210件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜田市議会 2023-12-03 12月03日-02号

以前はI革命といったインフォメーションテクノロジーというのをITと言っていましたけども、今はその中にコミュニケーションのCを入れるそうでして、浜田市議会もそのICというものを導入していくということでタブレットをしてるわけですけども、そういう自治体は小・中学校全部のクラスに電子黒板導入し、小学校3年生以上の子どもたちに1人1台ずつのタブレットを配布し、そのタブレットを使うことで塾に行かずにインターネット

松江市議会 2023-12-02 12月02日-02号

松政クラブでは先般会派の来年度要望事項をまとめ、第2次総合戦略体制整備や大胆な予算措置山陰新幹線伯備新幹線整備計画格上げ境港出雲道路事業推進松江北道路、国道431号、432号、松江木次線揖屋馬潟線などの早期完成、現在策定中の国土強靱化基本計画地域計画策定による災害対策大橋川改修事業による護岸整備職員人材育成教職員資質向上IC機器整備活用高齢者の自立できる期間の延伸事業

江津市議会 2022-12-11 12月11日-02号

本市におきましては、本年4月から運用を開始したICカードリーダーによる勤怠管理システムにより、市内小・中学校に勤務する教職員の毎月の労働時間の客観的把握及び分析を行っております。まだ運用開始間もなく、年度半ばでもあることから、正確な数値としてお示しできる状況ではありませんが、市内小・中学校においても複数学校複数名教職員に時間外労働時間が過労死ラインを超えたケースが見られております。

松江市議会 2021-09-10 09月10日-03号

松江市立学校での英語教育、小中学校でのIC機器について質問いたします。 まず、1つ目の質問です。 来年度学習指導要領が改訂され、小学校英語教科化必修化されます。それに先立ち、松江市は国に先行して平成30年度より、英語教科化必修化を始めました。それに伴い、小学3、4年生は新たに年間35時間、小学5、6年生は今までの倍の70時間の授業が実施されています。

松江市議会 2021-09-09 09月09日-02号

6月25日、文部科学省から発表されました「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」──最終取りまとめでございますが──という報告書によると、もはや学校IC環境は、その導入学習に効果的であるかどうかを議論する段階ではなく、鉛筆やノート等の文房具と同様に教育現場において不可欠なものになっていることを強く認識する必要があると。

江津市議会 2020-09-06 09月06日-03号

教育行政においては、これまで江津の教育として取り組んできたふるさとキャリア教育をさらに強力に進めていくことはもとより、これからの時代に求められる教育推進を図るため、IC機器活用した学習や本年度より外国語指導助手を1名を増員し、英語を初めとした外国学習のさらなる推進を図るため、教育環境の充実をさせていきたいと考えております。 

浜田市議会 2020-06-25 06月25日-05号

また、人工知能AI情報通信技術IC、スマート農業ですが、これについて特に力を入れるべきだろうと思っておるところでございます。また、JAから派遣職員さん、元営農部長級農業に大変詳しい方に来ていただいております。農林業支援センターは、浜田市の農業の中心だと思っております。農家が楽しく、もうかる農業になることを目指していただきたいと思っております。 

出雲市議会 2020-06-12 令和 2年度第3回定例会(第2号 6月12日)

また、効果的にIC機器活用するために、教室内の機器の配置を工夫し、大型提示装置、具体的には大型モニター等でございますが、これらの設置等も検討してまいります。  IC機器を使用する学習におきましては、個々の児童生徒に応じた支援が必要でございます。ICT活用教育環境整備に併せ、学習を円滑に進めるためのサポート体制についても検討してまいります。  

江津市議会 2020-03-19 03月19日-04号

教育費学校IC環境整備事業5,972万2,000円には、教育現場システムに関するセキュリティの強靱化に係る経費が含まれています。 審査においては、新庁舎備品購入費が1億5,000万円となっているが、現在使用できるものは使用していくのかとの質疑に対し、もちろんそうですが、市民の方から見て、新庁舎で使って違和感がない範囲で考えています。

奥出雲町議会 2020-03-13 令和 2年第1回定例会(第3日 3月13日)

この事業は、要するにIC利活用促進事業テレビ電話のことでございますが、この事業は、地域IC利活用システム開発事業テレビ電話コールセンター設置し、高齢者独居世帯等における声かけ運動、健康管理高齢者生活支援を行う目的で、平成20年、21、22年度の3カ年、10分の10の補助事業事業費8,737万余りをかけ、リーステレビ電話757台と購入テレビ電話200台、計957台とコールセンター設置

奥出雲町議会 2020-03-12 令和 2年第1回定例会(第2日 3月12日)

議員(8番 川西 明徳君) IC機器整備などは、この総合教育会議のいい面として評価しますが、各校、各公民館等の個別の管理計画予算計画教育長に伺いますが、現場IC機器の故障があっても、即授業研修会に生かされない実態が発生しております。もとよりICTは、耐用年数が短いものであります。技術革新も進んでおります。こういった対応が十分に連絡・協調されているのかも含めて、計画を伺います。

江津市議会 2020-03-06 03月06日-02号

また、IC知識や活用にすぐれた教員の養成や経験豊富な地域の方の力も積極的に活用して、児童生徒資質能力育成を図っていきたいと考えております。 ○議長森脇悦朗) 6番田中利徳議員。 ◆6番(田中利徳) 今、答弁ありましたが、4月からプログラミングの授業が始まり、文部科学省では今年度を目途に児童1人に1台の学習用パソコンタブレット端末を無償で提供することとなっております。

大田市議会 2020-03-05 令和 2年第 1回定例会(第2日 3月 5日)

政府は、高速ネットワークインフラ整備推進するため、平成12年にI基本法制定、その後、IT利活用を進化するために世界最先端I国家創造宣言を行い、データ利活用デジタルガバメント実現のために官民データ基本法令和元年には社会全体のデジタル化に向け、通称デジタルファースト法ともデジタル手続法とも呼ばれている法律を制定

松江市議会 2020-03-04 03月04日-04号

本市におきましては、これらの内容を効果的に進めるためのIC環境整備を重点的に進めているところでございます。 それから、これからどのような変化があるかということでございます。 Society5.0の社会像として、AI技術の発達が上げられます。これにより、定型的事務や数値的に表現可能な事務AI技術により代替が可能になると言われております。