43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日)

また、平成28年4月には、障害を理由とする差別解消推進に関する法律、6月に本邦外出身者に対する不当な差別的言動解消に向けた取組の推進に関する法律、12月には部落差別解消推進に関する法律という差別解消するための3つ法律が施行され、全国的にも取り組み推進されております。  

松江市議会 2018-02-27 02月27日-03号

そのとき以来、部落差別解消するために、部落差別とは一体何か、部落差別解消された状態とはどういう状態をいうのか、その状態を目指して必要な取り組みは何かを考えながら、教員生活を送ってまいりました。今後も継続的にこの問題を取り上げていく考えですが、きょうはそのスタートとして、執行部としてのお考えをお聞きしたいと思います。 まず、部落差別とは何かがはっきりしませんと、それを解消する展望も出てきません。

大田市議会 2017-12-07 平成29年第 5回定例会(第2日12月 7日)

続いて、部落差別解消法についてであります。  この法律は、2016年12月16日に附帯決議をつけて公布となりました。この法は、全6条から成り、1つに、永久法である、2つに、部落差別定義がなく、3つには、旧対象地区を掘り起こし、対象住民を洗い出しかねない差別実態調査を規定をし、4つ目には、国や自治体に施策を求めるなど、部落差別解消どころか部落差別固定化になりかねないものであります。  

大田市議会 2017-03-09 平成29年第 1回定例会(第2日 3月 9日)

部落差別解消推進法が昨年の12月、臨時国会で強行をされました。国会審議では、人権侵害となる実態調査など問題点が浮き彫りになり、異例の附帯決議がつけられました。この法律は、立法事実、新しい法律をつくらなければならない状況がないのに強引につくられたものです。その意味で時代錯誤であり、建前とは逆に部落問題を固定化、永久化する危険があるものだと思っております。  

大田市議会 2016-12-08 平成28年第 6回定例会(第2日12月 8日)

漏えいした機関警察関係者国家公務員地方公務員等を初め、司法書士行政書士、さらには携帯電話会社などが関与し、個人情報管理を行っている企業個人かかわりなく個人情報が漏えいされ、部落差別にかかわらずストーカー行為、おれおれ詐欺銀行口座開設偽造パスポート取得などの悪質な犯罪にも利用されている実態が明らかになりました。

松江市議会 2016-12-05 12月05日-02号

部落に関する差別意識差別事象も少なくなり、松江市内同和会支部は、今年度末に発展的に解散する状況です。格差差別解消が一定進んだ段階での差別をなくす道は、特別扱いをしないことです。松江市の団体補助金は、同和団体は独自の補助要綱がつくられていますが、他の人権団体と同様にするよう見直すべきではありませんか。 大田市では、人権啓発事業補助金交付要綱をつくっています。

松江市議会 2016-10-03 10月03日-05号

部落問題解決のために重要なことは、格差がなくなってきた状況を認識した以降の施策として、特別扱いをしないことです。部落問題での差別がほとんど解消されてきているときに、旧態依然とした特別扱いを続けている行政の姿勢が問題です。まさに逆差別を生み出しています。 関連して今、大問題となっている問題に触れます。 

松江市議会 2016-09-14 09月14日-04号

質問の第3は、部落問題です。 部落差別解消推進に関する法律案が、さき国会の会期末に突然提出され、衆議院で継続審議となっています。2002年3月に同和特別法が終結したというのに、部落差別定義もない法案です。実態調査を地方自治体の協力を得てすることになっていますが、定義のはっきりしないもので実態調査をしようとしたら、出身地や血筋を特定していくことになり、これこそプライバシーの侵害になります。

松江市議会 2016-06-21 06月21日-03号

部落差別解消推進に関する法律案が、自民、公明、民進党によってさき国会に提出されました。今なぜ部落差別に特化した永久法が必要なのか、疑問だらけです。 2002年3月末に同和対策特別措置法は終結しましたが、その前年の2001年1月26日付の総務省大臣官房地域改善対策室が発表した、今後の同和行政についてという見解を出しました。

大田市議会 2014-12-04 平成26年第 7回定例会(第2日12月 4日)

また、漏えいした機関警察関係者国家公務員地方公務員等を初め司法書士行政書士、さらには携帯電話会社などが関与し、個人情報管理を行っている企業個人かかわりなく個人情報が漏えいされ、部落差別にかかわらずストーカー行為、おれおれ詐欺銀行口座開設偽造パスポート取得などの悪質な犯罪にも利用されている現状が明らかになり、同時に個人情報が売買される大規模なシステムが確立されていることを示したことであります

松江市議会 2013-12-09 12月09日-02号

我々は部落と言っておりますが、この集落、川部とか南町とか田中とか木並、山本、それから福原の一部も上本庄町に入っております。そして、同じ自治会の中で、半分ぐらいは何、半分ぐらいは何と分かれているところもたくさんあります。今、各地でつくられておりますまちあるきマップで、お城下の皆さん方はそうした地名を大事にしておられると思いますが、田舎はどっちかというと無頓着だと思うんです。

松江市議会 2012-06-18 06月18日-02号

島根県が同和教育を基底とするようになったのは、1990年代、高校生による不適切発言差別発言とされ、部落解放同盟行政機関を糾弾したためです。差別がある限り同和教育取り組みますと表明したことが原因だと認識していますが、経過をどのように認識していますかお尋ねをいたします。 同和教育定義について前議会で聞きました。

大田市議会 2012-06-11 平成24年第 3回定例会(第2日 6月11日)

さらに、具体的に出てまいります、いわゆる同和教育の部分につきましては、これは小・中学校発展段階というものがございますので、小学校の中ではどの程度までの歴史学習をする、あるいは中学校においては部落史をどういうふうに学ぶのかというそれぞれの発展段階がございますので、その発展段階のところで身分制社会の中で、現在変化しつつあります身分制社会、あるいは同和問題の歴史に関する事柄につきましては、さらに次のステップ

松江市議会 2012-03-02 03月02日-04号

そもそも、同和教育とは部落問題に起因する教育上の課題を解決するために取り組む教育的営みであるとして、進められてきたものです。今では、部落だから学校に行けない子はいません。長欠、不就学問題も解決し、就職差別も基本的に解決しており、特別な教育を行う必要はなくなっているではありませんか。同和教育定義は何か、市教育委員会の所見を伺います。 

松江市議会 2011-03-02 03月02日-02号

私は初当選以来、同和問題、部落問題の解決のために、しつこいと言われながら論戦をしてきましたが、今は基本的に解決している段階だと思います。最後の越えがたい壁と言われてきた結婚問題にしても、自由な恋愛が進展し、たとえ部落理由とした差別があったとしても、関係者の話し合いで結婚に至る状況は当たり前になってきております。 

浜田市議会 2011-03-01 03月01日-04号

いろいろこの質問を取り上げて、皆さんに聞いたり、そうした中で、原因的なものは一つはわかったわけですが、まちづくり委員会の中に自治会代表の方全員が入っておられないから、各種部落へ徹底しないことがあると。入っておられても二つないし三つぐらいの自治会代表として入っておられると。ここに一つどうも問題があるように思います。

松江市議会 2009-09-16 09月16日-04号

現在、部落差別に関する事象が発生している事実は学校現場においても社会的にもありません。しかし、差別意識は依然として厳しく残っているとして、啓発教育の分野では強まっているのが実態です。差別の問題と差別意識の問題は区別して整理しないと解決ができません。そこで、差別定義をどのようにとらえていらっしゃいますか。 ○議長(三島進) 野津総務部長。 ◎総務部長野津精一) お答え申し上げます。