運営者 Bitlet 姉妹サービス
663件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日) さらには、古紙、空き缶、空き瓶を回収していただいております自治会とかPTAなどへの補助制度、それから庭木など剪定された枝をチップ化する粉砕機の貸し出しなども行っております。   もっと読む
2018-12-06 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日) これらのことから、通学路の安全確保について学校運営理事会やPTAをはじめとする地域の皆さんへ、啓発を図ってはどうかと思いますが、現状を伺います。  2点目に、速やかな除雪や雪害対応について伺います。 もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) 県立横田高等学校創立100周年記念事業につきましては、高校、PTA、稲陵会、町などの関係者から成る実行委員会を立ち上げ、鋭意予算と事業について検討が進められております。直近では、平成30年7月20日に第5回の実行委員会が開催され、事業計画等について協議、検討されたところでございます。   もっと読む
2018-09-04 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日) の経験で言いますと、旧平田教育委員会時代に、基本的に各学校でのプールというのは、先ほどの利用時間の問題とか、それから教師の指導の体制等々を考えたときに、かえって集中的な水泳の時間というのを民間プールで集中的に行ったほうが効率的だという考えから、市内のプールの新設は、旧平田の場合ですよ、しないという方針でおったところでございますけれども、全国的に見ましても、やはり学校プールというのを夏休みに開放し、PTA もっと読む
2018-09-03 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日) 家庭学習の手引きは、各学校が家庭おける学習の仕方や、学習時間の目安、自主学習のポイントなどを示した手引を作成いたしまして、PTA総会や学級懇談会などで、保護者に説明し、協力を依頼しているところでございます。  また、家庭への啓発チラシでは、生活習慣と学力調査結果との相関関係を示しながら、家庭での過ごし方や家庭学習の重要性について啓発しているところでございます。   もっと読む
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) PTA会長さんを先頭に、教育委員会の言われるとおり検討し、福波の校舎が一番ベターではないかということで統合されました。そのときのPTA会長さんに本当に敬意を表しておりますし、地域の方が、ほとんど文句を言わなかった。そういう事例もあっておりますので、厳しい状態になっている地域があります。いや、まだふやすんだよというところはまだいいんですけれども、もう危なくなっている地域はあります。 もっと読む
2018-03-13 奥出雲町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月13日) このメニューは、当然PTAさんとか評議員の皆さん、役員の皆さんは知っておられると思いますが、果たしてその施策内容が町民の皆さんに周知されているのか、また、町民の皆さんが知っておられるかどうか、また、どういう方法でその周知をされているのか、その辺もう一度お聞きをしたいと思います。 ○議長(岩田 明人君) 塔村教育長。 ○教育長(塔村 俊介君) 御質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-03-08 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第3日 3月 8日) 今後とも関係機関と連携をしながら交通安全教室や避難訓練の場、さらにはPTA活動など、さまざまな機会を利用した取り組みを重ね、児童生徒が安心して通える環境づくりに努めてまいりたいと考えております。 ○副議長(木村幸司) 7番、石田洋治議員。 ○7番(石田洋治) それでは、もう少し再質問をさせていただきたいというふうに思います。  初めに、マイナポータルの活用についてを質問させていただきます。   もっと読む
2018-03-07 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第2日 3月 7日) 減額、半額にしますというところに市内の障がい者団体が使用する場合、それから市内の65歳以上の者で組織された団体が使用する場合、市内の幼児、小・中学生、高校生で組織された団体、PTAを含むということになっています。これは半額の部屋の使用料を払わなければならなくなるということかなというふうに受けとめたわけです。   もっと読む
2018-03-01 浜田市議会 平成30年 3月 予算決算委員会 そういう中で、今いろいろ同僚委員からも意見がございますけれども、このプレイベントにしても、シンポジウムにしても、やられることは無駄ではないと思うんですけども、私の今までのPTAとかいろんな団体での講演会とかシンポジウムを開催した場合に、一番聞いていただきたい方は参加されずに、いつも動員をかけて意識の高い方だけを集めて自己満足に陥りやすいわけです。 もっと読む
2017-12-13 雲南市議会 平成29年12月定例会(第4日12月13日) また、今年度の初めには、市内全小・中学校のPTA総会に私や教育委員の皆さんに協力していただいて出向いて、本市の教育方針あるいはその中で家庭学習の実態、そして大切さというところを訴えたところでございます。  今年度の全国学力・学習状況調査の結果によりますと、家庭で平日に1時間以上学習する本市の児童生徒の割合が小学校は県あるいは全国よりも上回っていると。 もっと読む
2017-12-12 雲南市議会 平成29年12月定例会(第3日12月12日) これを受けまして、PTAと連携しながら取りまとめが行われたというふうに承知しております。危険箇所等の取りまとめの際には、PTAから、毎回同じ内容で提出している、実現の見込みはないが、粘り強く出し続けるという声がありました。提出された要望の取り扱い方がどのようになっているか、実態を伺います。 ○副議長(山﨑 正幸君) 小山教育部長。 もっと読む
2017-12-08 奥出雲町議会 平成29年第4回定例会(第3日12月 8日) AEDの使用方法、管理方法については、学校ではPTA活動で、公民館では公民館活動で、それぞれ現在取り組んでいただいております。そのほか、消防署において一般町民等を対象としたAED研修も定期的に実施されております。御活用をいただければと思います。  AEDの普及と使用に関する講習は一体的に推進していく必要があると考えております。 もっと読む
2017-12-06 出雲市議会 平成29年度第4回定例会(第4号12月 6日) また、講座の司会進行役でありますファシリテーターの養成にも着手をしたほか、保育園、幼稚園、小学校PTA等へのプログラムのPRや、取組みの働きかけを行ったことによりまして、その開催要請が徐々に増えつつある状況でございます。  これまで取り組んでこなかった分野に着手できたことは、家庭教育支援の大きな前進であるとも考えております。  四つ目の地域づくりを担う人材の育成への取組みについてでございます。 もっと読む
2017-06-16 江津市議会 平成29年 6月(第2回)定例会-06月16日−03号 子供さんはもとより、教職員の方々や合併を決断されたPTAや地元の人たちも同じ思いだと思います。いっときも早く着手し、解決して改善してほしいと異口同音に訴えられます。私も、夜も眠られない思いでございます。市庁舎建設、必要最小限の将来を見据えての身の丈に合ったというのは何回も申しておりますけど、切り詰めた予算措置を行って、早期に着手し、児童・生徒や多くの関係者の期待に応えるべきだと思っております。   もっと読む
2017-06-15 大田市議会 平成29年第 2回定例会(第3日 6月15日) 昨年度には大田市PTA連合会から宣言も出されておるところでございまして、各校ではスマホやインターネットとの上手なつき合い方等について学習公開や研修会、啓発活動等を進めているところでございます。引き続き取り組みを強化してまいりたいというふうに考えております。 ○副議長(木村幸司) 2番、森山幸太議員。 ○2番(森山幸太) 強化をしていっていただきたいと思います。   もっと読む
2017-06-15 大田市議会 平成29年第 2回定例会(第3日 6月15日) 昨年度には大田市PTA連合会から宣言も出されておるところでございまして、各校ではスマホやインターネットとの上手なつき合い方等について学習公開や研修会、啓発活動等を進めているところでございます。引き続き取り組みを強化してまいりたいというふうに考えております。 ○副議長(木村幸司) 2番、森山幸太議員。 ○2番(森山幸太) 強化をしていっていただきたいと思います。   もっと読む
2017-06-14 大田市議会 平成29年第 2回定例会(第2日 6月14日) まちづくりセンターを使っている団体は、学校と自治会関係者、子供会、スポーツ少年団、PTAなどであり、コミュニティーには欠かせない団体です。大田市のまちづくり、健康づくり、福祉に寄与する施設の使用料については、市民の声をくみ上げてしっかり検討すべきと考えます。以下お尋ねいたします。  1つには、サンレディーとまちづくりセンターの使用料は具体的にどうなるのでしょうか。   もっと読む
2017-06-14 大田市議会 平成29年第 2回定例会(第2日 6月14日) まちづくりセンターを使っている団体は、学校と自治会関係者、子供会、スポーツ少年団、PTAなどであり、コミュニティーには欠かせない団体です。大田市のまちづくり、健康づくり、福祉に寄与する施設の使用料については、市民の声をくみ上げてしっかり検討すべきと考えます。以下お尋ねいたします。  1つには、サンレディーとまちづくりセンターの使用料は具体的にどうなるのでしょうか。   もっと読む
2017-06-12 益田市議会 平成29年第526回 6月定例会-06月12日−02号 ◆18番(大久保五郎君) 今教育長からPTAとの連携をという御答弁がございましたが、私たちの子供たちがお世話になっているときに、非常にPTAの活動が大変盛んであったように記憶をしておりまして、吉田小学校では、当時校長先生が子供たちの体力が最近減少してるのでアスレチックをひとつつくろうと思うがというような御相談を受けて、先生たちと、当時杉の木をいただいて、その皮をむいたり、夏休みはほとんどそういう作業 もっと読む