運営者 Bitlet 姉妹サービス
9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) 議員御指摘のように、人生の最期を迎えるに当たって、医療や介護のあり方、葬儀、財産の処分、遺品の整理等について、自身が元気なうちに考え、さらには家族と話し合い、共通認識を持つこと、いわゆる終活でございますが、終活については重要なことと認識をしております。   もっと読む
2015-12-07 大田市議会 平成27年第 6回定例会(第4日12月 7日) この関係につきましてどの程度のいわゆる遺品といいますか、調査する中で内容のものが出てきているのか。当然私は永久的に保存的な内容があるとすれば、この事業はストップがかかると思うんです。そういう状況に関係ないのか、問題ないのかどうなのか、そういう点についてもこの遺跡調査についての状況をお聞かせをいただきとうございます。 もっと読む
2015-12-07 出雲市議会 平成27年度第4回定例会(第4号12月 7日) 、この空き家対策について、まず、空き家活用を、先ほどの市長の答弁の中で、今後、助成金等ですね、まちづくり助成ですか、そういうものが、今、Iターン・Uターン者についてはあるんですけども、今後ぜひとも検討していただきたいのが、例えば空き家活用を後押しするためにですね、やはりこの空き家の賃貸や売却に出していただけることを条件に、例えば修繕、そして家財の撤去費用の一部を助成するとかですね、あと、家財道具や遺品整理 もっと読む
2015-12-07 大田市議会 平成27年第 6回定例会(第4日12月 7日) この関係につきましてどの程度のいわゆる遺品といいますか、調査する中で内容のものが出てきているのか。当然私は永久的に保存的な内容があるとすれば、この事業はストップがかかると思うんです。そういう状況に関係ないのか、問題ないのかどうなのか、そういう点についてもこの遺跡調査についての状況をお聞かせをいただきとうございます。 もっと読む
2011-12-13 雲南市議会 平成23年12月定例会(第3日12月13日) のことについて、一言、私、付言しておかなければならないと思いますので申し上げますが、今、一政治家と、一政党人ということでおっしゃいましたが、きのうの細田議員の質問にもお答えいたしましたけれども、なるほど政治家ではありますが、ただの一政治家ということではなくて、一国の総理を務められた、そしてこの日本国の国政に大いに発展に寄与、貢献された方であり、次代を担うこの地域の子供たちがそうした偉業をなし遂げられた方の遺品 もっと読む
2009-06-08 出雲市議会 平成21年度第2回定例会(第5号 6月 8日) そして、お墓、連歌庵、そして遺品が納めてある安養寺、どういうふうな状況になっておるのか、現状について、市長の見解を述べてやってください。 ○議 長(山代裕始君) 長岡市長。 ○市 長(長岡秀人君) 先ほど、杉谷議員さんのお話のように、いつだったか奉納山公園については、議員さんのご案内で、少し夜だったですけど、一部見させていただきました。 もっと読む
2008-12-10 江津市議会 平成20年12月(第6回)定例会-12月10日−03号 これは皆さん御案内のように、百数十年前にああやって、数十年じゃない百年ちょっと前ですね、ありまして100周年を記念してロシアの大使館から領事を招いて記念式典もやると、これのもとは和木町民でございまして、これをずっと地元の方が遺品なんかを大切にしながら、本当に今日まで地道にやってきていただきました。 もっと読む
2005-06-13 江津市議会 平成17年 6月(第2回)定例会-06月13日−01号 コバリョバさんは、イルティッシュ号の遺品の見学などを通して日露両国の知られざる歴史を学ばれるなど、母国の先人たちに思いをはせておられました。  4月11日、本年度江の川高校へ入学した中国と韓国からの留学生7名が、市長表敬訪問をしてくれました。留学生の皆さんは、それぞれ将来に対する抱負を述べてくれました。私も子供たちを大いに激励をいたしました。   もっと読む
2000-03-10 江津市議会 平成12年 3月(第2回)定例会-03月10日−03号 2点目の、かっての日本海海戦において、戦傷艦の負傷兵を救助した人類愛、博愛の心を象徴する施策として、例えば遺留品展示館の設置はどうかとの御質問でありますが、皆様御承知のとおり、1905年の日露戦争日本海海戦において、江津市和木町真島沖約4キロに沈没したロシアバルチック艦隊特務艦イルティッシュ号の乗組員を、住民の方々が救援したという歴史的事実とその遺品が保存され、伝えられております。 もっと読む
  • 1