18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2019-02-01 松江市議会 平成31年第1回 2月定例会 2、議第1号「鹿島公共用施設維持修繕基金条例の一部改正について」から議第174号「平成30年度松江市一般会計補正予算(第7号)」まで議案174件及び日程第3、陳情第20号「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の全面見直しを行うことを衆参両院議長に求める意見書提出について」から陳情第24号「松江市新庁舎建設工事に関することについて」まで陳情5件並びに日程第4、陳情第19号「いじめ相談窓口(LINE もっと読む
2018-12-06 大田市議会 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日) いわゆるLINEグループといいますか、そういった非常に見えにくいところでの誹謗中傷でありますとか、あるいは仲間外れといったようなことも問題行動のその他という部分ではカウントに上がっております。その相手の対象者についてはいじめという形でのカウントに上がっておりますので、いじめと問題行動というのは非常に関連が、対応が深いわけでございますが、そういったことも含めて、さまざまな御意見をいただいております。 もっと読む
2018-12-06 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日) 広報事業につきましては、従来の広報誌、広報いずもだけでなく、ホームページ、フェイスブック、ツイッター、LINEなどソーシャルメディアにより、多角的かつタイムリーな情報発信を心がけておりまして、多くの方に出雲市の情報を提供していると思っております。 もっと読む
2018-12-05 雲南市議会 平成30年12月定例会(第5日12月 5日) ○議員(4番 中村 辰眞君) この相談に対しまして、例えばメールとか、LINEとか、そういったものが活用できないものかと考えますけども、これについての見解を伺います。 ○議長(山﨑 正幸君) 藤原総務部長。 ○総務部長(藤原 靖浩君) それは職員でしょうか、市民。 ○議員(4番 中村 辰眞君) 職員。 ○総務部長(藤原 靖浩君) 失礼いたしました。 もっと読む
2018-12-04 雲南市議会 平成30年12月定例会(第4日12月 4日) ○議員(10番 藤原 政文君) いろんな方法での緊急時の情報伝達ということを計画されるわけですけども、この間ホームページを見ていましたら、神奈川県のほう、ここは公式LINELINEを利用したシステムを導入しておられて、避難場所への経路や安否確認ができるようなシステムを構築されたようであります。 もっと読む
2018-03-01 出雲市議会 平成30年度第4回定例会(第5号 3月 1日) 現在、市が利用しておりますSNSは、フェイスブック、ツイッター、YouTube、LINE、インスタグラムの5種類でございます。  まず、登録者に自動的に情報を送るフェイスブックにつきましては、現在10のアカウントを運用をしております。 もっと読む
2017-05-30 出雲市議会 平成29年度第2回定例会(第2号 5月30日) 結婚を望む女性にとって、「出雲縁結び女子navi」が出雲はぴこ会とのつなぎ役となり、メールやLINEなどの伝達手法の導入や、女性の「婚活サポートマネジャー」の配置により、相談しやすい環境づくりを進めたことが増加につながったと考えております。  なお、「出雲縁結び女子navi」から新たに出雲はぴこ会へ相談者登録された方も既に14名いらっしゃいます。 もっと読む
2016-06-09 大田市議会 平成28年第 4回定例会(第2日 6月 9日) そこで、スマートフォンのLINEアプリを使い情報収集できたと報道されていました。大規模災害発災時には、安否確認初め、電話が集中するため、電話会社は通信回線を大幅に絞り込みます。そうした状況に対応するため、さまざまな通信方法を検討しておくことが必要です。災害時優先電話、緊急避難場所への公衆無線LANの設置、SNSを活用した通信などが上げられますが、大田市の整備状況について伺います。   もっと読む
2016-03-18 益田市議会 平成28年 3月18日 一般会計予算審査委員会-03月18日−01号 この前の12月の一般質問の中でLINEを活用した情報発信という話をしたと思いますが、あの件については少しは内部で考えていただけますかね、28年度。 もっと読む
2016-03-15 奥出雲町議会 平成28年第1回定例会(第2日 3月15日) もう1円も予算を使わずに、既存のツール、フェイスブック、LINE、インスタグラムを使ってタイムリーな情報発信をしている自治体が今非常にふえている。  雲南市役所の公式ページは6,000人がフォローしていますけども、1月24、25、寒波のときも断水や大雪での交通規制などの情報をその市の公式のフェイスブックページに即座にアップして知らせている。 もっと読む
2015-12-04 益田市議会 平成27年第518回12月定例会-12月04日−02号 その中で、活用しているソーシャルメディアという調査もなされているんですけれども、特にLINEですね、LINE。子供たちの間ではいろいろと問題のあるものとして扱われがちでございますけれども、実はLINEの利用率というのは、全世代の平均で50%を超えているということで、この平成26年の調査では、50代の方で37.3%まで利用率が上がってきている実態がここに示されておりました。   もっと読む
2015-06-12 益田市議会 平成27年 6月12日 一般会計予算審査委員会-06月12日−01号 基本的に、小学校であれば、青色の線になりますがゲームとかが多くなって、高校になるとLINEを使っているのがかなり多くなっているという状況です。  それから4番目に、フィルタリングをつけているかどうかというところで、このアンケート自体は子供に対してのアンケートで子供が答えておりますので、そのフィルタリングをしているかどうかというのはわからないという回答がかなり多いという状況です。 もっと読む
2015-06-04 大田市議会 平成27年第 4回定例会(第2日 6月 4日) また、SNSの交流ですね、LINEとか、またはフェイスブック、ツイッター、そういったSNSの交流、これについても、そのSNSで知り合った、面識はないけれども、SNSでつながったという子がやっぱり51%あるということです。だから、全く面識がないのに、そういったSNSの場で知り合った。これがちょっと犯罪につながっているというところもございます。 もっと読む
2014-09-08 益田市議会 平成26年第511回 9月定例会-09月08日−03号 ◆22番(山根哲朗君) 今、メールやLINEで友達づくりをするという、その友達づくりの状況が激変しているというふうにも言われておりますけれども、市内の学校での状況はいかがですか。 ○副議長(林卓雄君) 林教育部長。 もっと読む
2014-06-17 益田市議会 平成26年第509回 6月定例会-06月17日−03号 以前からメディアリテラシー教育の必要性については、私さまざまな場面で発言をしてきたところですが、今実際にはスマートフォンの爆発的な普及によりまして、市内でも中高生の間でLINEなどのSNSでのトラブルが非常にふえているというふうに聞いております。 もっと読む
2013-12-06 大田市議会 平成25年第 5回定例会(第3日12月 6日) 最近またLINEというのが問題になっておりまして、メールを発信して、それを着信、受けて、見ると既読というのが発信者のほうに出るわけでありますけれども、それがすぐメールを返さなかったということで無視をしたり、それによっていじめをしたりというような、こういったLINEによる問題も大きな問題というふうになっております。   もっと読む
2013-09-19 益田市議会 平成25年 9月19日 総務文教委員会-09月19日−01号 LINEですとかそういったもので安易に友達とつながっていると、その携帯電話を使ってお互いに中傷してしまったり、あるいは仲間外れにしてしまったりということで、そのことで問題行動も起きております。  このことは、学校だけでは、結局それを買い与えるのはおうち方ですので、学校だけではなかなか対処できない。 もっと読む
2013-03-03 出雲市議会 平成25年度第5回定例会(第3号 3月 3日) 今回の調査で目立ちますのは、会員制の交流系サイトや無料通信アプリLINEなどのチャットの利用が中高生で急増したこと。中学生はSNSの利用が23.7%。平成12年度(2000)は11%だったのに対し23.7%、チャットは23.1%。高校生はSNS利用が51.3%、チャットは46.6%に増え、小学生のネット利用はPC関係、パソコン関係も合わせて44%ということでございます。   もっと読む
  • 1