掛川市議会 > 2021-02-18 >
令和 3年第 1回定例会( 2月)−02月18日-02号

  • "������������"(/)
ツイート シェア
  1. 掛川市議会 2021-02-18
    令和 3年第 1回定例会( 2月)−02月18日-02号


    取得元: 掛川市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-07-14
    令和 3年第 1回定例会( 2月)−02月18日-02号令和 3年第 1回定例会( 2月)              令和3年第1回(2月)            掛川市議会定例会会議録(第2号) 〇議事日程    令和3年2月18日(木)午前9時30分 開議  日程第1    議案第 29号  令和2年度掛川市一般会計補正予算(第12号)について    議案第 30号  令和2年度掛川市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)について    議案第 31号  令和2年度掛川市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第3号)について    議案第 32号  令和2年度掛川市介護保険特別会計補正予算(第4号)について    議案第 33号  令和2年度掛川市公共用地取得特別会計補正予算(第1号)について    議案第 34号  令和2年度掛川駅周辺施設管理特別会計補正予算(第2号)について    議案第 35号  令和2年度大坂・土方工業用地整備事業特別会計補正予算(第1号)について    議案第 36号  令和2年度掛川市水道事業会計補正予算(第4号)について    議案第 37号  令和2年度掛川市簡易水道事業会計補正予算(第2号)について    議案第 38号  令和2年度掛川市公共下水道事業会計補正予算(第4号)について
       議案第 39号  令和2年度掛川市農業集落排水事業会計補正予算(第3号)について    議案第 40号  東遠学園組合の共同処理する事務の変更及び規約変更について    議案第 41号  第2次掛川市総合計画基本構想の改定について    議案第 42号  辺地総合整備計画の策定について    議案第 43号  公の施設の指定管理者の指定について(掛川市自転車等駐車場)    議案第 44号  公の施設の指定管理者の指定について(掛川市駅周辺駐車場)    議案第 45号  公の施設の指定管理者の指定について(掛川大手門駐車場)    議案第 46号  公の施設の指定管理者の指定について(掛川城公園駐車場)    議案第 47号  専決処分の承認を求めることについて(令和2年度掛川市一般会計補正予算(第10号))    議案第 48号  専決処分の承認を求めることについて(感染症予防対策抗原検 査キット購入契約の締結)  日程第2   陳情について    陳情第  1号  「日本政府核兵器禁止条約の参加・調印・批准を求める意見書」の提出を求める陳情書 〇本日の会議に付した事件 ………………………………… 議事日程に掲げた事件に同じ 〇出席議員 ……………………………………………………………… 議員出席表のとおり 〇欠席議員 ……………………………………………………………… 議員出席表のとおり 〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者 ………… 出席表のとおり 〇職務のため議場に出席した事務局職員 ………………………………… 出席表のとおり                     議 事                 午前9時30分 開議 ○議長(大石勇君) ただいまの出席議員は17名であります。定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。 △日程第1 議案第29号〜議案第48号 ○議長(大石勇君) 日程第 1、議案第29号から議案第48号までの20件を一括議題とします。  提出者から提案理由の説明を求めます。市長、松井三郎君。                〔市長 松井三郎君 登壇〕 ◎市長(松井三郎君) ただいま上程されました、議案第29号から議案第48号までの20件について、一括して御説明申し上げます。  最初に、議案第29号、令和 2年度掛川市一般会計補正予算(第12号)については、歳入歳出それぞれ 8億 2,412万 7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を 644億 6,499万 5,000円とするものであります。  次に、議案第30号、令和 2年度掛川市国民健康保険特別会計補正予算(第 5号)については、歳入歳出それぞれ 9,717万 8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を 120億 9,948万 6,000円とするものであります。  次に、議案第31号、令和 2年度掛川市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第 3号)については、歳入歳出それぞれ 746万 3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を13億 2,572万 6,000円とするものであります。  次に、議案第32号、令和 2年度掛川市介護保険特別会計補正予算(第 4号)については、歳入歳出それぞれ 769万 9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を 100億 5,300万 3,000円とするものであります。  補正の内容は、居宅及び特定入所者介護サービス給付費の増額によるものであります。  次に、議案第33号、令和 2年度掛川市公共用地取得特別会計補正予算(第 1号)については、歳入歳出それぞれ 2万 5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を 5億 3,687万 4,000円とするものであります。  補正の主な内容は、土地貸付収入の増額及び公共用地先行取得費の増額であります。  次に、議案第34号、令和 2年度掛川駅周辺施設管理特別会計補正予算(第 2号)については、歳入歳出それぞれ 3,490万 1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を 1億 436万 3,000円とするものであります。  次に、議案第35号、令和 2年度大坂・土方工業用地整備事業特別会計補正予算(第 1号)については、歳入歳出それぞれ 9,260万円を減額し、歳入歳出予算の総額を 2億 5,603万 8,000円とするものであります。  次に、議案第36号、令和 2年度掛川市水道事業会計補正予算(第 4号)については、資本的収入 415万 4,000円を追加し、資本的収入の総額を 3億 5,180万 8,000円とするものであります。  次に、議案第37号、令和 2年度掛川市簡易水道事業会計補正予算(第 2号)については、第 1条において水道事業収益19万 2,000円を追加し、総額を 1,723万 2,000円とし、水道事業費用28万 4,000円減額し、総額を 2,212万 9,000円とするとともに、第 2条において資本的収入及び支出をそれぞれ 3,131万 8,000円減額し、資本的収入の総額を57万 8,000円、資本的支出の総額を 484万 2,000円とするものであります。  次に、議案第38号、令和 2年度掛川市公共下水道事業会計補正予算(第 4号)については、第 2条において下水道事業収益 751万 6,000円を減額し、総額を25億 574万 3,000円とし、下水道事業費用 187万 2,000円を減額し、総額を20億39万 5,000円とするとともに、第 3条において資本的収入及び支出をそれぞれ 2億 6,137万 4,000円減額し、資本的収入の総額を10億 4,769万 2,000円、資本的支出の総額を18億 5,251万 1,000円とするものであります。  補正の主な内容は、管渠工事単独工事費の減額であります。  次に、議案第39号、令和 2年度掛川市農業集落排水事業会計補正予算(第 3号)については、第 1条において下水道事業収益及び費用をそれぞれ51万 5,000円減額し、下水道事業収益の総額を 4億 1,127万 2,000円、下水道事業費用の総額を 3億 4,300万 8,000円とするものであります。  補正の主な内容は、総係費の減額であります。  次に、議案第40号、東遠学園組合の共同処理する事務の変更及び規約変更については、東遠学園組合における児童福祉法第 6条の 2の 2第 2項の規定による児童発達支援の実施に関する事務を組合の共同処理する事務に加えるとともに、必要な規約の変更を行うものであります。  次に、議案第41号、第 2次掛川市総合計画基本構想の改定については、掛川市自治基本条例第13条第 1項の規定により、議会の議決を求めるものであります。  次に、議案第42号、辺地総合整備計画の策定については、辺地に係る公共的施設総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第 3条第 1項の規定により、議会の議決を求めるものであります。  次に、議案第43号から議案第46号までの 4件については、いずれも地方自治法第 244条の 2第 6項の規定に基づき、公の施設の指定管理者の指定について、議会の議決を求めるものであります。  議案第43号、掛川市自転車等駐車場、議案第44号、掛川市駅周辺駐車場、議案第45号、掛川大手門駐車場、議案第46号、掛川城公園駐車場の 4施設の指定管理者を令和 3年 4月 1日から令和 8年 3月31日までの 5年間、かけがわ街づくり株式会社に指定するものであります。  次に、議案第47号、専決処分の承認を求めることについては、地方自治法第 179条第 1項の規定に基づき、令和 2年度掛川市一般会計補正予算(第10号)について、令和 3年 1月15日をもって専決処分したので、同条 3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。  最後に、議案第48号、専決処分の承認を求めることについては、地方自治法第 179条第 1項の規定に基づき、感染症予防対策抗原検査キット購入契約の締結について、令和 3年 2月 8日をもって専決処分したので、同条第 3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。  以上、20件について一括して御説明申し上げましたが、議案第29号から議案第32号まで、議案第34号、議案第35号、議案第38号、議案第40号、議案第41号、議案第47号及び議案第48号の11件については、引き続き担当部長補足説明をいたしますので、御審議くださるようよろしくお願いを申し上げます。  以上であります。 ○議長(大石勇君) 次に、補足説明を求めます。  まず、議案第29号、議案第47号及び議案第48号の 3件について、高柳総務部長。                〔総務部長 高柳泉君 登壇〕 ◎総務部長(高柳泉君) 私からは、議案第29号、議案第47号及び議案第48号について補足説明申し上げます。  議案書の 119ページをお願いします。  議案第29号、令和 2年度掛川市一般会計補正予算(第12号)については、第 1条は、歳入歳出予算の補正で、歳入歳出それぞれ 8億 2,412万 7,000円を減額し、予算の総額をそれぞれ 644億 6,499万 5,000円とするものです。  第 2条繰越明許費の補正、第 3条債務負担行為の補正、第 4条地方債の補正は、それぞれ第 2表から第 4表により説明させていただきます。   126ページをお願いします。  第 2表、繰越明許費補正は、全部で24件の追加と、 1件の変更をお願いするものです。   2款日坂 1工区地籍調査事業は、県補助金追加内示により、年度内の完成が見込めないため、また、同じく 2款戸籍事務事業及び住民基本台帳事務事業並びに 3款介護給付費給付事務事業は、各システム改修を行うものですが、国からの改修仕様書の提示が遅れていることから、繰越しをお願いするものです。   4款の新型インフルエンザ等予防事業は、コロナ対策をさらに充実するため、国の地方創生臨時交付金を活用し、令和 3年度予算から前倒しして、医療用消耗器材陰圧テントエアーテントなどの備品を購入するため、本補正予算にて 3,583万円を計上するものですが、全国的に感染症対策資機材の需要が高まる中、年度内の納品が難しいことから、全額繰越しをお願いするものです。   6款担い手育成支援事業は、国庫補助金追加内示により、令和 3年度に補助する予定であった農機具の購入費用の一部を前倒しして補助するものですが、年度内の完了が難しいことから、また、 8款道路橋梁維持事業から下垂木地区まちづくり事業については、それぞれ地権者との交渉や関係機関との協議に時間を要したことやコロナの影響により工事用資機材の確保に不測の日数を要していることから、繰越しをお願いするものです。   9款防災資機材整備事業についても、国の地方創生臨時交付金を活用し、広域避難所等におけるパーティションや防災ベッドを購入するため、令和 3年度予算から前倒しして、本補正予算追加計上をするものですが、年度内の納品が難しいことから、繰越しをお願いするものです。  10款文化ホール運営事業は、文化会館シオーネ音響等改修工事ですが、コロナの影響により工事に使用する特殊部品の年度内の納品が難しいことから、また、学校給食運営事業は、大東給食センター改修工事実施設計業務ですが、当初、学校給食の提供のない夏休みに実施する予定でしたが、コロナの影響で夏休みが短縮となったことから、その業務を春休みに実施することとしたため、繰越しをお願いするものです。  11款 1つ目、農林水産施設災害復旧費は、林道横根沢線で工事に支障を来す物件の移転に不測の日数を要したことにより、また 2つ目、土木施設災害復旧費は、花屋敷南循環線コロナの影響により工事に使用する特殊部品の年度内の納品が難しいことから、それぞれ繰越しをお願いするものです。  次に、変更の部、三井幹線改良事業は、11月補正で国の追加内示分についてお認めいただきましたが、当初予算計上分についても地元との調整に不測の日数を要していることから、繰越しをお願いするものです。   127ページ、第 3表、債務負担行為補正のうち、 1、追加の部、選挙事務補助員派遣業務委託は、本年 4月18日執行の市長及び市議会議員選挙の期日前投票所における投票事務に万全を期すため、令和 2年度中に契約をするものです。  次に、 2、変更の部、経済変動対策貸付金利子補給金は、貸付金の申込み期限が本年 3月まで延長されたことから、本年 4月から令和 6年 4月まで償還期間がある事業者への利子補給に対応するため、期間の変更をお願いするものです。  次に、松ヶ岡整備工事費は、当初一括で発注する予定で、期間を令和 6年度まで、限度額を 4億円としましたが、分割発注することとし、本年度契約した工事について、限度額を 5,334万 6,000円、期間を令和 3年度までとさせていただくものです。これは工事の進捗に合わせ、これまでは不明であった天井裏、床下、壁裏などの状況が判明した結果を踏まえての分割発注のほうが効率的に施工できると判断したことによるものです。   128ページをお願いします。  第 4表、地方債補正は、追加の部及び変更の部総額で 3億 4,437万 6,000円の増額となります。  まず、 1、追加の部の減収補てん債は、法人市民税及び利子割交付金等の減収を補てんするため、 4億 5,407万 6,000円を追加するものです。  また、 129ページに変更の部、農林水産債農業農村整備事業及び土木債の道路橋梁維持事業は、国の追加内示を受け、事業費が増額したことによるものです。  農林水産債辺地対策事業林道開発改良事業は、県営事業である大尾大日山線が県で予算化されなかったことから皆減するものです。  消防債の消防ポンプ車整備事業は、消防庁より無償貸与を受けることができたことから皆減するものです。  その他につきましては、事業費等確定見込みによる減額です。  以下、別冊の一般会計補正予算(第12号)事項別明細書により御説明します。  事項別明細書、 4ページをお願いします。  最初に、歳入です。   1款市税、 1項 1目個人市民税 7,725万 3,000円の増は、定年延長などによる納税義務者の増によるものです。 2目法人市民税 3億 3,880万 7,000円の減は、新型コロナウイルス感染症の影響等により減額を見込むものです。  下段、 2項 1目固定資産税 1億 142万 5,000円の増は、主に償却資産において当初見込みより設備投資額の落ち込みが少なかったことなどにより増額を見込むものです。   6ページをお願いします。  下段、 3項軽自動車税、 1目環境性能割 922万 2,000円の増及び 2目種別割 1,284万 7,000円の増は、課税対象台数の増によるものです。
      8ページをお願いします。   4項 1目市たばこ税 1,521万 4,000円の減は、これまでの実績により減額を見込むものです。  10ページをお願いします。   5項 1目入湯税 1,515万 9,000円の減は、コロナの影響による利用客数の減少によるものです。  12ページをお願いします。   2款地方譲与税、 1項 1目地方揮発油譲与税 1,400万円の減から、28ページ、12款交通安全対策特別交付金 400万円の増は、いずれも12月までの交付実績及び県の交付見込額を踏まえて、それぞれ増額、または減額を見込むものです。  30ページをお願いします。  13款分担金及び負担金、 1項 1目農林水産業費分担金 644万 7,000円の増は、分担金対象となる県施行土地改良総合整備事業費の増額によるものです。  少し飛びまして、40ページをお願いします。  15款国庫支出金、 1項 1目民生費国庫負担金 2,717万 4,000円の増は、それぞれ歳出の給付費等について、12月までの実績により決算見込額として補正するものです。  46ページをお願いします。   2項 1目総務費国庫補助金76万 1,000円の減のうち、説明欄 1つ目、個人番号カード交付事業費等補助金は、個人番号カード交付件数の見込みに合わせて 1,158万 5,000円を減額するものです。  また、 2つ目、社会保障税番号制度システム整備費補助金 1,082万 4,000円の追加は、今年度実施するシステム改修等に対して交付されるものです。   2目民生費国庫補助金 4,578万 2,000円の減は、12月までの実績により、決算見込額として補正するものです。  50ページをお願いします。   3目衛生費国庫補助金 352万 3,000円の減は、浄化槽設置基数の減によるものです。   4目土木費国庫補助金 214万 5,000円の減のうち、 1節道路新設改良事業費国庫補助金 121万円の増は、国の追加内示に伴う増額。また、 5節営繕指導費国庫補助金 335万 5,000円の減は、がけ地近接危険住宅移転事業について、事業費の確定によるものです。   6目教育費国庫補助金、 2節魅力ある小学校づくり推進費国庫補助金のうち、説明欄 2つ目、端末整備支援事業補助金 1,204万 5,000円の増は、補正(第 6号)でお認めいただいた家庭用WiFi整備事業において、 1台当たり 1万円が補助されることになったことによるものです。  54ページをお願いします。  10目ひとり親世帯臨時特別給付金国庫補助金 2,060万円の増は、児童扶養手当受給世帯等へ 1世帯 5万円、第 2子以降 1人につき 3万円を支給する事業について、実績見込みにより増額するものです。  少し飛びまして、64ページをお願いします。  下段、16款県支出金、 2項 1目総務費県補助金、 3節公共交通対策費県補助金 582万 3,000円の増は、自主運行バスの令和元年度の収支等の確定に伴い増額するものです。  70ページをお願いします。  下段、 4目農林水産業費県補助金、 3節農業育成費県補助金 2,637万 4,000円の減のうち、説明欄の一番下、農地集積集約化対策事業費補助金 1,353万円の皆減は、要件に該当する方がいなかったことによるものです。  72ページをお願いします。   5目商工費県補助金 8,737万 4,000円の減のうち、説明欄 2つ目、感染症拡大防止事業交付金 8,250万円の減は、決算見込みにより減額をするものです。   6目土木費県補助金、 2節土木災害対策費県補助金 202万 5,000円の皆減は、家代地内の急傾斜地崩壊対策事業が県の補助採択とされなかったことによるものです。  80ページをお願いします。  17款財産収入、 1項 2目利子及び配当金 629万 2,000円の増は、国債を活用するなど、効果的な基金運用に努めたことによるものです。  86ページをお願いします。  18款寄附金、 1項 6目一般寄附金 1億 6,100万円の増のうち、説明欄 1つ目、ふるさと応援寄附金は、12月までの実績により総額を 9億円と見込み、また、 2つ目、企業版ふるさと納税寄附金 1,100万円を追加するものです。  88ページをお願いします。  19款繰入金、 1項 1目基金繰入金 5億 6,409万円の減のうち、説明欄 1つ目、財政調整基金繰入金は、歳出予算において、決算見込みによる減額補正をしたことから、 6億 5,589万 6,000円を減額するものです。また、その下のふるさと応援基金繰入金 9,265万 8,000円の増は、ふるさと応援寄附金の増額を見込んだことなどによるものです。  94ページをお願いします。  21款諸収入、 5項 3目衛生費雑収入、 6節環境保全活動推進費雑入 478万 5,000円の減のうち、説明欄 2つ目、二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 428万 5,000円の皆減は、徳育保健センター照明LED化事業補助採択されなかったことによるものです。  96ページをお願いします。   6目商工費雑収入、 1節商工業振興費雑入説明欄過年度分産業立地奨励事業費補助金返還金 746万 4,000円の追加は、償却資産に係る固定資産税減額修正申告をされた企業に対し、過年度に交付した補助金の返還を求めるものです。   104ページをお願いします。  ここから歳出に移りますが、今回の補正では令和 3年度の財源を確保するため、少額でも減額補正を行っています。事業の精算に関わる事項及びこれまでに説明したものにつきましては、説明を省略させていただきます。   106ページをお願いします。   2款総務費、 1項 1目人事管理費説明欄 1の (1)、一般職のうち普通退職手当 3,146万 9,000円の増は、退職予定者数に合わせて補正するものです。  少し飛びまして、 116ページをお願いします。  29目協働によるまちづくり推進費説明欄 1の (1)、協働のまちづくり推進費 2,688万 2,000円の減の主なものは、地区まちづくり協議会交付金について、本年度の活動実績に伴い減額をさせていただくものです。  30目住民自治振興費説明欄 2の (2)、自治区活動支援費 487万 1,000円の減のうち、コミュニティ活動促進事業補助金 250万円の減は、予定していた 2件のうち、 1件が不採択となったことによるものです。   122ページをお願いします。   2項 1目賦課徴収費説明欄 1の (1)、資産税管理費 1億 2,218万 1,000円の増は、固定資産税修正申告の実績により、過誤納金還付金を増額するものです。   126ページをお願いします。   4項 6目市長選挙費 131万 6,000円の追加及び 7目市議会議員選挙 422万 7,000円の追加は、 4月18日執行の両選挙における選挙用資機材購入費等を追加するものです。  大分飛びまして、 148ページをお願いします。  下段、 3款民生費、 2項 5目保育サービス推進支援費説明欄 1の (1)、私立保育園等運営費 9,058万 4,000円の増のうち、私立保育園等運営費 8,818万 7,000円の増は、利用者人数の増及び加算項目の追加等により、施設型給付費を増額するものです。  大分飛びまして、 172ページをお願いします。   6款農林水産業費、 1項 4目農業振興費、説明欄 1の (1)、日本一茶産地推進事業費 610万円の減のうち、最下段、茶園共同管理推進事業費補助金 500万円の皆減は、対象者がいなかったことによるものです。   2項 1目農業農村整備事業費、説明欄 3の (1)、県施行土地改良整備事業 5,650万円の増及び 174ページ、 3目老朽溜池等整備事業費 1,287万 3,000円の増は、国の補正予算等により県施行事業が増額となったことによるものです。   180ページをお願いします。   7款商工費、 1項 1目商工業振興費、説明欄 4の (1)企業誘致対策費 1億 2,274万 2,000円の減の主なものは、産業立地奨励事業費補助金の新規分の減等によるものです。また、説明欄 5の (3)地域経済応援事業費 2億 3,492万 1,000円の減は、コロナ対策として実施しました感染症拡大防止協力金及びポストコロナ対応経済活動助成金等の決算見込みによるものです。   188ページをお願いします。   8款土木費、 3項 4目海岸保全費 1億 3,636万 7,000円の減は、海岸防災林強化事業において用地買収等が難航し、年度内の執行ができなくなったことによるものです。  飛びまして、 204ページをお願いします。  10款教育費、 2項 4目魅力ある小学校づくり推進費、説明欄 4の (1)学校教育情報化推進事業費 1億 842万円の減は、備品購入費において、児童・生徒のタブレット購入等における入札差金によるものです。   210ページをお願いします。   4項 5目私立幼稚園等支援費、説明欄 1の (1)、私立幼稚園等運営費等助成費 1億 2,189万 9,000円の減の主なものは、最下段、私立幼稚園等施設型給付費 1億 1,997万 9,000円の減で、利用人数等に合わせて実績見込みにより減額するものです。  以上、議案第29号、令和 2年度掛川市一般会計補正予算(第12号)の補足説明とさせていただきます。  それでは、議案書にお戻りいただきまして、議案書の 191ページをお願いします。  議案第47号、専決処分の承認を求めることについて(令和 2年度掛川市一般会計補正予算(第10号))については、新型コロナウイルス感染症が急増する中、本市の感染拡大防止対策を早急に充実させる必要があるため、地方自治法第 179条第 1項の規定に基づき、本年 1月15日付で専決処分をさせていただいたものです。   193ページをお願いします。  第 1条は、歳入歳出予算の補正で、歳入歳出それぞれ 6,888万 2,000円を追加し、予算の総額を 648億 8,912万 2,000円とするものです。   204ページをお願いします。   4款衛生費、 1項 6目感染症予防費 6,888万 2,000円の増は、新型コロナウイルスワクチンを速やかに接種できるよう、予防接種台帳システムの改修、接種券の印刷及び発送、さらには実施体制の整備に伴う人材派遣の委託に係る費用 3,027万 2,000円と、クラスターの発生による感染者の急増を防ぐため、早期に検査が実施できるよう、抗原検査キットの整備に係る費用 3,861万円を追加するものです。   200ページにお戻りいただいて、財源ですが、ワクチンの接種関連に係る費用については、全額国からの補助金、めくっていただき、 202ページ、抗原検査キットの購入に係る費用については、財政調整基金からの繰入金にて対応します。  なお、本定例会に提出しました議案第29号、一般会計補正予算(第12号)において、国の地方創生臨時交付金に振り替えることとしております。   207ページをお願いします。  議案第48号、専決処分の承認を求めることについて(感染症予防対策抗原検査キット購入契約の締結)については、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、早期に契約を締結し、検査キットの整備を進める必要があることから、地方自治法第 179条第 1項の規定に基づき、本年 2月 8日付で専決処分をさせていただいたものです。   209ページをお願いします。  随意契約により、 3,080万円で、東京都文京区西片一丁目 3番18号、株式会社ALL IN ONE、代表取締役、小杉信之と購入契約を締結いたしました。  以上、議案第29号、議案第47号及び議案第48号の補足説明とさせていただきます。よろしく御審議くださいますようお願いいたします。 ○議長(大石勇君) 補足説明の途中ではありますが、この際、しばらく休憩とします。                  午前10時15分 休憩                  午前10時29分 開議 ○議長(大石勇君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  補足説明を継続します。  議案第30号から議案第32号まで及び議案第40号の 4件について補足説明を求めます。  松浦健康福祉部長。              〔健康福祉部長 松浦大輔君 登壇〕 ◎健康福祉部長(松浦大輔君) 私からは、議案第30号から議案第32号及び議案第40号につきまして、補足説明をさせていただきます。  最初に、議案第30号、令和 2年度掛川市国民健康保険特別会計補正予算(第 5号)につきまして、補足説明を申し上げます。  議案書は 131ページからとなりますが、別冊の特別会計補正予算事項別明細書により説明をさせていただきます。  事項別明細書の 4ページをお願いいたします。  最初に、歳入ですが、 1款 1項 1目一般被保険者国民健康保険税の 1節現年課税分は、国保加入被保険者の厚生年金受給者の増加等の影響及び本年度に限っては、新型コロナウイルス感染症に伴う廃業や解雇等による非自発的失業者など、収入のある被保険者が加入することにより減少幅が抑制されたことにより、 5,169万 3,000円を増額するものです。   6ページをお願いします。   3款国庫支出金、 1項 1目災害臨時特例補助金 1,252万 1,000円の増は、新型コロナウイルス感染症による国保税の減免の補てん分として、現年度国保税減免による影響額の 6割相当分の国庫補助金によるものです。   8ページをお願いします。   4款県支出金、 1項 1目保険給付費等交付金の 1節普通交付金 2億 349万 2,000円の減は、歳出、 2款保険給付費の減によるもの、 2節特別交付金は現年度国保税減免の補てん 4割相当分の 835万円及び過年度国保税減免の補てん全額分として 420万円の増額によるものです。  10ページをお願いします。   5款 1項 1目利子及び配当金59万 4,000円の増は、一括運用基金の利息によるものです。  12ページをお願いします。   6款 1項 1目一般会計繰入金 2,181万 1,000円の増は、説明欄の事務費分及び国保税軽減に係る国保財政基盤安定分の繰入額が確定したことなどによるものです。  14ページをお願いします。   8款諸収入、 3項 1目一般被保険者第三者納付金 266万 9,000円の増は、交通事故などにより保険診療を受けた場合の加害者からの納付金、 3目一般被保険者返納金 436万 3,000円の増は、国保脱退後に国民健康保険証を使用した医療費の現年度精算分、 5目過年度分医療費返納金11万 3,000円の増は、同じく過年度精算分で、それぞれ精算見込みによる増額です。  続いて、歳出について説明いたします。  16ページをお願いいたします。
      1款 1項 1目総務管理費 435万 4,000円の増は、高額療養費の申請手続簡素化のための電算システム改修費です。  18ページをお願いします。   2款 1項 1目一般被保険者療養給付費 2億円の減は、新型コロナウイルス感染症による医療機関への受診控えや病院側による感染症対策等による影響と思われます。  下段の 2項 2目退職被保険者等高額療養費 3万 6,000円の増及び 3目一般被保険者高額介護合算療養費30万円の増、おめくりいただいて、20ページの 5項 1目一般被保険者移送費 320万円の増は、実績見込みによるものです。  22ページをお願いします。   5款保健事業費、 1項 1目特定健診等事業費99万 7,000円の減及び 2目保健活動費の人間ドック助成事務費 600万円の減は、実績見込みによる減額です。   3目医療費適正化対策費18万 9,000円の増は、第三者行為共同処理事業の実績見込みによる増額です。  24ページをお願いします。   6款 1項 1目国民健康保険事業基金積立金 8,379万 2,000円の増は、翌年度以降の国民健康保険財政の安定化を図るために積み上げるもので、年度末の基金残高は約 5億 3,000万円となる見込みです。  26ページをお願いします。   8款 1項 1目一般被保険者保険税還付金 420万円の増は、新型コロナウイルス感染症による過年度国保税減免に対する還付金によるものです。  28ページをお願いします。   9款 1項 1目予備費の 1,374万 8,000円の増は、保険給付費が急増した場合の財源を確保するものです。  以上で、議案第30号の補足説明とさせていただきます。  次に、議案第31号、令和 2年度掛川市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第 3号)につきまして、補足説明を申し上げます。  議案書は 135ページからとなりますが、別冊の特別会計補正予算事項別明細書により説明をさせていただきます。  事項別明細書の34ページをお願いします。  最初に、歳入ですが、 1款 1項 2目普通徴収保険料 501万 3,000円の増は、被保険者数の増加及び基準所得の増加によるものです。  36ページをお願いします。   3款 1項 1目事務費繰入金 245万円の増は、特定健診の受診者の増加により、一般会計からの繰入金を増額するものです。  38ページをお願いします。  ここからは歳出となります。   2款 1項 1目後期高齢者医療広域連合納付金 501万 3,000円の増は、歳入で説明しました普通徴収保険料の増加によるものです。  40ページをお願いします。   3款 1項 1目特定健康診断等事業費 245万円の増は、特定健診の受診者の増加によるものです。  以上で、議案第31号の補足説明とさせていただきます。  次に、議案第32号、令和 2年度掛川市介護保険特別会計補正予算(第 4号)につきまして、補足説明を申し上げます。  議案書は 139ページからとなりますが、別冊の特別会計補正予算事項別明細書により説明をさせていただきます。  事項別明細書の46ページをお願いします。  最初に、歳入ですが、 1款 1項 1目第 1号被保険者保険料は、 1節の現年度分特別徴収保険料 1億 3,704万 5,000円を増額し、 2節の現年度分普通徴収保険料 7,030万円を減額するものです。これは、前年度に65歳に到達した方が、納付書による普通徴収から年金天引きの特別徴収に変わったことによるものです。  50ページをお願いします。   4款 1項 1目介護給付費負担金、また下段の 2項 2目地域支援事業交付金から、めくっていただいて、52ページの 3目地域支援事業交付金まで、めくっていただきまして、56ページの 5款 1項 1目介護給付費交付金から58ページの下段、 6款 2項 2目地域支援事業交付金まで及び少し飛びまして、64ページの 8款 1項 1目介護給付費繰入金から 3目地域支援事業繰入金までにつきましては、介護給付費及び地域支援事業費の10月までの給付実績を基に 1年間の所要額を精査し、それぞれ増減をするものです。  戻っていただきまして、52ページをお願いします。   4款 2項 5目保険者機能強化推進交付金と、 6目介護保険保険者努力支援交付金は、保険者が実施する自立支援や介護予防重度化防止等の事業に対して、保険者インセンティブとして国から交付されるもので、保険者機能強化推進交付金は 1,034万 1,000円を増額補正、介護保険保険者努力支援交付金は新規制度として追加するものです。  74ページをお願いします。  ここからは歳出になります。   1款 3項 1目介護認定審査会費 329万 4,000円の減額は、審査会等の開催実績による審査会委員の報酬等の減額、同項 2目の介護認定調査費 146万円の減額は要介護認定調査委託料の実績による減です。  76ページをお願いします。   2款 1項 1目介護サービス等給付費は、説明欄の 1から 3までの各介護サービス等費の10月までの実績により、合わせて 9,770万円を増額するものです。   2目高額介護サービス等費の 901万 5,000円の増は、実績見込みによるものです。  78ページをお願いします。  下段、 2項 1目介護予防・生活支援サービス事業費から、80ページの 4目任意事業費につきましては、実績見込みによる減です。  82ページをお願いします。   3款 1項基金積立金、 1目給付支払準備基金積立金 8,738万 4,000円の減は、保険料や交付金などの歳入及び介護給付費などの歳出の実績見込みによるものです。  以上で、議案第32号の補足説明とさせていただきます。  次に、議案第40号、東遠学園組合の共同処理する事務の変更及び規約変更につきまして、補足説明を申し上げます。  議案書の 165ページをお願いします。  地方自治法第 286条第 1項の規定により、東遠学園組合の規約を変更するものです。   166ページをお願いします。  今回の組合規約の変更につきましては、東遠学園組合規約の第 3条に規定する「組合の共同処理する事務」に第12号として、「東遠学園組合こども発達センターきためばえにおける児童福祉法第 6条の 2の 2第 2項の規定による児童発達支援の実施に関する事務」を追加するものです。  なお、一部事務組合である東遠学園組合の規約を変更するに当たっては、関係地方公共団体の議会の議決を経た上で、県知事の許可を受けなければならないとされていることから、当議会での議決を求めるものになります。  今回、新たに追加する事業は、東遠学園組合の敷地内にある東遠地区生活支援センター内において、未就学児を対象とした児童発達支援事業所を開設するものであります。  以上で議案第30号から議案第32号及び議案第40号の 4件の補足説明とさせていただきます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。 ○議長(大石勇君) 続いて、補足説明を求めます。  議案第34号及び議案第35号について、大石産業経済部長。              〔産業経済部長 大石良治君 登壇〕 ◎産業経済部長(大石良治君) 私からは、議案第34号及び議案第35号の 2件について補足説明させていただきます。  最初に、議案第34号、令和 2年度掛川駅周辺施設管理特別会計補正予算(第 2号)につきまして、補足説明させていただきます。  議案書の 147ページをお願いします。  第 1条は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ 3,490万 1,000円減額し、予算の総額を歳入歳出それぞれ 1億 436万 3,000円とするものであります。  第 2条は、繰越明許費について定めるもので、第 2表により説明をします。  第 3条は、地方債について定めるもので、第 3表により説明をさせていただきます。   150ページをお願いいたします。  第 2表、繰越明許費につきましては、ほのぼのパスエレベーター設置事業について、施工方法や鉄道本線構造物等への影響検討について、JR東海と協議が継続中であるため、繰越しをするものであります。   151ページをお願いします。  第 3表、地方債につきましては、掛川駅周辺地区まちづくり事業について、限度額が 1,290万円となるため、 690万円の減額をするものであります。  以下、特別会計補正予算事項別明細書により説明をさせていただきます。  事項別明細書の 106ページをお願いします。  最初に、歳入について説明をさせていただきます。   1款 1項 1目駐車・駐輪場使用料 5,280万円の減は、新型コロナウイルス感染症の影響による駐車・駐輪場使用料減によるものであります。   108ページをお開きください。   2款 1項 1目国庫補助金 776万円の増は、事業見直しにより、ほのぼのパスエレベーター設置事業に充当したことによるものであります。   110ページをお開きください。   4款 2項 1目雑入 102万 1,000円の減の主なものは、新型コロナウイルス感染症の影響による掛川城公園駐車場及び大手門駐車場施設使用料減によるものであります。   112ページをお開きください。   5款 1項 1目土木債 690万円の減は、先ほど 108ページで申し上げました、ほのぼのパスエレベーター設置事業等による国庫補助金の増により、地方債の借入れの減をするものであります。   114ページをお開きください。   6款 1項 1目基金繰入金 1,806万円の増は、新型コロナウイルス感染症の影響によって減少した掛川駅周辺施設管理特別会計の収入を補てんするものであります。  続いて、歳出について説明をいたします。   116ページをお願いします。   1款 1項 1目駅周辺管理費 3,114万 3,000円の減の主なものにつきましては、新型コロナウイルス感染症の影響による駐車・駐輪場使用料減によって、中心市街地活性化基金積立金を皆減したこと等によるものであります。   118ページをお開きください。   2款 1項 1目大手門駐車場施設管理費 268万 7,000円の減は、新型コロナウイルス感染症の影響により、駐車場全自動システムの更新を見送ったことによるものであります。  以上、議案第34号の補足説明とさせていただきます。  次に、議案第35号、令和 2年度大坂・土方工業用地整備事業特別会計補正予算(第 1号)について補足説明をいたします。   2月定例会議案書は 153ページからとなりますが、特別会計補正予算事項別明細書により説明をさせていただきます。  事項別明細書の 126ページをお願いします。  最初に、歳入ですが、 2款 1項 1目不動産売払収入 9,260万円の減は、コロナショックの影響により、現在交渉中である企業との年度内の土地売買契約の締結が困難なことから皆減するものであります。  続いて、歳出について申し上げます。   128ページをお願いします。   1款 1項 1目西工区整備事業費 9,260万円の減は、収入の減に伴う造成工事費の減額並びに実績による物件移転補償費の減額であります。  以上、議案第34号及び議案第35号の 2件の補足説明とさせていただきます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。 ○議長(大石勇君) 続いて、補足説明を求めます。  議案第38号について、塚本上下水道部長。              〔上下水道部長 塚本明宏君 登壇〕 ◎上下水道部長(塚本明宏君) 私からは、議案第38号、令和 2年度掛川市公共下水道事業会計補正予算(第 4号)につきまして、補足説明を申し上げます。  議案書の 161ページをお開きください。  第 1条は、業務の予定量を改めるもので、主要な建設改良事業のうち、管路建設事業を減額するものです。  第 2条の収益的収入及び支出の予定額、第 3条の資本的収入及び支出の予定額につきましては、事項別明細書により説明させていただきます。  企業会計補正予算事項別明細書の 152ページをお開きください。
     第 2条に係る収益的収入及び支出につきましては、上段の表、収入では 1款 1項営業収益の 1目下水道使用料を 1,317万円減額し、 2項営業外収益、 1目他会計補助金は 1,411万 2,000円の増、 5目の消費税及び地方消費税還付金 845万 8,000円を皆減し、下水道事業収益では 751万 6,000円の減額とするものです。主な理由は、公共下水道使用料の減によるものです。  下段の表、支出では、 1款下水道事業費用を 187万 2,000円減額するもので、主な内容は、 1項営業費用では、光熱水費等の費用の精算や 2項営業外費用では、消費税及び地方消費税を納付に見込み直したことによるものです。  ページをめくっていただきます。  第 3条に係る資本的収入及び支出につきましては、上段の表、収入では 1款資本的収入のうち、 1項企業債、 4項他会計支出金を合わせて 2億 6,137万 4,000円を減額するとともに、下段の表、支出では、 1款 1項建設改良費を 2億 6,137万 4,000円減額するもので、主な内容は、管渠工事における面整備工事を見直したことによるものです。  議案書の 161ページにお戻りください。  第 3条に記載のとおり、当年度消費税及び地方消費税資本的収支調整額 4,518万 5,000円を 3,143万 3,000円に、当年度分損益勘定留保資金 2億 7,184万 9,000円を 2億 7,182万 1,000円に、利益剰余金処分額 4億 5,798万 6,000円を 4億 7,176万 6,000円にそれぞれ改めるもので、資本的収入及び支出の補てん財源の金額を変更するものです。  ページをめくっていただきまして、第 4条は債務負担行為について、北部中継ポンプ場建設工事の限度額を 7億 4,310万円から 8億 5,482万円に改めるものです。  主な内容は、土質調査の結果、支持層が想定より深かったため、基礎工法や仮設土留め工の変更が必要になったことによるものです。  第 5条は、補助金の金額を 5億 6,803万 8,000円から 5億 6,837万 6,000円に改めるもので、事業費の精算に合わせて変更するものです。  第 6条は、利益剰余金の金額を 4億 8,592万 3,000円から 4億 7,176万 6,000円に改めるものです。  以上、議案第38号の補足説明とさせていただきます。よろしく御審議いただきますようお願いいたします。 ○議長(大石勇君) 続いて、補足説明を求めます。  議案第41号について、山本企画政策部長。              〔企画政策部長 山本博史君 登壇〕 ◎企画政策部長(山本博史君) 私からは、議案第41号、第 2次掛川市総合計画基本構想の改定について、補足説明いたします。  議案書の 167ページをお願いいたします。  議案第41号、第 2次掛川市総合計画基本構想の改定については、掛川市自治基本条例第13条第 1項の規定により改定するものであります。   170ページをお願いいたします。  第 1章、まちづくりの基本理念と将来像については、掛川市が培ってきた報徳や生涯学習を生かしたまちづくりを進めるため、「協働のまちづくり」を基本理念といたします。  下段の 2、掛川市の将来像は、「希望が見えるまち・誰もが住みたくなるまち掛川」といたします。   171ページをお願いします。  第 2章、将来人口については、2040年に人口12万人を達成するための目標値として、計画の最終年度の令和 7年に11万 6,000人としました。  次に、 172ページをお願いします。  第 3章、土地利用構想については、 (1)土地利用の基本方針を、安全・安心な生活環境の形成と、調和とバランスの取れた持続可能なまちづくりの実現の 2本柱としました。   174ページをお願いします。   2の戦略については、ポストコロナ時代に対応するため、「教育・文化」、「健康・子育て・福祉」、「環境」、「産業・経済」、「シティプロモーション」、「安全・安心・都市基盤」、「協働・広域・行財政」の 7本の戦略といたしました。   7本の戦略は、教育・文化分野として、「生涯にわたりこころざし高く学び心豊かに暮らすまち」、 (2)健康・子育て・福祉分野として、「誰もが健やかに、安心で幸せな暮らしをともにつくるまち」、 175ページの環境分野として、 (3)「美しい自然環境と共生し、エネルギーの地産地消と資源循環を実現した持続可能なまち」、産業・経済分野として、 (4)「新しい技術と多様な働き方から活力ある産業を生み出す、世界に誇れるお茶のまち」、シティプロモーション分野として、 (5)「魅力ある暮らしとホスピタリティにより、選ばれるまち」、続いて、 176ページをお願いいたします、安全・安心・都市基盤分野として、 (6)「災害に強く安全で安心な暮らしを支える基盤を整えたまち」、協働・広域・行財政分野として、 (7)「協働と連携により誰もが支えあい役立ちあうまち」の 7本でございます。  これらの戦略に基づき、第 2次掛川市総合計画を推進してまいります。  以上、議案第41号の補足説明とさせていただきます。よろしく御審議いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(大石勇君) 以上で補足説明は終わりました。  本20件の議案に対する質疑は、後日の本会議で行います。 △日程第2 陳情について ○議長(大石勇君) 次に、日程第 2、陳情についてを議題とします。  本定例会において受理した陳情は 1件であります。  お手元に陳情文書表を配付しておりますので、朗読は省略します。  本陳情は、陳情文書表のとおり、所管の常任委員会へ付託をします。  以上で本日の日程全部を終了しました。  この際、お諮りします。  議事の都合により、 2月19日から 2月22日までの 4日間は休会としたいと思います。これに御異議ありませんか。                〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(大石勇君) 御異議なしと認めます。  したがって、 2月19日から 2月22日までの 4日間は休会することに決定をしました。  来る 2月24日は、午前 9時30分から本会議を開き、令和 2年度関係議案等に対する質疑を行います。  本日はこれにて散会をします。                  午前11時06分 散会...