運営者 Bitlet 姉妹サービス
1349件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日) 四つ目、外国人住民の就労の数について、お伺いをいたします。  五つ目、外国人住民の未就労の数について、お伺いをいたします。  六つ目、外国人住民と地域住民との交流支援及び課題について、お伺いをいたします。  七つ目、外国人住民への就労支援及び課題について、お伺いをいたします。   もっと読む
2018-12-06 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日) 次に、若年入職の減少と労働の高齢化についてでございますが、現在建設業において必要な人材を確保するということが大変厳しい中、担い手の確保、熟練技術の後継育成が重要な課題の一つとなっております。 もっと読む
2018-12-05 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第2号12月 5日) 平成37年度(2025)から平成40年度(2028)の入学数につきましては、推計の入学数になり、この調査で示されております本市の出生増減率や各校区の出生数の市全体に占める割合を勘案した算定方法により、算出するようになっております。   もっと読む
2018-12-01 安来市議会 第97回定例会(平成30年・平成31年)12月定例会議 ~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第2 ○議長(田中武夫君) 日程第2、議第8号「指定管理の指定について」、議第9号「指定管理の指定について」、議第10号「指定管理の指定について」、議第17号「平成30年度安来市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」及び議第18号「平成30年度安来市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)」の5件を一括議題として、文教福祉委員長の報告を求めます。  もっと読む
2018-11-02 安来市議会 第97回定例会(平成30年・平成31年)開会会議 本市におきましても早々に自主避難所を開設し、延べ41人の方が避難されました。また、災害対策本部を設置し、伯太川水位の避難氾濫水位到達に伴い、避難準備・高齢避難開始を発令するなど、対応に努めてまいりました。本市において人的被害はありませんでしたが、5件の家屋被害を初め、道路、河川、農業などに多くの被害を受けました。 もっと読む
2018-10-10 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第3日10月10日) 次に、商工業事業の雇用確保対策についてお答えをいたします。  初めに、小規模事業の現状でございますが、議員御指摘のとおり、一部事業においては将来的な後継不足が問題となっております。  そこで、奥出雲町では、小規模事業継続支援補助金制度を平成29年度に創設し、商工会と連携し実施しております。 もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) 被災生活再建は、住まいとなりわいの再建が復旧・復興の中心に据わるべきです。また、全国的に災害時の避難所に指定されている公共施設の不十分さが指摘されています。耐震性、土砂災害、山崩れ、避難先までの道路確保など、解決されない課題を持ったまま避難所が指定されていないでしょうか。公共施設等総合管理計画の策定が自治体に要請されて5年目になります。 もっと読む
2018-09-27 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日) 審査の結果、新体育館建設については、たび重なる説明がされてきたところであり、今後、スポーツ振興審議会への諮問等において、規模、機能について協議すべき段階であること、また、一義的には、市民のスポーツ活動拠点としての体育館を建設するものであり、体育館本来の機能を重視した考えであること、避難所など特定の考えに偏るのは体育館本来の機能を失うおそれがあること、さらに、今後も手順を踏んでしっかりと対応する予定であることなどの もっと読む
2018-09-21 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月21日) 初めに、7月5日から西日本を中心に断続的な豪雨により、多くの犠牲が出るなど甚大な被害が発生しました。本町でも、6日夕刻から厳しい降雨となり、一部地区に避難勧告を発令し、避難を呼びかけたところです。 もっと読む
2018-09-06 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第5号 9月 6日) 先ほどの具体的な事は言われませんけども、斐伊川堤防が破堤したときなどの避難勧告、避難指示等の内容についてのお尋ねだったかと思います。  平成29年(2017)1月に内閣府から、改正されました避難勧告等に関するガイドラインが公表されています。  本市でもこのガイドラインを参考に避難準備・高齢避難開始、避難勧告、避難指示の伝達文を定めているところです。   もっと読む
2018-09-05 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日) また、平成30年(2018)7月豪雨の際には、自治体の避難指示等が各地で市民に伝わりにくかった。また、伝わっても避難につながらなかったケースが指摘されております。大災害発生時における適切な避難のあり方の再検討が求められております。   もっと読む
2018-09-04 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日) 次に、親権等への教育及び広報についてでございます。  民法では、未成年が親の同意を得ずに契約した場合には、原則としまして契約を取り消すことができるとされております。この未成年取消権と申しますけれども、未成年を保護するためのものであり、未成年の消費被害を抑止する役割を果たしてまいりました。 もっと読む
2018-09-03 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日) また、5番目、既存の高齢施設などは自己完結型の避難計画を持っていらっしゃるというふうに承知はしておりますが、避難場所の確認や避難時の地域との情報共有は必要だというふうに考えておりますが、そのような状況をお伺いしたいと思います。   もっと読む
2018-09-01 安来市議会 平成30年 9月定例会一般質問通告表 の農林水産諸施策の進捗状況について7向田 聡一問一答1.通学路の安全対策について 2.災害対策について8作野幸憲一問一答1.防災対策等について 2.児童虐待防止について9原瀬清正一括1.ICT活用教育について 2.総合文化ホールアルテピアの利便性について10三島静夫一問一答1.防災について 2.福祉行政について11岡本早智雄一括1.消防団を含む消防体制に関する現状認識と強化について 2.市内の所有不明 もっと読む
2018-09-01 安来市議会 平成30年第 96回 9月定例会 労働全体の実質賃金は、平成24年の平均実質賃金が年収395万円だったものが平成29年度は378万円に下がっています。不安定雇用である非正規雇用の労働割合は全雇用の37.5%に達しています。こういう労働の状況、一方高齢は年金の給付が削減される一方で暮らしに不安を募らせています。平成26年度の消費税増税で大きく落ち込んだ家計消費は冷え込んだまま回復していません。 もっと読む
2018-07-20 雲南市議会 平成30年第1回臨時会 (第1日 7月20日) また、安全確保等に関する協定に基づく要請では、島根県に求める事項では、避難計画の確立と実効性確保について修正されました。  島根県を介して国及び原子力規制委員会に求める事項では、安全対策について、設備面での対応だけではないなど、不断の充実、強化を図る必要があることについて、一部表現を修正がされました。  採決において、反対から、原発に頼らない社会を目指すならば、まず稼働させない。 もっと読む
2018-06-15 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第4号 6月15日) この質問をさせていただきましたのは、体育館の機能あるいは役割、これについてスポーツ振興の拠点や防災・避難所機能の視点からとても重要であるというふうに認識をいたしております。   もっと読む
2018-06-14 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第3日 6月14日) その一つが、避難所のあり方でありました。特に女性と高齢の人から、避難所でまちづくりセンターに行っても、大広間におって、その間仕切りがないと。夜寝るのに非常に困難だったということであります。そして、高齢、特に障がいの皆さん方は、畳の上に布団を敷いて、そこで立ったり座ったりというのが非常に難儀だと。簡易ベッド、折り畳み式でもいいから簡易ベッドが避難所にあったらいい。 もっと読む
2018-06-14 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第3号 6月14日) 福島の現状は被害のただ中にあり、福島県発表の原発避難は2月13日現在で4万9,528人、その中で18歳未満の子どもは1万9,000人弱もいます。この中に自主避難は含みませんから、もっと多いはずです。  そんな中、国は中長期的なエネルギー政策の方向性を示す第5次エネルギー基本計画案をまとめました。計画案は、原発ゼロを求める国民多数の願いからかけ離れた原発推進路線に固執しています。 もっと読む
2018-06-14 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第4日 6月14日) 高校生、大学生もですけれども、精神年齢が低下している、言動が幼稚化していると何人かの教育関係から伺いました。私も日ごろからそう感ずることがあります。教育委員会として、そういった認識があるのか、まず伺いたいと思います。 ○議長(藤原 信宏君) 景山教育長。 もっと読む