しますとの答弁でした。 その後の委員間討議では、意見はありませんでした。 以上、文教厚生委員会審査報告といたします。 ○議長(杉浦謙二君) 委員長報告が終わりました。 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。 質疑はありませんか。          〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉浦謙二君) 質疑なしと認めます。 続いて、御前崎市予算決算審査特別委員長の報告を求めます。 予算決算審査特別委員長若杉泰彦議員。          〔11番 若杉泰彦君登壇〕 ◆11番(若杉泰彦君) それでは、御前崎市予算決算審査特別委員会審査報告をいたします。 9月5日開催の議会定例会において、本委員会に付託された議案につき、審査の結果、委員会条例第35条の規定により報告します。 審査議案は、議案第16号『令和元年度御前崎一般会計予算の補正(第2号)について』から議案第18号『令和元年度御前崎介護保険特別会計予算の補正(第1号)について』までの3議案、また認定第1号『平成30年度御前崎一般会計歳入歳出決算の認定について』から認定第14号『平成30年度御前崎新野財産特別会計歳入歳出決算の認定について』までの認定案件14件です。 次に、審査の経過並びに意見についてですが、9月10日、11日の2日間にわたり委員会を開催し、付託された議案について関係部課長から細部にわたり内容の説明を求め、慎重に審議の結果、本委員会としては、17議案を原案のとおり可決及び認定すべきものとして決定しました。 それでは、委員会での主な質疑と委員間討議における意見についてご報告します。 認定第1号『平成30年度御前崎一般会計歳入歳出決算の認定について』、総務部ではペーパーレス会議について具体的な成果と今後の方針はとの質問に、平成30年から44回の会議で実施して、紙の削減や人件費の削減をしています。今後は全庁的に無線環境整備を含めて検討しますとの答弁でした。 また、地域協働バスボランティア運転手は、今のところ充足感はあるが、この制度があと何年続けることができるのかシミュレーションはやっていますかとの質問に、シミュレーションはしていません。地域の方の意見等を参考に、どのように運営していくか検討していきますとの答弁でした。 また、地域協働バスは、最終的には公的機関がやるべきではとの質問に、福祉の面との連携が大きい部分があるので、福祉部署と十分な検討をしていきますとの答弁でした。 市民生活部では、火葬場整備事業について候補地を5カ所に絞ったポイントはとの質問に、2回の庁内会議で敷地の状況、周辺環境、景観、住宅地からの距離、アクセス利便性等の条件を考慮して、5カ所に絞りましたとの答弁でした。 また、さらに1カ所に絞ったポイントはとの質問に、用地取得や敷地造成に多額の費用がかからない土地であるかなどの条件を参考に絞りましたとの答弁でした。 健康福祉部では、民生委員の負担が多くなっています。待遇の改善などは考えていますかとの質問に、県で民生委員をサポートする事業を、市でも導入するように検討しますとの答弁でした。 建設経済部では、御前崎港への客船誘致での商品開発について、牧之原市との2市では足りないのではないか。近隣の掛川市や菊川市なども含める必要はありませんかとの質問に、2年後に御前崎港開港50周年もありますので、外国人向けのオプショナルツアーの商品開発も近隣市を巻き込んで行いますとの答弁でした。 また、海岸地震対策事業について、池新田から西の危険箇所については、早急に計画を立てて、どの程度できるか研究をしてもらいたいとの質問に、保安林の幅の広いところでないと条件に合わないという問題がありますので、関係する県の機関とどういった方法でいけるかを協議していきますとの答弁でした。 教育部では、小学校児童の学力の底上げができてよかったと思います。どういう取り組みで成績が上がったのですかとの質問に、昨年から文部科学省の指定を受け、その委託金で小学校5年生を対象にテストを実施しています。その結果、危機感を持って授業に当たったということがあります。また、上智大学の奈須教授の指導により、小学校の授業がきちんと行われるようになったという判断をしていますとの答弁でした。 また、公民館活動支援補助金について、人口の多いところで活動状況もかなり多くなると思うが、支援補助金一律250万円というのはおかしいのではないかとの質問に、来年度は地区センターになりますので、一括交付金ということで予算化のときに検討しますとの答弁でした。 次に、認定第2号『平成30年度御前崎国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について』では、特定健康診査がん検診も入っていますが、尿や血液でがんが発見できるという新しい検査が安価でできるということを聞いています。この検査を今後考えていくことはありますかとの質問に、健康づくり課がん検診を行っていますので、相談しますとの答弁でした。 次に、認定第8号『平成30年度御前崎水道事業会計決算の認定について』、営業外収益が3億5,000万円ほどあり、市のお金を大分出しています。市の財政が厳しくなることから、そろそろ変えていかなくてはいけないと思いますが、考えはありますかとの質問に、水道事業会計における経営戦略を立てなければいけないということになっていますので、事業会計を効率化できるように考えていきますとの答弁でした。 次に、認定第10号『平成30年度御前崎池新田財産特別会計歳入歳出決算の認定について』、県作成の財産区運営のガイドラインですが、議員への配付と図書館への所蔵、公開について、いつ配付していただけますかとの質問に、議会の総意ということであれば、手続を踏んで配付させていただきたいと思います。また、図書館については財産区管理者の市長と相談して検討しますとの答弁でした。 また、御前崎市としても簡略版のガイドラインをつくるべきではとの質問に、研究をしますとの答弁でした。 なお、議案第17号及び議案第18号、認定第4号から認定第6号については、質疑はありませんでした。 その後の委員間討議において、認定第1号について、次の意見が出されました。 総務部については、ペーパーレス化推進について、LAN工事タブレット導入等を含め、全庁的な研究を求める。地域協働バスの制度維持について研究を求める。 危機管理部については、非常食のアレルギー対策について、市民への周知を求める。 建設経済部については、客船誘致に伴う広域的な商品開発を行うよう求める。旧浜岡地区において、防潮堤事業の早期着手を強く求める。 教育委員会については、地区センターへの補助金、交付金については、人口や事業内容等を勘案の上決定するよう求める。スポーツ施設のさらなる安心、安全のため、整備と維持管理に努めるよう求める。 以上、御前崎市予算決算審査特別委員会審査報告といたします。 ○議長(杉浦謙二君) ただいま議題となっております議案第9号から認定第14号までの25議案につきまして、討論の通告はありませんでしたので、これより順次採決を行います。 初めに、議案第9号について行います。 本案に対する委員長報告は可決です。 お諮りします。議案第9号『御前崎市CATV施設設置及び管理条例の一部を改正する条例の制定について』は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、議案第9号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第10号について行います。 本案に対する委員長報告は可決です。 お諮りします。議案第10号『御前崎市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例の制定について』は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、議案第10号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第11号について行います。 本案に対する委員長報告は可決です。 お諮りします。議案第11号『地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について』は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、議案第11号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第12号について行います。 本案に対する委員長報告は可決です。 お諮りします。議案第12号『御前崎市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について』は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、議案第12号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第13号について行います。 本案に対する委員長報告は可決です。 お諮りします。議案第13号『御前崎市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定について』は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、議案第13号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第14号について行います。 本案に対する委員長報告は可決です。 お諮りします。議案第14号『御前崎市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について』は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立
    ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、議案第14号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第15号について行います。 本案に対する委員長報告は可決です。 お諮りします。議案第15号『御前崎市消防手数料条例の一部を改正する条例の制定について』は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、議案第15号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第16号について行います。 本案に対する委員長報告は可決です。 お諮りします。議案第16号『令和元年度御前崎一般会計予算の補正(第2号)について』は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、議案第16号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第17号について行います。 本案に対する委員長報告は可決です。 お諮りします。議案第17号『令和元年度御前崎国民健康保険特別会計予算の補正(第1号)について』は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、議案第17号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第18号について行います。 本案に対する委員長報告は可決です。 お諮りします。議案第18号『令和元年度御前崎介護保険特別会計予算の補正(第1号)について』は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、議案第18号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第19号について行います。 本案に対する委員長報告は可決です。 お諮りします。議案第19号『子ども・子育て支援法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について』は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、議案第19号は原案のとおり可決されました。 次に、認定第1号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものであります。 お諮りします。認定第1号『平成30年度御前崎一般会計歳入歳出決算の認定について』、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立多数です。 したがって、認定第1号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第2号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第2号『平成30年度御前崎国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について』、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立多数です。 したがって、認定第2号は原案のとおり認定されました。 次に、認定第3号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第3号『平成30年度御前崎後期高齢者医療保険特別会計歳入歳出決算の認定について』は、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立多数です。 したがって、認定第3号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第4号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第4号『平成30年度御前崎介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について』、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立多数です。 したがって、認定第4号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第5号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第5号『平成30年度御前崎農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について』、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、認定第5号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第6号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第6号『平成30年度御前崎下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について』、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、認定第6号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第7号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第7号『平成30年度御前崎工業団地建設事業特別会計歳入歳出決算の認定について』は、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立多数です。 したがって、認定第7号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第8号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第8号『平成30年度御前崎水道事業会計決算の認定について』は、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、認定第8号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第9号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第9号『平成30年度御前崎病院事業会計決算の認定について』は、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立全員です。 したがって、認定第9号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第10号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第10号『平成30年度御前崎池新田財産特別会計歳入歳出決算の認定について』、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立多数です。 したがって、認定第10号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第11号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第11号『平成30年度御前崎池新田西財産特別会計歳入歳出決算の認定について』は、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立多数です。 したがって、認定第11号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第12号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第12号『平成30年度御前崎佐倉財産特別会計歳入歳出決算の認定について』は、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立多数です。 したがって、認定第12号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第13号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第13号『平成30年度御前崎比木財産特別会計歳入歳出決算の認定について』は、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立多数です。 したがって、認定第13号は原案のとおり認定することに決定しました。 次に、認定第14号について行います。 本案に対する委員長報告は認定とするものです。 お諮りします。認定第14号『平成30年度御前崎新野財産特別会計歳入歳出決算の認定について』は、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立多数です。 したがって、認定第14号は原案のとおり認定することに決定しました。 △議案第20号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(杉浦謙二君) 日程第2、議案第20号『令和元年度御前崎一般会計予算の補正(第3号)について』を議題とします。 提案理由の説明を求めます。 増田正行総務部長。          〔総務部長 増田正行君登壇〕 ◎総務部長増田正行君) それでは、議案第20号『令和元年度御前崎一般会計予算の補正(第3号)について』提案理由の説明を申し上げます。 別冊の補正予算書1ページをごらんください。今回の補正は、9月5日に可決されました住民投票条例制定により、その実施に要する経費について補正をお願いするものでございます。歳入歳出それぞれ920万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ171億4,265万5,000円とするものでございます。 初めに、歳出から説明いたします。7ページをごらんください。2款1項16目住民投票費、1節報酬は、投開票管理者及び立会人の報酬で99万5,000円の計上でございます。 3節職員手当等は、選挙管理委員会書記の時間外勤務手当及び投開票事務従事者手当で534万5,000円の計上でございます。 11節需用費は、投票入場券投票用紙の印刷代が主なもので81万6,000円の計上でございます。 12節役務費は、投票入場券等の郵送料や計数機等点検手数料広告折り込み手数料などで119万3,000円の計上でございます。 13節委託料は、投票入場券作成等に係るデータ作成委託料及び期日前投票事務に係る人材派遣業務の委託料で81万1,000円の計上でございます。 14節使用料及び賃借料は、投票所の使用料4万円の計上となり、住民投票費合計920万円の補正額となります。 次に、歳入については、6ページをお願いいたします。財源といたしましては、留保分の繰越金を同額計上させていただきました。 以上、議案第20号『令和元年度御前崎一般会計予算の補正(第3号)について』の提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。 ○議長(杉浦謙二君) これから質疑を行います。 質疑はありませんか。          〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉浦謙二君) それでは、特にないようですので、以上で質疑を終結し、討論に入ります。 討論はありませんか。          〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉浦謙二君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わり、これより採決を行います。 お諮りします。議案第20号『令和元年度御前崎一般会計予算の補正(第3号)について』は、これを原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。          〔賛成者起立〕 ○議長(杉浦謙二君) 起立多数です。 したがって、議案第20号は原案のとおり可決されました。 △議員派遣の件 ○議長(杉浦謙二君) 日程第3、『議員派遣の件』を議題とします。 お諮りします。ただいま議題といたしました議員派遣については、お手元に配付したとおり派遣することに決定したいと思います。これにご異議ございませんか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉浦謙二君) 異議なしと認めます。 したがって、議員派遣はお手元に配付したとおり決定しました。 △市長挨拶 ○議長(杉浦謙二君) 以上で、今期定例会に付議されました全議案並びに全日程を終了しました。 ここで、市長よりご挨拶をお願いいたします。 栁澤重夫市長。          〔市長 栁澤重夫君登壇〕 ◎市長(栁澤重夫君) 9月議会定例会の閉会に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。 9月も下旬を迎え、暑さ寒さも彼岸までと言われるとおり、朝夕は大変涼しくなりました。実りのシーズンを迎え、稲刈りもほぼ終わり、北国からは紅葉の便りも聞かれ、日ごとに秋の深まりが感じられるこのごろであります。 9月20日にはラグビーワールドカップが開幕し、日本対ロシア戦も行われました。見事に勝利し、9月28日に予定されているエコパでの試合も大いに期待をしているところであります。 さて、東洋経済新報社が6月に住みよさランキングを算出、発表いたしました。この指標は、安心度、利便性、快適度、富裕度の4つの視点から22のデータを用いて算出したものであり、御前崎市は県内の市では1位にランクされているとともに、全国的にも66位にランクされています。これまでの政策が少しずつ実を結んでいるとするならば、これほどうれしいことはありません。御前崎市のすぐれている点をさらに伸ばしていくとともに、そうでない点を分析し、今後の対策の参考にしていきたいと思います。 8月26日に開会いたしました9月議会定例会も32日間という長い会期でありましたが、慎重なるご審議を賜り、提案いたしました全ての議案を可決、認定していただき、本日閉会の運びとなりました。まことにありがとうございました。 本定例会で審議していただいた案件は、継続審議となっていた議案や追加議案も含め、条例案件9件、補正予算案件4件、決算認定案件14件、報告案件4件の全31案件となりましたが、慎重なる審議をいただいた上、議決をいただきましたことに対し、重ねてお礼を申し上げます。 9月5日に行われました一般質問では、議員各位から市政全般にわたるご質問をお受けし、答弁をさせていただきました。皆様の貴重なご意見、ご提言を真摯に受けとめ、今後の市政運営に生かしてまいりますので、ご理解を賜りますようお願いを申し上げます。 本市においても、これから令和2年度当初予算編成作業が始まります。第2次御前崎市総合計画の5年目となりますので、今までの取り組みをしっかり検証した上で、見直すべきところは改善しながら着実に成果を上げていかなければなりません。刻々と変化する社会情勢や住民ニーズをしっかりと把握し、各部、各課において職員が知恵を絞り、実効性の高い事業を新年度予算に反映するよう指示してまいります。 秋の深まりにつれて、市内でも五穀豊穣を祝う秋祭りを初め、スポーツイベントや文化祭、大産業まつりなどの諸行事も予定をされております。議員各位には、くれぐれもご自愛の上、ますますのご活躍をいただきますようお願いを申し上げ、9月議会定例会閉会のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。 △閉会の宣告 ○議長(杉浦謙二君) 8月26日の開会以来、32日間という長期にわたりまして、提案されました各案件について終始熱心にご審議いただき、本日無事閉会の運びとなりました。円滑なる議会運営ができましたことに対し、議員各位のご協力はもとより、市長初め部課長の方々にも詳細にわたりご説明をいただきましたことに深く感謝申し上げます。 10月以降、祭典等地域行事とともに、市のイベントも数多く計画されており、公私ともに一層ご多用のことと思いますが、皆様には健康に十分ご留意され、ご活躍いただくことをお願い申し上げまして、令和元年9月御前崎市議会定例会を閉会といたします。          〔午前 9時45分 閉会〕...