運営者 Bitlet 姉妹サービス
13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日) また、路の更新につきましては、こうした調査で見つかりました損傷箇所をの内側から補強するための樹脂、これを張りつける方法、これを路更生と呼んでおりますが、そうした工事で実施しているところでございます。平成28年度(2016)、平成29年度(2017)につきましては、施工延長が2.4キロ、事業費1億5,000万円でございます。 もっと読む
2015-12-04 益田市議会 平成27年第518回12月定例会-12月04日−02号 最後に、基本指針の第3、ネットワークの構築と活用による産業の活性化につきましては、まず構築という面において、大阪府高槻市、神奈川県川崎市などの友好姉妹都市との防災や交流の協定の締結、島根県立大学との共同研究協定の締結、東京大学史料編纂所及び島根県古代文化センターとの共同研究採択、益田市工事事業センターや生協しまねとの防災協定など多種多様な協定の締結にこぎつけました。   もっと読む
2015-12-04 益田市議会 平成27年第518回12月定例会-12月04日−02号 最後に、基本指針の第3、ネットワークの構築と活用による産業の活性化につきましては、まず構築という面において、大阪府高槻市、神奈川県川崎市などの友好姉妹都市との防災や交流の協定の締結、島根県立大学との共同研究協定の締結、東京大学史料編纂所及び島根県古代文化センターとの共同研究採択、益田市工事事業センターや生協しまねとの防災協定など多種多様な協定の締結にこぎつけました。   もっと読む
2015-09-07 出雲市議会 平成27年度第3回定例会(第4号 9月 7日) それから設条例は、公共性以外のものについては有料となってる。どちらが本当なんですか。 ○議 長(長廻利行君) 高田総合政策部長。 ○総合政策部長(高田茂明君) この有料化、無料化を判断するにつきましては、条例に書いているとおり、公共的目的かどうかで判断をさせていただきます。 ○議 長(長廻利行君) 小村議員。 ○15番(小村吉一君) 限られた目的ということと、公共性というのは違うと思うんです。 もっと読む
2015-06-23 松江市議会 平成27年第3回 6月定例会-06月23日−03号 民間活力の積極的な活用をされている群馬県太田市や広域的な統合を展開されている北九州地区など、さまざまな策をめぐらせて、老朽水道の更新問題の危機回避をしようとされている自治体がございますが、老朽水道の更新に対する松江市のお考えをお伺いいたします。 ○議長(山本勝太郎) 樋原上下水道局業務部長。 もっと読む
2014-09-16 松江市議会 平成26年第3回 9月定例会-09月16日−02号 市内においても、例えば高台団地等においても、昨今のゲリラ豪雨の雨量では雨水側溝による排水処理ができない状況があり、処理能力を超え、道路に雨水がそのまま流れる危険箇所も見かけます。 もっと読む
2010-02-24 松江市議会 平成22年第1回 2月定例会-02月24日−01号 質疑では、協定書で水質や流動などに係るモニタリング箇所について、北部承水路堤の整備について、雨水計画の今後のスケジュールについてなどがあり、執行部より、モニタリング箇所については国交省が行っており、ふやすことになっている。 もっと読む
2009-09-14 出雲市議会 平成21年度第3回定例会(第2号 9月14日) 次に、今市町高砂地区においては、出雲市民病院東側の都市計画道路高砂町渡橋線の拡幅整備にあわせまして、平成14年(2002)に既設の新町下水路を約150立方メートル水路内に貯水できる雨水貯留施設としての改築並びに高砂地区からの排水路が新町下水路に合流する箇所を従来より下流側へ延伸させました。 もっと読む
2005-12-08 大田市議会 平成17年第 3回定例会(第3号12月 8日) といいますのは、生産直売所というのは、産業振興部所であります。道の駅というのは、地域振興的な意味があれば、これは総合政策ではないかと。道の駅だから道にかかわるから、建設もかかわってくるのではないかと。  ということになりますと、検討するに当たっても、プロジェクトを組むか、横の連携をどういうふうに取るかということが、重要なスタート時点での検討課題ではないかというふうに思います。   もっと読む
2005-12-08 大田市議会 平成17年第 3回定例会(第3号12月 8日) といいますのは、生産直売所というのは、産業振興部所であります。道の駅というのは、地域振興的な意味があれば、これは総合政策ではないかと。道の駅だから道にかかわるから、建設もかかわってくるのではないかと。  ということになりますと、検討するに当たっても、プロジェクトを組むか、横の連携をどういうふうに取るかということが、重要なスタート時点での検討課題ではないかというふうに思います。   もっと読む
2005-09-05 大田市議会 平成17年第410回定例会(第2号 9月 5日) それから、水道事業でございますが、水道事業で使用しております石綿セメント、これは昭和32年から同49年にかけまして使用してきております。大田市で使用している配水のうち、石綿セメントは35キロメートルで使用をしております。   もっと読む
2005-09-05 大田市議会 平成17年第410回定例会(第2号 9月 5日) それから、水道事業でございますが、水道事業で使用しております石綿セメント、これは昭和32年から同49年にかけまして使用してきております。大田市で使用している配水のうち、石綿セメントは35キロメートルで使用をしております。   もっと読む
1989-09-10 松江市議会 旧松江市議会 平成 十年第三回 九月定例会-09月10日−02号 しかし、七年以内に公共下水道が来るところは補助金の対象になりません。厚生省は、単独浄化槽について、近いうちに全面廃止の動きがあり、したがって、どうしても合併浄化槽を設置することになりますが、市街化区域に自宅を新築したり、アパートを建てる場合は、補助金対象とならない地域が出ますが、これを緩和することができないかであります。 もっと読む
  • 1