富士市議会 > 2013-09-30 >
平成25年 9月 環境経済委員会−09月30日-01号
平成25年 9月 総務市民委員会−09月30日-01号

  • "日本大学"(/)
ツイート シェア
  1. 富士市議会 2013-09-30
    平成25年 9月 総務市民委員会−09月30日-01号


    取得元: 富士市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-05-24
    平成25年 9月 総務市民委員会−09月30日-01号平成25年 9月 総務市民委員会 総務市民委員会 平成25年9月30日(月) 1.出 席 委 員(8名)                  1番  望月健一 委員                  2番  坂本富彦 委員                  3番  大和田 隆委員                  4番  井出晴美 委員                  5番  小池智明 委員                  6番  米山享範 委員                  7番  笠井 浩 委員                  8番  宮川和久 委員 2.欠 席 委 員(0名) 3.欠     員(1名) 4.紹 介 議 員(0名)
    5.傍 聴 議 員(0名) 6.説明のため出席した者(27名)            副市長       小林 卓 君            総務部長      秋山喜英 君            市民部長      加納孝則 君            消防長       中川 勇 君            企画課長      山田教文 君            行政経営課長    宮川喜彦 君            秘書課長      高野浩一 君            総務課長      小林正和 君            人事課長      畔柳昭宏 君            広報広聴課長    橘田恵子 君            情報政策課長    木村俊夫 君            防災危機管理課長  栢森孝幸 君            企画課調整主幹   落合知洋 君            選挙管理委員会事務局長                      渡辺文雄 君            まちづくり課長   佐野克芳 君            市民協働課長    福井雅之 君            市民安全課長    町田昌行 君            市民課長      新井四郎 君            多文化男女共同参画課長                      望月 薫 君            まちづくり課調整主幹                      江村輝彦 君            消防次長消防総務課長                      後藤義明 君            警防課長      稲葉定久 君            情報指令課長    青柳一史 君            予防課長      杉山知司 君            中央消防署長    大村高之 君            西消防署長     石川隆正 君            消防総務課調整主幹 栗田 仁 君 7.出席した議会事務局職員(4名)            局長        鈴木孝治            統括主幹      渡辺利英            主査        大場亜紀子            主査        緒方 学 8.会議に付した事件  議第93号 平成25年度富士市一般会計補正予算について(第2号)   第1条(歳入歳出予算の補正)    歳入 14款 国庫支出金 2項国庫補助金 1目総務補助金                        6目消防補助金       15款 県支出金 2項県補助金 1目総務補助金    歳出 2款 総務費 1項総務管理費 (13目財産管理費を除く)              4項選挙費       9款 消防費 1項消防費   第2条(債務負担行為の補正)    第2表 債務負担行為補正         富士駅北まちづくりセンター建設事業(変更)                午前9時30分 開 議 ○宮川 委員長 ただいまから総務市民委員会を開催いたします。  本日は、去る26日の本会議におきまして本委員会に付託となりました議案1件についての審査をお願いいたします。なお、委員会終了後、委員会視察についての打ち合わせを予定しておりますので、あらかじめ御了承願います。  それでは、議第93号平成25年度富士市一般会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。  当局に議第93号について順次説明を求めます。 ◎町田 市民安全課長 それでは、議案書の53、54ページをお願いします。3歳出、2款1項7目消費者対策費ですが、104万6000円を増額し、補正後の額を1466万7000円とするものです。  説明欄をお願いいたします。1の(1)消費者行政推進事業費104万6000円は、県の消費者行政活性化基金を活用して、消費者啓発講演会の開催や悪質訪問販売等の被害を防止するパンフレットの購入などをお願いするものです。  以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ◎山田 企画課長 それでは、同じページの15目企画費について御説明をいたします。補正前の額930万8000円に797万1000円の追加をお願いし、補正後の額を1727万9000円とするものでございます。  説明欄をお願いいたします。1企画調整費(1)企画調査費でございますが、富士山の世界文化遺産登録を記念した講演会及び本市のイメージ戦略を推進するためのアンケート調査を実施しようとするものでございます。記念講演会でございますが、6月に富士山の世界文化遺産登録が実現したものの、本市におきましては、富士山の山域以外に構成資産がなく、構成資産のある市町村に比べて世界遺産登録の目的あるいは効果が非常にわかりにくいといった声をしばしば頂戴しております。そこで、世界遺産制度の本来の意義を再度確認し、富士山を生かしたまちづくりを一層推し進めていくため、今般、登録実現に御尽力された前文化庁長官近藤誠一先生を講師にお迎えし、講演会を開催しようとするための経費の追加をお願いするものでございます。  これにはもう1点背景がございまして、現在、民間事業者による富士山麓へのメガソーラーの設置の相談を多数いただいております。現在の法令ではこれを抑止することができず、富士山を守ろうという市民国民の声だけが実質的には唯一のとりでとなっております。今回の講演会はそういった世論を喚起することも大きな目的と考えております。  次に、イメージ調査でございますが、都市活力再生ビジョンの取り組みの1つに、産業都市富士を発信するイメージ戦略の推進を位置づけておりまして、現在、先進都市の視察を実施するなど、庁内の推進組織の立ち上げに向けまして検討を行っております。その中で、市外、県外の方が本市に対してどういったイメージをお持ちなのかという基本的な点につきまして、定量的、客観的なデータが見当たらなかったことから、今回、市外、県外の方を対象にインターネットを活用したアンケート調査を実施するための経費の追加をお願いしようとするものでございます。  続きまして、2政策推進費(1)富士山関連都市活力再生推進事業費でございますが、7月に発足した庁内組織チーム富士山の事業といたしまして、2つの事業を実施しようとするものでございます。1つは、12月に行われます全日本大学女子選抜駅伝競走大会をPRするため、シドニーオリンピック女子マラソンの金メダリストであります高橋尚子さんを講師にお迎えし、陸上競技に取り組んでいる中学生を対象としたランニングクリニックを実施するなど、PR事業を実施しようとするものでございます。選抜大会の開催決定が5月となったことから、この時期の補正をお願いするものでございます。  もう1つは、庁舎屋上を活用し、市内外の皆様に本市の誇る富士山のすばらしい景観を楽しんでいただこうとするもので、議案書の1つ上の目になりますけれども、管財課の所管いたします13目財産管理費で、フェンスの改修経費等の追加をお願いし、あわせて弊課といたしましては、15目企画費におきまして、改修終了後にオープニングイベント等を開催するための経費をお願いするものでございます。  説明は以上です。よろしくお願いいたします。 ◎高野 秘書課長 次に、21目式典行事費について御説明いたします。議案書は同じく53、54ページであります。21目式典行事費でありますが、今回80万3000円を増額し、補正後の額を212万8000円とするものであります。  説明欄をお願いいたします。本議会に別に提案させていただいております岩手県雫石町との友好都市提携についての議案に関連して、2式典行事費に、新たに(3)友好都市提携記念事業費として、調印式及び雫石町紹介展開催に係る経費をお願いするものであります。調印式につきましては、11月1日の市制記念日に、雫石町から町長、町議会議長などをお招きし、本市で行うことを計画しております。また、議案書56ページにあります雫石町紹介展につきましては、友好都市提携を契機に市民の皆様に雫石町を身近に感じていただけるよう開催しようとするもので、11月1日から28日までの約1カ月間、中央図書館のエントランスホールにて開催することを計画しております。  以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ◎町田 市民安全課長 続きまして、23目防犯まちづくり費について御説明します。議案書の55、56ページをお願いします。500万円を増額し、補正後の額を5830万7000円とするものです。  説明欄をお願いします。2の(2)防犯用街路灯事業費ですが、これは町内会が管理する防犯用街路灯の新設や器具の取りかえ経費の一部を補助するものです。電気料金の高騰で、料金が安いLED防犯灯への取りかえ申請などが増加したことにより、300灯500万円の追加をお願いするものです。  以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ◎渡辺 選挙管理委員会事務局長 引き続き、議案書の55、56ページをお願いします。6目富士市議会議員補欠選挙費ですが、本年6月に富士市議会議員1名の欠員が生じたことにより、本年12月22日執行の富士市選挙と同時に行う富士市議会議員補欠選挙に要する経費で、補正額は1043万2000円であります。  説明欄をお願いします。説明欄1の給与費11万円は、選挙立会人の報酬であります。説明欄2の投・開票事務経費1032万2000円は、ポスター掲示場設置、選挙公報の印刷、配布、投票用紙等印刷のほか、投・開票事務に係る経費であります。また、負担金につきましては、立候補者の選挙運動の公費負担に係る経費であります。  以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ◎栢森 防災危機管理課長 引き続きまして、9款1項5目の防災費について御説明いたします。議案書の73ページ、74ページをお願いいたします。今回1789万2000円の増額をお願いし、補正後の額を2億3764万2000円とするものでございます。  説明欄の74ページをお願いいたします。4の防災無線費の(1)防災無線整備費につきましては、富士市フルデジタル同報無線受信局取りかえ工事の10局分の事業費でございます。同報無線受信局は市内に402局ございますが、平成32年までの予定で毎年34局ずつ計画的にフルデジタル化を進めております。国土交通省社会資本整備事業総合交付金の交付決定によりまして、10局分について計画を前倒しして事業を実施するもので、10局分、1789万2000円の増額をお願いするものであります。  以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ◎佐野 まちづくり課長 議案書28ページをお願いします。第2表債務負担行為補正のうち、変更について御説明いたします。富士駅北まちづくりセンター建設事業につきまして、期間は補正前と同様ですが、限度額を4億6867万9000円に変更するものであります。これは、設計労務単価の上昇による事業費の増によるものであります。  以上で説明を終わります。よろしくお願いします。 ○宮川 委員長 説明を終わります。  これから質疑を許します。 ◆笠井 委員 54ページの市役所の屋上開放オープニングイベントについてなんですが、これは大体の日取りは決まっているのかということと、オープニングの後、毎日開放することになっているのか、その内容について。それから、富士山を眺めるには市内でも有数の本当にすばらしい眺望の場所だと思うんですが、これから市外にも宣伝して、いずれは眺望の名所にしていくようなつもりがあるのか。そうなると、今度は写真を撮りたい人なんかが早朝とか夕暮れの景色も撮りたいという人も出てくるんじゃないかと思うんですけれども、そこまで行くつもりがあるのかとか、屋上にペントハウスというか、さらに高いエレベーターの機械室なんかもあるんですけれども、あそこも開放していくといいのかなと思うんですけれども、そんなつもりがあるのかとか、例えば飲食、上のところにはベンチとか書いてあるんですけれども、飲食が可能になるかとか、その辺の説明をしていただけるとありがたいです。 ◎山田 企画課長 屋上開放の日程につきましては、できれば週末を中心に開放していきたいと思っておりますけれども、皆さんごらんのとおり、この庁舎の屋上を開放いたしますと各階に出入りができてしまうという構造上の課題がございまして、今管財課と調整しておりますけれども、今のところ週末を中心にとは思っておりますけれども、まだそこははっきり決まっておりません。今のところはっきり決まっておりますのは、オープニングの日、2月23日の富士山の日、それから、できれば大みそかから元旦にかけまして、初日の出に染まる富士山が見られればいいなとは思っておりますけれども、それ以外は今検討中でございます。市外の方につきましても、富士市としては非常によく見えるPRすべき場所だと思いますので、できるだけ多くの方に来ていただけるようにPRしていきたいと思っております。  それから、カメラマンの方につきましては、今回の改修でフェンスをかなり下げますので、写真を撮る方にとっても非常に環境はよくなるかなと思っております。ただ、時間的に早朝とか夕暮れにつきましては、庁舎管理の問題がありますのでちょっと難しいところかなと思っておりまして、こちらも今後の検討課題とさせていただければと思っております。それから、エレベーターが入っておりますペントハウスがございますけれども、今回、管財課ではこちらも改修いたしまして、さらに一段高いところから見ていただけるように、特別デッキみたいな形で改装したいという計画と伺っております。飲食につきましては、原則は御遠慮いただいているんですけれども、やはりこういういい景色のところですので、お昼ぐらいであればオーケーということにしたらどうかということで、管財課とは今調整中でございます。 ◆笠井 委員 大体わかりました。観光資源が本当に乏しいと言われている富士市なものですから、必要な事業だと思います。それでも5000万円以上のお金をかけるということですから、これから先、有効に活用できるように工夫をしていってほしいと思います。 ◆坂本 委員 全日本大学女子選抜駅伝競技大会事前PRイベント開催についてちょっとお聞きしたいんですが、この対象は、中学生の陸上部が対象だという御説明を受けたのでございますけれども、もう現にこれは申し込みとか受け付けは始めているのかどうなのか、そして会場はどこなのか、人数制限があるのかないのか、その辺をお知らせください。 ◎山田 企画課長 女子駅伝のPR事業でございますけれども、今回補正をお願いしていますということで、実際には予算の執行は議決をいただいてからということは重々承知しておりますけれども、高橋尚子さんの日程等がありましたので、内々に参加者募集の作業だけは若干させていただいております。これは非常に申しわけなく思っています。陸上に真剣に取り組んでいる方を対象にしたいという先方の御意向がありましたので、市内の陸上部の先生にお声がけをいたしまして、陸上部員の方からということで今選ばせていただくようにしております。  高橋尚子さんとコーチの方とお2人でやられるので、110人から120人ぐらいが上限だというお話をいただいているんですけれども、応募が若干オーバーしているものですから、何とかそこに皆さん入れないかなということで、今、先方と調整をしているところでございます。  それから、会場は駅伝本番のときのフィニッシュになります富士市総合運動公園陸上競技場を予定しておりまして、外ですから、雨の場合は青葉台小学校体育館をお借りするようなことで検討しております。 ◆坂本 委員 実は、私の孫が2人とも陸上競技をやっていまして、行ったらどうだというお話をしたんですけれども、まだ先生から何も言われていないとか、私は行きたいんだけれども、もしオーバーしたらどうするのかなという質問も受けたりしておったものですから、できるだけ多くの皆さん方に、高橋尚子さんのお話を聞いたり、いろんな形の中で御指導を受けていただいたら、富士市の子どもたちもよくなるのになという感じを受けましたので質問させていただきました。わかりました。ありがとうございます。 ◆望月〔健〕 委員 雫石町との友好都市提携の式典ですけれども、都市都市の間での友好提携というのは今回が初めてだよね。こういう友好都市、雫石町とは長いつき合いがあって、いろんな問題があって、それがこういう形で結ばれるということだけれども、今後の友好都市締結についての考え方、これからもどこかそういうことがあればまた取り組んでいくのかどうか、そこの1点だけ教えてください。 ◎高野 秘書課長 今回の雫石町に関しましては、委員のお話があったように、航空機事故、不幸な事故から始まって、向こうとの長いおつき合いがあったということで初めてやらせていただきますけれども、今後につきましては、そういうおつき合いをしている市、町が出てくれば、その時点で検討ということで、今の段階では、頭の中では持っておりませんけれども、出てきたところで検討という形にさせていただければと思います。 ◆望月〔健〕 委員 当面は考えていないということで、そういうのが出てくればまた検討していくと考えているということですね。わかりました。 ◆大和田 委員 企画費で、先ほどの続きですけれども、高橋尚子元選手、チームQちゃんか。それとコーチを呼ぶのに幾らかかるんですか。
    ◎山田 企画課長 今のところ2人合わせまして100万円強という見積もりが出ております。 ◆大和田 委員 本当はもっとするんだろうけれども、安くしてくれたのかなという気はするんだけれども、富士市の企画力、僕は今回もう少し補正を組んで、世界文化遺産に登録された、東京オリンピックも決定されたという中で、今まさに富士の企画力が試されているという部分の中ではもう少し補正を組んで、この辺が単なるプレイベントみたいなところとか、屋上開放とか、この程度でいいのかという部分が非常にしてならない。せっかくのチャンスを構成資産がないからと指をくわえて見ているのではなくて、まさにここは企画力が問われるところだと私は思っています。  そういう部分では、黙っていると富士宮市三保の松原にどんどん人をとられてしまう、まさにここが通過地になってしまうという部分では、これは補正ですからあれですけれども、この辺が問われていると思うので、しっかり研究をしていただいて、いかに市民を呼べる企画力があるかという部分ではしっかり取り組んでいただきたいと思います。 ◆小池〔智〕 委員 54ページの企画調整費の富士山世界文化遺産登録記念講演会開催の件ですが、先ほど課長から背景的な説明があったものですからちょっと伺いますけれども、メガソーラーの相談が非常に多いということで、それに対して、現行法ではそれを抑える規定がないということでしたけれども、現在そのメガソーラーの相談等は何件くらいで、どういう規模だとか、どんな内容、あるいはどういう場所に対してあるのかということをまず伺いたいと思います。 ◎山田 企画課長 現在、メガソーラーの御相談が、ちょっとデータは古いですが、6月末時点で、市内で12件、約50ヘクタールほどの計画をいただいております。お隣の富士宮市でかなり大きい規模の話がありましたけれども、本市ではそのぐらいでございます。 ◆小池〔智〕 委員 合計50ヘクタールというとかなりのボリュームになると思うんですけれども、エリアというか、場所的にはどういうところなんでしょうか。 ◎山田 企画課長 エリアは、富士山麓、市内かなり広く計画がございますけれども、基本的には国道469号より下くらいが中心になっております。あわせて申し上げれば、富士山環境管理計画の計画エリアになっております。 ◆小池〔智〕 委員 今、環境管理計画のエリアということでしたので、そちらのほうでの扱いというか、議論ですとか、あるいは富士市景観管理団体になっているわけですので、景観法の規定の中で景観計画をせっかくつくったわけですから、当時はこういったものを想定していなかったのかもしれませんけれども、ここは総務市民委員会ですから直接所管ではないと思いますけれども、その辺の扱いですとか、何としても富士山景観を守っていくという意味では、対抗できるような仕組みをつくっていかなければいけないと私は思います。ですから、ぜひそちらでの検討を、委員会は外れますけれども、お願いしたいと思います。要望します。 ○宮川 委員長 質疑を終わります。  これから討論に入ります。――討論を終わります。  これから採決に入ります。  お諮りいたします。  議第93号平成25年度富士市一般会計補正予算(第2号)については原案どおり決することに御異議ありませんか。               (「異議なし」の声あり)  御異議なしと認め、議第93号は原案どおり可決されました。  以上で本委員会に付託となりました議案1件についての審査を終わります。  なお、委員長報告については正副委員長にお任せ願えますか。               (「異議なし」の声あり)  では、そのようにさせていただきます。 ○宮川 委員長 以上で総務市民委員会を終了いたします。                午前9時55分 散 会...